CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

黒目が小さい人と黒目が大きい人の違いは何?原因や大きくする方法をご紹介


黒目が大きいと目がぱっちり見えるので憧れる人も多いですよね。

最近は、黒目を大きく見せるためにカラコンをする人も増えています。

黒目が小さいと悩んでいる人もいますが、実は黒目の大きさはみんなほぼ一緒だと言われています。

ではなぜ黒目が小さく見えるのでしょうか?今回は、黒目が小さい人の原因や黒目を大きくする方法などをご紹介します。

普段の生活習慣が目に影響を与えているかもしれません。

思い当たるものがあれば改善していきましょう。

ぱっちりした大きい黒目になりたい!

黒目がちな人はそうではない人に比べると、一重まぶたでも奥二重まぶたの人でもなんだか大きな目に見えるんですよね。

特に美容やファッションなどの自分の見た目に気を使っている女性ほど“大きな黒目がほしい”と願っているものです。

なぜならば、黒目が大きいだけでメイクを濃くしなくても本来の自分の良さをアピールすることができるからなんですよね。

だからこそ「ぱっちりした大きい黒目になりたい!」と感じている女性はあとをたたないんです。

それに芸能界で活躍していたり、「かわいい」とか「きれい」ともてはやされている女性こそ、黒目が大きいことが多いんですよね。

そのような人を見ているので、「黒目がちな人のほうがきれいにみえるし、モテるんだ」と思うのかもしれません。

あなたも、そのようにして“黒目”に興味を持ち、そして自分もそのような黒目がちな瞳になりたいと感じるようになったのではないでしょうか。

そう、多くの女性の心をひきつける“黒目がちな瞳”。

それって実際はどのような効果を発揮してくれるのでしょうか?ここでは、黒目がちになることでどのような効果を得ることができるのか、そしてどんな風に周りからみられるようになるのかをお伝えしていきます。

目が大きく見える

ずばり、瞳の黒い部分が大きいほうがそうではない人に比べて“目が大きく見える”という効果があります。

白目部分が多くなってしまうと、どうしても第3者はそこに目線が行ってしまうので“物足りないなにか”を感じてしまうんですね。

しかし、黒目が大きいとそのインパクトの強さにおされるだけではなく、まつげの濃さまでも強調してくれる働きがあるので、どんなにつぶらな瞳をしていても大きな目をしているようにみえるものです。

女性は、常識として毎日メイクをするものですが、そのメイクに凝っている人ほど“デカ目メイク”などにチャレンジしているものですよね。

“デカ目メイク”というのは、目の周りの黒い部分を増やすことによって目の錯覚を起こさせることになります。

それもほとんどが瞳の黒部分を活用していることが多く、瞳の黒目部分が大きければ大きいほどにそのデカ目メイクの効果も大きくなります。

要するに、大きな瞳になりたい、ぱっちりお人形さんのような瞳に見られたい人にとっては“黒目”というのはとても重要だということです。

カラコンで盛らなくてもOK!

最近では気軽に黒目部分を強調できるものとして、カラコンがオシャレ女子の中で流行っていますね。

度数アリのものもあるので、視力が弱い方でも使うことができるのがとてもうれしいものです。

しかし、そのようにわざわざカラコンに手を出さなくてもいいんです!あなたの良さをそのままで黒目でアピールすることも可能なんですよ。

その方法についてはまたのちほどご紹介していますが、カラコンを使わなくても黒い瞳になることができる、ぱっちりとした目になることができるということは忘れないでくださいね。

黒目の大きい・小さいの衝撃の真実

すぐにでも「どのようにして黒い瞳部分を大きくすればいいのかを知りたい」と感じている人もいることでしょう。

しかし、その前にどうして黒目が大きい人と小さい人がいるのかその理由にせまっていきましょう。

黒目の部分の大きさは両親から受け継いでいる遺伝子で決まっていることが多いです。

しかし、そのような遺伝子を抜きにしてしまうと、説によっては“黒目の大きい小さいのに実は全く差はない”という結果も出ているんです。

そう、遺伝子だけでは決まりませんし、あなたの親御さんの黒目の部分が小さいからと言って親御さんのことを責めることはできないんですよね。

では、どんな点で黒目の大きさの衝撃の真実があるというのでしょうか!ここでその衝撃の真実を確認していきましょう。

ページトップ