黒目を大きくしたい!

でももともと生まれつきに黒目が小さくて白目の部分が多いからカラコンで黒目の部分を増やしてる、という人もいれば、生まれつきに黒目部分がでかいために少し怖いと思われることに困っている・・・。

など全く別の立場でも“黒目”に関して何らかの悩みを抱えている人って少なくないんですよね。

あなたもそのような“黒目”に関する悩みを持っているのではないでしょうか?

黒目というのは、もともともっている遺伝子などで決まってしまうので、もともとのものを変えていくのってできないですよね。

しかし、瞳ということもあり、どんなになやみを抱えていたとしてもその瞳と一生一緒に過ごしていかなければなりません。

そのような悩みを抱えたままでいるのと、どうして黒目がでかい人もいれば小さい人もいるのかの理由をしっているのとでは、自分に対する見方ってかわるものです。

あなたは、どうして自分の瞳の黒目が小さくなってしまっているのか悩んでいるんですよね。

現代では“カラーコンタクト”というものがあるので、気軽に黒目部分を大きくすることができます。

しかし、どうして人々はそのようにしてまでも黒目部分を大きく見せたいと思うようになったのでしょうか?

また、どうすれば効率よく黒目部分を大きく見せることができるようになるのでしょうか。

この記事では、そんな黒目を大きくしたいという悩みを抱えている方のために「黒目」特集をしています。

どうして黒目の人はぱっちりな目に見えるの?

黒目の大きさってどれくらいが妥当なの?

黒目が小さい人ってなにか理由があるの?

どうすれば黒目がちな瞳なることができるの…?

などなど黒目に関して悩みを抱えたことのある人が感じたことのある疑問にすべてお答えしています!

ぜひこの記事を読んで、あなたの黒目部分をいかしていきましょう。

ぱっちりした大きい黒目になりたい!

黒目がちな人ってそうではない人に比べると、一重まぶたでも奥二重まぶたの人でもなんだか大きな目に見えるんですよね。

特に美容やファッションなどの自分の見た目に気を使っている女性ほど“大きな黒目がほしい”と願っているものです。

なぜならば、瞳の中の黒目部分がでかいだけでファッションを映えさせることはできますし、それにきれいに見せることもできますし、メイクを濃くしなくても本来の自分の良さをアピールすることができるからなんですよね。

だからこそ「ぱっちりした大きい黒目になりたい!」と感じている女性はあとをたたないんです。

それに芸能人などで活躍していたり、「かわいい」とか「きれい」なんていってもてはやされている女性こそ黒目がでかいことが多いんですよね。

そのような人を見ているので「黒目がちな人のほうがきれいにみえるし、モテるんだ」と思うようになっているということになります。

あなたも、そのようにして“黒目”に興味を持ち、そして自分もそのような黒目がちな瞳になりたいと感じるようになったのではないでしょうか。

そう、多くの女性の心をひきつける“黒目がちな瞳”。

それって実際はどのような効果を発揮してくれるというのでしょうか?

ここでは、黒目がちになることでどのような効果を得ることができるのか、そしてどんな風に周りからみられるようになるのかをお伝えしていきます。

目が大きく見える

ずばり、瞳の黒い部分が大きいほうがそうではない人に比べて“目が大きく見える”という効果があります。

白目部分が多くなってしまうと、どうしても第3者はそこに目線が行ってしまうので“物足りないなにか”を感じてしまうんですね。

しかし、黒目が大きいとそのインパクトの強さにおされるだけではなく、人身の回りのまつげの濃さまでも強調してくれる働きがあるので、どんなにつぶらな瞳をしていても“なんだか大きな目をしている”ようにみえるものです。

女性は、常識として毎日メイクをするものですが、そのメイクに凝っている人ほど“デカ目メイク”などにチャレンジしているものですよね。

“デカ目メイク”というのは、目の周りの黒い部分を増やすことによって目の錯覚を起こさせることになります。

それもほとんどが瞳の黒部分を活用していることが多く、瞳の黒目部分がでかければでかいほどにそのデカ目メイクの効果も大きくなります。

要するに、大きな瞳になりたい、ぱっちりお人形さんのような瞳に見られたい人にとっては“黒目”というのはとても重要だということです。

カラコンで盛らなくてもOK!

最近では気軽に黒目部分を強調できるものとして“カラーコンタクト”というものがオシャレ女子の中ではやっていますね。

度数アリのものもあるので、視力が弱い方でも使うことができるのがとてもうれしいものです。

しかし、そのようなカラーコンタクト(以下カラコン)をつけるのって最初はとても恐怖を感じるもの。

ましてやこれまでの生活の中でコンタクトレンズを付けた経験がない人ほど、怖さを感じてしまうでしょう。

「目の裏側にいってしまわないかな?」「とれなくなったらどうしよう」「友達は目がおかしくなったっていってたし…」なんてオシャレをとるのか、自分を犠牲にするのかで悩んでしまうものです。

たしかにカラコンというのは目に入れるだけでとても怖いですが、それ以上にモノをしっかり選ばないと失明の恐れがある商品もあります。

あの大量量販店で販売されているようなカラコンは、目の中で色素がとけだしてしまうような事件も相次いでいるんですね。

かといって眼科で購入すると高額になってしまうのでなかなか手が出せない方もいるでしょう。

しかし、そのようにわざわざカラコンに手を出さなくてもいいんです!

あなたの良さをそのままで黒目でアピールすることも可能なんですよ!

その方法についてはまたのちほどご紹介していますが、カラコンを使わなくても黒い瞳になることができる、ぱっちりとした目になることができるということは忘れないでくださいね。

黒目の大きい・小さいの衝撃の真実

すぐにでも「どのようにして黒い瞳部分を大きくすればいいのかをしりたい」と感じている人もいることでしょう。

しかし、その前にどうして黒目が大きい人と小さい人がいるのかその理由にせまっていきましょう。

冒頭でもさきほどの文章でもお伝えしましたが、黒目の部分の大きさはあなたたちの両親から受け継いでいる遺伝子できまっていることが多いです。

しかし、そのような遺伝子を抜きにしてしまうと、説によっては“黒目の大きい小さいのに実は全く差はない”という結果も出ているんです。

そう、遺伝子だけではきまりませんし、あなたの親御さんの黒目の部分が小さいからと言って親御さんのことを責めることはできないんですよね。

では、どんな点で黒目の大きさの衝撃の真実があるというのでしょうか!ここでその衝撃の真実を確認していきましょう。

黒目の大きさは“変わらない”のが基本

あなたは、「あの子は黒目部分がでかいのに私の黒目部分は小さい!ちくしょう!」なんてかんじているかもしれないですね。

たしかにそのように“見えてしまっている”のかもしれません。

この作者は何を言っているんだ?ばかなのか?

なんて思われたかもしれませんが、実は人間の黒目の部分の大きさというのは変わらずにみな同じくらいの大きさを持っているといわれているんです。

そう、あなたが黒目がでかくてうらやましいなぁなんて感じているあの子の黒目とあなたの黒目の大きさって同じくらいなんです。

約11m〜12m

ずばり、どれくらいの大きさなのかというとどんなに黒目が小さいと感じるような人でも直径がだいたい11mmから12mmくらいになります。

1.1センチ、1.2センチくらいだということですね。

子供になればもう少しこの黒目部分の大きさは縮みますが、それでも大人になれば平均としてこれくらいの大きさの黒目が妥当になります。

あなたも、あなたが黒目がでかくてうらやましいと感じているあの子もこれくらいの黒目の大きさをしてるということなんですよね。

これくらいが平均なので、これよりも大きな黒めになってしまうとパッチリおめめをこえて「なんだか怖い」とか「違和感をかんじる」ように見えるようになってしまいます。

黒目が小さい人の3個の原因

これまでに瞳の黒目部分の大きさは人によって大差ないということをお伝えしてきましたね。

それでもやはり「自分の黒目部分は人よりも小さいような気がする!」と感じるような人もいることでしょう。

そりゃあこれまでずっと「自分の黒目部分は小さい」と思ってきたのでそのように見えてもおかしくないでしょう。

平均値としては大人で誰もが11~12mmの黒目の直径を持っているというのにどうしてそのように「黒目部分が小さい」と感じるのでしょうか?

それには、それなりの原因があるんですよね。

ここでは、どうして黒目が小さく見えてしまうのかその原因についてお伝えいたします。

この原因を知ることで、自分が極端に人とは違うくらいの黒目の小ささではないということに納得できることでしょう。

1:まぶたの筋力が弱い


あなたは、まぶたがなんだか重いなぁと感じることが多くないですか?瞳の大部分をおおっているのがまぶたですね。

そのまぶたの筋力が弱いと必然的にまぶたが瞳部分にかかりやすくなります。

かかるというのは、それなりに黒目部分の隠れる範囲が広まってしまうということ。

そうすると、本当は大きな黒目を持っているのに見える範囲が少ない田遠に“黒目が小さい”ようにみえてしまうんですよね。

確認のために瞼を少し上にもちあげてみてください。

自然な瞳の大きさが見えるくらいまでに持ち上げてみると、「ああ、自分も実はこんなにも大きめの黒目を持っていたんだな」なんて発見できることでしょう。

2:目が乾燥してドライアイになっているから

ドライアイというのは現代病になっていますね。

そのため、多くの人がこのドライアイの症状に悩まされていることでしょう。

そんなことをいってる筆者もドライアイで、たまに眼科に通院して専用のお薬を処方してもらっています。

特にパソコンを使うお仕事をしている人、スマホをよく使う人、テレビなどを視聴する時間が長い人ほどドライアイになる傾向が強いようです。

それは“まばたきの回数が少ない”から。

本来は無意識のうちにまばたきができるものですが、パソコンなどの画面に集中しているとそのまばたきを無意識にでもしなくなってしまうんですよね。

かといって意識的にまばたきをすることもできないために、瞳の表面部分の水分はどんどん失われます。

その結果、瞳の粘膜から水分がでなくなり(涙がでにくくなる)、そして瞳が乾燥してしまうんですよね。

ドライアイになると瞳を守るために、普通にまぶたを開くのが難しくなってきます。

まぶたの筋肉が衰えていなくても、瞳の見える部分が小さくなってしまうということなんです。

その結果、黒目部分が小さく見えるようになってしまいます。

3:目に負担がかかっている


最後にお伝えする黒目部分が小さく見えてしまう原因は“目に負担をかけすぎている”ということがあげられます。

ドライアイの欄でもお伝えしましたが、現代人は瞳を酷使しがちです。

昔であれば暗くなれば眠っていましたし、現代のようにパソコンもスマホもなかったので睡眠時にきちんと瞳の疲れも回復できたんですよね。

それに職の欧米化が進むことで栄養バランスの悪い食事を摂取し、瞳の疲れを解消できるようなビタミンや栄養素などが不足してしまっているということも原因に含まれます。

そのようなことを相対的に見て、目に負担がかかるような生活を送ってしまっているんです。

そうするとさきほどもお伝えしたようにまぶたは瞳を隠そうとします。

それ太陽の光を見るだけでも目が痛くなるような事態になりかねません。

その結果、黒目部分がぼやけてしまい、なんだか人よりも黒目部分が小さくなっているように見えるのです。

スマホ・パソコンの触りすぎ

あなたは、日ごろからパソコンやスマホをよく触っているのではありませんか?

実はある検査結果によると、スマホやパソコンをさわる時間の多い人ほど、黒目部分が小さく見えることが判明しています。

要するに、もともとは黒目勝ちの瞳をしているのになぜだか急に黒目が小さくなってしまったかのように思えることがあるということなのです。

それってスマホやパソコンなどの画面をみることで、目に悪影響を与えるブルーライトをたくさん瞳にあびせてしまったのが原因だといえます。

ホットアイマスクなどで手当てしてあげないと、さらに黒目部分は小さく見えるようになってしまいます。

自分からのSOSとしてもとらえることができるということなんですよね。

黒目を大きくする方法

これまでにどうして黒目部分が小さく見えるようになってしまったのか、その原因についてお伝えしてきました。

その原因をふまえた上で、どのように行動したり、どのようにケアをすれば黒目部分を大きく見せることができるのかをこれからお伝えしていきます。

あなたが一番に知りたかったのは、この「黒目を大きくする方法」(大きく見せる方法)なのではないでしょうか。

なかには「整形手術なんていうのをするんじゃないの?」とか「痛いのはいや!」なんて感じている人もいるかもしれません。

しかし、そのようなメスや針などを一切使わずに今この瞬間からあなたのペースで黒目部分を大きくすることができるようになるんです!

さっそく黒目部分を大きくする方法をいくつかチェックしていきましょう。

目を大きく見開く体操をする

さきほど黒目が小さく見えてしまう原因として“まぶたの筋力が落ちてしまっている”というのをお伝えしましたね。

もしも筋力が落ちてしまっているというのであれば、その筋力を鍛えてあげて、本来の力を取り戻させてあげればいいだけなんです。

ずばり、そのために役立つのが“目を大きく見開く体操”です。

まず目をぎゅっとつぶりましょう。

このとき、できればまぶたまでもぎゅっとならないように“まぶただけ”をぎゅっとするようにイメージしてみてください。

そして5秒たったら一気にまぶたをパカッと開きます。

もうこれでもか!というくらいにまぶたを大きく見開きましょう。

そのままで5秒キープ。

そしたら、ゆっくりとまぶたを通常の位置に戻します。

これをワンセットにして1回につき10セットくらい行ってみましょう。

トイレをしているとき、料理をしながら…などなどいろいろなシーンで活用できますよね。

これは上まぶたの筋肉を鍛えてくれる運動なので、人によってはそれまではなかったような二重まぶたが完成することもあります。

ちなみに筆者は中学生時代は黒目部分は少ないし、白目はでかいし、それでいて一重まぶただったんですよね。

しかし、高校生になったらかわいくなりたい!という気持ちからこのまぶた体操を毎日、気づいたときにたくさんやっていました。

すると、高校1年の秋くらいには二重幅がうっすらあらわれ、高校2年になる手前にはくっきりとした二重まぶたが完成、そして友人たちからは「どうしてそんなに黒目が黒いの?」なんていわれるようになりました。

ポイントは眉毛をうごかさないでまぶただけを動かすこと。

それを最初からできていれば、2か月くらいできれいなまぶたと黒目をゲットできていたはずです。

(筆者はやり方を間違えているのに気づかなかっただけです)

上目づかいをする

女性が男性の心を射止めるときなどに使用する“上目遣い”は、人によってはあまりやりたくないと思うかもしれないですね。

それに上目遣いをするととたんにブサイクになってしまうような人もいますから、人にやるべきではないかもしれません。

ずばり、一人でいるとき、お風呂に入っているときなどにまぶた体操と同じく上目遣いもするようにしてください。

かわいいを意識するとまぶたの筋力を鍛えることができないので、思いっきりぶさいくになってでも上目遣いをするようにしましょう。

それを誰かに見られてしまっては恥ずかしいかと思うので必ず個室などで行うように。

上目遣いをして、おでこの筋肉が動いているもしくは刺激されているのを感じてください。

このとき、人によっては頭皮までもこりかたまっているのを感じることができるはずです。

上目遣いの形で5秒キープ、これを1回で10セットとします。

回数に制限はありませんが、出来る限りたくさんおこないましょう。

ちなみに上目遣いをしたときに少しでも「おでこがかたい」とか「頭皮がきもちわるい」と感じる方がいるかもしれないですね。

そのような方は、上目遣い体操がおわったらぜひともおでこと頭皮のマッサージを行うようにしてください。

頭皮がこりかたまると、おでこがこりかたまり、その結果まぶたが動かしにくくなります。

頭皮の血行をてっとりばやくよくするのはマッサージしかありません。

また、肩こりがひどくなっている可能性もあるので、そこもほぐすように心がけてみて。

するとまぶたがパカッとあがるだけではなく、ほっぺの筋肉もなんだかふんわりとなり、きれいになれちゃうんです。

長時間のスマホ・PCをやめる

あなたは、長時間のスマホやパソコンの時間で一日の大半を過ごしていませんか?仕事などであれば仕方ないですが趣味のページをみたり、人によってはゲームにはまっていたりしてそのような画面を長時間眺めてしまっている人がいるかと思います。

パソコンやスマホからは、私たちの瞳を疲れさせたり老化をはやめたりする“ブルーライト”というものがでているんですよね。

それらを浴び続けると、黒目部分がつかれてぼやけてしまいます。

もともともっている大きい黒目部分をいかすことができなくなるということです。

そうしないためにも、長時間のパソコンやスマホの操作を控えるようにしましょう。

仕事などでどうしてもパソコンやスマホの画面を長時間見なければならないというのであれば、画面にブルーライトカットシートをはったり、それに加えてブルーライトを極度にカットしてくれるメガネなどをかけるようにしましょう。

すべてのブルーライトをカットすることはできませんが、それで少しは瞳への悪影響を遠ざけることができます。

また、それだけではなく長時間のスマホやパソコンを使用した後には瞳をいたわるような行動をしてあげてください。

例えば、アイマスクをあたたかくして瞳の筋肉をやわらげるとか、こりかたまってしまったまぶたの筋肉およびおでこや頭皮の血流をよくするためにマッサージするなどです。

それだけでも翌日の疲れのたまり具合がちがったりするので、ぜひトライしてみてくださいね。

あなたの黒目サイズはどれくらい?測定方法

これまでに瞳の黒目部分を大きくする方法についてお伝えしてきました!

すべてが瞳を大事にすること、そして人身の回りの筋肉を鍛えるということでしたね。

しかし、そのような運動などをする前にひと月になっていることがあるのではないでしょうか。

それは、ずばり自分の黒目のサイズがどれくらいなのか?ということです。

自分の瞳のサイズがわかって、さらに平均値くらいであれば納得して安心できますよね。

とはいってもデリケートな部分にある黒目ですから、どのように測定すればいいのかわからないという方も多いことでしょう。

ここでは、あなたの黒目サイズをはかる測定方法についてお伝えしています。

ぜひすぐにでもあなたの黒目部分を測定してみてくださいね。

準備するもの

瞳の黒目部分を測定するといってもどんぶり勘定ではよくないです。

そのため、測定するためにはあなたに確実に用意してほしいものがあります。

それらとどうしてそれが必要なのかその理由をみていきましょう。

定規

まずはあなたの瞳の黒目部分の直径を図るための定規を用意してください。

学生時代からつかっていたもの、もしくは日常使いしているものなど普通の定規で大丈夫です。

この定規があなたの本当の瞳の黒目部分の直径を教えてくれることになります。

スマホ

次にスマホです。

スマホではカメラ機能があるものをチョイスしてくださいね。

とはいっても、スマホには当たり前のようにカメラ機能がついているのでお手持ちのスマホでいいでしょう。

電池容量がすくなくなっていると写真撮影をしているときに中断しかねないので、そのようにならないようにあらかじめ充電をしておくと安心です。

黒目を測定する手順

ではさっそく黒目を測定していきましょう!

自分の黒目部分がどれくらいの大きさなのかを知るなんてドキドキワクワクしてしまいますよね!

でも少し測定するのは怖いかもしれません。

そのように恐怖を感じずに真実を知るために、さっそくトライしていきましょう。

1:目がカメラと平行になるように向ける

まず、あなたのスマホのカメラ機能を起動します。

そしてカメラのレンズと目の位置が平行になるように
並べましょう。

インカメラがあるのであれば、画面を確認しながらできるのでそちらにしたほうがいいでしょう。

2:定規を目の下に添えて写真を撮る

そして目の下に定規をおきます。

このとき、ずれないようにそして瞳と平行になるように定規をおいてください。

そのままシャッターをおします。

もしも定規を持ちながらシャッターを押すのが難しいと感じるのであればセルフタイマー機能を利用するといいでしょう。

3:撮れた写真を拡大して測る

写真は撮影できましたか?

その撮影できた写真を拡大してみましょう。

そうするとあなたの瞳の下あたりにおいておいた定規と黒目部分を照らすことによって、あなたの黒目部分の大きさを知ることができるはずです。

少し醜い場合には、ペン機能などで定規のメモリから黒め部分まで線をひいてみるといいでしょう。

お絵かきアプリがあればなおさら測りやすい!

ひとつ前の項目でもお伝えしましたが、お絵かきアプリを利用するのもいいですね。

アプリによっては、なんと定規のメモリのフレームがついているようなものもあるので、それを使えばわざわざあなたが定規を瞳の下におくこともありません。

手間暇かけてしることもいいですが、利用できるものはどんどん利用してしまいましょう。

女性で黒目を大きく見せるなら「カラコン」

女性の中にはすでに“カラコン”を利用している方もいらっしゃることでしょう。

カラコンについてはさきほどもお伝えしましたが、カラー入りのコンタクトであってそれを目に入れることで黒目部分を大きく見せる効果を得ることができるもモノです。

さきほど、黒目を大きく見せるためのまぶた運動などをご紹介しましたが、それよりもさらにはやくに結果を出したい!

すぐにでも次のデートまでには黒目部分を大きくしたい!という方は、カラコンをうまく利用しましょう。

瞳に入れるのは怖いかもしれませんが、負担のすくなおソフトコンタクトレンズでもカラコンがあるのでそちらをチョイスしてみてくださいね。

目の黄金比率は「白目:黒目:白目=1:2:1」

しかし、どのようにしてカラコンを選べばいいのかわからない!という方もいらっしゃるはずです。

そのような方は、ぜひとも目の黄金比率をみて決めるようにしてください。

それは、白目:黒目:白目の割合が1:2:1いなるというものです。

ほとんどの方は11mmもの黒目を持っているので、できれば少し瞳を強調するくらいのカラコンを選ぶようにするといいかもしれないですね。

あまりにも黒目をでかくしようとすると黒目がでかくなりすぎて、おかしく見えてしまうこともありますから。

おすすめのカラコン

ここでは、カラコン初心者の方や新しいカラコンに挑戦してみたいという方のためにおすすめのカラコンをご紹介しています!

あなたに気になったものがあれば、ぜひ試着をしてみましょう。

おすすめは、公式ショップや眼科で購入することです。

正規品を購入することで瞳の健康を守ることもできます。

【カラコンについては、こちらの記事もチェック!】

アネコン(Anecon)オトナマンスリー

アネコンは、モデルの御秒奈々さんがモデルをつとめているカラコンです。

優しい瞳に仕上げてくれる少しブラウンがかっているカラコンなので黒目を強調しすぎず、それも黒目を大きく見せて自然な“デカ目”にしあげてくれます。

また、確実に黒目を強調したい方向けのブラックカラーもありますよ!

エバーカラー(Evercolor)ワンデーナチュラル

目の健康もふまえて毎回新しいものをつけたい!というのであれば、こちらがおすすめ。

エバーカラーは、沢尻エリカさんがモデルをつとめているカラコンです。

沢尻さんがつけても違和感がないように大人な女性向けにつくられている“さりげなく盛れるカラコン”になります。

派手すぎずに黒目を大きくしたい方におすすめ。

スマホの使いすぎで目を疲れさせないように

今回は、黒目を大きくするためにはどうしたらいいのかについてお伝えしてきました!

いかがでしたか?

瞳を大きくするのってなかなか難しいと思われるものです。

そのため、すぐにカラコンに走ってしまった方もいらっしゃることでしょう。

しかし、あなたのまぶたの筋肉をきたえ、さらにスマホなどの目の負担になるものを避けるようにすればあなたの黒目もシャキっと輝きだすこと間違いありません。

今回の記事を参考にして、あなたも素敵な黒目をゲットしてくださいね。