美しさの定義は人によって様々です。

年代や国によっても考え方は違うはずです。

日本の場合には、スタイルが良く細めな人がモテる傾向にあります。

また、顔のパーツで言えば大きな目とハッキリとした二重まぶたが魅力のポイントだとされています。

大きな目を持つ人は、それだけで美人の条件を一つクリアしている事になります。

だからこそ、その目を持っている人は他の人から憧れられたりするのでしょう。

ですが、その大きな目を持っている全ての人が自分の目に満足しているかどうかは分かりません。

もしかしたらもう少し小さな目になりたいと思っている人だって居るかもしれないからです。

人の悩みは他人では理解出来にくい部分も多々あります。

他人から見ればメリットしかないような事も、人によってはデメリットを感じているのです。

その部分を理解しようとする心が無ければ、本当の意味でその人の事を理解する事は出来ないでしょう。

そこで今回は、目の大きい人がモテる理由と困っているポイントについてご紹介させて頂きます。

物事には必ず2面性があるものです。

そのどちらの内容も理解してこそ、初めて本当の意味でその事を知る事が出来るのです。

目が大きい人に憧れている人は、彼らの苦労を少しでけ覗いてみてはいかがでしょうか。

目が大きい人の8個の特徴とモテる理由

美人の条件を考える際、大抵の人が目が大きい事を挙げています。

目が大きいだけで、他のパーツが人並だったとしても魅力的な人に見せることができるのです。

それは、それだけ目が印象的な部位だと言う事なのでしょう。

人の印象は、まずは顔から決まります。

「人は顔ではない」なんて言い方をする人もいますし、確かに顔だけではありません。

ですが、それはあくまでも中身を知ってからの反応です。

中身を知る前は、とにかく顔です。

顔が好きでなければ、その後の事など考えようとも思わないからです。

だからこそ、相手に好印象をもってもらうためにも、顔は重要なはずです。

そして、印象を強くする事ができる目は、多くの人に魅力的な印象を与える事ができるのです。

目が大きいと、その魅力的な印象を作りやすくなります。

それを上手く利用することが出来れば、モテる理由に繋げる事が出来ます。

1.顔の印象が残りやすい

顏の印象は、その人そのものの印象になります。

何度も顔を合わせるような仲になってしまえば、顏の作りなど、大きな問題では無くなります。

それよりも、気持ちが分りある事ができるかどうかが大事なポイントになって来るでしょう。

ですが、そうなる前どうしても顔が一番大事な印象となります。

最初の印象の際、相手の顔に「嫌だ」と言う気持ちを抱いてしまうと、その後その人と関りを持とうと言う気持ちすら無くなってしまいます。

そのため、第一印象が良い人の方がより良い日々を過ごす事ができると言っても過言ではないのです。

目が大きい人は目力があり、人に対して何らかのパワーを送る力が強くなります。

その強い印象を持たれる事によって、自分の事を覚えてもらう事ができるでしょう。

人に覚えてもらう事ができる事は、素晴らしい個性です。

誰でも簡単にできるものではありません。

そのため、目が大きいということは自分の個性として誇れることができるポイントになるのです。

目は相手の心を掴みやすい

目は口ほどに物を言うとことわざもある程、目は人に対して多くの情報を与えます。

目の印象が強い人は、それだけ他人に対して強い気持ちを伝えることが出来ると言う事なのです。

心を開いてくれる人に対して、嫌な気持ちになる事もそうあるものではありません。

人によっては馴れ馴れしいと感じる事もあるかもしれませんが、それだけ心を開いてくれている証なのだと捉えてくれる人からすれば、それは嬉しいことです。

相手の心を掴む事が出来れば、自分に対してメリットを感じることが多くなるでしょう。

それは少々計算高い部分も出てしまうかもしれません。

ですが、自分のもっている武器を使う事は生きていくうえでは当たり前の事でしょう。

2.感情が顔に出やすい


感情が分かりやすい事は、本人からすれば少々厄介だと感じやすい部分でもあります。

自分の気持ちが意図しない形で伝わってしまえば、面倒な事に繋がってしまう事もあるからです。

ですが、それも考え方を変えれば長所に繋げる事が出来ます。

と言うのも、人と話をしている際気持ちが全く見えない人よりも、分かりやすい人の方がどこか安心して話をする事ができるからです。

何を考えているか分からない不気味な人よりも分かりやすく気持ちを出してくれる人の方が、こちらも心を開きやすいというものです。

だからこそ、目が大きい人はそういった意味でも他人から高評価を得る可能性が高くなっているのかもしれません。

感情が相手に伝わることで相手から好印象が持たれやすい

相手に心を開いて欲しいと思うのであれば、まずは自分が開く事が重要です。

自分が心を開いていないのにも関わらず、相手に心を開いて欲しいと願う事は少々図々しいと言うものです。

自分が心を開くからこそ、相手が心を開いてくれるのです。

目の大きい人は、自分が意図しているかは関係なく、相手に自分の気持ちが伝わりやすい傾向があります。

その為、話をしている人も相手の気持ちを感じやすくついつい心を開いてしまう事があるのです。

その結果、多くの方から話しやすいと感じてもらう事が出来たり、印象が良くなるのです。

それはとても素晴らしい事であり、自慢できることでしょう。

3.守ってあげたいキャラ


目が大きい人は、何も美人だけではありません。

赤ちゃんや動物だって目が大きくくりくりしているのです。

それらの生き物は、人に癒しを与えてくれる存在であり、ピュアな気持ちで日々の疲れを癒してくれる事でしょう。

そんな彼らの無垢な姿は「守ってあげなければ」という気持ちを持たせてくれる事でしょう。

ですが、目が大きいだけではそうはならず、そこにプラスしてその人が持っているポテンシャルが大きく必要となります。

守ってあげたいと言う事は、それだけか弱い部分を相手に感じさせなければなりません。

ですが、目が大きいと言ってもキリリとした印象の目の人は守ってあげたいという感情に繋がる事は少なく、むしろ頼られてしまう事もあるでしょう。

そのため、目が大きい=守ってあげたいと言うよりは、元々守ってあげたいような可愛い雰囲気の子が目が大きくなる事によって、より一層その魅力をアップさせることができると言う事なのでしょう。

赤ちゃんも顔の大きさに比べて目が大きい

赤ちゃんは、どの子も大抵目が大きく見えます。

白目が見えにくく、黒目がちだからこそ余計に目の大きさが強調されているのです。

この大きな原因の一つに、瞳の大きさがあります。

人間は、成長にしたがって様々な部分が大きくなります。

手や足は勿論、頭の大きさまで成長しています。

ですが、その中で唯一あまり大きくならないといわれているのが、瞳の大きさです。

そのため、赤ちゃんは大人と同じ大きさの瞳を持っていると言う事になります。

顏の比率から考えれば、赤ちゃんが目が大きく見えるのは正にその通りでしょう。

大人になった際に丁度いい目の大きさは、赤ちゃんの頃は大きく感じる事が当たり前なのです。

人によっては小さい頃は目が大きかったのにと悲しんでいる人もいかもしれません。

ですが、瞳の大きさは変わっていないのです。

変わっていないからこそ、大人になるとどうしても目が小さく見えてしまうのでしょう。

4.明るい

目が大きいと、自分の意見をハッキリ相手に伝えたり、気持ちを前に表現しやすいと思われがちです。

その為、明るい人だという印象を持たれる事もあるでしょう。

本当は、勿論目の大きさと性格は全く関係ありません。

ですが、目の印象が強いという事もあり、自分の意思を強く持っている人だと誤解をされてしまう可能性があるのです。

とはいえ、明るい人だと思われる事にデメリットはあまりありません。

無茶なお願いをされてしまえば困る事もあるでしょう。

ですが、それ以外は暗い人と思われるよりは明るい人だと思われていた方が、多くの人から好意を抱いてもらう事が出来やすくなります。

人から好かれる事は、その後の人生を豊かなものにします。

生きやすい空間を作る事ができるだけではなく、何か困った事があれば誰かが率先して手助けをしてくれるかもしれません。

そんな日々を過ごす事が出来れば、より充実した日々を送る事ができると言っても過言ではないのです。

実際には引っ込み思案だったりと、なかなか前に出る事が出来ない人もいるでしょう。

ですが、それらの人も目が大きいと言うだけで、他人に違った印象を与える事ができるのです。

目が大きいことで明るく行動力のある人だと思われやすい

目が大きいは行動力のある人だと思われることが多いかもしれません。

本人としてはそんなこともないのに、相手からそういわれるのは驚く部分もあるでしょう。

ですが、行動力がある事は決して悪い事ではありません。

それがある事によって、周りに居る人を率いる力を持つ事ができるからです。

このように、目が大きい人はどうしてもメリットが沢山あるように見えてしまうのでしょう。

他の方からすれば、楽をして自分の地位を確立しているように見えるかもしれません。

他人の力を嫉む人はどこの世界にもいるものです。

自分にメリットがあると感じるのであれば、周りの人の意見など気にせずどんどんその力を使ってみいてはいかがでしょうか。

5.顔のバランスが良い

顏には色々なパーツがあります。

その為、どこか一つだけものすごく素晴らしい形をしていても意味がありません。

全体のバランスを見る必要があり、それを考えずに整形でもしようものなら大失敗になってしまうでしょう。

顏のバランスが大事なポイントとなる中で、一番バランスを取りやすいのは目です。

目が大きくなる事によって、全体のバランスが取りやすくなります。

それだけではなく、顔が引き締まったような印象に見えます。

普段お化粧しない人が、目の周りをばっちり化粧する事によってまるで別人のような顏になる事があります。

それは目の力がそれだけ強いということを示しています。

顏のバランスが良くなった事によって、より魅力的な姿になることができるのです。

目が大きいからこそ美人なのではなく、顏にメリハリが生まれるからこそ美人に見えるのです。

のっぺりしている顏よりもスッキリとした顏の方が格段に魅力は増します。

自分の顏の中に目以外のコンプレックスを抱えている人も、目に意識を集中させることによってその部にをカバーする事ができるようになるかもしれません。

顔全体が引き締まったように見える

顏に余白の部分が多ければ多い程、のっぺりとた印象を与えてしまいます。

ですが、目が大きい人の場合はそれだけ多くのスペースを使用する事になります。

結果的に顔が引き締まって見えるのです。

6.第一印象が良い

第一印象は人付き合いの中で、とても大切な部分です。

最初の印象が悪ければ相手からの評価も下がってしまう事にもなりかねません。

だからこそ、初対面の人に会う時には出来るだけ好印象を持ってもらえるように心掛けていかなければならないのです。

目が大きい人は、自分の気持ちを相手に素直に表現しやすい傾向にあります。

そのため、初対面の人とも素直に打ち解ける事が出来るはずです。

そうした交流が取れるからこそ、目が大きい人は得だと言われるのかもしれません。

可愛いという印象が残る

目が大きくクリクリしている方は、どこか子供のような印象を与える事でしょう。

もしかしたら、小動物のように感じる人もいるかもしれません。

また、そのまっすぐな瞳に見つめられる事によってドキドキと気持ちが高ぶる事だってもちろんあり得ます。

まっすぐな瞳ほど、力があり人に対して与えるパワーは大きなものになります。

7.好奇心旺盛

何事にも後ろ向きな考え方の人よりも、まっすぐ好奇心を持って過ごす人の方が魅力的に見えるはずです。

目が大きい人は、それらの魅力をより強く相手に印象付ける事が出来やすいと言われています。

勿論、目が小さい人が積極性に欠けるかどうかは分かりません。

それは個人の性格によって異なるはずです。

ですが、人の心の中はそう簡単に見えるものではありません。

特に、その人の事を知らなければ、どうしてもイメージになってしまうでしょう。

そのイメージを作るに当たり、目が大きい人の方が積極的に見えたりより前向きな印象を与えやすくなるのです。

8.コミュニケーションをとるのが得意

近年、若い人達を中心にコミュニケーションを取る事が苦手な人が多く居るといわれています。

そんなこともあり、最近の就職面接などではコミュニケーション能力の高い人の方がより優位になると言われています。

今の時代、いい会社に就職する為には頭は勿論、コミュニケーション能力も大変重要な部分となるのです。

だからこそ、コミュニケーションをとる事が得意な目の大きい人は重宝されるのでしょう。

勿論、目が大きいからといって必ずしもコミュニケーションを取る事が得意なわけではありません。

あくまでも、得意な様に見えるだけです。

ですが、その得意に見えると言う事がもう既に重要なアピールポイントなのです。

実際にはお互い同じくらいのコミュニケーション能力の人だったとしても、印象がいい方が結局は採用されるのです。

コミュニケーション能力は数値で測る事ができるものではありません。

個人の主観なのです。

そのため、相手にどう見えるかという部分が大事になってくるのでしょう。

自分でいくらコミュニケーション能力が高いといったところで、それを証明する事は難しのです。

そんな時、パッと見て華やかに見せることが出来る目の大きい人は、まさに理想的な姿なのかもしれません。

目が大きい人は得してる!?目が大きいと得すること

ここまで来ると、目が大きい人は得している事が多いという印象を持たれる事でしょう。

確かに、目が大きいだけで人の印象を良くすることができる場合もあります。

では、ここで目が大きい人が得をしていると感じられているポイントについてご紹介させて頂きます。

あなたが思っているよりもずっと目が大きい人は得をしているかもしれません。

顔を覚えてもらえる

目が大きい人はそれだけ相手に対する印象を強くする事が出来ます。

良くも悪くも、印象が強いと言う事は、覚えて貰うきっかけを掴む事が出来ます。

何度も会っているのにも関わらず覚えて貰う事が出来ないよりは、少しでも多くの人に覚えてもらえる方が人脈も広がりますし、良好な人間関係を築きやすいでしょう。

異性からモテる

異性からモテる事が全てではありません。

ですが、モテないよりはモテた方が確実に良い事が待っています。

自分が困った時もより素早く助けてくれる人が出てくるかもしれません。

よりよい結婚相手を見つけ幸せに暮らす事だって可能です。

異性の視線を意識するなど、邪道と思うかもしれません。

確かに、それがすべてになってしまえば良くない事もあるかもしれません。

ですが、モテる事は良い事です。

それを批判している人は、きっとモテないのです。

人間として魅力があると言う事は、自慢する事が出来るポイントです。

でも実は損してる!?困ったこともあるんです

ここまでは、ずっと目が大きい人の利点についてご紹介してきました。

その為、多くの方は目が大きい人=良い人生を歩む事ができると思っているでしょう。

確かに良い事も沢山あります。

目が小さい人からすれば、羨ましいポイントには違いありません。

ですが、100%良い事などこの世には存在しないのです。

必ずや難点と言うものがあります。

人はつい良い面ばかりを見てしまう傾向にあります。

だからこそ、目が大きい人に対しても良い部分しか見ていない事も多々あるでしょう。

ですが、目が大きい人にとっても苦労はあるのです。

その部分を知らない人から羨ましがられたとしても、複雑な気分になるだけでしょう。

そこでここからは、目が大きい人の難点についてご紹介させて頂きます。

寝ているときに目が開きやすい

目が大きい人の場合、寝ている時にまぶたが開いてしまう傾向があります。

これは、目が大きすぎるあまりまぶたのサイズが少々小さいのかもしれません。

また同じだけ目が空いているにもかかわらず、より目立ってしまうという事もあるでしょう。

目を開けて寝ていると、からかわれてしまうことがあり、学生の頃などは恥ずかしい思いをした事があるかもしれません。

そういった意味でも、目が大きければ良いと言うわけではないのかもしれません。

対策としては、目が空いてしまいがちな人はうつ伏せで寝たり、タオルを顏にかけるなどの対策を取る事をお勧めします。

目を開いてねていると乾燥してドライアイに繋がる恐れもありますので、注意してください。

目に虫やごみが入りやすい

目が大きいという事は、それだけゴミや虫なども入りやすくなるという事です。

自転車やバイクなど風を切って走るようなものの場合には、より一層その不便さを感じる事でしょう。

目の中にゴミが入れば勿論痛みを伴います。

虫などは気持ち悪いと感じる事もあるでしょう。

このように時には苦労を感じる事もあるのです。

しかも、これはそう簡単に改善できるものではありません。

眼鏡などを利用するにしても、それ自体がうっとうしく感じる人もいるでしょう。

自分の力でどうする事も出来ないのにも関わらず、羨ましがられてしまってはなんとも複雑な気持ちになるはずです。

子供のときにはからかわれやすい

目の大きさは子供の頃からさほど変わりません。

つまり大きければ大きい程、子供の頃から大きな瞳をしているという事なのです。

子供は、大人よりも残酷な生き物です。

人の特徴を見つけてからかう事も珍しい事ではありません。

大人から見れば可愛いくりくりの瞳も、からかわれてしまう対象になる事だってあるのです。

傷つきやすい時代にそんな事を言われてしまうと、落ち込む事もあるでしょう。

自分自身の姿にコンプレックスを感じる事だってあるかもしれません。

そうなってしまえば、もはや長所と感じる事は難しくなってしまいます。

どんな事で、人の気持ちが変わってしまうかは分かりません。

他人から見ればとても素敵な姿でも、自分がそれを良しとしていなければ自信をもって行動する事は出来ないのでしょう。

そうなってしまえば、もはや目が大きい事は何のメリットにもなりません。

この様に目が大きい=良い事とは、目が大きくない人が決めた固定観念です。

実際には、悲しい思いをしている人だっているのです。

もしかしたら目が小さくなりたいとさえ思っているかもしれません。

固定観念で、人の気持ちを決めつける事はやめましょう。

メイクで印象を変えにくい

目が大きい人とても印象強いです。

それによって人に名前を覚えて貰ったり、自分の意見を尊重して貰えることがあるかもしれません。

その為、いい面もあります。

ですが、その印象が強い目は、実は個性を出し過ぎるという難点もあります。

というのも、どんなに化粧をしたとしても目が大きい人の場合にはとにかく目が一番目立ってしまうのです。

そのため、他の部分のメイクを変えたところであまり印象が変わらず気づいてもらえないかもしれません。

せっかく美しく化粧をしたところで印象が変わらなければ面白くありません。

化粧映えする顔というものがありますが、それは大抵一重か奥二重でしょう。

目が小さい方がより化粧の魅力を実感する事ができるのです。

目が大きい人の場合はどうしても目ばかりが注目されてしまう傾向があり、なかなかイメージを変える事は難しいでしょう。

一重の人からすれば羨ましいポイントかもしれませんが、イメージを変えたいと考えている人からすれば、なんとも残念だと感じているかもしれません。

まとめ

目が大きい事によって得ることができるメリットは沢山あります。

それは他人から見れば確かに羨ましいポイントなのかもしれません。

ですが、実際には苦労している部分もあるという事を忘れてはいけません。

良い所ばかりに目を向けていると、物事の本質を見る事が出来なくなってしまいます。

そうなってしまうと、気が付かない所で相手を気づ付けてしまっている可能性もあるのです。

ですから、羨ましいと思う気持ちも分からないではないですが、相手には相手の気持ちがあるという事も忘れずにいてください。