CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

ヤンキー女の15個の特徴


時代の変遷と共に、ヤンキーの姿や特徴も徐々に変化していっているようです。

この記事では、ヤンキー女の特徴についてご紹介します。

普段は怖くて近寄れそうにない彼女たちの実態を見ていきましょう。

ヤンキー女の15個の特徴

それではヤンキー女の特徴を紹介していきます。

ですが、その前にまずヤンキーとは何なか、俗に言うところの「不良グループ」というやつですね。

でも、今の時代に不良などと呼ぶ言い方、もう「死語」の部類に入っているかもしれません。

「不良」は昭和の頃を思い起こさせる何か懐かしい響きがありますね。

さて、ではヤンキーについての大まかな定義が分かったところで、ヤンキー女の特徴を紹介していく事にしましょう。

1.薄くて尖っている眉毛

昔のヤンキーたちの眉毛は薄いどころじゃなくて、完全に剃り込まれて見えなくなっていましたね。

今の時代のヤンキー女たちの「薄くて尖った眉」は、それに比べればかなりオシャレな意向を感じてしまいます。

時代のトレンドは「カワイイ」という言葉に支配されています。

ヤンキー女の皆さんも、外見上はツッパッテいてもポイントでカワイク見える部分をしっかり残している、と言えなくもないでしょうね。

2.男性との距離が近い

彼ら彼女たちはどういう訳か、いつも集団です。

そして結構、密着しています。

本当に皆、仲がいいんだな、と思えるくらいひっついています。

そしてなぜかあんまり男女の区別を意識していません。

気に入った者同士で遠慮なく集団しています。

写真に納まる時も決まって集合写真。

カメラのフレームに収まろうと思えば自然とひっついていくのも仕方ない事なのでしょう。

これも仲間思いというか、繋がっていたいというか、要するに皆、人恋しいのですよね。

心が純な証拠です。

心がまだ世間の垢にまみれていないのです。

だから熱い真夏でも距離が近いのでしょう。

ある意味、その純朴な気持ちはこの先ずっと持ってもらいたいと思います。

3.口調がケンカ腰


多くの一般の方が外見以外でヤンキー女に対して偏見を持つのがこの部分でしょう。

口調がケンカ腰だから性格も凶暴で、とても話し合えない、と思っているのかもしれませんね。

ところが私の住んでいる大阪の南部には岸和田や泉州、あるいは東部には河内と呼ばれるバリバリのヤンキー地域(?)があります。

昔「河内のオッサンの唄」というのが流行ったことがあるくらい、このあたりの口調はがらが悪くとっつきにくい話し方です。

だからとって皆が皆、柄の悪い人間ではありません。

むしろ実際はその反対、皆、人懐っこくまた情に厚く涙もろいのです。

口調というか方言は長い年月をかけてその地域に根付いた文化です。

それをどうのこうのと偏見的に見ようとするから大いなる誤解が生じるのです。

きっとヤンキー女たちも仲間の中に入っているうちに、自然とそういう話口調になってしまうのでしょう。

しかし、その輪の中から出て来たときはいたって普通です。

だから、人間をパッと見ただけの外見で判断してはいけないのですよ。

4.すぐに怒る

確かにヤンキー女に限らず、ヤンキーを自称するような人たちはちょっとした事でもすぐにカッとなって怒りやすい、というイメージはあるかもしれませんね。

しかし、人間には喜怒哀楽という4つの感情があります。

これらはバランスよく発揮されることによって心身のバランスを保っているとも言えます。

だから、最近の怒らない現代人はストレスをいつも抱えている、とも言えると思いますよ。

別にヤンキー女の人が怒ってもいいじゃないですか。

その方が変なわだかまりを腹に抱えずに済むというものです。

健康上は非常にいい事でしょう。

ただ、何時までも怒り続ける人生だったらちょっと問題ですね。

ページトップ