ヤンキーな人というのは次代が移り変わろうがいなくなる気配はないようですね。

しかし、さすがに時代の変遷と共に、ヤンキーの姿や特徴も徐々に変化していっているようです。

では、現代のヤンキー、特にヤンキー女と呼ばれる人たち、どのような特徴があるのでしょうか?普段は怖くて近寄れそうにない彼女たちの実態を見てみたいと思います。

ヤンキー女の15個の特徴

それではヤンキー女の特徴を紹介して参ります。

が、その前にまずヤンキーとは何なか、俗に言うところの「不良グループ」というやつですね。

でも、今の時代に不良などと呼ぶ言い方、もう「死語」の部類に入っているような。

「不良」は昭和の頃を思い起こさせる何か懐かしい響きがありますね。

さて、ではヤンキーについての大まかな定義が分かったところで、ヤンキー女の特徴を紹介していく事に致しましょう。

全部で15個です。

1.薄くて尖っている眉毛

ていた時代はヤンキーたちの眉毛は薄いどころじゃなくて完全に剃り込まれて見えなくなっていましたね。

だから今の時代のヤンキー女たちの「薄くて尖った眉」はそれに比べればかなりオシャレな意向を感じてしまいます。

まあ、時代のトレンドは「カワイイ」という言葉に支配されています。

ヤンキー女の皆さんも、外見上はツッパッテいてもポイントでカワイク見える部分をしっかり残している、と言うように言えなくもないでしょうね。

2.男性との距離が近い

ヤンキー女の15個の特徴の2つ目は「男性との距離が近い」です。

彼ら彼女たちはどういう訳か、いつも集団です。

そして結構、密着しています。

本当に皆、仲がいいんだな、と思えるくらいひっついています。

そしてなぜかあんまり男女の区別を意識していません。

気に入った者同士で遠慮なく集団しています。

写真に納まる時も決まって集合写真。

カメラのフレームに収まろうと思えば自然とひっついていくのも仕方ない事なのでしょう。

まあ、これも仲間思いというか、繋がっていたいというか、要するに皆、人恋しいのですよね。

心が純な証拠です。

心がまだ世間の垢にまみれていないのです。

だから熱い真夏でも距離が近いのでしょう。

ある意味、その純朴な気持ちはこの先ずっと持ってもらいたいと思いますよ。

人生にはあまりにも裏切りやウソが多いですからね。

3.口調がケンカ腰


ヤンキー女の15個の特徴の3つ目は「口調がケンカ腰」という事です。

多くの一般の方が外見以外でヤンキー女に対して偏見を持つのがこの部分でしょう。

口調がケンカ腰だから性格も凶暴で、とても話し合えない、と思っていらっしゃるのかも分かりませんね。

ところが私の住んでいる大阪の南部には岸和田や泉州、あるいは東部には河内と呼ばれるバリバリのヤンキー地域(?)があります。

昔「河内のオッサンの唄」というのが流行ったことがあるくらい、このあたりの口調はがらが悪くとっつきにくい話し方です。

だからとって皆が皆、柄の悪い人間ではありません。

むしろ実際はその反対、皆、人懐っこくまた情に厚く涙もろいのです。

口調というか方言は長い年月をかけてその地域に根付いた文化です。

それをどうのこうのと偏見的に見ようとするから大いなる誤解が生じるのです。

きっとヤンキー女たちも仲間の中に入っているうちに自然とそういう話口調になってしまうのでしょう。

しかし、その輪の中から出て来たときはいたって普通です。

だから、人間をパッと見ただけの外見で判断してはいけないのですよ。

4.すぐに怒る

ヤンキー女の15個の特徴の4つ目は、「すぐに怒る」です。

確かにヤンキー女に限らず、ヤンキーを自称するような人たちはちょっとした事でもすぐにカッとなって怒りやすい、というイメージはあるかもしれませんね。

しかし、人間には喜怒哀楽と言う4つの感情があります。

これらはバランスよく発揮されることによって心身のバランスを保っているとも言えます。

だから、最近の怒らない現代人はストレスをいつも抱えている、」とも言えると思いますよ。

別にヤンキー女の人が怒ってもいいじゃないですか。

その方が変なわだかまりを腹に抱えずに済むというものです。

健康上は非常にいい事でしょう。

ただまあ、何時までも怒り続ける人生だったらちょっと問題ですね。

そのうち自身も結婚して子供が出来るかも分かりません。

そうなったら、女性ホルモンの影響で自然と心も女性らしくなりますよ。

いわゆる「慈しみ」の気持ちが心に芽生えてきます。

それまでの元気なうちは、いっぱい怒り倒してもいいんじゃないでしょうか。

5.髪の色や、服が派手

ヤンキー女の15個の特徴の5つ目は「髪の色や服が派手」という事です。

なるほど、ネットや雑誌などに登場するヤンキー女たちの服装や髪の色は確かに派手です。

極彩色か?と迷いそうな感覚を持ってしまうキンキラの服装、そして髪の色はほとんどが「金髪」。

口紅は赤くて顔一面、真っ白メイク。

そりゃあ、目立ちます。

しかし、これがヤンキー女と認められるための彼女たちの正式ないでたちなのでしょう。

ヤンキー集団の中に一人だけ黒髪で普通の格好をした少女がいたら、物凄く目立ちますからね。

葉っぱを隠すなら森の中、というくらい奇抜な服装も集団でいれば怖いモノなし、という発想です。

ハロインの季節になると、奇抜な恰好をしていても大勢の中に入ってしまえば違和感を感じなくなってしまうのと同じ事でしょう。

髪の色や服を派手にするのがヤンキーの正式フォームという事なのですね。

6.顔やルックスがきれい

ヤンキー女の15個の特徴の6個目は「顔やルックスがきれい」という事です。

そうです、ヤンキー娘たちは意外というか、やはりというか、顔やルックスが可愛くてきれいなのです。

芸能界デビューした新人タレントの隠れ経歴に「元ヤン」とこっそり書かれているネット媒体をよく見かけますが、なるほど、その噂も満更嘘じゃないな、と思わせるほど、ヤンキー女の中にはタレント性抜群の娘がたくさん、いるのです。

ちょっと古いところでは、アイドルから女優に転身した小泉今日子さん。

最近の成功例は佐々木希さんや武井咲さんなど、皆、可愛さにかけては1,2を争うくらいの逸材です。

確かにヤンキー女の世界では、世間の相場以上のレベルを保持している可愛い女子がうじゃうじゃいるのかもしれません。

ただ、顔が可愛かったりスタイルが良かったりするのも彼女たちの努力の賜物です。

何もヤンキーになったから勝手に可愛くなったわけではないのですからね。

7.化粧が濃い

ヤンキー女の15個の特徴の7つ目は「化粧が濃い」です。

ヤンキー女たちの化粧は確かに濃いですね。

薄化粧でしっとり、といった感じはありません。

皆、濃厚なメークを施しています。

これは一種の自分達の存在感を知らしめるための行為なのかも分かりませんね。

例えば自然界では、発情期を迎えた雄たちは全身が見違えるくらいの極彩色や綺麗な飾り羽などで綺麗に目立つようにする種が多くあります。

これもたくさんいる恋の競争相手から数少ないメスに少しでも気に入ってもらえるように努力する雄たちの涙ぐましい結果なのです。

例えがちょっと飛躍しましたがヤンキー女たちの意識にも同じような心理状態が存在するのではないでしょうか?すなわち、自分の事を大切にしてくれるパートナーを探し当てたい、という乙女心が、です。

8.声が低い

ヤンキー女の15個の特徴の8つ目は「声が低い」です。

ヤンキーたるもの、いくら女子だからといって甲高くて甘えた声で話していたのでは世間の笑いもの。

恰好は相手を威圧するだけの「外装」を施しているのに声が「子供声」だったら相手になめられてカッコがつかない。

という訳でもないでしょうが、ヤンキー女たちの声はある程度、低い声でしゃべってます。

ただ、よく聞いてみたら結構、声の抑揚を抑え気味に話していたりである程度、工夫はしているようですね。

あと、無理して喫煙をして声をわざと枯らしているかお酒の力を借りて喉をやっているか。

いずれにしても男性よりも声質の高い女性とはいえ、工夫次第で声のトーンは下げられます。

やはりドスの効いた渋い声の方がよりヤンキーに思ってもらえる、という事でしょうか。

9.アクセサリーや嗜好品が派手

ヤンキー女の15個の特徴の9つ目は「アクセサリーや嗜好品が派手」という事です。

ヤンキーさんたちが派手好みなのは髪の色や服装でも実証済みです。

当然ながら持ち物の派手に決めてきます。

アクセサリーや嗜好品はギンギラ仕様の派手な一品で固めています。