苦手な人や嫌いな人は誰でもいるものです。

すべての人を好きでいることも簡単ではありません。

ですが、「多くの人に好かれる人」になり、「嫌われる人」にならないことは、ちょっとした心がけで叶います。

そのためには、「嫌われる人」がどのような特徴があるか知っておかないといけません。

嫌われる人になってない!?こんな人は嫌われますよ!

自分のことしか考えない人はいつまでたっても嫌われます。

相手のことを考えられる人はどこにいっても好かれます。

嫌われない人は思いやりの気持ちが大切にします。

あなたは嫌われる人になってませんか?

嫌われる人の特徴とは?

嫌われる人は友達ができなく孤独になります。

また信用されないので、とても寂しい人生を送ることになるでしょう。

もしも自分が嫌われる行動をとっていたらどうでしょう?

そうならない為にも、嫌われる人の特徴を紹介していきますね!

自己中心的

自分ことしか考えられない自己中心的な人は嫌われてしまいます。

自分さえよければ良いと相手の立場に立って考えられない人間は、人に信用されません。

このような人間は、自分の欲求を満たすことに精一杯なので物凄くワガママです。

育ってきた環境により自己中心的な性格になってしまったものを治すのは難しいですが、相手の立場に立って物事を考えられるように努力してみましょう!

人の話しは聞かない

世の中、誰しも自分の話が大好きな人は星の数ほどいます。

けれど、興味のない相手の話を永遠に聞かされる身にもなってみましょう。

私の友人でもマシンガントークが激しい人がいます。

内容のない話をずっと聞かされると、聞いてる側はドッと疲れますよ。

一方的な会話ほどつまらないものはありませんし、会話のキャッチボールができて初めて面白みがあります。

自分の話をする前に、相手の話を引き出せる人になりましょうね。

ネガティブすぎる

何を話してもすぐに「無理!」「できない」と諦めてしまうネガティブな人っています。

やってもないのに、諦めてしまうネガティブな人は周りまでもネガティブにさせてしまいます。

自分に自信がなく物事から逃げようとする気持ちも分かりますが、せっかく周りにアドバイスをされてるわけですから、無下にしてはいけません。

少しでもよいので、「頑張ってみよう!」と努力するべきです。

【ネガティブについては、こちらの記事もチェック!】

自慢話ばかりをする

嫌われる人は自慢話が多いですね。

自慢話をする人は自分を相手より大きく見せたい表れであり、特に自慢話中は鼻の穴も膨らみ高揚しながら話すので、始末に負えません。

毎度会うたびに自慢話を聞かされていたら、誰でもウンザリしてしまいます。

自分の自慢話が楽しいのは自分だけ、周りは特に聞きたいと思ってませんので、肝に命じてください。

そこまで自慢話がしたいなら、自慢ブログでも書いてみましょう。

知らない人が見るだけですが、大胆に自慢事を書けるので、良い捌け口になりますよ!

人の陰口を叩く

「人の陰口を叩くと口が歪むよ」と小さい頃に親に注意されませんでしたか?

人の陰口を叩くと、陰口を叩いた相手よりレベルが低くなってしまいます。

自ら、自分のイメージを地に落とす行いだと思ってよいでしょう。

人の陰口を叩いたら、自分も誰かに陰口を叩かれていると思ってください。

陰口は不幸を呼び、幸せになれません。

陰口を叩く前に、相手の良いところを探すようにしましょうね。

過去の栄光ばかりを話す

どこにいってもいます、過去の栄光大好きの武勇伝が止まらない人。

「昔はこうだったあーだった」と豪語しますが、聞かされている側は心底「で、なに?」と思ってます。

昔はモテたや何人と付き合ったなどの武勇伝は特に女性に嫌われるでしょう。

もちろん過去の栄光にしがみつくことは自分を落ち着かせる意味で良いかもしれませんが、これからの未来を前向きに考えられるほうが素敵でしょう。

過去の栄光より、自分が今後どうありたいか目標を語れる人を目指しましょう。

正当化しようとする

常に自分が正しいと正当化する人は周りから嫌われます。

例えば、ミスをした際に自分は悪くないと自己弁護や言い訳をして、素直に謝罪できない人は冷ややかな目で見られるでしょう。

自分を正当化することで精一杯なので、もちろん反省もしないで、また同じミスを繰り返します。

何かミスをした時は、自分の非を認め、素直に謝罪をし、以後改めることが、人に信頼されますよね!

文句が多い

グチグチ文句が多い人は周りを不愉快にさせます。

基本的に文句が多い人は、マイナス思考で自分に対しても愚痴っぽいです。

いつまでもマイナス思考な人は敬遠されますので、文句もほどほどにしましょう。

前向きで明るい性格のほうが断然好かれますし、周りを幸せにできますよ!

無神経

思ったことを平気で口にするような無神経な人は、知らぬうちに他人を傷つけ嫌われます。

このような人は場の空気が読めないことが原因のひとつにあります。

場の雰囲気を読み取れないから、場違いな発言をしてしまうのでしょう。

無神経な人は、悪意をもって相手を傷つけている認識がないので、さらに繰り返し悪循環に陥ることになります。

もはや、無神経な人は嫌われていることにすら気づけてないかもしれませんね。

自分が嫌われる原因が分からなければ、無神経さを疑ってみてください。

完璧主義

完璧主義な人は自己主張も強く、周りの人を疲れさせてしまいます。

一から十まで完璧を求められると、誰でも嫌気がさすものです。

完璧主義で良いのは自分だけだと思い、周りに押し付けないように気をつけましょう。

第一印象が悪い

出会って3秒で第一印象が決まると言われてます。

もしも第一印象が悪い態度や見た目ならどうでしょう。

例えば、挨拶をしないとか、だらしのない服装だと相手に対しも失礼ですし嫌われてしまいますよね。

人付き合いの中で第一印象が今後を決めると意識して努めるようにしましょう!

否定から入る

会話をしていても、「いや、こうしたほうが〜」や「でも、良くないと思う〜」など否定から入ってませんか?

議論ならまだしも、普通の会話で連続して否定ばかりされては、話し手はいい気持ちがしません。

「いや」「でも」は口癖にもなりやすく、意外と自分で気づいてないパターンが多いです。

まず、受け答えをする時には、相手の意見に同意する姿勢を見せましょう。

例えば「そうだよね〜」や「わたしもそう思う」といったように、肯定の相槌を打ちましょう。

人間関係を良くするには、コミュニケーションを気持ちよくできることはとても大切ですよ!

上から目線

求めてないのに、上から目線でアドバイスをする人は嫌われます。

このようなタイプは、自分のアドバイスが役に立つとか相手を成長させてあげようと良かれと思ってしているため、遮ることすらできません。

言われる側からしてみれば、余計なお世話です。

求めてないのに無駄なアドバイスはとてもつまらなく不機嫌にさせてしまいます。

結局は上から目線で言うことで、自分の承認欲求を満たし、相手から賞賛を求めたいだけです。

上から目線で言う前に、相手がアドバイスを求めているかどうか認識するようにしましょう。

無愛想

感情があまり顔に出ない人、いわゆる無愛想な人は何を考えているのか掴みづらく敬遠されがちです。

特にお礼を言われた時や明るい雰囲気の時に無愛想だと自然に嫌われていきます。

もしかしたら無愛想に気づいてないなら、鏡を見てみましょう。

口角が下がっていたり、目が笑ってなかったりしていませんか?

せっかく性格が良くても無愛想だと人付き合いで損をしてしまうので、常に笑顔を心がけましょう!

人をコントロールしようとする

何事も自分の思い通りに動かそうとする人は嫌われます。

このような人は、人との心理的な線引きができてないことが原因です。

自分の思い通りにしたくて、ヒステリックに命令してませんか?

被害妄想が激しい

「どうせ自分なんて!」と思ってませんか。

被害妄想が激しい人は、ネガティブ思考で自己嫌悪が強いです。

また被害妄想やネガティブ思考は伝染するので、付き合いたくないですよね。

被害妄想の原因は自分自身を認めることができないからです。

自分自身を認められなければ、相手を認めることはできません。

被害妄想が強い人と付き合うと疲れてしまうので、どうかポジティブ思考になれるよう認知療法をしてみてください。

店員に偉そうな態度をとる

いくら普段良い人を装っていても、化けの皮はちょっとした所ではげます。

例えばお店の店員さんに対して横暴な態度をする人は確実に性格に難があります。

しかも一緒にいる時にお店で横暴な態度をされたら、恥ずかしい上に引きます。

このようなタイプは、立場の弱い者に対して強気に出れる一種のサイコパスな人間だと思って良いでしょう。

もしも周りにいたら付き合ってはいけない人間ナンバーワンです!

嘘つき

世の中息を吐くように嘘をつき、嘘で塗り固める人がいます。

嘘つきは、誰からも嫌われたくないと嘘をつく弱いタイプと嘘をついて人を利用してやろうというずるいタイプに分かれます。

前者は八方美人のタイプで嘘も分かりやすく可愛げもありますが、後者は平気で嘘をつくタイプなので犯罪者になりかねません。

どっちにせよ、嘘をつく人は人の信用を得ることはできません。

嘘をつくことで誰かを傷つけ嫌な気持ちにさせてることに気づけないのです。

正直に生きるのが一番!!

話をしている時にスマホをいじる

最近、スマホ依存症が問題になってますよね。

人と話をしている時にスマホを触る人は、誰と話しても嫌われます。

人と会話をする時は目を見てするものです。

まともに会話もできず、スマホを触れるタイプは非常識で付き合いたくありません。

このように理性で行動ができない人間には何を言っても気づけません。

そこまでスマホを手放せない人がいたら、スマホを隠してやりましょう!

清潔感がない

なんとなく気持ち悪かったり、清潔感のない人は見た目から嫌われます。

お風呂に入ってない臭さや、爪が伸びてゴミが入ってる時点でアウトです。

自分の身だしなみを整えられない人は、どこにいっても通用しません。

潔癖症まではいかずとも、生きている以上、綺麗を保てるよう余裕をもちましょう。

目を合わさない

なぜか、オドオドして目を合わせない人っていますよね。

はっきりいって、何を考えているのか分かりませんし、ちょっと怖いです。

目を合わせない理由がシャイや自信がないと、目を合わせない理由は様々だと思いますが、大人なので、克服できるように努力をしましょう。

また目を合わせて会話ができないと、人の誤解を招くことになりますから気をつけてください。

どうしても目を見れなかったら、話す相手の鼻と口の中間を見るようにしましょうね。

人によって態度を変える

人によって態度を変えることは時には必要ですが、あからさますぎると人に不信感を与え、近寄りたくないですよね。

表面上で取り繕っている態度は本人や周りにバレていることを自覚してください。

人によって態度を変えても、必ずあなたの真の姿は気づかれます。

それなら、最初から真の姿を見せれる勇気を身につけて人と接することです!

八方美人

誰にでも良い顔をする八方美人は世渡り上手ですが、周りの反感や嫉妬をかいやすく、嫌われるでしょう。

特に八方美人は、自分の評判が何よりも気になります。

自分の立場を守る為に、本音で接することもできず相手に合わせたり、身近な人の悪口を言ってしまうこともあります。

相手によく思われたくて、本当の自分すら見失いがちになっていませんか?

そのうち本当に相談をできる友達も失い、気づけば一人ぼっちになっている可能性もありますよ。

自分の人生と向き合い、意思をしっかり持つようにしましょう!

酒癖が悪い

酒癖が悪いと決定的に嫌われます。

飲んだら暴言を吐くとか泣き出すとか寝てしまうとか、人を不快にさせて介抱が必要になるような飲兵衛は本当に迷惑をかけますよね。

酒癖が悪い人は飲む量にセーブをかけ、場の雰囲気で調子に乗って飲まないよう注意しましょう。

みなさんもセルフチェックしてみて!(まとめ)

以上が嫌われる人の特徴でした。

私も書いてて気をつけようも思う点がいくつかありました。

なるべくなら嫌われず、好かれる人生を送りたいものですよね!

ぜひ、皆さんもセルフチェックをしてみて下さい。