あなたは自分のことを、ネガティブだと思いますか?それともポジティブだと思いますか?

この2つの大きな違いはなんといっても、性格や思考の違いです。

もし、なにか問題が差し迫ったときに、ネガティブな人というのは、

やる前から失敗を恐れて「自分にはできっこない」とすぐに諦めてしまう傾向があります。

どうにも悲観的で自己評価が低く、チャレンジ精神や好奇心というものが欠けがちです。

それに対して、ポジティブな人というのは、成功を見据えて「やってみよう」というようなプラス思考が働きます。

出来ないことがあっても、どうしたら乗り越えられるのか、何が足りないのか、など問題解決のために積極性を持って働きかけることを得意としています。

このようにネガティブとポジティブのほんの一面だけを見てみても、ネガティブでいることになんのメリットも感じられません。

「ネガティブな自分を変えたい」と思っている人、「ネガティブでいることに疲れた」と感じている人は

ネガティブシンキングをやめて、あなたらしい考え方や新しい価値観を見つけてみましょう!

ネガティブに考えて疲れる…

なにかにつけて「私なんて」「俺なんて」と、自分を卑下してはませんか?

ネガティブな思考回路は、人をどんどん自分をダメな方向へと導いていきます。

何か見えない負の引力に引き寄せられていつの間にかメンタルもカラダもボロボロ…

というようはことにならないように、今回は『脱!ネガティブ!』をテーマに、

ネガティブ思考の特徴と、それを脱出するための取り組み方を紹介していきます。

ネガティブ度チェック!

□ 周りの人から好かれていないと思う
□ 自分のことを根暗な性格だと感じる
□ 常に悩み事があり頭を悩ませている
□ 将来に対して大きな不安がある
□ 自分の人生は成功より失敗のが多い
□ 周りの人より自分は劣っていると思う
□ チャレンジするときはまず失敗する姿が目に浮かぶ

…いかがでしたでしょうか。

これらのチェック項目に、一つでも当てはまったら、今のあなたはネガティブ思考が働いていると考えられます。

そもそもネガティブってどんな考え?

ネガティブとは物事を正負二極で見た場合の負の一面のこと。

どんな時もマイナス思考に陥りがちで、悲観的、否定的、消極的という姿勢のことを指して使われることが多いですね。

一般的にネガティブというワードを聞くと、暗く無機質ななイメージを思い浮かべます。

常日頃から後ろ向きな考えに捉われがちで、仕事にせよ交友関係にせよ、

どんなことも「うまくいきっこない」「失敗するはず」「どうにもならない」と物事をいつも悪い方向に考えてしまうんです。

ネガティブは性格として根付いてしまっている場合と、その時の気分で一時的にネガティブ思考に陥っている場合など、さまざまなケースがあります。

なかには仕事に関してはネガティブだけど、恋愛に関してはポジティブという面を持ち合わせている人もいます。

ストレス・悩みが多くなる

ネガティブな思考回路で物事を見ていると、なかなか希望が見つけられません。

挑戦することに臆病になってしまったり、小さなことで躓いていては思うように物事が進みません。

そのじれったさや自信のなさからモヤモヤ・イライラしてしまうことも多いはず。

ネガティブが行き過ぎるとうつ病やストレス病などのリスクも増えてしまいます。

自分の為にも、ネガティブというのは早めに切り離しておきたいものです。

ネガティブな人の考え方の特徴

ネガティブシンキングは、癖になっている人が多く、自分では特に意識していなくとも悪い方へ悪い方へと考えてしまっていることがあります。

誰だって、もともと物事をネガティブに考えようとはしていないはずです。

長年蓄積されてきたあなたの価値観や思考回路によって脳が勝手にネガティブに変換してしまっているんです!

あなたも知らず知らずのうちにネガティブに思考に侵食されているかも…?

1.何事にも慎重”過ぎる”

慎重に物事を進めていくのはとても良いことですが、慎重“すぎる”というのは考えものです。

慎重であるということは、真面目かつ丁寧に対応している姿勢であることなので、『石橋を叩いて渡る』というようなタイプなのでしょう。

でも、石橋は叩きすぎたら割れてしまいます。

時間をかけた結果失敗というのでは目も当てられません。

それに極端な話、あなたがじっくり時間をかけて歩いているうちに、他の人はゴールしてしまう可能性だって考えられます。

慎重さに欠ける人もある意味問題ですが、何にしても丁度いい塩梅というのが重要ですね。

リスク管理が徹底している

ネガティブな人というのは、成功以前に失敗する光景を思い浮かべる傾向があります。

ある意味あらゆるケースの想定をしていて、リスク管理が徹底できているとも言えるのですが、失敗ばかりに気を取られて手の進みが遅くなってしまうこともしばしば…。

リスクを負うことはできれば避けたいものですが、本当にあなたが選択した道が正しかったのかを今一度考えてみてください。

後ろ向きに検討した内容が最善の策だとは限らないでしょう。

前向きに検討してこそ良い手が生まれるものですし、物事の見え方や士気も変わってくるものです。

2.ネガティブ発言が多い

ネガティブな人は、自信を持って「できる」「やれる」と確信を持って言えることが少ないのです。

「できると思う」「やれるはず」など、歯切れが悪く、頼りない返答をしてはいませんか?なぜかというと、

やはり後ろ向きな考えがあなたの想像する未来像をマイナス方面に引っ張ってしまうからなんです。

聞かされる方もウンザリするほど

ネガティブに捉われている人は、友達と会話している中でも

「自分なんか可愛くない」「嫌われているから仕方ない」「私と居てもつまらないよね」など、

自分を過小評価する否定的な発言を連発してしまっていることが多いですね。

謙虚な姿勢は日本人の美徳ですが、ネガティブというのは違います。

なぜかネガティブというのは、本来であれば嬉しいはずである人から褒められた時にも発動します。

折角褒めているのに全面的に否定されては相手としても、いい気分はしません。

社交辞令であれ本音であれ、相手を思って言ったはずの言葉を信頼されていないように感じてムッとするでしょう。

人から褒められた時は、頭ごなしに否定するのではなく、まず「ありがとうございます」と一言感謝を述べたうえで

「そんな風に言ってもらえると嬉しいです」と述べると角が立たずに済むでしょう。

3.心配性過ぎる

何をするにしても、心配が先だって足取りが重くなってしまうのもネガティブの特徴です。

ネガティブな考えが進むと、人は負のループに陥ります。

単なる心配性というレベルを超えて、どんな時も心配し過ぎてしまうんです。

常に最悪の事態を考えている

プレゼンや試験に挑む前や、一世一代の大チャンスに直面した時、あなたの頭ではどんな未来像が思い浮かびますか?

そこで「絶対にうまくいくぞ!」「成功させるぞ!」「このチャンスを逃すものか!」と意気込んで、成功した姿を思い浮かべられる人はポジティブな思考回路です。

こういう時に「絶対うまくいきっこない」「失敗した時はこうしよう」「どうせダメなんだからやる意味あるのか?」と、

最初から失敗することを思い浮かべて悲観に暮れてい人はネガティブな思考回路です。

しかもこの場合、ネガティブな人は想定しうる最も最悪なパターンまで想像が及びます

「もし試験に落ちたら、母親になんて言われるだろう、進学できずにダメ人間のレッテルを貼られて勘当されるかもしれない。友達に笑われるだろうな。ろくに就職もできずにつまらない人生を送るんだろうな…」

などなど、考えれば考えるだけ泥沼です。

ネガティブが強過ぎると生活にも支障が!

ネガティブな人は、日々繰り返すマイナスなイメージと発言が定着して、現実と想像の垣根が曖昧になり、

なんだか自分がとてつもなく不幸であると思い込んでしまう可能性があります。

どんな時も己に非があると決めつける様な思考回路では、なにをしたって楽しくありません!

一見ネガティブに見えても、行動にそのネガティブ精神が反映されていないという人は良いのですが、

ネガティブ思考によって行動が変化してきてしまったという人は注意が必要です。

周りとのコミュニケーションを困難にする

物事の受け止め方がいつもいつも否定的だと、周りとの価値観に諍いが生じることが多くなります。

周囲と感情を共有しあえないというのは、コミュニケーションを取るうえて致命的です「楽しい」「面白い」という価値観が合わない人と一緒に居ても話は続きませんね。

ネガティブな発言をする人が近くに居ると、周囲はネガティブな言動に対して「そんなことないよ」と励ましたり、気を遣わなければなりません。

自虐的な発言が多い人もこれに同じです。

そんなことになっては、交友関係にも支障をきたすのも時間の問題です。

ネガティブ思考から脱出するには!?

このページを読んでいるということは、自分のネガティブさに気付いて改善しようと試みている証拠ですよね。

人の中にネガティブが生まれる原因は実にさまざまですから、それぞれ必要な改善策というのは違うものです。

ですが、「ネガティブ思考を変えたい!」と思った時に共通して大切なことは、

ネガティブを全面的に排除しようとするのではなく、色々な物の見方や見解を知るということ。

自分の中で一度作られてしまったネガティブな部分を全てなくそうというのは無理な話なので、

ネガティブという考え方を活かしつつ、もっと人生を楽しく過ごせるように新しい視点を加えていくんです!

ネガティブな人はいわゆる悲観主義者と言えます。

悲観主義者の人は、悲観的な考えが人格を支配して仕舞っている人の古都。

この特徴を例える時によく用いられる定義の一つに、グラズの水を使ったものがあります。

グラスに半分入った水があるとした時に、その水を見て悲観主義者は「半分しか水が入っていない」と応えます。

それに引き換え、悲観主義者の対局となる楽観主義者(ポジティブな思考回路の人)は「半分も水が入っている」と表現するんです。

同じ物事を見た場合でも、その人の思考回路が違うとこうも物の見え方が違うのだということが分かりますね。

このように、自分では考えもつかない新常識を沢山知ることで、ネガティブだった心の引き出しに新しい要素が加えられるかもしれません。

1.ネガティブ・ポジティブで分類しない

ネガティブという自覚がある人は、ポジティブな思考を取り入れたいと思っていることでしょう。

ですが、ネガティブから無理にポジティブに転身する必要はありません。

ポジティブという観念に縛られなくとも、あなたらしさ探していくことが脱ネガティブのための第一歩です。

ネガティブな人が急にポジティブになれるのであれば、それは良いに越したことはありませんが現実問題厳しいのが実態。

ポジティブに生きるというのも、それはそれで難しいものなんですよね。

ですから、ネガティブでもポジティブでもない、あなたがもっと生きやすくなるためのオリジナルの方向性を探していきましょう。