CoCoSiA(ココシア)

付き合ってないけどデートをした時の...(続き2)

そのため、付き合った後も仲の良いカップルになる確率が高いんです。

ですが、付き合う前のデートは多くても3回から4回程度にしておきましょう。

その位の回数を重ねれば、お互いの趣味や性格なども十分に把握する事が出来ますので、その後は告白をするタイミングをしっかりと考えるようにして下さい。

付き合う前のデートは、あまりにも回数を重ねすぎてしまうと適度な緊張感も無くなり、告白をするタイミングを逃す可能性も出てきます。

また、実際に告白をして付き合ったとしても、何だかダラダラとしてしまいこんな筈じゃなかったと後悔をする可能性もあります。

お互いに付き合ってからも適度な緊張感を保つためにも、付き合う前のデートは回数をきちんと決めるようにした方がいいかもしれませんね。

また、この人と付き合いたいと思える相手と出会えたら、しっかりと告白をするようにしましょう。

3.付き合う理由探しをしている

付き合う前に気になる人とデートに誘って一緒にいるのは、何も考えていないのではなく、付き合う決定的な理由を探していることがあります。

確かにこの人の事は好きだけれど、何故付き合う必要があるのかという理由がわからない為、2人きりになる事で模索をしているのです。

この場合は、相手に問題があるのではなく、自分の付き合うことに対する意識の問題になりますので、何回かデートを重ねて答えを必死に探すことでしょう。

間違いなく相手と一緒にいると楽しいし、好きではあるけれど、そこから付き合うことへ上手に結び付けない人は感性と思考のバランスが崩れている可能性があります。

本来、相手のことが好きなのであれば、本能が感じるままに告白をして付き合えば良いのですが、頭で付き合うことを考えすぎてしまっているため思考が邪魔をしています。

余計なことを考えすぎてしまうと思うように前に進むことも出来ないため、答えが出ないと相手が逆に愛想を尽かしてしまう事もあります。

相手も好意を持っている場合、あまりにも強く好きだと押しすぎてしまうと、余計色んな事を考えてしまい付き合えなくなる可能性があります。

ゆっくりと時間を掛けて一緒に理由を探すか、さりげなく好意を持っていることを伝えて付き合う理由を見つけてあげるのも良いでしょう。

どういうことが”付き合う”なのか知りたい

付き合う前のデートをする理由の1つに、どういう事が付き合うことなのかというのを知りたいと思っている人も多くいます。

特に何時も一緒に居て顔を合わせる機会が多い関係だと、好意は持っていても何をもって付き合うのかがわからないという人もいるようです。

もしも、相手と付き合うことに対してそのような気持ちを抱いているのでしたら、デートをする場合には、遊園地やドライブなど話題に困るような場所には行かないようにしましょう。

ドライブは、車の中で2人きりになります。

普段顔を合わせることが多い関係であったとしても、いきなり密室状態で2人きりになると、相手の事を過剰に意識してしまい会話に困ってしまうかもしれません。

また、遊園地は長時間一緒になるうえ、休日のデートは混雑していることが多く、イライラしがちになります。

付き合ってからのデートであれば、遊園地は定番で良いかもしれません。

ですが付き合う前のデートで、しかも付き合う理由を探しているのであれば避けた方がいいかもしれません。

付き合う理由を探しているのであれば、相手の性格や趣味などをじっくりと知ってまずは相手を理解する必要があります。

そのため、ゆっくりと会話が出来るようなデートプランを立てるようにしましょう。

静かで落ち着いた感じのカフェでちょっと数時間、お茶を飲みながら会話を楽しむのも良いでしょう。

ランチやディナーを楽しむのもアリです。

その場合は、ファミレスなどのワイワイと騒がしいところは避けた方がいいかもしれません。

じっくりと相手の事を知れば、自ずと付き合う理由もわかるようになるでしょう。

【付き合うとはどういうことかは、こちらの記事もチェック!】

4.好意を持っている

付き合う前のデートはお互いに相性を確かめたり、相手との関係性を親密にするためには欠かせません。

そのため、当然ですが相手に対して好意を持っているからこそデートに誘うんです。

また、付き合う前のデートでは、相手が自分の事をどう思っているのかというのを判断する事も出来ます。

脈アリだと確信をすれば、次回のデートでしっかりと告白をすることも可能です。

好きな人に告白をするというのは、一大決心をしないとなかなか行動に移すことが出来ない人も多いと思います。

そのため、脈が無いとわかっていて告白をするなんて事はあまりありませんよね。

ですので、相手に対して好意があるからこそ付き合う前にデートに誘うんです。

また、付き合う前のデートは2人きりで色んな会話をすることで、自分にとってその相手が居心地が良いかどうかというのを見極めることが出来ます。

自分の気持ちや恋愛感情を再確認する為にも欠かせません。

そのため、付き合う前のデートはある意味付き合った後のデートよりも緊張感は高いものとなるでしょう。

デートをしている時に、少しでも相手が自分と長く一緒に居たいと思わせるような素振りを見せた場合には、自分に対して好意を持っている可能性が高いです。

時間ギリギリまで付き合ってくれたり、帰り際に改札までしっかりと見送ってくれたりする場合は、少しでも長く居たいという気持ちの表れですので、見逃さないようにしましょう。

また、疲れていないか、暑くないかなど、ちょっとした気遣いが見られる場合も好意を持っているサインの可能性が高いです。

このような行動がちらほら見えたら、自分に対して好意を持ってくれていると思っても良いかもしれません。

嫌いな人とはデートしない

付き合う前のデートって、ものすごく相手を誘うのに緊張しますよね。