暑い季節になると肌見せする機会が多くなりますよね。

あなたはいつどこで見られても良いつるつる肌になっていますか?

男子は見ていないようで意外に女子の肌をチェックしています。

顔はもちろん、デコルテや腕や脚などがつるつる肌であれば、その肌に触れてみたいと思うに違いありません。

今回はつるつる肌がモテる理由と、そんなつるつる肌になるための方法について詳しくご紹介したいと思います。

外見が良いだけがモテる条件でない

あなたの周りにいる「モテる女性」をよく観察してみてください。

もちろん外見が良い女性も多いでしょうが、中には「特別可愛くないのになぜかモテる…」という女性がいませんか?

そんな彼女たちの肌をチェックしてみると…きっとつるつるで触り心地の良さそうな肌をしているはずです。

モテる秘訣は”つるつるした肌”

初対面の女性の肌をチェックするという男性は非常に多く、特にニキビや毛穴などが目立たないきめ細かい肌の女性に好印象を持つという意見が多いです。

そもそも男性にとってつるつる肌は女性らしさの象徴であり、男性の肌質とはあきらかに違う女性のつるつる肌に憧れを抱いているのでしょう。

同性をも魅了するつるつる肌


つるつる肌に注目するのは男性だけではありません。

むしろ同性の場合は必ず肌のチェックをします。

つるつる肌の人に出会うと、スキンケアの方法や肌のために努力していることが気になり、聞けるような関係なら根掘り葉掘り聞いて自分も試します。

また女子会でも美容の話題は多く、情報交換をするのが常識となっています。

つるつる肌に憧れを抱いているのは男性だけに限らず、そのためにはお金に糸目をつけないという女性も多くいますね。

つるつるした肌に男子が惹かれる4個の理由

では男性は何故つるつる肌に惹かれるのでしょう?

その理由として考えられるのは、同性である女性がツルツル肌に憧れるのとは少し違う理由があるようです。

1、思わず触ってみたくなる

「マシュマロボディーをゲットしてモテ女になる!」といったタイトルがついている女性誌をよく見かけますが、まさにそれがつるつるでモチモチのモテ肌のことです。

と言っても普段男性が目にすることができるのは、顔や手など露出している部分しかないので、そこでのつるつる具合を基準となります。

程よいテカリ具合で潤いがあり、透明感のあるつるつる肌を見ると、どんな感触なのか確かめてみたくなるのでしょう。

と同時に「きっと気持ち良いんだろうな」という妄想が広がるばかりで、そんな肌を持つ女性に興味が湧きます。

同性でもやはり水分と油分のバランスがちょうど良いつるつる肌の人を見ると、ついつい触れてみたくなる人も多いのではないでしょうか?

つるつる肌を求めている

何故男性はつるつる肌に触れたくなるのか?それはきっと自分の肌にないモノだからでしょう。

中には女性よりも肌がきれいな男性もいますが、それはごく一部に限られています。

通常はひげや体毛があったり、スキンケアなどほとんどしていないキメが荒い肌の場合が多いですよね。

それが男らしさでもあるので自分の肌が嫌いなわけではないでしょうが、やはり女性のフワフワやつるつるの肌への憧れは永遠であり、もはや「つるつる肌フェチ」だと公言する男性もいます。

2、女子力が高そう


「女性らしさ」はモテる条件の一つでもあります。

計算で女性らしく振る舞っている女性にまんまと騙される男性が多いのがその証拠ですよね。

つまりパッと見て女子力が高そうな女性はモテるということです。

あまり親しくない間柄である場合は、女子力を見極めるためにチェックされるのがお肌ということです。

美意識の高さが窺える

当然つるつる肌になるにはスキンケアを怠るわけにはいきませんが、男性はそれも十分に理解しています。

つるつる肌の女性は、男性から「ちゃんとお手入れしているんだな」と美意識の高さが評価されて、女子力の高い女性というイメージが定着します。

男性が女性の美意識にこだわるのは本能みたいなものです。

付き合うと豹変してしまう女性や結婚をするとウエストがゴムのボトムばかり穿くようになる女性ではなく、年齢を重ねても綺麗なままでいてくれる女性を求めていると言えるでしょう。

3、若々しさを感じる

これは男性にも言えることですが、肌がつるつるだと年齢よりも若く見えます。

年齢を重ねれば色々なところにガタがくるのは仕方がありません。

特に女性の肌は年齢が出やすいので、初対面の時男性は肌をみて大体の年齢を予想します。

自分の予想よりも上だった場合は「肌がキレイだったから」という理由が多いです。

周りに自慢できる

不思議なことにいつの世も男性は若い女性が好きです。

女性がイケメンの彼氏を友達に自慢できるように、男性は若い彼女を自慢することができるので、若々しいつるつる肌の女性が選ばれるという原理でしょう。

4、健康的に見える

実際に健康じゃない人はつるつる肌にはなれません。

肌は外側からのケアも大切ですが、同じくらい内側からのケアも大切です。

バランスの悪い食事は肌荒れやニキビの原因になりますし、睡眠不足も肌を傷めます。

だらしなく思われない

男性は肌トラブルを抱えている女性を見ると「食生活が乱れているのかな」「睡眠不足なのかな」とい想像をしてしまい、私生活がだらしないというイメージを持たれてしまうこともあります。

これは大きなマイナスポイントなので、気になる男性からそう思われないためにも肌には気を配る必要があるでしょう。

つるつる肌の作り方

モテ肌であるつるつる肌になるために、日頃から気を付けたいポイントをご紹介します。

ピーリングをする

古い角質を取り除くピーリングを定期的に行うと、肌のターンオーバーが正常になり健康的な肌になります。

市販されているピーリング石鹸などを使って自分で行う方法と、エステサロンやクリニックで高濃度成分を使って施術してもらう方法があります。

やりすぎは逆効果

ただしつるつる肌になりたいからと言って毎日ピーリングを行うのは、逆に肌トラブルの原因になります。

そもそも角質は外の刺激から肌を守ってくれるバリアの役割があり、つるつる肌にも必要な成分なのです。

しかしピーリングによってそれが落とされてしまうと、ニキビが増えたり肌が乾燥しやすくなるというデメリットがあります。

自身で行うピーリングは多くても週に1度を目安に行いましょう。

泡で優しく洗顔する

つるつ肌になるために洗顔は非常に大きなポイントになります。

と言ってもただ洗うだけではなく、きめ細かいたっぷりの泡で肌を包み込むように優しく洗わないと効果はありません。

泡立てネットを使用してモコモコに泡立てたら、顔の上で泡を滑らせるようにして洗いましょう。

細かい泡が毛穴に入り込んだ汚れを落としてくれるので、できれば入浴後の毛穴が開いた状態で洗顔をするのがおススメです。

ゴシゴシ擦るのはNG

汚れを落としきりたい!と言う気持ちからついついゴシゴシと擦ってしまう気持ちはわかりますが、それが毛穴が詰まる原因となったり、乾燥など肌トラブルの原因にもなるので我慢してくださいね。

洗顔後、すぐに保湿する

洗顔後はタオルで顔を拭きますが、乾燥はその30秒後から始まります。

入浴時に洗顔を済ます人も多いですが、特に入浴後は秒刻みでどんどん乾燥してしまいます。

そのまま何もしなければ15分後には入浴前の肌よりも乾燥した状態になるので、水分を拭き取ったらすぐにスキンケアをするのが理想的です。

保湿を極める

オフィスで書類に水をこぼしてしまった時に、急いで乾かすと表面が凸凹になりますよね。

肌の場合も保湿しないで乾かすとそれと同じ現象が起きると考えてください。

洗顔後は水分を拭き取ったらまずスキンケアです。

それによって開いた毛穴に美容成分が浸透しやすくなり、効果も倍増するでしょう。

バランス良い食事をする

つるつる肌を作るには身体の内側からのケアも必要です。

様々な栄養素をバランス良く取り入れることで、腸内環境も良くなり体内の老廃物をきれいに排出してくれるので、肌へのダメージも少なくなります。

その上で美肌成分であるコラーゲンやビタミンCなどの豊富なサプリをプラスすることでプラスαの効果が期待できます。

出来合い物ばかり食べない

一人暮らしの場合はついつい外食や出来合いのお惣菜などで済ませてしまいますが、それはあまり健康的な食事とは言えません。

どうしても油分が多くなりがちですし、保存料などが使用されている場合もあるので、栄養のバランスが崩れてニキビや肌荒れの原因となります。

日焼け予防をきちんとする

日焼け止めは女性にとってもはや常識ですが、つるつる肌を目指すなら徹底的に紫外線対策をしましょう。

ただしとりあえず毎日SPF値やPA値の高い日焼け止めを付ければ良いというわけではなく、肌の負担にならないようTPOに合った付け方が重要です。

海や炎天下の下にいる日はSPF50とPA++++という最大値の日焼け止めが必要ですが、通勤時に日に当たるだけなら、SPF30~40・PA++くらいの日焼け止めで十分でしょう。

ケアも怠らない

曇りの日でも部屋の中でも紫外線は肌に影響を与えます。

十分に対策を行うのも大切ですが、日々のケアを怠らないことによって差が出ます。

つるつる肌になりたいなら、毎日のスキンケアに手抜きは厳禁です。

面倒でも丁寧にスキンケアを行うことで、肌は必ずその気持ちに応えてくれるはずですよ。

自分に合った化粧品を使う

肌質は人それぞれ違いますし、年齢によっても変わります。

友達が使って良かった化粧品だからと言って、必ずしもあなたに合うとは限りません。

たとえ高級な化粧品とはいえ自分の肌に合わないモノを使うことで肌トラブルの原因になります。

まずは肌質をチェックして、どのようなタイプの化粧品が合うのかを調べてみましょう。

使う前にテストする

いきなり化粧品を購入するのではなく、やはり実際使ってみて自分に合うかどうか確かめる必要があります。

サンプルをもらったり、トラベル用程の小さなサイズが売っている場合もあるので、恥ずかしがらずにもらえるだけもらって試してみた結果、効果が実感できたら購入するようにしましょう。

産毛処理もしておく

明るい場所で鏡をよく見てみると、顔の産毛は意外と目立つのがわかります。

ということは、明るいオフィスや日差しの下などで男性と近い距離になった時も、産毛が見えてしまうということです。

そんな時男性は少なからずショックを受けて、いくら気になっている女性の場合でもそれが原因で気持ちが冷めてしまうかもしれません。

保湿も欠かさない

そんなもったいないミスを犯さないように、普段から顔の産毛の処理を欠かさないように気を付けましょう。

美容院や床屋さんでも行っている所はありますし、電動カミソリを使って自分で行うのこともできます。

大切なのは産毛処理後の保湿です。

産毛が無くなると保湿力が高まり、肌の水分量が上がり、肌に透明感が増しますよ。

メイクしない日を作る

ほとんどの女性が毎日メイクをしているはずです。

バッチリメイクではなくBBクリームや下地のみで済ませているだけでも一応メイクはメイクです。

メイクをしていると毛穴にメイクが入り込んで、その結果毛穴の黒ずみやニキビを引き起こします。

また化粧品に含まれている油分が紫外線によって酸化して、肌を老化させてしまいます。

毎日とは言いませんが、週に1日はスッピンデーを作って、日頃メイクで覆われている素肌をいたわってあげましょう。

肌荒れしにくくなる

そもそも朝キレイに洗顔した肌にメイクをすることで、再びファンデーションの油分や合成成分などが毛穴に入ってしまうわけなので、決して肌に良いとは言えません。

それが毎日続くとなれば肌も休む暇がありませんよね。

しかし週に1回でも休息日を与えてあげれば、それが肌の回復につながります。

さらにエステなどに行って徹底的に肌をいたわってあげれば、毎日のメイクによるダメージが一気に回復できるでしょう。

肌がキレイだと様々な角度から好印象を得ることが出来る

つるつる肌のメリットがわかっていただけましたか?
「人のイメージは第一印象でほぼ決まる」と言われています。

女性のつるつる肌は男性にとって非常に好印象なので、かなり強力な女の武器になるはずです。

肌トラブルに悩まされている女性の皆さんは、是非日頃の生活習慣を見直したり、意識的に肌に優しい毎日を過ごすようにしましょう。

【肌をきれいにする方法については、こちらの記事もチェック!】