CoCoSiA(ココシア)

醜い人の7個の特徴(特に心の面を紹介します)


性格というのは表情にも表れやすい傾向があります。

優しい人は顔から優しさがにじみ出ていたり、性格が悪い人は顔を見ても性格悪そうだなと思ったり、なんとなく感じることってありますよね。

この記事では、性格が悪いにも含まれそうな醜い人の7個の特徴についてご紹介していきたいと思います。

周りにこのような人がいたり、自分に当てはまっていないかチェックしてみてくださいね。

醜い人の7個の特徴


貴方の周りには、この人って心が醜いよな。

と感じる人はいませんか。

ふとした時に、どうしてあの人って、心が醜いと感じるのでしょうか。

心が醜い人の特徴をチェックしてみましょう。

1.心が醜いと顔に出る


心が醜いと、顔に出るというのをご存知ですか。

顔の形を決めるのは、日常で起こる顔の表情です。

顔の形は、表情筋と呼ばれる筋肉で作られているのですが、表情筋は、他の筋肉とは異なり、鍛えて直ぐに成長をするわけではありません。

長い年月を掛けてゆっくりと成長するものですので、心が醜いと、その表情が作られていくんです。

心が醜い人は、表情も悪く、常に気持ちが後ろ向きになるため、普段の仕草や心の中の状態が表情となって顔に表れます。

そのため、自分の心の醜さを、相手に気付かれないようにしても、隠し通せるわけが無いんですよ。

しぐさや心の中が顔から出る


心が醜い人は、普段のしぐさや心の中が、顔に出てしまいます。

心が醜い人の特徴の1つとして、目がつり上がっているというのが挙げられます。

これは、何かに対して、日常的に常に怒っている人に現れます。

そのため、どれだけ怒りの感情を抑えようとしても、表情が作られている訳ですから、自然と目がつり上がってしまうんです。

また、自然な表情をしている時でも、眉間にシワが寄ってしまっている人は、怒りや悲しみ、困っているなどのマイナスの感情を常に抱いている人が多いんです。

そのため、非常に心が醜くなってしまっていると言えます。

それ以外にも、目が笑っていない人は、本心では、あまり楽しいと思っていないと感じているため、非常に心が醜いと言えるでしょう。

何かのグループで集まった時に、面白い話で盛り上がった際には、ふと相手の顔をチェックしてみて下さい。

相手を見下していたり、楽しいと心から感じていない人は、心が醜くなっており、目が全然笑っていないんですよ。

2.人を見下す


貴方の周りには、常に人を見下して、バカにしているような人はいませんか。

そういった人は、非常に性格も悪く、心が醜い可能性が高いので、注意が必要です。

人を見下す人というのは、自分に自信が無いために、常に自分を誰かと比較しているような、心が醜い人です。

非常にコンプレックスを抱きやすく、なりたいと思っている自分の現実と、実際の自分の差を実感して、イライラしたり、不愉快な気分になっています。

そのため、かなり精神的に不安定な状態だと言えるでしょう。

心が醜くなってしまい、常に心に余裕が無くてイライラしていると、つい周りで成功をしている人や、幸せな人を見ると、何かに付けて攻撃をしたい気分になります。

そうしないと、自分という存在を保つことが出来ないので、ものすごく厄介ですよね。

もしも、貴方の周りに、常に何かにつけて人を見下す人がいたら、その人は心が醜いかもしれませんよ。

上から目線で何も思わない


何かにつけて、上から目線になって、いろんな事を指示してくる人っていますよね。

そういった人たちはものすごく心が醜いんです。

上から目線で物事に優劣をつける人は、何時も何かに対して不安を感じています。

自分と誰かを比べることでしか、自分の精神を保つことが出来ません。

そのため、実は自分に対して非常にコンプレックスが強かったり、自信が無い人だったりするんです。

このような人が上司になったりすると、常に部下と自分を比べるようになり、上から目線でいろんな事を指示してきます。

また、ちょっとしたミスでも、大きく取り上げては怒鳴りつけたりと、非常にイヤですよね。

心が醜いと、自分の気持ちをひた隠しにして、周囲の人たちに当り散らします。

貴方の周りに居る上司に、常に上から目線で何かを言ってくる人がいたら、その人は心が醜い可能性が高いでしょう。

3.自分と他人に優劣をつける


上から目線の人の特徴は、ものすごく競争心が高く、いろんな事に対して、自分と他人に優劣を付けたがります。

とにかく何でも1番になりたくてたまらないんです。

1番と言いましても、色んなジャンルがありますが、本人はそこまで深くは考えていません。