心が醜い人は、自然と表情や態度に醜さが表れます。

ですが、具体的にはどのような特徴があるのでしょうか。

是非、チェックしてみて下さい。

醜い人の7個の特徴

貴方の周りには、この人って心が醜いよな。

と感じる人はいませんか。

ふとした時に、どうしてあの人って、心が醜いと感じるのでしょうか。

心が醜い人の特徴をチェックしてみましょう。

1.心が醜いと顔に出る

心が醜いと、顔に出るというのをご存知ですか。

顔の形を決めるのは、日常で起こる顔の表情です。

顔の形は、表情筋と呼ばれる筋肉で作られているのですが、表情筋は、他の筋肉とは異なり、鍛えて直ぐに成長をするわけではありません。

長い年月を掛けてゆっくりと成長するものですので、心が醜いと、その表情が作られていくんです。

心が醜い人は、表情も悪く、常に気持ちが後ろ向きになるため、普段の仕草や心の中の状態が表情となって顔に表れます。

そのため、自分の心の醜さを、相手に気付かれないようにしても、隠し通せるわけが無いんですよ。

しぐさや心の中が顔から出る


心が醜い人は、普段のしぐさや心の中が、顔に出てしまいます。

心が醜い人の特徴の1つとして、目がつり上がっているというのが挙げられます。

これは、何かに対して、日常的に常に怒っている人に現れます。

そのため、どれだけ怒りの感情を抑えようとしても、表情が作られている訳ですから、自然と目がつり上がってしまうんです。

また、自然な表情をしている時でも、眉間にシワが寄ってしまっている人は、怒りや悲しみ、困っているなどのマイナスの感情を常に抱いている人が多いんです。

そのため、非常に心が醜くなってしまっていると言えます。

それ以外にも、目が笑っていない人は、本心では、あまり楽しいと思っていないと感じているため、非常に心が醜いと言えるでしょう。

何かのグループで集まった時に、面白い話で盛り上がった際には、ふと相手の顔をチェックしてみて下さい。

相手を見下していたり、楽しいと心から感じていない人は、心が醜くなっており、目が全然笑っていないんですよ。

2.人を見下す

貴方の周りには、常に人を見下して、バカにしているような人はいませんか。

そういった人は、非常に性格も悪く、心が醜い可能性が高いので、注意が必要です。

人を見下す人というのは、自分に自信が無いために、常に自分を誰かと比較しているような、心が醜い人です。

非常にコンプレックスを抱きやすく、なりたいと思っている自分の現実と、実際の自分の差を実感して、イライラしたり、不愉快な気分になっています。

そのため、かなり精神的に不安定な状態だと言えるでしょう。

心が醜くなってしまい、常に心に余裕が無くてイライラしていると、つい周りで成功をしている人や、幸せな人を見ると、何かに付けて攻撃をしたい気分になります。

そうしないと、自分という存在を保つことが出来ないので、ものすごく厄介ですよね。

もしも、貴方の周りに、常に何かにつけて人を見下す人がいたら、その人は心が醜いかもしれませんよ。

上から目線で何も思わない


何かにつけて、上から目線になって、いろんな事を指示してくる人っていますよね。

そういった人たちはものすごく心が醜いんです。

上から目線で物事に優劣をつける人は、何時も何かに対して不安を感じています。

自分と誰かを比べることでしか、自分の精神を保つことが出来ません。

そのため、実は自分に対して非常にコンプレックスが強かったり、自信が無い人だったりするんです。

このような人が上司になったりすると、常に部下と自分を比べるようになり、上から目線でいろんな事を指示してきます。

また、ちょっとしたミスでも、大きく取り上げては怒鳴りつけたりと、非常にイヤですよね。

心が醜いと、自分の気持ちをひた隠しにして、周囲の人たちに当り散らします。

貴方の周りに居る上司に、常に上から目線で何かを言ってくる人がいたら、その人は心が醜い可能性が高いでしょう。

3.自分と他人に優劣をつける

上から目線の人の特徴は、ものすごく競争心が高く、いろんな事に対して、自分と他人に優劣を付けたがります。

とにかく何でも1番になりたくてたまらないんです。

1番と言いましても、色んなジャンルがありますが、本人はそこまで深くは考えていません。

まるで本能のように、トップを目指します。

そして、心が醜いが故に、自分が得意なこと、優位に立てるものに対して競争心を露わにするので、非常に厄介です。

そんなことで比べられたら、その人が1番になって当然です。

そして、1番になった際には、得意顔をしながら、上から目線で部下や仲間達に対して、色んなお説教をし始めます。

ところが、周りはそもそも競争自体していない可能性のほうが高く、競争自体も自分の夢の中である可能性もあります。

上から目線の人は、非常に怒りっぽく、いろんな事に対して文句やお説教を言ってくる人は、付き合いにくいですよね。

早めに相手の性格を見極めて、もしかしたら心が醜い人かもしれないと感じましたら、適度に距離を取るように心がけましょう。

自分の方が上だと態度が悪くなる

心が醜い人の特徴の1つに、相手の性別や年齢、自分の好き嫌いや、自分のほうが上だと感じた場合に、コロッと態度を変える人がいます。

その態度の急変振りが、あまりにも極端過ぎるために、周囲もなんだこの人は、と感じる事でしょう。

特に女性の場合、男性や自分にとって得がありそうだと感じた場合の人の前では、自分の悪いところを絶対的に隠して、良い女を演じます。

そして、自分にとってどうでも良い人や、嫌いな人に対しては、冷たく当たったり、露骨な態度を取って、仲間外れにしたりするんです。

当然ですが、こういった人たちはものすごく心が醜いですよね。

また、自分よりも下だと思った人に対しては、上から目線で相手を見下したりします。

その人たちの前では、常に自分が一番にいたいという欲求が出てくるために、相手を見下すことで、優越を感じているんです。

ブランド品を見せびらかしたり、プライベートがいかに充実しているかなどを、遠まわしにアピールすることもあります。

そして、そういった話の中で、自分よりも良い生活をしている人を見つけた時に、勝手に相手と競争をしたりしようとします。

口から出まかせで相手の悪い噂を広めようとしたりしますので、目を付けられると厄介です。

4.自分の意見を押し付ける

人は当然ですが、個々にいろんな考え方を持っています。

そのため、何を考えようと自分の勝手ではありますが、心が醜い人は、自分の意見を絶対的に押し付けるんです。

人の意見よりも、自分の意見のほうが絶対正しいと思い込んでいるために、何を言われても最終的には自分の意見を貫き通そうとします。

当然ですが、自分の考えばかりを常に押し付けられてしまっては、相手はあなたの事を嫌いになる事でしょう。

ところが、心が醜い人は、自分の意見を相手に押し付けることに対して、一切悪い行動をしているとは思っていません。

むしろ、自分の考えを相手に伝えることで、相手に対して良いことをしてあげたと、思い込んでいます。

誰でもそうですが、自分の考えていることを真っ向から否定されてしまったら、当然嫌な思いをしますよね。

相手が嫌がっているなんて全く気付いていないのですから、自然と心が醜い人の周りには人が集まらなくなり、最終的には誰もその人の意見は聞かなくなる事でしょう。

自分中心の考え方

心が醜い人は、常に自己中心的で、相手の気持ちは一切考えません。

周りの人がどのように思っているのかなんて考えませんし、また、チーム全体の空気を考えることなく、自分のワガママを通そうとする所もありますので、周囲からも自己中心的で非常に性格が悪いというレッテルが貼られてしまっています。

特に、何か話し合いをしていて、チームやグループ全体の意見がまとまってきた時に、全く違う意見を突然言い出して、その意見を譲らないような態度を見せたりすると、かなり印象が悪くなってしまいます。

また、自己中心的に物事を考える人は、チームやグループの事は一切考えずに、常に自分の好みや気分によって発言をします。

そして、人の話を聞かないで、自分の話ばかりをするという人も、かなり自己中心的で心が醜いと言えるでしょう。

5.口が悪い

口が悪い女性は、非常に無神経なので、言いたいことだけをズバズバと言って、その発言によって、相手が傷付いてしまっているなんて事には、一切気付きません。

また、相手がどのように感じるかなんて、一切気にしませんし、気遣うなんて事をしないんです。

また、自分の発言によって、相手が落ち込んでいる事が解ったとしても、あんな事で落ち込むなんてバカじゃないの?といった風に、更に相手を落ち込ませるような発言を言ってきます。

そのため、心が醜い人が何を言ってきても、聞き流す事が一番だと言えます。

口が悪い女性は、基本的に何も考えていません。

ふと頭に浮かんだ言葉を、何も考えずに口から出しているだけですので、いちいち落ち込んでいたり、イライラしても、自分が疲れてしまうだけです。

ですが、意外とメンタル面では弱いところもあったりしますので、酷い事を言われたなと感じたときには、思い切って「ずいぶんと口が悪いね」などと、ストレートに伝えてみましょう。

そうする事で、一応は反省をしてくれる事もあるでしょう。

言葉が汚い

言葉遣いが悪かったり、汚い言葉を遣う人は、ものすごく心が醜いと言えるでしょう。

ものの言い方がストレート過ぎると、非常に口が悪いという印象を相手に与えてしまいます。

また、言葉が汚いと、自分でも気が付かない内に乱暴な口の効き方をしているという特徴があります。

女性なのに、職場内で「お腹空いた~」といった風な、男言葉を遣っているような女性は、男性にしてみると、随分と言葉遣いが汚い女性だなという印象を与えてしまうんです。

確かに一昔前と比べますと、言葉遣いも男女の差は少なくなってきていますが、それでも、あまりにも男言葉を遣いすぎてしまいますと、相手に与える印象は良くありませんので、気をつけなくてはいけません。

また、言葉が汚い人は、相手の気持ちを考えずに、言いたい事をストレートに言って、相手を傷付けてしまいます。

また、言葉が汚いが故に、ちょっとした言葉でも、酷い表現に聞こえてしまうんです。

心が醜い人は、自分が汚い言葉を遣っていることも気付きませんので、周囲に指摘されて、気付くという人も多いでしょう。

6.相手の気持ちを考えない

心が醜い人は、相手の気持ちを考えずに、色んな発言をします。

本人には全く悪気が無いため、どうしても周囲からの反感を買いやすくなります。

一応人の話は聞いて、相手の立場に立ってはみるのですが、深く考える事はしませんので、一向に改善される事はありません。

また、常に自分本位で物事を考えますので、相手の感情に配慮をする事が出来ません。

そのため、ついうっかりと、軽率な発言をしてしまいがちです。

例えば、大切にしていたペットが死んでしまった場合、「じゃあ、もうお金掛からなくなりますね。」とか、「その分、沢山旅行を楽しめますね。」などと、とんでもない発言をしてしまう可能性があります。

心が醜い人が、周囲に馴染んでいくためには、第三者からのフォローが必要となります。

ですが、フォローをしている人に対しても、相手の気持ちを考えない発言を繰り返しますと、次第にフォローする人も去って行ってしまうことでしょう。

自分の言いたいこと、したいことが最優先

心が醜い人は、他人に対して無関心のため、自分が言いたい事、したい事が最優先されます。

そのため、相手にしてみると、ものすごく自分勝手な人だなという、印象を与えてしまう事でしょう。

また、中には集団で行動をすることが苦手で、1人行動をする事が多いタイプの人もいます。

自分の事しか基本的に考えていませんので、自分の都合で何でも行いたいですし、人に合わせて行動をするということが苦手なんです。

何でも好きなように出来る気軽さが、大好きなので、人に邪魔をされると、ものすごく不愉快な態度を取る場合もあります。

そのため、気を遣ってランチに誘ったのにも関わらず、辛らつな言葉を浴びせて、何で誘うのよ!といった態度を取られてしまう事もありますので、十分に気をつけましょう。

7.悪気がない

心が醜い人は、酷い言葉遣いで相手を平気で罵ったりしますが、基本的に悪気は無いと思っています。

自分が何をしても、悪い事をしているという自覚が無いため、相手の気持ちなんて一切考えません。

また、集団行動をあまり好まないので、グループ内でワイワイしていると、自分の思うとおりに事が運ばなくて、イライラする事があります。

基本的には、自分の事しか考えていませんので、ついそのイライラをグループ内で爆発させてしまう事もあり、周囲で反感をかう事もあるでしょう。

会社や学校では、集団で行動をしなくてはいけない事が沢山あります。

そのため、自分の感情を抑えて、人付き合いをしなくてはいけません。

心が醜い人は、常に自分の事しか考えないために、周囲から孤立してしまいがちになります。

また、悪気は無いので、基本的に反省はしません。