人生を通して色んな事を経験してくると、考え方や行動なども大人びたものになっていきます。

そもそも子どもとして生まれた時には何の知識もありませんが、そこから自分の親からたくさんの事を教えてもらい、学校に入り、一般的な常識やルールを教えてもらいます。

そして、生きていくに当たって様々な事を経験して学び、大人になっていきます。

社会を通して社会人としての心構えやルールなども学んでいき、立派な一人前の大人となるのですが、どうも身の回りにいる人の中に、時々幼稚な考えを持っている人が見受けらえる場合があります。

なんでこの人はこんなに幼稚な考え方や行動を取るんだろう、と思ったり、時には自分自身の行動を稚拙な行動を取っていたなぁ、と感じる事もあると思います。

当然ながら完璧な人間はいませんので、稚拙な人間がいてもおかしくはありませんが、普通に生きていればそんな考えにはならないのにな、という場合もあります。

今回はそんな周りに迷惑をかけてしまいがちな稚拙な人をテーマにして、稚拙な人の特徴についてご紹介します。

️稚拙な人ってどんな人?

稚拙な人の印象を聞くと人によって様々ですが、あまり良い印象を持たれることはないと思います。

具体的に稚拙な人と考えた時にどのようなことを思うかというと、子供っぽい人と思われることが比較的多いと思います。

しかしながら稚拙という言葉に関しての定義まではよく分かっていない方も多いのは事実です。

なんとなく言葉のニュアンスで多分こういう人なんだろうなぁと感じる人が多いと思うにしても、きちんとした意味まで理解して把握している方は少ないと思いますので、具体的に稚拙という言葉についてどういう言葉の意味を持って行くのかを併行してご紹介していきたいと思います。

稚拙とは

幼稚で未熟なこと


稚拙という言葉の意味の1つとして幼稚で未熟な事である、という意味合いを持っています。

そもそも幼稚と言う言葉は年齢が幼いことやこどもであることを意味しており、考えややり方などが未発達で、子供っぽいことやその様を表している言葉です。

なので最終的に稚拙という言葉の意味は子どもっぽくて未熟な事というような意味として解釈することが出来ます。

かなり広い範囲でその言葉を用いることができますが、例えば相手の何かに対しての考え方であったり、実際に行動をしていることに対して指し示したりすることができる言葉です。

例えば、子どもっぽい考え方をしているような人や、子どもっぽい行動を取っている人に対して、稚拙な人という表現をすることが出来るという事です。

技術や作品が子供っぽくへたなこと

稚拙という言葉のもう1つの意味合いとしては技術や作品が子供っぽくへたであることを意味しています。

例えば子供の頃に図工の時間などがあったと思います。

図工や美術などの時間の時に何かしらの絵を書いてみたり何かの作品を作ってみたりしてたくさんの人の前で発表したりした経験があると思います。

何かを作ることに関して細かい作業が得意な子供は上手に何かを作ったりすることができますが、指先が不器用な方であったり、あまり細かい作業が好きではない方にとっては作品作りは面倒くさいですし、好きではない方もいるので、そのような方は当然あまり上手に作品を作ることができないと思います。

元々の趣味趣向という問題もありますが年齢に応じて技術が未熟であることを指し示している言葉として用いることができます。

大人に何かを作らせているのに、まるで子供が作ったような作品であった場合も稚拙という言葉で表現することができます。

よくありがちなのは、大人が絵をかいて、まるで子どもが書いたように下手だった場合に使われたりします。

なのでどちらかといえばあまり良い意味で使われたりすることが少ない言葉として認識されています。

読み方は”ちせつ”


稚拙という言葉の読み方はちせつと読みます。

幼稚という言葉とにているので、間違って読んだりする人がいますので、注意する必要があります。

「ようち」のちを取って稚拙という言葉になっているので、連動して覚えておくと記憶しやすいと思いますよ。

稚拙な人=幼稚な人

稚拙な人と幼稚な人の意味を考えて見比べてみた時におそらく意味として全く同じように捉えることができると思います。

稚拙は先ほどご紹介した通り、幼稚で未熟なこと、技術や作品が子供っぽくへたなこと、という意味で、幼稚は年齢が幼いこと、こどもであること、考えややり方などが未発達、子供っぽいことやその様を意味しているので、同じ意味として活用できますよね。

なので、厳密にはどちらを使っても問題ありませんので、自分自身が使用しやすい方を選んで使っていれば問題ありません。

しかし、稚拙という言葉の方が難しい印象を与えているので、分かりやすいのは幼稚という言葉を使う方が広く認識してもらえると思います。

️稚拙な人の14個の特徴

ここまでは稚拙という言葉の意味について簡単にご紹介していきましたが、稚拙という言葉の意味を理解した所で稚拙な人がどういう特徴を持っているのか、という事についてご紹介していきます。

単純に幼稚な人はどういう人であり、どういう考えを持っているのかという事と同じ意味として当てはめることができますので身の回りに子供っぽいなと感じる様な人がいればその人の事を想像して見比べてみたりしてください。

若しくは自分自身が稚拙な考え方をしていないかということを振り返る良いきっかけにもつなげることができますのでこの機会に各項目を振り返りながら見てみてください。

いつでも自分中心

まずはじめにご紹介する稚拙な人の特徴はいつでも自分中心的な考え方をしているということです。

人間であれば当然ながらある程度成長すると小学校に入り中学校や高校、そして人によってはアルバイトの経験をしたり、そこから大学生、専門学生になり、社会人になって一人前になっていくという姿を想像すると思いますが、普通に成長していればたくさんの周りの人と一緒に共同して生活をしていくので、思いやりであったり周りの集団とうまく考えを合わせていきながら行動する必要があるので、周りのことを尊重する考え方を持ってるはずです。

なぜならば自分中心の考え方をしていると周りに迷惑がかかったりすることはもちろんですし、集団で生活をしているという事は自分自身だけが主導権を握っているというわけではなくて周りの人の考えを尊重してあげなければ上手にコミュニケーションをとることができないからです。

しかしながら親の教育という観点も含めてですがどうしても自分中心の考え方でしか行動することができない人間は存在しています。

自分が良いと思ったことしかやらないし、自分が良いと思わない事に関しては一切やらないような考え方の人間がいるという事です。

子供の時は年齢が幼い分このような考え方をしても強く咎められることはあまりないかもしれませんが大人になってこの様な行動をしていると周りからは呆れられてしまいます。

ある程度の年齢になってもこのような子供っぽい考え方をしている人はどうしても稚拙な人であると判断せざるを得ないです。

間違いを認めない

次にご紹介する稚拙な人の特徴は間違いを認めないという考え方をしているということです。

あなたの身の回りにも一人ぐらいはいると思いますが例えば社会人として仕事をしている中で、どうしても人間なので失敗があるのはしょうがないことです。

何回注意しても直さないような人間はダメな人間ですが、どんなに完璧な人間だったとしてもコンピューターになることはできませんので何かしらのミスが発生するのは仕方がないことです。

しかしながらミスをしたとしても同じことを繰り返したり、自分のミスを認めなかったり、反省しない事は社会人として失格です。

ミスをしたことは事実なのですから、受け入れてそれを改める用に行動することが大切であり、繰り返さなければ、強く咎められるようなことは基本的にはありません。

しかしながら時々稚拙な考え方を持っている人は自分が失敗した事に関して全く間違いを認めようとしないと言う場合が存在します。

人間なので根本的な考えとしてはそもそもミスをすること自体が受け入れたくない事実であるのは当然のことです。

なので、実際に自分がミスをしていることは明白な状況だったとして、それを受け入れたくがないために何らかの言い訳をしたり人に責任をなすりつけたりして間違いを認めようとしない行動をとる人がいます。

責任をもって仕事をしてるような一人前の社会人であればどんなに認めたくないようなミスであったとしても自分がミスをしているのであれば認めるべきです。

人に責任をなすりつけていたり自分のミスを認めようとしない人はまるで子供の様な人であると判断せざるを得ませんし、稚拙な考え方をしている人であると思われてしまいます。

思うようにならないと不機嫌になる

次にご紹介する稚拙な人の特徴は、思うようにならないと不機嫌になるということです。

自分自身が想像したようにならないと文句を言ったり、誰かに対して強く当たったりするような人間は比較的身近にたくさんいると思います。

複雑な社会なので全て自分が想像した通りになるわけではないということはこれまでの経験でわかっているはずです。

しかしながら自分が想像した通りにならなければ子供の様にわーわーわめいたりする人はどうしても世の中に一定数は存在するのが事実です。

よく目にする光景の1つとして、子どもを連れた親がスーパーなどで何かを購入してほしいと訴えている子どもを無視して、子どもが床で泣きわめいているような姿を見かけた事があると思います。

本当のその言葉通り、理想が実現しなかったらぶーぶー言うような子どもっぽい人がいますし、まさにその子どものようだと表現する事も出来ます。

ある程度の年齢の方がこのような行動を取っているととても滑稽で周りから見ればとても痛い事であるに変わりはありませんので、実現しなかったするなら、要因を分析したり、なぜこのようにならないのかという事を冷静に判断する大人としての行動を取ることが大切です。

ワガママを言う

次にご紹介する稚拙な人の特徴はワガママを言う人です。

あなたの身の回りに細かいことに対していちいち何かしら文句をつけてわがままを言ってる様な人はいませんか?
絶対とは言いませんがいちいち細かいことなのに何かしら文句をつけてあらを探している様なわがままな人に関しては、そもそも自分自身がしっかりとしていない場合が多いです。

人に対しては常に上から物を言うくせに自分が間違いをした時には全く悪びれない様子を見せる人も多かったりするので周りから見ていてとても不快に思われてしまう光景のひとつでもあります。

例えば結婚して家庭を持ったとして考えてみてください。

仕事を終えて自宅に帰った時に奥様から出される料理に対してぶつぶつ文句を言ったりするような人がいたりします。

そもそも料理を作るということ自体がなんとなく女性の仕事と思われてしまっている風潮がありますが必ずしもそうというわけではありません。

あくまで女性が料理を作ることが多いだけで女性の仕事であるという決まりなどはそもそも存在していません。

なのにも関わらず料理を作ってもらったのにその料理に対してぶつくさ文句を言ったりしている人がいたりしますがこのような人に限って普段料理を作ったりしてくれるわけでもないですし、休日だけでも奥さんの負担を取り除いて上げようと考えたり、行動するような人ではない場合が多いです。

文句だけを言って、自分の行動がともなっていない人ほど説得力はないですし、周りからは不快に思われてしまいがちなので、まさに稚拙な人であると判断されてしまう要因になってしまいます。

態度が大きい

次にご紹介する稚拙な人の特徴は態度が大きいということです。

まず普通に生活していれば態度が大きいと言う事は相手に対して失礼であるということを考えられるようにあるはずなんです。

そもそも態度が大きいと言うことは自分が偉いと思っている事に繋がります。

自分が偉いと思っていたり、少なからず自分中心に考えてしまっている場合が多いです。

なぜなら、自分が中心で、自分が偉いからこそ、ふてぶてしい態度が取れるのであって、自分は偉くない、周りみんな平等であるという考えを持っている人は態度が大きくなるはずがないからです。

時々何かにつけて態度が大きかったり自分のことを神様と思って行動してる様な人がいますが周りから見ていて不快以外の何者でもありません。

よく店員さんに怒鳴って、必要以上のサービスを求めるような人がいたりしますが、見ていて不愉快ですよね。

あの手のタイプは、態度が大きくて、自分が中心にならないとまるでバカにされているように感じてしまうからこそ、稚拙な発言を繰り返している場合が多いです。

本当に店員さんが失礼な事をしたのであれば問題ありませんが、怒鳴りつけるような人に限って稚拙な性格をしている場合がほとんどなので、一般的には稚拙な考えを持っている人間だと判断されても文句は言えません。

思ったことをそのまま言いすぎる

次にご紹介する稚拙な人の特徴は思ったことをそのままいいすぎる人です。

普通に生きていればたくさんの人と話をする機会が有りコミュニケーションをとる経験を何度もしてきているはずなので、相手と話をする時に、この言葉を相手に伝えたら相手はどう受け止めるだろうと言うことを無意識のうちに考えながら話をするのが当たり前になっていると思います。

簡単に言えば思ったことをそのまま言ってしまっても良いのだろうかと自問自答しながら話を進めているということです。

正直すぎて嘘をつくのがあまり好きではないと言う方もいるかもしれませんが全てを正直に答えてしまっては相手を傷つけてしまう可能性があるということも考慮すると、正直な人でもいわゆる優しい嘘をつく場合があると思います。

一般的にはこれは嘘というよりも建前というべきか、思い遣りというべきかに分かれると思います。

しかし、稚拙な人に関しては、思ったことをそのまま相手に伝えてしまう場合があります。

子供は悪気がなく相手に対してそのまま伝えてしまう場合がありますのでまさに子供と同じだと考えることができます。

例えばあまり顔が綺麗ではない人がいたとして、私可愛くないから、と言っていたとします。

そんな時に相手に向かってぶさいくだよね、なんていう言葉は普通は言わないですよね。

しかし、稚拙な人の中には確かに可愛くないな、と言ってしまうような人がいるという事です。

普通に考えておかしいですし、思いやりも何ももっていないのか、と判断されてしまいます。

本人は悪気がないかもしれませんが、これは正直などの話ではなく思い遣りや考える能力という部分で配慮が足りないというべき状況なので正直とは程遠い考え方である事を理解する必要があります。

空気が読めない

次にご紹介する稚拙な人の特徴は空気が読めないという事です。

先ほどご紹介した思ったことをそのままいい過ぎてしまうということに若干関連していると思いますが、普通に生きて様々なことを経験している人であればその場の空気を読んで適切な行動をとることができるはずですが稚拙な人に関してはそのような行動がとれない場合が多いです。

例えば先ほどご紹介した相手に対してみて思った通りのことを言ってしまうということもそうですが、普通に考えて自分の顔は一番自分が知っているのですから、相手が可愛くないという発言をした事によって、あまり顔に自信がないのだろうな、という事くらいは察することが出来るはずです。

そこで相手の発言にさらにかぶせて顔の事を言えば相手が傷つくのは目に見えていますよね。

気遣いが出来る人間は、その時に相手の良いところを指摘してあげて、フォローしたり、話題を変えたりしてあげるなど、いわゆる空気を読んで適切な行動を取ろうとするはずです。

稚拙な人はそのように空気を読んだり、気遣いを行って適切な行動を取る能力が低いので、周りから見て違和感を感じられる事が多いです。

空気が読めないと、その場の状況察知能力が低いという事なので、様々な場面で苦労をする事になります。

悪気がなかったとしても、ちょっと考えればわかる事なので、相手への思いやりを今一度改めて考え直す必要があると断言できます。

我慢を知らない

次にご紹介する稚拙な人の特徴は我慢を知らないという事です。

稚拙な人はその特徴として何に関しても自分がやりたいと思ったら周りのことを考えずに自分がやりたい放題にしてしまうことが多いです。

集団生活を行っている人であればすぐにわかることなのですが自分が身勝手な行動を取って周りに迷惑をかけるということは一般的に考えても間違っている考え方だということが理解できるはずです。

自分だけが好き勝手をして、周りに迷惑をかけるもは当然モラルに反しますし、ルールに反します。

周りからは空気が読めない、身勝手な人だと判断されてしまいますが、稚拙な人ほど周りの配慮が足りないので、気付けていない人が多いです。

例えば、みんなで食事に行こうとした時に誰かがちょっとだけ遅れてしまい乾杯が遅れてしまったとします。

ちょっとくらいなら待とうか、と考えるのが普通ですが、勝手に先に飲み始めたり、料理を頼んだりする人が時々見受けられますが、これは周りの空気を読んでいないどころか、遅れてくる人の事も考えていない勝手な行動です。

その場の大多数の意向を無視している行動にもなりますので、普段から我慢を知らないような性格や行動をしている人は稚拙であると判断されてしまいます。

言い訳が多い

次にご紹介する稚拙な人の特徴は言い訳が多いという事です。

例えば何かにつけて指摘された時に言い訳をするような人は結構身近にいると思います。

よく見受けられるのは仕事なので何かしらのミスを指摘されたりする場面が多いと思いますが、よくある言い訳の例としては、今やろうと思っていたというような言い訳だったり、誰かに責任をなすりつけるような言い訳、そして意識を高く持っていれば当然起こりようがない筋道が伴っていない言い訳です。

そもそも仕事に対して責任感を高く持っていればいるほど言い訳をすることはなくなります。

仕事に対して強い責任感を持っている方や仕事ができる人は様々なことに対して自分の責任だと考えて真面目に行動しているからこそミスも少ないですし、失敗が起きたとしてもなぜ失敗が起きたのかと言うことをよく考えて失敗を生かして行動しているからこそ失敗が少ないです。

しかし、仕事に対して責任感が低い人の場合は、最低限の仕事しかしようとしませんし、少しでも言い逃れできそうな事があるならば、それを盾にして自分の責任から逃れようと必死になります。

しかしながら、周りから見ればその差は明白で、普段からの行動も併せて考えると、その人が悪いというのは目に見えています。

変に言い訳をするほうがその場の空気も悪くなりますし、本当に自分が関係ない事以外は受け入れた方が逆にその場を収める方法に繋がりますので、稚拙な人だと思われたくないのであれば、よく考えて行動し、仕事に取り組むことが大切です。

気分がコロコロ変わる

次にご紹介する稚拙な人の特徴は気分によってコロコロと考え方や行動、気分が変わるという事です。

あなたの周りにも常に一貫性がなくその時の気分によってコロコロと発言や行動、気分が変わる人は身近にいると思います。

そもそも発言などに一貫性がない人は自分自身のぶれない考えを持っていないと判断することができます。

意識が高い人ほど常に心の中に芯があり、まとまった考え方をしている方の方が多いです。

しかし、常にブレブレで一貫性がない人の場合は物事に対する考え方がまとまっておらず、行動などにも表れてしまいがちです。

そしてちょっとしたことで自分の気分がコロコロと変わる様な幼い精神力である場合も多いので、普通にしているかと思えば、急に怒り出したり、急に悲しみだしたりする場合があります。

あまりにも激しい感情であると、情緒不安定だと思われてしまう可能性もありますので、子どもっぽくて稚拙だと判断されてしまう要因になりえますので、気分がコロコロ変わる人は要注意です。

立場をわきまえない

次にご紹介する稚拙な人の特徴は立場をわきまえていないという事です。

この点に関しては先ほどご紹介した空気が読めないということと似ている項目にもなるかもしれませんが、子供を想像してみると子供は敬語を使ったり自分の立場をわきまえて行動していない場合が多いと思います。

もちろんそれも失敗を重ねるにつれて大人になるとだんだんと変化していき、最終的にちゃんとした考え方が持てる様になるのですが、誰からも注意されずにそのまま大人になってしまうといつまでたっても立場をわきまえていないような発言や考え方をしてしまう様になってしまいます。

例えば社会人になっても立場をわきまえずに自分よりも目上の人に対して失礼な発言を取ったりする人がいますがこれは、稚拙であると判断されてもおかしくないです。

分かっていてしているのは一番ダメですが、わかっていないというのはそもそも論外です。

立場をわきまえずに行動しているといつか必ず痛い目にあいます。

今自分がどういう立場で、どういう状況に置かれているのか、という事を常に把握して行動に繋げていかないと間違った行動を取ってしまいますので、稚拙な人だと思われたくない人は常に注意深く行動する必要があります。

人やモノのせいにする

次にご紹介する稚拙な人の特徴は人やモノのせいにするという事です。

子供は自分の感情を抑えることができない人が多かったりして、自分が考えている通りにならなかったりすると激しく感情むき出しにしたりその場にある人やモノに対してあたったりする事があると思います。

また、自分が悪くないと言って、周りの人やモノに対して責任をなすりつけようとしますが、これは間違っていますよね。

自分のせいではなく周りのことのせいにする方が確かに楽かもしれませんがそれは自分にとって成長できない考え方ですし、間違った考え方であるということに普通の成長していれば気づくはずですがこれに気づけていない稚拙な考え方を持っている人が存在するのも事実です。

常に他人のせいにする人の考え方は、まさに稚拙であり、自分に対する責任感がない事を指摘できます。

自分が行った事に対して責任を取ることが出来ない人間は、周りから見てもあまり良い評価を受けることがありません。

言い訳ばかりする人間と仲良くなりたいとは思えないですよね。

稚拙な考え方だと言われても仕方がない事なので、自分が悪い時には正直に謝り、自分の責任を認めることが成長に繋がる事を理解する必要があります。

物に当たる

次にご紹介する稚拙な人の特徴は物に当たるという事です。

先ほどご紹介した項目でやる人や物のせいにするという場面と関連していますが、まず稚拙な人はちょっとしたことですぐに自分の感情をむき出しにして自分の感情のコントロールができない傾向があります。

それが子供っぽいと言われる所以にもなるのですが、急激な怒りの感情をどこにぶつけて良いのかわからないので自分の近くにある物に当たったりすることがよくあります。

例えば急に送り出して自分の身の回りの机や椅子などを蹴ったりしている人を見かけたことがあると思いますが、まさにそれが稚拙な行動であると判断せざるを得ません。

結局自分の理想に近づけなかったのは自分の責任であり物が悪いわけではありません。

物に当たったところで何の意味もありませんし、その状況が変わるわけでもありませんので大人びた考えを持ちたいのであれば、自分にとって不都合な事でも受け入れて、責任を受けつつ、これからどうしていけばいいのかを真っ先に考える思考に切り替える必要があります。

たった少しの考え方の違いで、行動などは大きく変わりますので、子どもっぽい思考はやめて、前向きな考え方を取り入れるようにしてください。

無駄に対抗心を燃やしてくる

次にご紹介する稚拙な人の特徴は無駄に対抗心を燃やしてくるという事です。

例えば、子どもの時には誰かに対してライバル心を燃やした事が一度くらいはあると思います。

例えば、かけっこでもそうですが、スポーツやテストの成績などでも競い合った経験があると思います。

対抗心を燃やす事はとても良い事で、自分の成績やスキルを伸ばすチャンスです。

しかし、無駄に対抗心を燃やしたり、ある程度いい年齢なのに子どものように対抗心むき出しで接するのはちょっと子どもっぽすぎます。

しかし、対抗心を持つことは良い事なので、もしも対抗心を燃やすのであれば、心の中でメラメラと燃やす程度にした方が良いです。

周りから子どもっぽいなぁと思われたくないのであれば、心の中にしまっておく事で、変な印象を持たれることは防げますので、注意してください。

️稚拙な人は「ハイハイ」と受け流すのが吉

今回は稚拙という言葉の意味と稚拙な人の特徴についてご紹介しました。

稚拙と一言にいってもたくさんの特徴があります。

稚拙な人と接すのは疲れるかもしれませんが、あまり深く関わりたくない場合には、難しく考えすぎずに、子どもと接するようにするのが一番です。

なので、ハイハイ、と言って流すように接するようにしてみれば意外と単純に接する事が出来ますので、面倒くさい人の場合は子どもをあやすような接し方を取ってみてください。

あまり関わりすぎると面倒な事にもなってくるので、適度な距離感で受け流すのが一番良いですよ。