ある程度と大人になると、外国に興味を持つ方もたくさんいると思います。

日本は島国なので他の国と隣接しているわけではなく簡単に外国に行くことができないからこそ、外国の独自の文化だったり外国の食事など、今までの自分が培ってきた価値観が通じないような場所に行くことで新しい新鮮な経験をしてみたいと思うことが多くなると思います。

海外旅行に行く際には主に飛行機を使って海外に旅立って海外旅行を楽しむことができますが、海外の中でもある程度人気のスポットは決まっており、多くの方はある程度海外の主流の街や人気スポットなどに行く場合が多いですよね。

例えば、日本であれば韓国やグアム、ハワイ、台湾、インドネシアのバリ島など、ある程度近場でなおかつ美しく楽しい観光スポットが定着しています。

しかし、人によってはアジア周辺ではなく、欧米に行ってみたいと考えている人も多くいるかと思います。

なので、今回はイギリスという国はどういう文化を持っているのかそしてイギリス人の性格や特徴などについても簡単にご紹介していきます。

イギリスとは

まずはイギリスに興味を持つ上で大事なことが、イギリスという国の事から知る事です。

イギリスという国を知るということは、イギリスと言う国に興味を持つきっかけになリますよね。

イギリスという国がどういう文化がありどういう国であるのかという事をまずは簡単にご紹介します。

イギリスとはどんな国

まず知っていただきたいのがイギリスという国は通称であるということです。

イギリスは通称であり、日本では英国と言う場合が多いですが、 イギリスの本来の名称はグレートブリテン、および、 アイルランド連合王国と呼ばれています。

イギリスはヨーロッパ大陸の北西西に位置するグレートブリテン島そしてアイルランド島北東部、そして周辺の島々からなる主権国家です。

イングランドウェールズそしてスコットランド北アイルランドの4つの国から構成されている国であると言えます。

イギリスの首都はロンドンであり、面積は24万4820k㎡とされており、世界で見ると76番目に大きい面積であるといわれています。

人口が6318万1775人とされており、世界で見ると22位となっているので、ある程度人口が多い国だとわかります。

イギリスとはどんな民族

イギリスは先ほどご紹介した通り、4つの国から構成されている国であるとお伝えしました。

イギリスの国旗を見てもわかるとおりイギリスの国旗は四角形を4等分して、さらにそこから斜め十字がひかれているような構成になっています。

複数の国が組み合わさって一つの国となるということはあまり珍しいことではありませんが、 それぞれの国ごとにそれぞれの民族が存在しているのでその民族が全てが合わさる模様を子機として表している場合が多いです。

特にイギリスに関しても、イングランド人スコットランド人そして北アイルランド人に加えてウェールズ人の4つの民族がイギリスを構成している主要な民族となっています。

これはそもそも、イングランド、スコットランド、北アイルランド、ウェールズと言う4つの国が合併しているからこそそれぞれの国の人たちが存在する簡単な歴史的背景が存在するからです。

全体の比率で言うとイングランド最大であり割合面積として、半分以上をほこっているので、 人口の比率に関してはイングランド人が最大で全人口の7割から8割を占めていると言われています。

複数の民族からなる国であるからこそその民族的な争いなどが現在でも続いており、それぞれの国にそれぞれの首都が置かれているというような考え方もあり、私たちがロンドンが首都であると思い込んでいるだけであって、実際にロンドンが首都であることを理想だと考えていない人の存在するのです。

例えば極端な話日本が韓国と領土争いをしている竹島ですが、竹島は韓国の物でしょ?となにも知らない人から言われた場合は多少なり反論してしまいたくなりますよね。

それと同じで、知らないで発言をしてしまうと、相手にとって不愉快になってしまう事が存在する可能性があるといえます。

なので国を知るということは民族を知るということだと言えます。

なぜならば民族を知ることで歴史的文化を学び、その歴史的文化の延長線上にあるのが今だからです。

イギリスの文化的特徴

イギリスがどういう国でありイギリスにはどういう民族が存在しているのかということを簡単にご紹介しましたが、イギリスという国を知るのであればイギリスの文化的特徴についても知識を深めておくことが大切であると言えます。

文化的特徴を把握しておくことで相手に対して失礼のないような言動することが出来ますし、文化をしておけは海外旅行が何倍にも楽しくなる可能性を秘めているといるからです。

例えば簡単にお伝えするとイギリスはテニスやサッカーがスポーツとして大きく盛り上がっている場所になります。

だからこそ自分自身がテニスやサッカーが好きであれば一緒になって楽しむことができますが、それを知らなければテニスやサッカーをわざわざ外国に来てまで考える事はあまりない事だといえます。

その国の文化的特徴を知っているからこそ一つの理解が深まり楽しみ方が想像できるようになるにで、文化的特徴を把握して、海外旅行へ行くことがとても大事であるという事を理解してください。

ファッション

イギリスの文化的特徴を知る上でファッションを知ることはとても大事なことです。

どう場所でもそうですが、旅行へ行く場合はその国の文化的特徴を把握して、適切なファッションを考えることが大切です。

なぜならば国によっては禁止されている服装があったり良いと思われないような服装が存在するからです。

例えば中東などでいえば、女性は髪の毛を露出させてはいけないなどの決まりがあったりし、決まりを破ってしまったら逮捕されたり、拘束されてしまうような事なども起きてしまいます。

それ以外にも、それぞれの国の気候なども把握しておかないと、適切なファッションが出来ないので、必ず把握しておく事が大事であるといえます。

その上でイギリスのファッションについて考えて頂きたいのですが、イギリスといえばファッションに関してとても関心が高いと思われていますが 、実際はそうではありません。

よく雑誌などでイギリス人のファッションなどが取り沙汰される場合があったりするかもしれませんが、確かにロンドンは世界の流行の発信地でもありますが意外に服装が地味な場合も存在しています。

ファッション意識だけで言えば日本人の方が断然高いと言われており。

単純にジーンズにTシャツだけと言うスタイルだったり髪型も日本人ほどスタイリングをバシッと決めている場合などはあまり多くないと言われています。

イギリスといえばスーツなどに関してとてもおしゃれに着こなしてるイメージがあるので、普段の服装に関してもおしゃれであると因果関係は持って考えてしまいがちですが、スーツ自体はおしゃれに着こなしていることが多い印象なのですが、自分のプライベートのおしゃれに関してはそこまで気を使っていない場合が多いと言えます。

しかしながらイギリス出身の有名ブランドなのはたくさん存在しており、例えば vivienne westwood、Burberry、PaulSmith、Alexander mcqueenなどが代表的なブランドとなっています。

意識が高い人は高いですし、高くない人は高くないという単純な理由なのかもしれませんが、やはり流行の発信地でもあるイギリスはそれなりに有名ブランドが数多く存在し、大きな魅力をもっている事は断言できるといえます。

食文化

イギリスに海外旅行に行くのであれば必ず知っておきたいことが食文化です。

イギリスが必ず食文化をあらかじめ知っておかなければ食べるものに困ってしまいまし口に合わなかった場合に、食べる事が苦痛になってしまう状況になるので、必ず確認しておく事が大事だといえます。

イギリス料理は先ほどお伝えした通り様々な国の料理文化があるのでイングランド料理、北アイルランド料理、スコットランド料理、ウェールズ料理と分けることが出来、ここからさらに派生したアングロ・インド料理などが存在しています。

具体的にイギリス料理はどういうものかと言いますと、まずイギリス料理の主食となるものがジャガイモが挙げられています。

いわゆるじゃがいもを揚げる(チップス)であったり焼く(ベイクドポテト)そして茹でる(粉ふきいも)などこれ誰が主菜の付け合わせとして大量に添えられているので事実上の主食となっています。

じゃがいも以外の主食に関してはパンが代表されておりトーストなどとして日本と同じようにジャムやバターやベーコンや卵料理などつけて一緒に食べたりすることが多いといえます。

また比較的最近に関してはシリアル料理はパスタなどを食べることを多くなっているようで、 イギリスの食文化は比較的日本人も受け入れやすい料理がたくさん存在するので、そこまで不安に感じなくても問題はないと言えそうです。

イギリスは朝食からしっかりと食べる習慣があり英式の朝食はソーセージやベーコン、卵料理などがついており、いわゆる朝からガッツリ食べる事が主流になっているようです。

また、イギリスの特徴として茶菓子などが有名であるという事です。

イギリスのお茶菓子はイギリス以外の国でも有名であり、なおかつ美味しいお菓子が多く知られていることはあり様々な観光客からの楽しみの一つとなっています。

イメージとしては食事をした後にアフタヌーンティーを飲みながらお茶菓子を一緒に食べたりして優雅な時間を過ごしている印象がとても強いかと思います。

お菓子作りにこだわりを持っている人がたくさんいることから、よりお茶菓子のレベルがかなり高いと想像することもできます。

しかしながら、かつては1日に2食が普通であった時には、イギリスにおいてティータイムはお昼ご飯の代わりでもあったそうであり、その名残があり昼ごはんの代わりのお菓子ということで、ある程度充実したメニューになっていたことも今現在のお菓子のレベルの高さと関係しているといえます。

ちなみにイギリス料理で注意していただきたいのがイギリス料理の特徴として味付けなどを自分たちで行うという習慣があります。

たとえ高級店などであっても食卓に調味料が並んでおり自分の好きなように味付けをしてもらう必要があるので、そのままだと味がまったくしない状態になっているので、旅行者などは困惑してしまう事が多いようです。

なので把握しておかないと困ってしまうので、この機会に知っておいてください。

文学

イギリスの文化的特徴として文学に関しても簡単にご紹介します。

イギリス文学とはイギリスに関係する作品家作家を研究する学問のことであり、 イギリスを代表する文学は様々存在しています。

イギリスに存在している文学のなかでも比較的映画などでも有名になっているのが蠅の王です。

蠅の王とは、ウィリアム・ゴールディングが執筆した作品であり、これが今現在では映画化などもされて有名作品となっています。

簡単なあらすじとしては対戦中に疎開地へ向かう飛行機で遭難してしまい、乗組員である少年達が南太平洋の無人島に置き去りにされてしまうということがあらすじであり、そこからリーダーシップを持っている二人の少年がそれぞれ規則を作って救援を待つまでの間指示を行っていました。

最初はみんなが協力し合っていましたが二人の少年たちはもともと仲が悪かったので、次第に片方の少年がみんなの中心になっていることを見て面白くなくなり、もう一人の少年は食べ物に不自由しない島で自由に生きることを望んで、その少年について行く人達を狩猟隊として結成して島で好き勝手に過ごす様になってしまいます。

最終的にある日、救援を知らせるための狼煙を上げることを怠っていたということで、それが火種となって争いになってしまいます。

後からどんどん争いが多くなって行き最終的に少年たちの中で殺し合いが始まるようになってしまい、無人島舞台とした殺戮劇が始まってしまうことにつながってしまいます。

このようにこのように若干内容としては激しめの内容ですがこれが様々なことを考えさせられる文学作品としてたくさんの人から支持を受けている作品になっています。

イギリスにはたくさんの文学作品がある中で有名な作品がたくさんあるので自分なりに興味を持ったものに関しては、さらに理解を深めていくなどすれば楽しく知識を得ていくことが出来ると思います。

音楽

イギリスの文化的特徴として音楽に関する内容もご紹介します。

基本的にイギリスの音楽は他の国と大きな差はなくイタリアやドイツフランスの音楽とリズムや音組織なども基本的な違いはありません。

イギリスではルネサンスという芸術革命が知られておりその頃からイギリスにおける音楽活動がとても盛んになっていたと言われています。

イギリスの音楽ではバロック音楽家クラシック音楽なども有名となっており、芸術の面で考えるととても多くの著名人などが存在しているといえます。

また、オーケストラに関しても有名な交響楽団が多く存在しており、 ロンドン交響楽団やロンドンフィルハーモニー管弦楽団、フィルハーモニア管弦楽団など音楽が分からないか誰でも聞いたことがあるような楽団は多く存在しています。

スポーツ

イギリスの文化的特徴としてスポーツに関する内容もご紹介します。

イギリス人はスポーツが好きな人種であり沢山のスポーツに関して関心を寄せていますがその中でも多く人気を博しているスポーツを簡単いお伝えします。

まずイギリスの国民的スポーツとしてクリケットが挙げられています。

クリケットは野球と少し似ていますがバットとボールを使って11人のチーム2組で行う競技となっており交代で各チームの選手がボールを打って得点を上げていくことを競っていくスポーツになっています。

クリケットはイングランドとオーストラリアが大きなライバルと言われており大きな実力を持っている国であると言えます。

また人気のスポーツとしてサッカーもかなりの熱狂を誇っていると言えます。

サッカーが好きな国というのは彼氏を走っているかと思いますが、イギリスの中では一番人気があると言っても過言ではなく何百年にもわたって競技されてきた歴史を持っています。

サッカーの実力に関しても一番の激戦区であるともいわれており有名なクラブとしてマンチェスターユナイテッドや、アーセナル、チェルシーなど世界でも名だたるビッグクラブが存在している地域としてもあげられています。

そしてラグビーなども比較的人気を博しており、ボールを手で持ち上げながら相手チームのガードを突破しながらゴールを決めようとする競技なのですが、ラグビーの行事として6カ国が参加するシックスネイションズという国際大会が存在していますが、この大会がかなり盛り上がる事もあり、相当な人気があるスポーツであるともいえます。

またイギリスといえばテニスがサッカーの次に主流であるスポーツであり、特にイングランドに関してはウィンブルドンという世界で最も有名なテニスに関する大会が開かれているので、ウィンブルドンの大会が選手達にとっての大きな目標であり憧れであるともいえます。

このようにスポーツに関しても非常にたくさんのスポーツが愛されており、国民全体がスポーツが好きであると言われている所以になっています。

イギリス人に多い性格と3個の特徴

ここまではイギリスがどういう国でありどういう特徴を持っているのかということについてご紹介してきましたが、ここからはイギリス人に多い性格と特徴についてご紹介していきます。

もちろん人によって個々の性格は違うかもしれませんが、歴史的背景であったり文化などによってある程度特徴だと思っていると考えることができます。

その上でイギリス人に多い性格などについても簡単にご説明していきます。

多い性格

イギリス人に多い性格としてはどちらかといえば冷静沈着で論理的に物事を説明できるようなインテリジェントな人が多いと言う傾向が見られています。

私たちが広くイギリス人に持っている認識として紳士的であるというイメージを持っていますがまさにその通りで、感情的な感じではなく冷静沈着な性格で物事を受け止める強さを持っている性格が多いといえます。

特徴

まず考えていただきい部分は、イギリスと日本は少しに通っている部分があるということです。

具体的にどういう部分が似ているかというとイギリスも日本と同じで島国であり四方が海に囲まれているという点です。

地続きで国境を接している国が無く、他の国の影響あまり受けていないと言う意味で独自の文化を育んできた歴史が存在しており、この前では日本と若干似ていると感じる部分があります。

イギリス人の中には地理的にはヨーロッパではあるがヨーロッパとは同じではないという認識は意識もあったりして eu からの離脱意識なども高まっていたりと、ヨーロッパとひとくくりにして考えてしまう意見はあまり適切ではないという特徴を持っていると言えます。

そして日本と同じようにアメリカから侵略されたりした経験があるので、アメリカに対してあまり良い印象を持っておらずアメリカ人と一緒にされることを激しく奪う最も多く存在しています。

自負心プライド高い

イギリス人の特徴としてプライドが高いと言うことが挙げられます。

どうしてイギリス人はプライドが高いのかと考えた時にイギリスは何事においても先駆者である場合が多く、物事のルーツを辿った時にイギリスが発祥の地である場合が多く存在していることから世界の仕組みであったり、基盤を作ってきたのがイギリスであるというプライドを自負しているからこそプライドが高いと判断することができます。

例えばスポーツに関して説明するとサッカーはイギリス発祥のスポーツでありラグビーに関してもイギリス発祥のスポーツです。

イギリス発祥のスポーツが全国に広がっていき世界の人間が熱狂している仕組みを作り上げたのはイギリス人であるという意識が働いているからこそ、高いプライドを持っていると考えることができます。

そして野球に関してもそうですが野球はもともとアメリカ発祥のスポーツなのですがその根源にあるのはイギリス発祥のクリケットから派生して生まれたスポーツであるということも判明されているので、世界が熱狂する苦いスポーツであるサッカーと野球、このスポーツのルーツはすべてイギリスにあるという自信に繋がると言います。

また政治経済に言えば今現在主流になっている資本主義の経済システムに関しては元々イギリスが発祥である産業革命から生み出されてアメリカを経由して世界全体に大きく広がっていると考えることができます。

また今現在の日本が採用している政治システムである議会制民主主義と呼ばれる方式に関しても元々は日本が発祥ではなくイギリスが発祥の政治システムになっているので、スポーツだけではなく国の一番大事な政治に関しても大きな影響を与えているという事が大きな自信へ繋がっているととらえる事が出来るといえます。

他国を見下す

イギリス人の特徴として他の国は見下すという特徴を持っています。

あまり良い特徴ではないと感じるかもしれませんが、要はイギリス人は愛国心が強いということに繋がると言えます。

例えば日本人に関しては愛国心が希薄であると言われており、日本が好きかどうかと言う質問をされた時に好きでも嫌いでもないというようなどっちつかずの反応取る人も少なからず存在しているのに対し、イギリス人ははっきりとイギリスは最高だ、イギリスは素晴らしい国だと口を揃えて発言することが多いです。

自分の国を愛しているからこそ自分の国が一番だと感じており自分の国以外の国は二番手だという印象を持っているからこそ、それが知らず知らずのうちに態度として表れるといえます。

他国を見下すを考えるとあまり良いイメージは持ちませんが愛国心が強いと考えるとポジティブなイメージを持ちますよね。

捉え方によるかもしれませんが結果的には他の国を少し見下している傾向があると捉えることも出来ると思います。

礼儀正しい

イギリス人は礼儀正しく気遣いができる特徴を持っていると言えます。

日本に関してはそこまで紳士的ではないというイメージがたくさん広がっているのが現実であり、日本はイギリス人などの海外の気遣いや礼儀正しさを学ばなければいけないといけません。

しかし、日本はサービスにおいては世界でもかなり上位を誇っており、海外では考えられないほど飲食店などでもサービスを行っている国です。

なので、対人関係においての気遣いなどをもっと学ぶべきであるといわれており、具体的には イギリス人は手押しのドアから出入りする時に後から来る人のためにてれ開けてずっとドアを押して待ってくれていたり、階段などで重い荷物を持っていることを見かけた場合には声をかけて荷物を持つことを手伝ったりする姿が多く見られることから、他人に対しての気遣いがとても高く紳士的な精神力を持ち合わせていると捉えることができます。

なかなか日本では他人に話しかけると言う行為自体が少し勇気のいるようなことに例えられているのでなかなか実践することができない人も多いと言えます。

しかしながら積極的に話しかけていき助けてあげられる精神を持っているイギリス人は礼儀正しく、気遣いのできる人間であると捉えることができます。

しかしながら学ぶべきではない点なども存在しており、街中で大声を出して騒いだり、決められた場所にゴミを捨てないというような特徴などもあるので学ぶべき点は学んで学ぶべきではない点は学ばないと言うスタンスで受け止める事が大事であるといえます。

イギリス人と上手に付き合うには

ここまではイギリス人の性格についてご紹介しましたが、イギリス人の性格を知るということがイギリス心を上手に付き合うために配慮すべき点を知るということにもつながります。

そして具体的にイギリス人と上手に付き合っていくために必要な事、そして注意すべき点に関してもご紹介していきます。

あなたの身の回りにイギリス人がいるのであれば、接する際には注意して会話するようにしてください。

尊敬の念を抱く

イギリス人と上手に付き合うためにはイギリス人に尊敬の念を抱くことが大切だといえます。

イギリス人は譲り合いの精神を持っており紳士の国と呼ばれているイギリスだからこそ自分のことよりも相手のことを考える思いやりの心を持っている人が大変多く存在しています。

だからこそ、こちらの対応についても相手に対する思いやりを持っていないと嫌われてしまいます。

そして自分の国に対して大きな誇りを持っているからこそ、相手からの反応に対しても敏感に反応してしまう部分があり、日本人と比べて自分の国を悪く言われたらより感情的に怒ってしまいますし、その逆に自分の国に対して尊敬の念を抱いてくれる人間に対しては友好的に接してくれます。

日本と同じ島国でありながら、産業革命をおこした

イギリスは元々日本と同じ島国でありながら産業革命を起こした国として有名であり、 イギリスの産業のレベルはもちろんのこと、世界全体のあらゆることを考えてもイギリスが発祥である場合が多く存在しているのでだからこそ自分の国に対して誇りを持っています。

だからこそそういった背景を理解して尊敬の念を抱いてくれる人に対して、良い関係を築け、好意的に接してくれるので友好的な関係を築くことができるようになります。

相手と話す時には相手のことを理解して話すことが一番大切であり、それは外国人も同じだと考えることができます。

相手のルーツについて知って、話題を提供すると良い関係を築くことができますよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はイギリスがどういう国であるか、イギリス人はどういう性格でどういう特徴を持っているか、そしてイギリス人と上手に付き合っていくにはどうすればよいかということを簡単にご紹介しました。

そもそも外国語を知らなければなかなかコミュニケーション自体取ることが難しい状況なので、なかなか身近でイギリス人の人と継続的に交流を深めていくと言う人は該当しないかもしれません。

しかし、最近は国際結婚をする人なのも多く存在しており、外国人と結婚する方も多いと思います。

なので気になる男性がイギリス人だったと言う場合にはイギリスのことをよく知って相手のことを敬いお互いが良い関係を築くためのヒントにしていただけたら幸いです。

また、海外旅行などでイギリスにいきたい人は歴史的文化などを理解していく事でよりイギリスが素晴らしい国である事を理解して、何倍も楽しむことが出来るかと思います。

理解を深めて、広い視野でイギリスを見ることができるようになると楽しいですよ。