「振り返って思い出すと、あの時にあそこであの人と出会っていなければ、事業に失敗して大損していたかも知れない!」「大雨で新幹線が大幅に遅れたために、次に来た新幹線の自由席に座ったら、たまたま隣に1人旅の女性が乗り合わして意気投合した。それが今の彼女です。」とか、運命の出会いだと思わないと理解できないことも多いようです。

その運命の出会いが良い結果に結びついた時には、「人生って、こんなに素晴らしいものなんだ!」と感動するし、逆にそれがきっかけで悪いことが起こると、「人生って、一寸先は闇だ!」と落胆するのです。

運命を感じる出会いについて、考えてみたいと思います。

運命の出会いとは?

運命の出会いに共通していることがあります。

それは「自然が一番」ということです。

出会いもなくて30代の半ばになった女性が、婚活パーティーに度々参加しますが、結局は良いお相手が見つからずに落胆の毎日でした。

そんな時に、友人から電話があって、合コンの女性メンバーが1人欠員ができたので参加しないかというお誘いでした。

どうせ数合わせのための誘いだとは思ったのでしたが、これと言って用事もないので参加することに。

婚活パーティーには、念入りに化粧しておめかしして出かけるのですがそんな気持ちの余裕もなかったので、普段着・薄化粧のまま出かけました。

合コン会場では、女性はみんなキレイに着飾って座っています。

そんな中で、1人浮いたようにさえない表情で座っていましたが、やはり収穫もなく解散となりました。

その後、振り返ることもなく会場を後にして駅前の本屋で立ち読みをしていると、背後から「またお会いしましたね!」と優しい声がしました。

会場にいた好みの男性でした。

「私はどうもケバイ女性が苦手で、あなたのように自然な感じの人に興味があったのですが時間が無くて声を掛けれなかったのです。」とのこと。

「話がしたいと思っていたので、お茶でもどうですか?」とのお誘いがあったのです。

もちろん二つ返事で仲良く食事をして話し合ったそうです。

この記事を読んでいる人のご想像の通り、2人はお付き合いすることとなってめでたくゴールインしたそうです。

運命とは、思い通りにならなくて、思ってもいないことが起こるものなのです。

思いがけないことで出会うのが、「運命の出会い」でしょう。

人と人との巡りあわせ


単純に考えるのか好きなのですが、平成25年度の日本の人口は約1億2千7百万人です。

このうち15歳~64歳までの人口(統計学的には生産年齢人口と呼ぶようです)は約8千万人です。

この半数が男女だとすると、それぞれ約4千万人づつなのです。

老いも若きも相手を見つけるとすると、4千万分の1の確率なのです。

(大雑把ですみませんが)そもそも、あなたが異性を見つけることは、もっと別の表現をすると、人と人との巡り合わせとは、天文学的な確率なのです。

日本全国を巡っている人が、その土地である人と出会うということは、運命の出会いというほかありません。

「一期一会」という表現は、そんな出会いの確率から生まれた言葉ではないでしょうか?仕事でも恋愛でも、巡り会うことに感謝が必要なのです。

友情・仕事で運命を感じる出会いの場面16選

友情や仕事で、運命を感じる出会いというのは、本当にあるのでしょうか?ある友人の仲間にいる彼女を好きになって、彼女の行動パターンを密かに調べあげた上で、彼女を初めて紹介してもらいました。

その時は立ち止まっての挨拶程度でした。

次の日に、彼女の退社時間に合わせて、彼女が利用している私鉄の駅の改札前で待ち伏せしていました。

予想通りにやってきた彼女に、偶然出会った振りをしてお茶に誘い、うまく交際するまでになったのです。

彼女には、「運命の出会いだね!」と言ったそうですが、このことについて友人は「それは運命じゃないぞ!」と言うのですが、このケースはみなさんはどう思われますか?
好きになった彼女の行動を掴んでいて、そのタイミングで待ち伏せしたのは故意だと思うのですが、たまたま友人の知り合いだったことは、運命の出会いと考えて良いのではないでしょうか?こんな運命の出会いについて考えてみます。

友情の運命の出会い


友情とは、友達同士の間に生まれる情愛のことですが、全ての友達が持てるものでもないのです。

友達の間には共感や信頼があって、お互いを肯定し合う人間関係が必要なのです。

むつかしく書きましたが、友達同士の関係から発展して、お互いを認め合うまで成長した人間関係ができなくてはならないのです。

そんな友情にまで発展する運命の出会いとは、どんな感覚なのでしょう。

1.近所に住んでいて親同士も仲が良い友達

親同士が仲の良い友達で、若い頃に一緒に遊んでいたことがあるとのこと。

もちろん、近所に住んでいるので、子供がまだ小さい時からお互いに家族のこともよく知っている関係です。

学校の行事や地域の催しに、親子で参加したこともあるのです。

そんな間柄ですから、家族同士で信頼していることから、仲が良い友達となるのです。

2.小・中・高と学校が一緒の友達

同じ区域に住んでいる幼馴染で、勉強も遊びも活発な子供たちは、小学校から中学、高校と同じ進路をたどることがあります。

小学校や中学校は、公立の学校であれば一緒になることも多いのですが、高校は人気の私学や有名進学校、さらには専門学校と様々なのです。

その壁も乗り越えて、同じ高校に入学するとは、本当に運命の出会いとしか考えられません。

仲の良い友達になれるのです。

3.学校のクラスがずっと一緒の友達

小学校の6年間で同じクラスになることは、同じ学年で何クラスあるのか分かりませんが、確率的には低い確率だと思います。

ましてや、その後の中学校や高校も同じところに入学して、もしも同じクラスを続けるならば、非常に稀な出来事と思います。

もし、このようにクラスがずっと一緒になっていれば、まさに運命の出会いとしか言いようがありません。

4.中途採用で同じ時期に入社した同僚

何らかの理由で中途採用に応募して、幸いにも同時期に入社した同僚も、運命の出会いとしか言えません。

中途採用はどこの企業でも実施しているわけではありません。

思いもよらず事業が拡大して人員が不足したとか、工場を移転したとかでその地域の人材を確保したいなどの思惑で、中途採用に踏み切ることがあるのです。

そんな会社の事情もある中で、たまたま同時に中途採用に受かって入社した同僚は、これも運命の出会いとしか言えません。

5.久々に会っても何も変わらずに話せる友達

通りがかったコンビニの入り口の横手で、タバコを吸っている昔なじみとばったり出会った。

目が合ってからお互いを認識して「おおっ!」と声を掛け合って立ち話を始めた。

「どうしている?」と聞くと「今は、夜のバイトで忙しいわ!」と直ぐに昔を思い出して、お互いの友人の噂話で盛り上がることに。

お互いに隠し事や嘘をついている様子もなく、正直に気持ちを出せ合えるのが不思議な感覚です。

そんな仲間は友達と言えるのです。

6.ピンチのときに突然連絡をくれる友達

実家近くの会社に入社して3年ほど働いていたが、不況の波を被った会社が、今の事業所を閉鎖することになった。

そこで働いている社員は、別の事業所に配置転換されることとなった。

その場所は遠方なので寮に入ることとなったが、その地域には馴染みがないので心細くなっていた。

そんな時に、昔の仲間から連絡が入った。

「お前の勤めている会社が閉鎖されるというニュースを見たので」とのことで電話したようだ。

今度行く場所の名前を告げると、「そこは、俺の兄貴が住んでいるところに近いよ。兄貴に聞いて情報を教えてあげる。」と言ってくれた。

少し不安もあったけど、あの連絡で気持ちが落ち着いた。

困っている時に心配して連絡をくれるのが、本当の友達です。

7.一緒にいても無理をしない友達

久しぶりに仕事の同僚数人と一緒に飲みに出かけた。

家族のことやガールフレンドのこと、卒業した学校の名前や得意科目など、いろいろと聞いてくるので面接を受けているようで面倒だった。

自分の方は、相手の私生活や行動についてほとんど興味が無いので、聞く気にもなれなかった。

そんなこともお構いなく、まだまだ質問の連続です。

お酒がまわってくると、今度は説教までしてきます。

こんな関係の友達はごめんです。

一緒にいても無理をしない友達、相手のことも考えて気楽に話せる友達が一番です。

8.利益で動かない友達

友情というのは、損得に関係がないことが多いようです。

友達が大事なものを忘れて帰った時に、「これはどうしようか?」などと野暮なことは聞かないのです。

「これは明日、あいつに必要なものだから」と言って、遠方だけど直ぐに車で送り届けるようなことができるのです。

車で持って行っても、誰が得する訳でもないのですが、損得で動かないのが友達です。

仕事での運命の出会い

人との運命の出会いがあるように、仕事でも運命の出会いがあるようです。

テレビを見ていると、どこかの偉い研究者や学者が、「これは、私のライフワークです。」と言っていることがあります。

ライフワークとは、研究者などが生涯の仕事として人生をかけて行うテーマのことです。

こんなライフワークに出会うのも運命だと思います。

また、自分が熱心に取り組んでいる仕事が、実はライフワークになったと言うこともあるので、このような人は結構年配の研究者に多いように思われます。

若いうちは、人生をかけてやるような仕事かどうかは分からないでしょう。

しかし、少し経ってから考えると、あの仕事と巡り会ったのは運命かな?と思う時もあるのです。

9.毎日の仕事が楽しいとき

やはり面白くないと常に思いながら仕事をすると、仕事の効率も下がるし軽率に行うとミスも増えてくるものです。

第一、あなたが不機嫌そうな顔や態度で仕事をしていると、周りの人やパートナーにも影響を及ぼします。

職場の雰囲気が悪くなってきます。

だから、毎日の仕事は楽しくなくてはなりません。

自分がやっている仕事が、楽しくてずっとやっていきたいと思えるなら、それはその仕事があなたにとって運命の出会いとも言えるのです。

10.大きな仕事を任されたとき

会社にとって事業拡大のための重要なプロジェクトとか、新しいことにチャレンジする仕事などは、誰もが任されるわけではありません。

その会社の担当者の中でも、信頼されていて実行力のある人が選ばれるのです。

その会社に入社して、会社のために頑張っていること自体が素晴らしい事なのですが、会社の大事な仕事を任されることは、願ったりかなったりなのです。

光栄だと思っているのです。

自分でも、その仕事を遂行する自信もあるので、こんな時には、この仕事とは運命の出会いかなと思うのです。

11.周りに期待されているとき

自分の今の仕事が運命の仕事だと感じる年齢は、以外にも若い時に多いそうです。

あるメディアの媒体が、25歳から40歳までのビジネスマンに、「運命の仕事」についてのアンケートを行ったところ、今の仕事が運命の仕事だと感じた年齢で最も多かったのは25歳で22.5%、二番目が27歳で11.9%でした。

この二つの年齢の割合を合わせると34.4%にもなるのです。

しかも、そのように思ったキッカケは、仕事で関わる人から期待された経験があるからだそうです。

しかも、その仕事に就いて5年以内に経験しているそうです。

やはり、周りの人達や仲間からの期待が大きいと、自分自身も必死に取り組むことにもなり、勉強と自信もついて、達成した時の充実感も特別なのでしょう。

12.自分の仕事が上司に認められたとき

「自分の力でできるかな?」と不安に思いながら、与えられた仕事をやり始めました。

この仕事は、かなり難易度が高く厳しい仕事だと言われていたのです。

やはり、途中で仕事に行き詰まり、自分の能力の限界かと自信を無くし始めたのでした。

そんな時に、先輩からの助言と支援が得られることができて、苦労の結果なんとかやり抜くことができたのです。

困難に突き当った時に、能力があり頼りになる先輩と出会ったことが、仕事をやり遂げることができた原動力ですが、このことで上司からも褒めてもらい期待されるようになったのです。

上司に認められることで、今の仕事が運命の出会いであったと認識できました。

13.誰かの役に立っていると感じたとき

仕事をすることは、それによって収入が得られるので、生活を維持する上からも大切なことです。

ましてや、結婚して子供ができて、大切な家族を養うためにも、仕事は切り離せないのです。

しかし、仕事をする上で、自分のことだけではなく、困っている人や弱者のためになるような仕事もあります。

例えば、病気の人の治療をして患者を救うことができる医療関係の仕事や、高齢社会で障害者支援や福祉関係の仕事、警察官や消防士などいろいろあります。

これらの仕事に就くには、それぞれの必要な免許や資格を取る必要があります。

それらの資格を得てから訓練を受けて実際の職場に配属され、そこで多くの経験を積んでくると、世話を受けた人々からお礼の言葉や感謝を伝えられた時に、人の役に立っているのだなと思うのです。

このように、初めから人の生命や安全を守る仕事に憧れて働きだした人だけでなくても、一般の生活の中でも、役に立つことができるのです。

例えば、料理の腕を磨こうと有名な料理人の弟子になって必死に働き、やっとお客に自分が作った料理を出せるようになった時です。

あなたの料理の腕を気に入って通うようになって、美味しそうに食べているお客を見ていると、この人達の役に立っているのだなと感じます。

この時に、この仕事とは運命の出会いだったのかなと感じるのです。

14.クライアントが自分を名指しで訪ねてきたとき

自分の仕事の評価は、会社では上司や役員の人が実施します。

これだけ頑張っているのに、どうして評価が低いのかと嘆いたり、評価の方法に疑問を持ったりしているのです。

あの先輩は、自分とは相性が良くないから、きっと悪意を持って採点しているのでは?とか、あんまり自分のしている仕事や行動について、ほとんど認識していないのでは?と思ったりするのです。

この期間に誰がいくら売ったのかというように、数字で業績が比較される営業職などは、売上高と個人の評価は連動し易くて納得されやすいのです。

しかし、技術職などはそれぞれの評価が数値化されにくいので、自分がどれぐらいの技量を持っているのか不安な時もあるのです。

しかし、そんな時にあなたの技術や能力を頼ってクライアントが会社に訪ねて来て、ぜひこの人にお願いしたいと仕事を持ってきたりすると、感動してしまいます。

社内ではそんなに認めてもらっていないのに、クライアントがちゃんと認めていてくれたのです。

こんな時には、このクライアントに対して、仕事を通じての運命の出会いを感じるのです。

15.お客様の笑顔を見れたとき

お菓子作りが大好きだった女性が、OLを辞めて地元のケーキ屋さんに再就職しました。

何ごとにも好奇心旺盛で、どこにもないようなケーキが作りたくて仕方がなかったそうです。

そこでケーキ作りの基礎を教わってからフランスにパティシエの修行に出かけたそうです。

どこかのテレビドラマのシーンにあるようなことですが、現実でもあるのです。

単身で出かけて2年間勉強して帰国しました。

帰国後は元のケーキ屋さんに再雇用されたのですが、なかなか思うようなケーキができませんでした。

とうとうオーナーと意見が対立するようになって辞める決心をしたそうです。

そして小さなケーキ屋さんを自力で立ち上げましたが、裏通りのお店で人目につきません。

それでも頑張って新商品を作ってきましたが、貯えていた資金もなくなり借金生活になったそうです。

そんな時に、小さな子供連れのお母さんがお店にやって来ました。

常連さんですが、子供を連れて来たのは初めてです。

共働きなので、いつもは子供は保育所に預けているのです。

一緒に来た子供は、ケースの中のケーキを見渡してから、「ママ!このイチゴとキウイのケーキが大好き!」と叫んだのです。

そのお母さんは「この娘は、ここのお店のこのケーキが大好きなのです。」と笑顔で話してくれたそうです。

その後、このお店のパティシエが作る創作ケーキのことが地元のフリーペーパーでも取り上げられて、地元でも人気になって、お客様が集まって来たようです。

このパティシエは、脱OLからケーキ作りに人生をかけて、なんとか人気のお店を作ることができたようです。

親子連れのお客の笑顔が、折れそうになった心を支えてくれたようです。

きっと、この笑顔の親子に出会ったことは、運命の出会いとなったように思われます。

16.お客様にありがとうという言葉を頂いたとき

久々に遠距離のタクシーを利用することになりました。

足が不自由な人を送っていくことになったからです。

片道でやく40分程の距離ですが、料金は1万円を超える値段でした。

道すがら、運転手と話をしながら苦労話を聞くことになりました。

最近の傾向としては、お客様からからの苦情がとても多いそうです。

現地について、降りる時に料金を支払いながら長々と文句を言う人も多いそうです。

いろいろと不満を抱えている人も増えたのでしょうか?とのことですが、中にはひどい事件にも遭遇したそうです。

走行中に、急に「そこの交差点を左に曲がってくれ!」というので、減速をしながら左折したのですが、右側のドアに衝撃音がしたのです。

慌てて停車して後を覗くと、お客さんが頭部を押さえてうずくまっていたのです。

何でも、急カーブで右側の窓ガラスに頭を打ちつけたと言うのです。

減速したのでそんなにはスピードは出ていなかったはずなのですが、救急車を呼ぶことになりました。

頸部捻挫で治療費はかかるし、事故の罰金やら減点で一時乗務停止になるやらで、大変だったそうです。

しかし、その後の警察の調べでは、そのお客はタクシー事故を装う常連で、あえて急に左折をさせて、自分から頭を窓にブチ当てる常習者だそうでした。

そのためにも車載カメラを着けて弁護士とも契約しているのですが、面倒だそうです。

こんな人もいるけれども、普通に乗ってくれて、所定の料金を支払ってくれるお客様が一番だと言っていました。

それと、降りがけにありがとうと言ってくれた時にはとても嬉しくて、この仕事と出会いに運命を感じるそうです。

友情・仕事で運命の出会いをするために心掛けたいこと

異性の人と出会った瞬間に、他の人では感じなかったような感覚を覚えることがあります。

よく「身体にビビットきた!」というような表現をします。

これを運命の出会いというのでしょうか?素敵な相手に出会うためには、どうすればよいのでしょうか。

運命の人と出会うためには、何か準備をしておくことが必要なのでしょうか。

出会いの場に顔を出す

運命の出会いを期待するには、やはり行動を変えなくてはなりません。

そして、新しい出会いを期待するなら、これまで出会えなかった場所を変えてみることも大切です。

家に閉じこもって過ごしていたり、仲の良い昔なじみの友人たちと会っていても、なかなか運命の人に出会う確率は低いままかも知れません。

忙しいから出会いを期待するのも難しいのではと思い込んでいる人もいますが、そんな事はないのです。

バリバリ働いている忙しい人でも、きっちりと出会って恋愛を楽しんでいる人もいるのです。

そんな多忙な人達が見つける方法とは、各種のイベントやパーティーなどに積極的に参加して、友人をたくさん作るのです。

まずは、出会いの場に顔を出すことなのです。

そして、その友人達の仲間や紹介によって、新しい出会いにチャレンジするのです。

今までの出会いを大切にする

過去に出会った人でも、何年も会っていないと印象も変わるものです。

昔会った時のあの人の容姿を思い出すと、服装も野暮ったくて色合いも暗い色の服が好きだったのですが、つい先日に同窓会で会ってみると、華やかな流行の服を身に着けていた。

何でも、ファッション関係のデザイナーをしているとのことです。

海外にも良く出かけて、語学も得意で記事の仕入をまかされているようです。

懐かしくて昔の服装の話をすると、恥ずかしそうにしていたのです。

1年も経つと、生活や人生も変わるものです。

今までの出会いも大切にして、振り返ってみると、素敵な出会いができるかも知れません。

最近連絡を取っていない友達に連絡してみる

「そう言えば、最近会ってないなあ。あいつ何しているのかな?」と思い出す友達もいるはずです。

友達もそれぞれが仕事に熱心であったり、遊びに夢中だったりと、頑張っているはずです。

ひょっとしたら、何か新しい出会いやヒントに巡り会うかも知れないのです。

逆に、連絡をしてこないのは、密かに恋を発展させている時期かも知れないのです。

友人は運命の出会いを見つけて、頑張っている時かも知れないのです。

ちょっと様子を探ってみてはいかがでしょうか?

毎日一生懸命働く

仕事が第一ですね。

仕事をしているなら、自分に与えられている仕事は、キチットやり遂げる努力が大切です。

仕事を通じて新しい出会いも生まれるし、一生懸命に働く姿に目を留めてくれる人もできるかも知れません。

一生懸命に働くことは、社内でも注目されて、口コミでも知らず知らずのうちに噂も広がるのです。

ちょっとした噂でも、運命の出会いがあるかも知れないのです。

自分に合った仕事に近づけるように努力をする

今の仕事が自分に合っていないと、気持ちが外に出てしまうのです。

顔もさえないし、不機嫌そうに見えるかもしれません。

自分の魅力を最大限に引き出すには、生き生きとした表情や行動が大切です。

今の仕事に生きがいを感じて、この仕事は自分に合った仕事だと思うように努力をすることで、新しい出会いが生まれるのです。

その仕事に興味を持った異性が現れることになるのです。

仕事にやりがいをもって取り組む

仕事にやりがいがなくなることは、仕事のモチベーションが下がっている証拠です。

斬新なアイデアや解決策も出ないので、仕事の効率も下がってしまいます。

あなたの評価も落ちてしまいます。

ミスも増えるのです。

これは恋愛の時にマイナスの作用を働きます。

あなたのアドレナリンも少なくなります。

仕事にやりがいを持って取り組むことは、素敵な彼女を掴むための原動力になるのです。

仕事にやりがいを持って取り組まない人は、仕事でも出会いがないのです。

最後に

運命の出会いというのは、後で分かるものなのです。

出会ったその時には、お互いに認識できていないのです。

運命の出会いには、時期や場所などの要因も絡んできます。

運命の人は、直ぐに通り過ぎるかも知れませんし、またもどって来るかも知れません。

運命の人は、あなたの周りに一度は近づいているはずです。

その時を。

そのチャンスをきっちりと認識して、見逃さないように取り組むのです。

では、その運命の人だと認識して見逃さないために大事なことを覚えてください。

それは運命の人は、あなたと何らかの点で似たような性格とか感覚を持っているのです。

初めて会ったのに、以前から知り合いであったような気がして違和感がないとか、特別な趣味を共有しているとか、他人とは思えない現象があるものです。

このように第一印象で分かるのです。

次に、いろんな場面でよく出会うことが起こることです。

仕事で打ち合わせをした後で別れてから、夕方の帰りの雑踏の中でぶつかったり、アフターファイブの別々の飲み会で偶然に出会ったりと、偶然が多い時があります。

偶然が続く時も運命の時かも知れません。

たまたま仕事の後で世間話をする機会が会った時に、出身地や卒業した学校などの思い出話の時に、実は小学校や中学校が同じだったり、同じ先生に教わっていたりとか意外な接点が合ったりするのです。

同じ学年ではないけれども、通っていたころは同じような思い出が残っているのです。

話が尽きなくなって、非常に親近感を覚えるとともに、何だか2人は運命の糸で繋がっているのではと思い始めるのです。

さらに、最近の遊び場所とか行きつけの居酒屋とかが見つかると、もうそこに2人で出かける約束をすることになるのです。

このように、運命の人かもと認識する時の、チェック項目は、①第一印象で何かを感じた時、②偶然が重なる時、③過去が繋がっている時、の3点です。

縁を自分から切らないようにしよう!

運命の人は、あなたとは俗に言う赤い糸で繋がっているはずなのです。

その糸をしっかりと捕まえておきながら、頭からも切り離さないように脳に意識付けしておくのです。

そして、もうひとつ大事なことは、せっかくのご縁を大事に活かすことです。

赤い糸を切らずに捕まえておくと、いずれまたご縁が巡ってくるものなのです。

この縁というものは、いろんな場面や人脈で繋がっていることがあるからです。

忘れたころに巡って来る縁もあれば、まさかというような縁もあるのです。

そして、縁は繋がっていくと二次元から三次元的に拡張して行くこともあるのです。

とんでもない運命の人との出会いがあるかも知れません。

楽しみにするぐらいの余裕が必要ですね。

最後に気を付けることがあります。

縁を切らないように心掛けることと言いましたが、縁にも良い縁と悪い縁があるのです。

三次元的に繋がっている縁でも、その中には社会的に好ましくない人との縁もあるかも知れません。

単に羽振りがいいとかイケメンだということだけで、信じ込んでしまっては問題が起こることもあるのです。

縁には善と悪があることを認識して、冷静に付き合うことが大事だと言うことを書いておきます。

『あなたの恋愛運は大丈夫?不幸の原因はこれかも』

記事下_無料でオーラ鑑定_0718