今現在学生の立場の方は、今後の自分の進路について悩んでいる方がたくさんいると思います。

最終的にどんな仕事に就きたいのかという事もそうですし、場合によっては最終的な目的地を決めた上で、それまでの過程としてどのように進学するのかという事も大事な事だと思います。

例えば、美容師になりたいのであれば美容専門学校へ通って国家資格を得るという方法もあれば、美容師として働きながら国家資格を取得する方法も存在しています。

看護師になりたいのであれば看護学校へ通う必要がありますし、一般的な事務職に就きたいのであれば大学に入って卒業してから就職する、もしくは高校を卒業してからすぐに就職する、大手に入りたいのであれば有名な大学へ入学する必要があるなど、最終的な目的地に到達すつまでの過程を考えることはとても大事な事であり、考え方の基本的な部分にもなります。

自分の最終的な目的地を決めた上で、いくつかある選択肢から自分に合った選択をする必要が迫られる場面は人生幾度となく訪れると思いますが、人によっては複数の選択肢の中でたくさんある大学の中から自分がどこの大学へ通うべきなのかという事を悩む方もたくさんいると思います。

今回はそんな大学選びで悩んでいる方を中心に、女子大をテーマにして東京、関東圏の女子大を中心にご紹介していきたいと思います。

女子大選びに迷っているあなたへ!

女子大選びに悩んでいる方はたくさんいると思います。

女子大といってもたくさんの大学がありますし、学校によって特徴なども違えば大学特有のブランド力などもありますので、どこの大学を選ぶのかという事は人生においてとても重要な選択肢であるという事を理解しているからこそです。

しかし、人によっては疑問に感じる方もいるはずです。

なぜそこまで「女子大」にこだわるのか。

なぜ女子大にこだわるのかといえば、それは女子大がメリットがとても大きいという事を理解しているからです。

大学をそもそも選択肢として考えていない方だったり、女子大についてそこまで詳しくない方からすれば女子大にどのような利点があるのかわからない方も多いと思います。

そもそも大学へ通うという選択肢を考えていない方からすれば当然必要ない知識かもしれませんが、大学へ通う事を検討している方や今まで女子大に注目していなかった方からすれば今回ご紹介する内容はとても興味深い事や役に立つ内容になるはずです。

もちろん女子大に行きたいと思っている方も気づけていなかった魅力に気付くきっかけとして新たな知識として知ることが出来ますので、必ず勉強になる項目があるはずです。

そんな女子大選びに困っている方にこそ参考にしていただきたいと思います。

1. 女子大に行くメリット


共学と女子大と大学は分かれると思いますが、なぜそうまでして女子大に行きたいのかという事は女子大にメリットがあるからだとご紹介しました。

では具体的にどんなメリットがあるのかという事が気になる方がたくさんいるはずです。

まずはおすすめの女子大をご紹介する前に、女子大を選ぶ事によって得られるたくさんのメリットについて項目ごとにご紹介していきたいと思います。

今後の大学選びに迷っている方は、これからご紹介するメリットを踏まえた上で女子大を選択するメリットと共学を選ぶメリットを天秤にかけて、自分なりにメリットが大きいと思った方を選択していただければと思いますので、参考にしてみてください。

1. 大学にいる間、勉強に集中できる

まずはじめにご紹介する女子大を選ぶメリットの一つとしては大学に在籍している間勉強に集中することができるということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと大学に在籍しているときに、もし共学だった場合を想像してみてください。

大学が共学だった場合は当然ながら身の回りにいる人間が女性だけではなくて異性である男性の存在してるはずです。

異性である男性が存在している場合、人によっては周りにいる男性が気になって勉強に集中できないという状況が生まれる可能性があります。

例えば好きな男性ができてその男性のことばかりを考えてしまい、勉強や授業に集中できずに結果的に学力が低下してしまったという事も十分考えられます。

もちろんきちんと自分の理性を制御して勉強する時は勉強すると言う区切りをつけられる人間があればそこまで問題視することはないかもしれませんがどうしても人間ですので好きな人が身近にいれば気になってしまって身が入らなくなってしまうのは当たり前のことです。

なのであえて同じ女性ばかりがいる女子大に入学することによって気が散ることを防いで、勉強に一点に集中することができるというメリットが存在していると考えることができます。

一般的な考え方からすれば、大学は今までの高校や中学の生活と比べてかなり自由度も増しますし、 たくさんの楽しい経験や恋愛を行いたいと考えているかもしれませんが、将来的な事を考えるとその点にうつつを抜かしていると足元をすくわれてしまうので、賢い選択であると考えることが出来ます。

2. 他大学の男子学生のモテやすい


次にご紹介する女子大を選ぶメリットの一つとしては他の大学の男子学生からモテやすいということが挙げられます。

なぜ他の大学の男子学生からモテやすいのかと考えた時に、なぜ女子大であるということは共学ではないので周りに男性がいないので周りの男性にそそのかされていない女性が多いと考えることができます。

共学であるならば大学のサークルや飲み会などで男性と接する場面がおおくなったりするので、付き合っている男性の身としてはやはり女性のことが心配になる傾向があります。

しかし女子大であればサークルや飲み会などがあったとしても女性しかいませんので他の男性にそそのかされる様な危険性が少ないと考えることができるので女子大の学生と恋愛をしたいと思う人が多いはずです。

またこれは人によって変わるかもしれませんが女子大に通っているという事が一つのステータスとして捉えられる場合もあったり、女子大に通っている人はお嬢様である人が多いと考える人が多いのでその様な一種の考え方による部分からの需要がモテる要素へと繋がっていると考えることが出来ます。

男子学生からモテるためにわざわざ女子大に入るのであれば、結局授業に集中できないのでは?という意見もあるかもしれませんが、少なくとも授業中に関しては他の男子学生が存在している状況にはなりませんので、その分授業中なのは授業に集中することができる環境として整えられていますので、結果としてやはり女子大の方が勉強にも集中できるということにもつながるわけです。

【女子大生の恋愛事情は、こちらの記事もチェック!】

3. 周囲の女子力が高いので参考になる

次にご紹介する女子大を選ぶメリットの一つとしては周囲の女子力が高いので参考になるということが挙げられます。

まず女性がたくさん集まるということは当然女子力が高い人が集まる場合が多いです。

女子大だからこそ男性の目を気にしないで女子力が高くない人が多いのでは?と考える方いるかもしれませんが、中学や高校までは確かにそのような傾向がみられますが、女子大になるとやはりある程度自由になれるという事もありますので、男性がいない分女子力を高めて外部で恋愛を楽しみたいと考えている方は多いです。

なので想像しているよりも女子力が高い人が集まる傾向があります。

女子力が高い人がたくさん集まると、身の回りの女子力が高い人を参考にして自分も女子力を上げたりする工夫を取ることができますし、またはその方法を考えることができやすい状況になりますので、結果的に自分の女子力を上げる上でも参考になると考えることができます。

勉強も集中したいけどきちんと恋愛を楽しみたいし女子を上げる素敵な女子になりたいと考えている女子大を選択する方がメリットが高いと考えることができます。

4. 積極的に活動できる

次にご紹介する女子大を選ぶメリットの一つとしては積極的に活動できるということが挙げられます。

具体的にどういうことかといいますと、共学よりも女子大の方が女性だけしかいませんので、その分より自分自身が積極的に行動することができると考えることができます。

男子校の場合でもそうですが、男子だけだったり女子だけだったりと同じ性の人間同士が集まっている方がバカをできやすい状況になりますし、そこまで気を使った発言などもしなくても良いので、あまり周りに対して気を使って行動したりしなくても良い場合の方が高くなります。

実際に考えてみればわかると思いますがやはり同性の人と関わっている方が何かを行動したり発言をしたりするときにそこまで気を使わなくても良いと言うのは誰でもわかると思います。

その逆に自分が気になる異性がいる状況を考えてみると、当然発言の内容であったり自分の身振りや行動などについては、ある程度気を使ったものにしなければいけないと神経を使ってしまいますよね。

それがない分積極的に行動できるので、行動的になれるというメリットに結び付きます。

5. クラスが小規模であることが多い

次にご紹介する女子大を選ぶメリットの一つとしてはクラスが小規模であることが多いということが挙げられます。

女子大に関しては共学の学校と比べてどちらかといえば人数が少ない傾向がありますので当然ながら1つのクラスが小規模であることが多い可能性がとても高いです。

クラスが小規模であることが多いということはメリットの一つとして考えることができるなぜかと言いますと当然ながら暮らすが小さいと人数も少ないので少人数向けの授業などが展開されるケースが多いです。

例えば100人に向けた授業と10人に向けた授業であれば、当然理解度でいえば10人向けの授業の方が理解度が高いです。

時には個別対応などもしてくれる場合などもありますし、授業の質が高くなるケースが考えられます。

また、学校の先生との距離感も近くなり、自ら課題を見付けなければいけない大学の特有の学習スタイルにも先生の力を得られるのは大きな利点であると考えることが出来ます。

なので最終的には女子大はクラスが小規模であることが多く教育体制などが手厚くサポートしてくれるというメリットに結びつくことができます。

6. 優しい先生が多い

次にご紹介する女子大を選ぶメリットの一つとしては優しい先生が多いということが挙げられます。

どうして優しい先生が多いのかということを考えた時に、先ほどご紹介した人数の関係と言う所も大きく関与しています。

例えばあなたが学校の先生だったとして100人向けに授業を行うこと10人向けに授業を行うのでは大きく生徒と接する機会が変わりますよね。

おそらく100人授業を受けていたと考えるのであればその中には授業をサボって寝たりする様な人もいますし全く授業に関心を持たずに適当に過ごしている様な生徒もいるはずです。

先生も人間ですので授業を行っているのに話を聞いていない人は全く関わりたいと思わないはずです。

また100人も人がいれば思い入れが残る人は数人程度になるはずです。

しかしもしも10人向けの授業を行ったと考えた場合当然生徒と接する機会が多くなるはずです。

少ない生徒数の方が真剣に授業を聞いてくれる事もありますし、接する機会が増えれば当然思い入れも増えますし、話をする機会に恵まれると良い人間関係を築ける場合が多いです。

関心がない人と普段から親交がある人を比べるとどうしても可愛いのは普段から接している人間ですよね。

なので、少人数の女子大に関しては優しい先生が多く、女子大という特有の状況が優しい先生を作り上げているという事を知るべきです。

優しい先生は困った事や質問にも丁寧に答えてくれる場合が多いので、必ずあなたにとって大きなサポートをしてくれるはずです。

2, 女子大に行くデメリットとは?

ここまでは女子大に通うメリットをいくつかご紹介していきました。

今まで女子大に通うという選択肢を考えたことがなかった人からすればこんなにたくさんのメリットがあるということに気づけていなかったと思います。

女子大に通うメリットを知ったところで次に知っていただきたいのは逆に女子大に通う上でのデメリットについて考えていただきたいと思います。

女子大に通うと言う言葉メリットもあればデメリットも存在しています。

全ての事に共通しますが物事の良い面だけを見るのではなく物事の悪い面も同時に把握しておくことでその両方を天秤にかけた時にどちらが大きいのかということを判断して行動する必要があります。

なので必ず女子大に通うということを考えている方や、選択肢として入れようか悩んでいる方は女子大に通う上でのデメリットについても知っておいてください。

1. 校則が厳しめ

次にご紹介する女子大に通うデメリットは校則が厳しいということが挙げられます。

なぜ女子大は校則が厳しいのかと考えた時に当然ながら男性と絡めて女性であると言うことはさまざまな面で気を付けなければいけない面が多くなります。

男性に比べて女性は非力な生き物なので様々な犯罪に巻き込まれたりする可能性も当然ながらあります。

なので全てが自由と言うよりは校則がある程度しっかりとしているのでその分自分の身を守ってくれると言う考え方にもつながりますが自由を求める方については少し窮屈に感じてしまう可能性がありますので、その点は注意しておかなければいけません。

2. 出欠の取り方が厳しい

次にご紹介する女子大に通うデメリットは出欠の取り方が厳しいということです。

なぜ女子大は出欠の取り方が厳しいのかと考えた時に先ほどご紹介したように女子大は小人数であることが多いので当然少人数である場合は出席を確認する場合も名前を呼ばれて確認される場合があります。

共学の学校やある程度大きな学校である場合は出席人数がかなりの規模になることを十分考えられますので、いちいち出欠を取っていると非常に面倒ですし効率が悪いので行わない場合が多いです。

しかし、そうなると授業をサボってしまう人が出てくるので、大学の授業に真面目に参加したくないような人や遅刻癖があるような方であれば女子大の授業は少し厳しめのスタイルであると感じざるを得なくなってしまいます。

3. 出会いが少ない

次にご紹介する女子大に通うデメリットは出会いが少ないということです。

これに関しては少し考えればわかることですが当然人数が少ないということと、そもそも女子しか存在していないということから出会いが学校で生まれることは皆無であると考える必要があります。

もしも驚愕であるならば同じ学校に男性もいますので自然と恋愛が生まれやすいですし、女子だけだったとしても人数がかなりの規模いればたくさんの人と仲良くなってたくさんの人脈を使って合コンなどのセッティングしてもらったりしやすくなりますので、結果的には出会いを得ることができますよね。

しかし、どうしても少人数の女子大となってしまうと出会いを生むツールなども少なくなってしまうので、大学生活は必ず恋愛を積極的に行いたい!と考えてる方からすれば少し不便に感じてしまうかもしれません。

4. いじめや仲間はずれ、陰口が多い

次にご紹介する女子大に通うデメリットはいじめが仲間外れ、もしくは陰口が多いということが挙げられます。

なぜ女子大の方がいじめや仲間外れなどが多くなってしまうのかと考えたときに、例えばよく言われているのが女性だけの職場の方がいじめを仲間外れがひどいということがよく言われています。

なぜ女性が集まる場所ではそのようなことが起きやすいのかと考えるともしこれが男性だったと考えると、男性の場合は気に入らないことがあったりすると怒りのボルテージが急に上がって相手と喧嘩になってしまうことがよくあります。

もちろんこそこそといじめをする人もいるかもしれませんが、怒りのボルテージがあがってしまうとどうしても強行手段に出る方もいるので、そこですべて爆発してしまって終わる可能性が高いのです。

しかし、女性の場合はあまり強行手段に出る場合はすくなく、表では仲良くしておいて裏では…というような事が多くなる傾向があります。

なので、共学よりも女子大の方がいじめや仲間外れや陰口などが多くなってしまう傾向が高いのです。

5. 部活のレベルが低め

次にご紹介する女子大に通うデメリットは部活のレベルが低めであるということが挙げられます。

なぜ女子大の部活はレベルが低いのかと考えるとまずスポーツなどの分野においてはどうしても男性の方が大きく功績を残しやすいということも関連しているのでスポーツの強豪校なのは共学である場合が多いです。

そしてそもそも女子大自体が人数が少なめであると言うことも考えられますのであまり派手な活動などを行なったりすることが少ないので驚愕に比べてサークルなどのレベルが低い場合が考えられます。

しかしながら部活もレベルが低いからといって女子大に通うことを避けるのはあまりお勧めは出来ません。

なぜならばレベルが高い活動したいのであればインカレサークルに所属することによってそこで人間関係を広げることも当然出来ますし規模の大きい活動をすることを当然できますので、特に自分の通う大学に部活を求めなくても様々な場所で走ることができるということは把握しておいてください。

6. 偏差値が低め

次にご紹介する女子大に通うデメリットは偏差値が低めであるということが挙げられます。

なぜ女子大は偏差値が低いのかと考えると当然ながら偏差値が高い学校はあるのですが、そもそも規模が小さいということもあり、有名な大学以外は偏差値が低い傾向にあります。

偏差値が低いという事は就職などの関係で苦労する場面が出てきてしまうということも考えられますので、あまりにも偏差値などを気にされる方あればある程度有名な大学に入学するか、もしくは共学で偏差値の高い大学へ通った方が良いと結論付けることが出来ます。

東京や関東圏にある女子大8校をご紹介

ここまでは女子大のメリットやデメリットについて簡単にご紹介をしていきました。

女子大と一言に言ってもたくさんのメリットやデメリットが存在しているので、結局は自分なりに最終的にどうなりたいのかということや、自分にとってメリットなのかデメリットなのかという、自分を主体にした考え方で判断しておかなければ後々に後悔してしまうことになりますので、あくまで一つの選択肢として捉えていただければと思います。

様々なことをご紹介しましたので、女子大に関するある程度の知識が身に付いたと思います。

では、ここからは東京や関東圏にある女子大をご紹介していきたいと思いますので、都会に進学したいと考えている方は参考にしてみてください。

1. 東京女子大学

まずはじめにご紹介する女子大は東京女子大学です。

東京女子大学は東京都杉並区善福寺に存在している日本の私立大学です。

1948年に設置された大学であり、 東京女子大学の魅力としては学生一人ひとりを大切にする教育を行っており、リベラルアーツ教育を通して自立した一人の人間として現代社会の様々な問題に立ち向かう人材を育成すると言うことを目的としています。

また東京女子大学は国際社会で通じる使える英語力を養うことも大きく力を入れており積極的な行動力のある人材の育成やそれに必要不可欠な使える英語力を身につけることを目的とした英語教育を行っています。

なので将来的に英語を使った仕事に携わりたいと考えている人にはとても向いている学校です。

また女子大ならではの1人の女性としてどういう風に生きていきたいかイメージをするところから始め課題を認識、分析、解決する能力、論理的思考など様々な社会で必要とされる力を養う事に力を入れているという特徴があります。

東京女子大学に関しては奨学金などを設定されており、女性ならではの寮やアパートなど、住まいに関しても支援してくれていますので女性にとってはまさに様々な場面で支援してくれる学校として知られています。

2. お茶の水女子大学

次にご紹介する女子大はお茶の水女子大学です。

お茶の水女子大学は東京都文京区大塚に存在している大学であり1949年に設置されています。

お茶の水女子大学はまず大学の目的としてはリーダーとなる女性の養成に力を入れています。

そして女子大ならではの少人数教育による個性の育成を行っており高度な専門教育を行うことによって様々な知識を吸収してリーダーとなる女性を育成しています。

また専門教育に関しても教育目的に即した様々な種類のプログラムから構成されており書くプログラムを自由に結びつけることで自分のニーズに対応した知識や技能を身につけることができる様な教育方法に力を入れています。

お茶の水女子大学は名門女子大学としても有名であり非常に難易度の高い大学としても知られています。

学力的には早稲田が慶應と言った最難関私大のレベルにも近いと言われているので、もしも入学できれば就職などでもかなり有利になる事が考えられますので、学力重視で大学を定めたいのであればお勧めの大学です。

3. 学習院女子大学

次にご紹介する女子大は学習院女子大学です。

学習院女子大学は東京都新宿区戸山に存在している大学であり1949年に設立されています。

学習院女子大学には3つのテーマを定めており「世界に出会う、日本に出会う」ということと「広く学ぶ、深く学ぶ」、「個を育む、学習院で育む」というテーマを掲げています。

具体的にはグローバルな人材が求められる時代ですので英語を使いこなせることが大切な時代でありますが、語学を学ぶだけではなく異文化をの体験をすることで自分の成長に繋がると言うことで様々な異文化と触れ合うために海外語学研修や海外留学などに文化を体験する工夫がなされています。

そして2つ目のテーマでは深く、広く学ぶために 様々な学びの形を用意しており、優れた先生がサポートしてくれる環境を用意してくれているという事です。

3つ目のテーマでは個を育むという言葉の通り、 個性を大事にしてるので顔の見えるコミュニケーションを行なっており働いている教員や職員と気軽に顔合わせができる様な学校の作りになっていることが挙げられています。

また卒業生とのネットワークも設けており大学を卒業した先輩と様々な情報交換ができればも用意してくれているので様々な問題に関して解決サポートしてくれる素晴らしい大学であると判断することができます。

4. 昭和女子大学

次にご紹介する女子大は昭和女子大学です。

昭和女子大学は東京都世田谷区太子堂に存在している1949年に設置された大学です。

昭和女子大学の一番力を入れている部分としては就職率であり昭和女子大学の就職率は7年連続女子大ナンバーワンと言われています。

数字にしてなんと脅威の95.5%を誇っており、不況なこの時代においてこれだけ大きな数字の就職率を誇っている学校はとても魅力的であると判断することができます。

なぜこれほどの脅威の数字を出すことができるのかと考えた時にキャリア支援が充実していると言うことが考えられます。

具体的なキャリア支援についてはキャリアをデザインする力を培うためのキャリア教育や自己理解をして就活スキルを身につけるためのキャリア支援プログラムや経験豊富な社会人をセンターに持つ為の社会人メンター制度などが整えられています。

また充実したキャリア支援以外にも緑豊かなキャンパスであったり充実の海外留学や研修なども行われていますのでこのグローバルな時代において必要不可欠な要素がすべて詰め込まれているので、より成長したい方や就職する事をより高い意識を持って活動したいという方にはおすすめの大学です。

5. 白百合女子大学

次にご紹介する女子大は白百合女子大学です。

白百合女子大学は東京都調布市緑ヶ丘に存在している大学であり、1881年に設置された実績のある大学です。

女子大学ならではの一人一人を大切にする少人数教育を徹底しており、それ以外にも様々な異文化や場所など境界を超えて人とつながることを大事にしているので他者や社会との関わりの支援などにも充実している大学です。

具体的には外部の方を招いて新しい知識を吸収したりする場をセッティングするなどの工夫がなされています。

また大学に入るからには最終的に就職を目的としていると思いますので就職に関するキャリア支援なども主に力を入れて取り組まれているので高い就職率を誇っている大学であると考えることができます。

6. 女子栄養大学

次にご紹介する女子大は女子栄養大学です。

女子栄養大学は埼玉県坂戸市千代田にある私立大学で1961年に設置された大学です。

女子栄養大学はその名前の通り食について重点的に学ぶことができる大学として知られています。

なので栄養学について学びたいという方については国内トップクラスの授業を受けることが出来る非常に高度な教育が受けられる大学です。

栄養学を学ぶ上で必要になる施設などもとても充実しており、 例えば少人数のグループに対応できる様な調理設備とITシステムなどを備えており、一人一人の評価や発表ができる環境を整えられています。

また最新の調理設備なども備えられており様々な調理技術を学ぶこともできます。

またパソコンを自由に使用できる開放的なスペースなども存在しており、栄養計算ソフトを用いたレポートなどの作成も出来る様になっていますので、パソコンがない学生の方でも集中して教育を受けることができます。

また女性だからこそ安全に生活して欲しいということで寮がたくさん設置されており、寮に関しても住みやすく、当然栄養価の高い食事を食べる事もでき、なおかつ費用などもかなり安くなっているので、あまりお金をかけたくないという方でも安心して入寮することが出来ます。

7. 東洋英和女学院大学

次にご紹介する女子大は東洋英和女学院大学です。

東洋英和女学院大学は神奈川県横浜市緑区三保町にある私立大学であり、1989年委設置されています。

東洋英和女学院大学は専門教育の重視を行っており一つの専門を決めてその専門については学科に匹敵するくらいのしっかりした教育をおさめることを中心に考えており、国際化時代、IT社会に適応できる人材の育成を目指しており英語教育とコンピュータ教育に力を入れています。

また東洋英和女学院大学自体がキリスト教教育による人間形成の伝統が受け継がれているのでおおらかな中にも思いやりのある優しい人柄が育つような精神を学校全体で共有しているということが特徴の大学です。

充実したキャンパスライフを送っていただくために様々な行事やクラブや同好会なども行っており、 他の大学と同様に入学屋国際交流をしていただくための留学プログラムなども設置されています。

その他にはキャリア支援なども十分に行われており、小規模の大学であるからこそ一人一人にあった個性と適性を見極めた上で支援を行ってくれる力強い支援に頼ることが出来ます。

総合的な面でサポートしてくれる大学であり、安心して学習、就職したい方にとってはまさにおすすめの大学です。

8. フェリス女学院大学

次にご紹介する女子大はフェリス女学院大学です。

フェリス女学院大学は神奈川県横浜市泉区緑園に本部を置いている私立大学であり1965年に設置されています。

フェリス女学院大学に関しては日本初の近代女子教育機関として誕生した背景を持っており、多くの実績を備えている大学です。

フェリス女学院大学に関しては生徒数は大学に関しては2500人程度の人数になっているので比較的小規模の大学であるからこそ様々な教育において個別にサポートしてくれる学習体験を整えている大学です。

教員数に関しては100人程度となっており、そのように考えると単純計算25人に1人が生徒を見るような形になりますので、これまでの義務教育と同じように個別に対応してくれることが容易であると考えることが出来ます。

当然ながら他の大学と同様に就職キャリア支援などを行っており国際交流などにも力を入れています。

その他にもクラブ活動なども様々力を入れていますのでより充実した大学生活を送ることができる大学であると判断できます。

【東京にある女子大については、こちらの記事もチェック!】