昔も今も日本一の大学に君臨し続けている「東京大学」、そこには入りたいと思っても中々入れず、また一度入れた人は一生「東大生」であることを誇りにして生きていくことができるジャパニーズドリームが叶う場所といえます。

そんな彼らが「普段はどんなことを考えてどんな風に生活しているのか」「勉強はどんな風にしていたのか」日本の頂点を経験した彼らの21個の特徴をご紹介します。

日本一の大学

東京大学は英語で「The University of Tokyo」、東京都文京区本郷に本部を置く日本の国立大学です。

東京大学が誕生したのは1877年、当時は欧米諸国に対抗できる大変近代的な大学として期待を寄せられていました。

東京大学は、主に3つのキャンパスごとに教育内容や研究内容が異なります。

教養課程を実施するのは駒沢キャンパス、専門教育を行うのは本郷キャンパス、大学院課程のみの教育を行うのが柏キャンパスです。

東大の受験の合否を確認するのは本郷キャンパスですが、その後入学して最初に学校に通うのは駒沢キャンパス、そして東大の大学院に行った人のみ通うことができるのは柏キャンパスだったなんて、これは知らない人が結構いるのではないでしょうか。

2010年現在、日本でノーベル賞を受賞した11名の中で、東京大学が学位を授与した卒業生は8名にも及びます。

あの堀江貴文を始め、天才といえば東京大学出身、世界の頭脳が集まるこの学校で一体彼らはどんな風に勉強し、生活しているのでしょうか。

東大生にあるあるな22個の特徴


頭のいい人には共通する特徴がありました。

数えてみるとその数は22個。

一体どんな内容が隠されていたのか、少しづつその謎を紐解いて行きましょう。

勉強での特徴

東大生といえばほとんどの人が「たくさん勉強してきた」「勉強以外のことをあまりやってこなかったくらい勉強漬けの毎日」「質の良い勉強をしているに違いない」等々の印象を持っています。

テレビや雑誌のインタビューなどで我が子を東大に入れた母親が「東大に入った息子にはこんなことをしてきました」なんてインタビューを受けていることもあります。

しかしその内容は本当に核心をついたものではありません。

どこか脚色されていたり、華やかに聞こえる内容だけがフォーカスされてしまいます。

マスコミでは話されていない、一般的な東大生がやっている勉強の特徴をご紹介します。

1.勉強が大好き


良く「東大生は集中するから1日中ずっと勉強しているわけではない」という話を耳にします。

でもそんなことはありません!東大生はとにかく勉強することが大好きなんです。

彼らは勉強を勉強と思っておらず、楽しい趣味くらいに捉えています。

この勉強に対するカジュアルな感覚こそが彼らの凄さの一つなのです。

2.授業をしっかり聞く

東大は入学することが大変難しい大学ですが、その後授業について行くことはもちろんのこと、無事に卒業することは簡単ではありません。

毎日授業をしっかり聞かなければ、周りについて行くことができなくなってしまうのです。

3.授業の内容をその日のうちに復習する

一般人にとって東大生のイメージはというと「東大生なんて元々天才の集団だよね」「あいつらは勉強しなくても頭がいいんだよ」なんて思ってはいませんか?実は東大生は大学で授業を受けたすぐそのあとにその内容をその日のうちに復讐しています。

東大生以外の人も中学や高校で試験の前になって勉強した経験があると思います。

その時、以前のノートを見返して「何?これ何のことかな?」と書いてある内容の意味が分からなかったことがあるのではないでしょうか。

そう!実はこれ、東大生にも同じことが起きているのです。

いくら東大生といえども、授業を受けた日を過ぎれば過ぎるほど頭の中に入れたはずの情報は薄れていってしまいます。

数日過ぎれば「あ、これどういう意味だったっけかな」と正確性が低くなっていきます。

でもその日の内ならメモを見るだけで「あ~あんなこともいっていたな」と追加することすらできてしまうんです。

すぐに復習すれば翌日の授業もより聞きやすく理解しやすいというメリットもでてきます。

「面倒くさい」「疲れている」だけど今日のことは今日のうちにやっておく。

こんな人間としての心がけを東大生は持っているんです。

4.教授よりも教え方がうまい

東大生の頭の中は常にロジカルでカテゴライズされていて、マインドマッピングだってばっちり組み合わされています。

頭の中がきっちり整理されている人は人に教えるのが本当に上手です。

性格が良い・穏やかで優しい東大生は人に何かを伝えたり教えるのが大変上手で、それは有名大学の教授の域を超えてしまう人まで現れてしまいます。

事実あのホリエモンこと堀江貴文さんの話すことって、理路整然としていてロジカルで一般人にも分かり易い内容になっていますよね。

人気テレビ番組「ホンマでっか!TV」に出演されている武田邦彦先生は東京大学教養学部基礎科学科を卒業、植木理恵先生は東京大学大学院教育学研究科修了されています。

お二人とも話が分かり易くテンポも最高、教えるのだって物凄く上手そうな雰囲気が漂っています。

5.文字を書くスピードが速い

頭の良い人は頭の回転が速いことが多いので、文字を書くスピードが速いんです。

これは東大生にも当てはまることで、人によっては書くスピードが速過ぎて何を書いているのか本人しか見分けがつかないこともしばしばあります。

学生時代クラスメートの中にやたらノートを綺麗な字でびっしり埋めている人を見かけませんでしたか?一見「凄く熱心に勉強してる!」なんて思ってしまいますが、実は意外と中身がなかったりすることもあります。

これは「文字を丁寧に書く」ことにフォーカスし過ぎて、肝心の内容に集中できていないんです。

東大生はまず何よりも話の内容を頭で理解し、ただ単に暗記するだけではなく本質を体に叩き込みます。

だから集中すればするほど、頭の回転が速くなり、それにつられて文字を書くスピードも速くなってしまうんです。

もしもお子さんが一生懸命に勉強していているけれど「いつも字が汚い」としても、それはきちんと内容を把握している証拠で、書くスピードが速いだけなのかもしれません。

もしかすると将来は東大生になれる見込みがあるのかもしれないので、是非すぐに辞めさせずに様子を伺ってあげてみて下さい。

6.集中していると周りの声が聞こえない

人間はもの凄く集中するとブラックポケットの中に入ったような状態になり、ヘッドホン等を使用しなくとも「無音」の世界に入り込むことができるといいます。

この状態は「最高に集中している状態」なので、誰かに話し掛けられてもその事やその音に気が付けない為に、意図していなくとも無視しているような状態になってしまうんです。

日頃からこの集中を繰り返している人に対しては、話し掛けることすらできないオーラがでてくると言われています。

その分かり易い例が「武士」です。

戦国武将たちはもし自分が責任をとらなくてはならない行動をしてしまった場合、切腹を迫られる可能性が日々ありました。

切腹は自分で自分の腹を刀で裂いて、内臓をえぐりだす大変無残な行為です。

映画やドラマでは腹を切ってからすぐに息絶えるイメージになっていますが、実は切腹は切腹を実行してから命が絶えるまで約12時間も苦痛を味わい続けるといわれています。

普通そんな苦痛は受けたくないに決まっていますので、何が何でも切腹を避けたかった当時の武士たちはいざという日・危ない事態が起きそうな時はかなり集中力を高める必要があったと言われています。

彼らが部屋で一人になり集中力を高める場合、後ろ姿からでも尋常ではないオーラが放たれ、話掛けたくても圧倒されて声さえ出せない人もいたようです。

東大生は勉強や研究に一度集中し始めると、どんどん自分だけの世界にのめり込み、周りの声が聞こえなくなってしまいます。

それまで分からなかったことがどんどん分かる時などは、かなりハイになることもありますので、身近な人はある程度放っておいてあげるのも重要です。

7.文IIIの学生にはコンプレックスがある

東大の文系には文I(法学部)・文II(経済学部)・文III(文学部)があります。

一般的には東大はただ東大としてだけ認識されていることが多いので、東大生であれば「とにかく凄い!」と思ってしまいますすが、東大の中には学部によって細かいランク分けがあるんです。

例えば文一は法学部への進学率が高く、将来は弁護士などになる人がたくさん集まっています。

弁護士の世界では東大卒の派閥が存在します。

東大卒=日本最高峰のチームのメンバとみなされる為、彼らには格式高い雰囲気が漂っているのです。

それに比べて文IIは真面目な東大生の中でも「チャラくて遊んでいる人が多い」「かっこいいのに将来はいい会社に就職し給料をがっぽりもらっている」なんてイメージがあるといわれています。

そして文IIIの学生はどうなのか?というと、存在感が薄く変わっている人が多いと言われています。

血液型で例えればAB型、いつどんなことを考えているのか分からないように、文IIIの学生も「あの人たちは何を考えているんだろう・・・」のような存在です。

そう思われてしまう理由は、進振りの影響があるといわれています。

文Iの学生はほぼ法学部・文IIの学生はほぼ経済学部に進むのに対し、文IIIの学生は文学部・経済学部・教育学部の3か所に分かれて進学することがほとんどです。

残念ながら日本ではこれら文学部・経済学部・教育学部にあまり権威がないのです。

将来が決まったようなものの文I・文IIに比べて文IIIはせっかく入った東大だけどエリートになれる可能性が低い・・・だから他の学部の学生に対しコンプレックスがあるんです。

もし将来子供に東大を目指して欲しいなら、ただ東大に入ることだけでなくどこの学部を狙うかということにも注目してみて下さい。

8.メリハリがしっかりしている

東大生は24時間365日暇さえあれば勉強している「そうじゃなければあんなに頭が良くなれないはず」と思っている人は本当にたくさんいます。

でも、ふと考えてみれば人間一人に与えられた時間は1日平等に24時間です。

その時間ずっと勉強していることが本当に効果的といえるのでしょうか?

東大生は頭が良いので時間の使い方はもちろん工夫しています。

そのポイントは「メリハリ」をつけること、勉強する時は勉強し、趣味の時間など遊びに費やす時は勉強のことなど頭の中から一切削除して楽しむようにしているんです。

実は勉強する時とそれ以外のリラックスする時間に区別をつけないと、だらだらぐせがついて、時間ばかりが過ぎていってしまいます。

それが繰り返されると次は次第に焦り始め、余計に集中できなくなるという負の連鎖を招いてしまうのです。

東大生はそのことをきちんと理解しているので、最初は「勉強が面倒くさい」と思っても「やる時にやっておく方が後で楽になる」と自分の感情を上手にコントロールしているんです。

9.自分の部屋よりもリビングで勉強する

「勉強するのに最適な場所選び」についてですが、かつては静かな自分の部屋の中できちんと整理された机を使って勉強するのが最も集中できると思われていましたが、歴代の東大生を調査した結果、自分の部屋よりもリビングで勉強する方がより勉強の成果を上げやすいことが分かりました。

でもなぜ騒がしいリビングで勉強することが最適なのでしょうか?リビングなんて、誰かがテレビを見ていたり、いつどこで何を話掛けられるか分かったもんじゃありません。

そんな状況で集中力が高まるとは到底思えない状況です。

実はリビングで勉強を始めようとすると、やる気の前に立ちはだかる”勉強したくない”というハードルを簡単にクリアすることができてしまうんです。

「子供に集中できる部屋が準備できなくて申し訳ない」と思っている親御さんも、リビングで東大を目指す方が成果がでるかもしれません!

1. 気軽に勉強を始められる

テレビやラジオなどが流れたままのリビングで勉強を始めると「まぁCMの間にでも勉強すればいいか」と軽い気持ちになれるので、勉強をスタートしやすいメリットがあります。

2. 家族に勉強している姿を見せられる

自分が一生懸命に勉強する姿を家族にみてもらうことで「お兄ちゃんは一生懸命に勉強している」「お姉ちゃんは賢い人」など、ポジティブな印象を与えることができるんです。

その為に親から「偉い」と思ってもらえる効果で、より勉強しようという気になれます。

3. 雑音に慣れることができる

人は元々ある程度の雑音がある方が何かに集中しやすいといわれています。

事実集中さえしてしまえば、リビングでの音などはほとんど気になる音量ではないのです。

私生活での特徴

ここまで読んで頂ければ「東大生の基本的な特徴」は掴んで頂けたのではないでしょうか。

ここからはもっとディープに東大生の私生活についてご紹介します。

10.夜寝るのが早い

東大生の私生活で共通しているのが「夜寝るのが早い」ことです。

これは裏返せば規則正しい生活を送る人が多いともいえます。

一見「夜遅くまで勉強している人が多いのでは?」というイメージもありそうですが、東大生はしっかりセルフコントロールを行うので、夜ある程度の時間になれば、ぴったりと勉強をストップ、勉強していた本やノートをいつもの場所に片づけると、簡単なパジャマを着てベッドに入ってしまいます。

もし「もっとあそこを勉強しておきたかったな」とか「区切りが悪かった」なんて時は、朝早く起きて続きを再開します。

早ければ4時には起きて勉強を始めてしまうそうなんです。

11.何事にも効率がいい

早寝早起きにも共通することですが、東大生は勉強だけでなく私生活のあらゆるところで効率良く生活しています。

逆をいえば効率の悪いことをするのが大嫌い!なんです。

いちいちスケジュール表に記入しなくても、東大生は1日の予定を頭の中に入れておき、余分な行動をして無駄な時間を過ごさないよう計算しておきます。

ただ闇雲に勉強していると「今自分がどれくらい達成できているのか」わからなくなって不安になることってありませんか?

東大生は短期間の目標だけでなく中長期的な目標を立て、その都度自分がその目標を超えることができたかどうかを確認しながら勉強・将来設計を進めています。

彼らが定める中長期的な目標は必ず守らなくてはいけない程細かいスケジュールではなく、ある程度1ヵ月後にはこうなっていたい、2ヵ月目にはああなっていたい・・・そして1年後にはこうなっているという、タイトル的な目標を持っています。

もしスケジュールに遅れが出れば、その時は寝る時間・食べる時間を削ってでも遅れを取り戻します。

普段効率良く生活することを心がけていれば、遅れた部分をほんのちょっと補うだけですぐに軌道修正は完了となるわけなんです。

12.ひねくれた性格

東大生のほとんどは頭が良い・早寝早起きで効率良い生活を送っている・将来はほぼエリートで決まり!そんな3拍子が揃っている人が多いわけですが、人間中々パーフェクトとはいかないもので、性格に問題がある人が多いといわれています。

その分かり易い例なのが堀江貴文さんです。

彼のいっていることには度肝を抜かれる程感心させられる部分が多いものの、人の心の通わない卑劣な部分があって、総合的にはひねくれた性格だと言わざるを得ません。

堀江貴文さんのような方は頭が良過ぎてしまって周囲に対し「どうしてそんなに理解が遅いのか・足りないのか」といらいらしてしまうのかもしれませんね。

13.女子学生は学校名を言いたがらない

東大生に憧れるのは男性だけではありませんよね。

女子だってもしも自分の頭が良かったら東大に入りたいと考える人は山ほどいるはずです。

でも東大生の女子学生はあまり学校名を言いたがりません。

東大生の中でも「自分は東大に入っている」と堂々と自慢し周囲にそれを認めてもらえるのは男性のみ、もし女子学生が「私東大なんです」と口にすれば、東大以外の大学生・中卒や高卒の男性から一歩引かれた目で見られることになってしまいます。

周囲に悪気がなかったとしてもあまりの頭の良さに「余計なことを口にすると怒られる・馬鹿にされるのでは?」と思ってしまうのだそう。

東大の女子学生はエリートコースに乗れるとしても、モテて幸せな結婚ができるのかというと、例えその人が美人であっても難しい部分があるようです。

例えば、フジテレビ「とくダネ!」に出演中の菊川怜さんですが、彼女は日本が認める才色兼備で、東大を卒業するほど頭が良い上に、女性雑誌「RAY」でモデルをしていた経験もあります。

そんな彼女は今年で39歳、依然として美人に変わりがないのに、今だ結婚にありつけず、相手を探し続けているそうです。

14.見栄っ張り

ある程度のレベルを超えた人間は「実るほど頭が下がる稲穂かな」ということわざがある通り、謙虚な性格になっていくのでは?と予想できますが、東大生には見栄っ張りの人が多いんです。

もしかすると彼らはたった18歳~20歳で東大に入ったわけなので、まだまだ自分の実力を全て出し切っていない状態にあり、それ故にまだ謙虚にはなれず、まだまだ青臭い見栄っ張りの状況になってしまうのかもしれません。

どこに見栄を張るのかというと、これが意外や意外!最初は容姿や服装・可愛い&かっこいい彼氏彼女を連れているかどうかなんてところに現れるそうです。

東大生が他の大学の学生と比べて最も劣っているのでは?と思わる箇所といえば、やっぱりファッションとかあか抜けているかいないかといった部分になります。

東大生の中には、1年生で入学して来た当初とその半年後の容姿が激変するとか、3年生・4年生になるとかなりイケメンになったりおしゃれになる人がいるそうですよ。

15.異性が苦手

東大生の中でも特に入学したばかりの1年生はとにかく異性が苦手な人がたくさんいます。

そのレベルたるや凄まじいところがあり、女性に何か聞かれただけでも固まってしまい何を聞かれているのかパニックになってしまうレベルなんです。

あれだけ頭が良くて将来が決まっているにも関わらず、サークル選びは「可愛い子がいるテニスサークルがいい!」なんて考えている人もわんさかいます。

賢い他大学の女子たちはこのサークルでの出会いを狙って、将来の旦那様を探していたりするんです。

事実、私の友人が東大&お茶の水&日本女子大学のテニスサークルに入ってから、かなり素朴な印象の東大彼氏を見つけ、なんとその内の5人も男女が同じサークルからそのままゴールイン!、結婚してしまったのです。

結婚後彼らはどうなったのか?というとその中の一人は今ニューヨークでかなり優雅な生活を送っています。

しかし別の友人は旦那様の日々の束縛やチェック・かわったライフスタイルを持っている方も多く、例えば「子供は絶対に欲しくない」とか「家の中でペットボトルの飲み残しをそのまま置いておくと切れられる」などなど、わりと変わった悩みを抱えている人が多い印象です。

16.だけど興味はある

東大に入ったばかりの時はまだまだ異性が苦手だったはずですが、2年生・3年生・4年生にもなるとがらりとその雰囲気を変えてきます。

そこはやはり東大の頭の良さが生きてくるのか、自分の身の丈を上手く活用しながら、品のあるエリート風にまとめる人が多いんです。

その頃になると、ほとんどの東大生がある程度はモテ期に入るわけですから、2股・3股なんてことをし出す人まで出てきます。

17.将来の夢を具体的に持っている

子供の頃、良く近所の人や親戚から「将来の夢は何?」なんて聞かれたことはありませんでしたか?私の夢は地味でも平凡に生きることだったので大抵「つまらない!もっと大志を抱きなさい」と叱咤されてしまい、だんだん答えに困るようになったのを覚えています。

そんな情けない私に比べて、東大生たちは子供の頃から具体的な将来の夢を持っている人がたくさんいます。

一体どんな夢を持っているのか見てみましょう。

外交官

国際交流サークルに参加したり、専攻の国際関係論の勉強をしているうちに外交官になりたいと思うようになった。

JRへ就職すること

生活のライフラインの一部であるJRに就職することが小さい頃からの夢だった。

就職出来たあかつきには鉄道業界をより快適なものに変えて行きたい。

BOPビジネスの成功へ

日本企業のBPOビジネスを成功に導きたい。

BOPビジネスとはbase of the economic pyramid の略で、低所得層を対象とする国際的な事業活動のことをいいます。

被災地にトップクラスの進学校

東北に日本トップクラスの進学校を作りたい。

国民が安心して暮らせる日本を作る

国民一人一人が安定した生活を送れる国を作りたい。

国の政策立案という形でこれを実現していきたい。

労働環境の改善に取り組みながら働く人の気持ちを考えられる国作りを目指す。

如何でしょうか。

それぞれ具体的で将来のビジョンが明瞭ですよね。

さすが日本のトップクラスといった印象です。

例えば「東北に日本トップクラスの進学校を作りたい!」という夢ですが、これはこの学生さんが若いながらも日本の仕組みや現状を良く勉強し理解しているからこそ、発想できた夢といえるのではないでしょうか。

もし実現できれば福島だけでなく日本の原発に関する大きな発展につながるはずです。

全体を通して驚いた点は、東大生が大きな野心を持って、壮大な夢に向かっているのかというと全てがそうではなく、一部は現実的で「弱者を守る」という優しい夢を持っていたということでした。

自分たちはこれからエリート街道まっしぐらなはずですから、弱者を意識するというよりも強者の中にいかに自分が入り込めるかという点にフォーカスしていくのかなと思っていましたが、彼らの多くが現在の日本の仕組みに違和感を持ち、それを良くできる改善案を掲げるとともに、弱者が安定して暮らせる世の中にしようと邁進していたのです。

彼らのこのような姿はとても頼もしいものです。

18.あまり人と関わろうとしない

東大には、将来科学者や研究者になったり、後にノーベル賞を受賞してしまうかもしれない程、頭の良い人が集まっています。

こういうタイプはコミュニケーションが大変苦手で、自分ひとりなら何ヵ月もこもって研究し続けることはできても、あまり人と関わろうとしない傾向があります。

このいうタイプの人間に対し時々「ある程度コミュニケーションをとらないと生きていけない」という人が現れますが、実はそれはナンセンスなんです。

これはフジテレビの「ホンマでっか!」という番組で池田清彦先生も「コミュニケーションがとれないという性格は研究したり、何かを発見する能力が長けているということだから無理に直す必要はないんだよね」と言っています。

東大生の中には人と関わることが極端に苦手な人もいますが、そんな人こそ将来の日本を変えてくれる存在になるかもしれませんので温かい目で見守って行きましょう。

19.自分をしっかり持っている(流されない)

人とコミュニケーションを取るのが苦手だったり、あか抜けていない為に異性の前では時にもじもじとしてしまう東大生ですが、基本的には芯がしっかりしていて自分をしっかり持っている・流されないかっこよさを持ち合わせています。

見た目は少々ひ弱なタイプでも旦那様となれば家族を引っ張ってくれたり、奥さんにセレブ生活をプレゼントしてくれるかもしれません!

20.心の中ではチヤホヤされたいと思っている

東大生は既に「日本一の大学生になった」というステイタスを手に入れたので、人から褒められるのは飽きてしまっているのでは?と思いがちですが、彼らはまだまだ心の中ではチヤホヤされたいと思っているんです。

大学の中には自分よりもっともっと頭の良い人がいるわけで、意外とコンプレックスの方をより感じている人も多いんです。

「頭が良いね~」という褒め言葉は何度言われても気分がいいそうなのでどんどん褒めてあげてみて下さい!

21.褒められるのが好き

できる人間は基本的に「自分ができる・能力がある」ということをちゃんと分かっています。

だから普段自分が何らかの行動を起こすことによって、結果誰かに褒められるだろうことを狙っています。

「もし自分がこうしたらきっと皆が喜んでくれるだろう」「「人の役に立てるはずだろう」だからちょっと面倒くさいことでもその報酬欲しさに頑張ってしまうのです。

東大生は褒められるのが大好きです。

東大生を褒めることこそがコミュニケーションが苦手な東大生の心のドアを開く鍵となるかもしれません!これから結婚する方は、そんなチャーミングな一面のある彼らの心を射止めて将来のセレブマダムになってしまいましょう!