みなさんは女子大についてどんなイメージを持っているでしょうか?

きっと良いイメージを持っている人もいれば、そうでないイメージを持っている人もいるのでは…?

今回はそんな“女子大”に注目して、“女子大あるある10選”や“モテる女子大育ちの女性の特徴8個”をご紹介したいと思います。

これを見れば女子大の魅力が分かるはず!

現役女子大生や女性大出身の大人女子のみなさん、それから「志望校が女子大」なんて人や「女子大について興味がある!」なんて人も必見ですよ。

女子大育ちはモテる!?女子大あるあるや特徴教えちゃいます!

これを見ている中には現役女子大生や女性大出身の人の他に、女子大を志望している人もいるかもしれませんね。

女子大に対して良いイメージを抱いているなら問題ないですが、「女子大志望」と言いつつ本心では女子大に入るのを躊躇している人も少なからずいるのではないでしょうか…?
「好きな勉強をできるところが女子大しかなかった」とか「親に勧められた」なんて事情もあるでしょうからね。

特に今まで共学にしか通ったことがない人にとって、女子大はまさに未知の世界だと思います。

ただでさえ、中学高校と違い大学は環境がガラリと変わるものなので、不安も大きいはずです。

例えば、「女子大だと共学程モテなさそう…」とか「彼氏ができにくそう…」なんて心配している人も多いと思いますが、実はその逆!

「女子大育ちはモテる」とも言われているのです。

女子大育ちの女性がモテる理由、みなさんも気になりませんか…?

女子大への認識を改め、女子大の魅力を知って貰う為にも、今回は“女子大あるある”や“女子大育ちの女性の特徴”を教えちゃいたいと思います!

女子大あるある10選って?

まずは、“女子大あるある10選”からご紹介していきます!

女子大の実態を知らない人にとっては“衝撃の事実”と言えるかも…!?

現役女子大生や女子大出身の人なら、思わず共感&納得してしまうあるあるネタばかりなはずです。

「あるある!」「それはない!」と自分基準でジャッジしながら見てみると面白いかも!

それでは早速見ていきましょう。

朝はすっぴん。帰りはばっちりメイク!

女子大あるある1つ目は“朝はすっぴん。

帰りはばっちりメイク!”です。

女子大では朝すっぴんで通学し、そのまま講義を受ける女子大生の姿が多く見られます。

(中には朝からばっちりメイクな女子もいますが)

特に1限目から講義があるとすっぴん率も上がると言えるでしょう。

これは「朝はぎりぎりまで眠っていたい!」とか「忙しくてメイクに時間をかけている余裕はない!」といった理由からです。

確かに、(実際にすっぴんで通勤・通学する勇気はなくても)そういう気持ちは女性なら共感できるのでは?

きっと彼女達の頭の中には、「大学には男子がいない(男性と言えば中年の教授だけだ)から、誰かにすっぴんを見られても全然OK!(相手が女子ならすっぴんの理由も理解してくれるはずだし、すっぴんを見られても特に何とも思われないから)」

「メイクなら大学でもできるし、すっぴんで外を出歩く訳ではないからOK!」という考えがあるのでしょう。

人間、やはり楽な方へと行動しがちですし、いったんサボり癖がついてしまうとなかなか抜け出せないものです。

もちろん、通学中は大学以外の人(主に男性)にすっぴんを見られてしまう恐れがあるので、メガネやマスクや帽子などでカムフラージュするのを忘れません。

朝はすっぴんでも帰りにバッチリメイクになるのは、学校終わりに遊びに行ったり、サークルやバイトなどで女子大以外の人達の目に触れるからです。

特に男性の前でどすっぴんで出ていくのは、(すっぴんでも可愛い人や美人な人ならともかく)大抵の女子は「恥ずかしい」と思うものではないでしょうか?

だから、帰りまでに大学内でしっかりメイクをして、朝とは違い堂々と外に出る訳です。

なので女子大では、大学の空き教室やトイレなどで化粧をしている学生の姿も多く見られると思います。

中には朝だけでなく1日中、しかも4年間ほぼすっぴんで過ごす強者もいるのだとか!?

そういう女子は社会人になって1からメイクを覚えるみたいですね。

実は彼氏持ちが多い

女子大あるある2つ目は“実は彼氏持ちが多い”ということ。

“彼氏持ち”の中には、「女子大に入る前(中学・高校の時)から既に彼氏がいた」という継続パターンもあります。

「女子大に入ってから彼氏ができた!」というパターンも結構多いです。

「女子大は出会いが少ない」とか「恋愛ができなさそう」というイメージを抱いている人も多いと思いますが、実はそんなこともないみたいですね。

もちろん共学に比べたら、周りに男子がいない分、出会いやチャンスも少ないと言えます。

しかし、異性と出会う機会は、インカレサークルへの所属・バイトを始める・合コンへの参加・学園祭でナンパ待ちや逆ナンするor他大学の学園祭に行く・彼氏持ちの友達からの紹介などで得られます。

特に、女子大で出会いを求めている人や大学生活をエンジョイしたい人は、高確率でインカレサークルを選ぶみたいですね。

中には、彼氏ができたらサークルをさっさと辞めてしまう人も!?

とにかく、彼氏が欲しい人はインカレサークルを選ぶのが基本らしいです。

出会いのチャンスを増やすならバイト選びも重要なのだとか。

高校生の頃からバイトしていた人も、大学生になって新しいバイト先に移るケースは多いでしょう。

同年代の男子が多いバイト先なら、その分チャンスは増えますよね?

特に、塾講師・ファミレスやカフェや居酒屋などの飲食店・コンサートやイベントスタッフ・アパレル店員などは、出会いが多いバイト先として学生にも人気です。

特にオシャレな店のホールや接客はイケメンが多い傾向にあるので、素敵な彼氏が欲しい女子にとっては狙い目でしょう。

彼氏持ちの女子大生も「バイト先で知り合って彼氏ができた」という人は多いみたいですね。

とはいえ、いくら出会いのチャンスがあっても、それが恋愛にまで発展するとは限りませんよね?

つまり、彼氏持ちが多いということは、女子大の女子には男性を落とすだけの魅力があるということでしょう。

これについては下で改めて詳しく説明するので、そちらにも是非目を通してみて下さいね。

とりあえずスタバを飲む

女子大あるある3つ目は“とりあえずスタバを飲む”です。

若い女性に人気のスタバですが、女子大の女子はスタバの利用率がとにかく高いのです!

特に美意識が高い女子大の女子も、普段は水・炭酸水・スムージー・野菜ジュース・豆乳など、とにかく健康や美容に良さそうなものばかり飲んでいますが、外でのお茶はもっぱらスタバになります。

それ以外にも時間があればとりあえずスタバに寄り、課題をしたり友達とお喋りを楽しんだり…。

実際、女子大生のInstagramを見てみるとスタバ関連の投稿がかなり多いと思いませんか?

新作が出たら必ず頼んで逐一インスタに投稿するのも、女子大生あるあるかもしれませんね。

スタバ愛が強いというより、スタバは女子大生にとってオシャレで憧れの場所だから行く、といった感じでしょうか?

女性ばかりの空間が楽すぎる


女子大あるある4つ目は“女性ばかりの空間が楽すぎる”ということ。

やはり男子と女子では価値観は異なりますし、時には「やりにくい…」と感じることもありますよね?

しかし、女子大では“みんなが理解者”みたいなところがあるので、余計な気を遣わず等身大で過ごすことができ、それがとても楽に感じるのだとか。

確かに、女子だけの方が気楽かもしれませんね。

ところで、これを見ている人の中には、「女だらけってギスギスしてそう…」「陰口やマウンティングが激しそう…」といったマイナスなイメージを抱いている人もいるかもしれません。

実際はそのイメージとは真逆とも言えます!

(まぁ、全ての女子大がそうだとは言えませんが…)

女子大は男子がいないので女子感のいがみ合いも少なく、他人の陰口を叩く文化も殆どありません。

女子大は女同士の結束が異常に強いので、仮に誰かが友達の陰口を叩こうものなら、周りから「どうしてそんなことを言うの!?」「◯◯ちゃんはそんな子じゃない!」などと怒られ、下手をすればドン引き&距離を置かれて終わり…。

よっぽど頭が悪くなければ、そんな不利になる様なことをわざわざしようとは誰だって思わないはずです。

そもそも、結束力が強すぎて陰口を言える雰囲気じゃないのかもしれませんね。

とにかく、女子大は人間関係も良好でかなり過ごしやすいみたいですね。

見た目は女性らしいけど中身はオヤジ

女子大の学生のイメージについて、「“ザ・女の子”といったお嬢様みたいな子が多いんでしょう?」と思っている人も少なくないのでは…?

確かに、見た目は女性らしくイメージ通りかもしれませんが、中身は“オヤジ”な子が多いのだとか!?

もちろん、大学内外問わず常に女性らしい振る舞いができており、中身もちゃんと女の子な人も存在します。

ですが、女子大にオヤジな言動が目立つ女子がいるのは事実と言えるでしょう。

というのも、周りが女子ばかりだと男子の目を意識した行動をどうしても忘れていきがちなのです…。

共学の様に男性の目があれば、「女性らしく振舞わなきゃ!」という意識も常に働くのでしょう。

上で話した「すっぴんで過ごす」も当てはまると思いますが、その他にも、人前で堂々と「今日2日目でお腹いたい~!」と女の子の日の話をしたり、更衣室でもないのに「暑い…」といっておもむろに服を脱ぎ始めたり、スカートを履いているのに足を閉じずに座ったり…。

共学ではあり得ない光景ですね。

“オヤジ女子化”するとさらに酷くなり、言葉遣いが荒っぽく汚い・動作にガサツさが滲み出ている・スキンシップがセクハラっぽいなどの特徴が見られる様になります。

本人達も自身のオヤジな言動には自覚があるらしく、「こんな姿、男性には見せられない!」と内心では思っているみたい…。

だから、オヤジな言動も大学内限定になります。

サバサバした子が多い


女子大あるある5つ目は“サバサバした子が多い”ということ。

ちなみに、“自称”サバサバ女子(実際には全くサバサバしていない)ではなく、正真正銘のサバサバ女子になります。

サバサバ女子は基本的に元気で明るく、思ったことはすぐに口にし性格がとにかくハッキリしているのですが、だからこそ付き合いやすいとも言えるでしょう。

世間では「モテる」「格好良くて素敵」とも言われるサバサバ女子です。

「サバサバ女子って具体的にどんな女子…?」と思っている人もいるかもしれないので、ここでサバサバ女子の特徴をいくつか挙げておきたいと思います。

〈サバサバ女子の特徴〉
・細かいことにこだわらない、あっさりした一面がある
・他人の悪口や愚痴を言わない
・良い意味で中世的な魅力があり、男子よりも頼りになる
・人や物への好き嫌いがハッキリしており、媚びない
・素直で芯が強い
・自分がサバサバ女子だという自覚がない

もしみなさんの周りにそういうサバサバ女子がいたら、女子大育ちの可能性は高いかもしれませんね。

学園祭は盛り上がらない

女子大あるある6つ目は“学園祭は盛り上がらない”です。

これは大学によって差はあると思いますが、女子大は小規模の大学が多く、学園祭は学生の仕切り&身内の祭りでもあるので、できることも限られます。

中途半端なイベントで思いっきり盛り上がるのは流石に難しいですよね…。

また、学園祭がカップルイベントになるのはほぼ学内カップルに限り(違う大学だと予定が合わなかったり、学園祭の日にちが被ることも多い)だと思います。

学園祭が出会いの場とは言っても、当日は遊び目的のナンパ男性も多く押し寄せます。

本気の出会いを求めている人にとっては、「男性と会えるチャンスだけど、いまいちテンションが上がらない…」といった感じなのです。

オタクが多い

女子大あるある7つ目は“オタクが多い”。

「オタク」というと引かれてしまうことも珍しくないですが、女子大にはオタクと知って陰口を叩く人もいません。

周りの目を気にせず等身大で自由に過ごせるので、趣味や好きなこともオープンにできるのです!

また、女子大にはオタク趣味を持っている人が多いので、自然とオタク人口も増加傾向にあるのかもしれませんね。

ちなみに、オタクと言っても種類は様々です。

そこで、以下に女子大に多いオタクのタイプをまとめてみました!

ジャニーズ

通称「ジャニオタ」と呼ばれ、好きなグループやタレントによってジャニオタの特徴や質にも違いが出てくるのだとか…。

ちなみに、ジャニオタのタイプをざっくり分けると、次の5つになると言われています。

1本気愛:推しに本気で恋をしているタイプ。

SNSではまるで彼氏の様に扱ったり、「付き合いたい!」「結婚したい!」と本気で言うので、他のジャニオタからは扱若干痛い目で見られがちだが、本人は至って真面目。

熱量も一番すごいと言える。

(ただし冷めやすく、熱愛報道が出た途端にファンを辞めるのも珍しくない)

2プロデューサー愛:「自分だったら推しをこう売り出す!」とか「この曲なら衣装はこんな感じにして、演出はあんな感じが良いのに!」と、好きすぎるあまりプロジューサー目線で見ているタイプ。

タレントの内情だけでなく、事務所やスタッフについても詳しく、これは検索能力に優れている証拠でもあると言える。

3貶し(けなし)愛:好きすぎるが故に推しを貶すタイプ。

「不細工だな~(でも好き!)」「歌下手だな~(そこが好き!)」といった感じで貶す裏には深い愛があると言える。

担歴が長いジャニオタに多いらしい。

4新興宗教愛:全てが「可愛い」で集約される。

担歴がかなり長いジャニオタに多く、愛の最終形態とも言える。

推しが笑っても泣いても、ただ動いて息をしているだけでも、とにかく「可愛い!」。

可愛いは正義だし、推しが言ったことは絶対。

5母性愛:「好き」を通り越して「育てたい!」愛が芽生えているタイプ。

「私は推しがこんなに小さい頃から見ていた!」「デビュー前からずっと応援してたのよ!」と、世間に注目される前に人気が出そうなタレントを見抜くことに喜びを感じている。

アニメ・ゲーム

女子大にはアニメ・ゲームオタクも多くいます。

学部によっては、半数以上がアニメ・ゲームオタクということも珍しくない様です。

当然、人によって好きなジャンルは違うと思いますが、特に女子大生に人気なのは、やはりイケメンキャラが登場するものではないでしょうか…?

乙女ゲーム(男性キャラクターと恋愛をするゲーム)やそのゲームが原作のアニメ、または少女漫画(恋愛もの)を原作にしたアニメを好む女子は多いでしょう。

アニメ・ゲームオタクの中には、「2次元の好きなキャラクターしか愛せない!」というタイプもいれば、「2次元と現実との区別はついてるけど、やっぱり2次元の方が良い」というタイプもいると思います。

アニメやゲームというとインドアなイメージがあるかもしれません。

ですが、関連のイベントが各地で行われていることもありアクティブに活動している人も多いのだとか。

さらに、アニメやゲームはグッズ展開も早く、コレクション癖がある人は出費がかさむので苦労しているみたいですね。

中には、グッズの数=好きなキャラへの愛の証ということで、同じグッズを何十個も購入する人もいます。

写メばかり撮っている

女子大あるある8つ目は“写メばかり撮っている”です。

友達と遊ぶときや彼氏とのデートはもちろん、食事をするとき・お茶をするとき・女子会・合コンなど、何かを飲んだり食べたりするときはとりあえず写真を撮ります。

そして、大量に撮った写真の中から盛れているものを厳選して、SNSに投稿するのです。

SNS映えするオシャレで素敵な写真を撮ることに全力。

大学内でもあちこちで自撮りする様子が見られるでしょう。

投稿された写真を通して、「私はこんなにキラキラした生活を送ってるのよ!」「幸せそうでしょ?憧れるでしょ?羨ましいでしょ?…“いいね”して!!」という気持ちでいっぱいなのです。

フォロワーを増やして、多くの人に“いいね”して貰うことが生きがいになりつつあります。

他人の恋愛話に敏感

女子大あるある9つ目は“他人の恋愛話に敏感”ということ。

多くの女性は恋愛ネタを好むと思いますが、女子大は出会いが少なく彼氏がいない人もいるので、特に他人の恋愛話には敏感なのです。

きっと「自分も早く幸せになりたい」という気持ちがあるのでしょう。

それに女子大は共学と違い、目の前でカップルがイチャイチャする光景を見る機会も少ないので、他人の恋愛事情が余計に気になるものなのかもしれません。

しかも、女子は噂好きなので少しでも情報を漏らすと瞬く間に話が広がります。

「◯◯科の◯◯さんが◯◯大の◯◯科の男子と付き合い始めた」とか「友達は彼氏とこんなことがあったらしい…」など、かなり細かいところまで(酷いと尾ひれがついて話が大きくなって)伝わってしまう恐れもあるのだとか…。

女子会が盛大

女子大あるある10つ目は“女子会が盛大”ということ。

特に意識高い系女子の女子会は豪勢です。

テーブルにはインスタ映えするキラキラの料理や飲み物がずらっと並び、会場も家や居酒屋ではなくオシャレな高級レストランやホテル。

もちろん、そういったタイプじゃない場合の女子会も盛大です!

たこ焼きパーティー・餃子パーティー・チーズフォンデュパーティーといった感じで、パーティースタイルが基本になります。

誰かの家にみんなで集まってワイワイやり、あまりにも騒ぎすぎてベロンベロンに酔っ払ってしまう女子もいるのだとか!?

モテる女子大育ちの女性の特徴8個!

上でも、「女子大育ちの女性はモテる」と話しましたよね?

そこで続いては、“モテる女子大育ちの女性の特徴8個”をご紹介しちゃいます!

その特徴に当てはまる女性がいれば、その人は女子大育ちかもしれませんね。

現役女子大生や女子大出身のみなさんは、自分が以下の特徴にどれだけ当てはまるかチェックしながら見てみて下さい!

それでは確認していきましょう。

顔が可愛い

モテる女子大育ちの女性は顔が可愛いという特徴があります。

女子大育ちの女性に可愛い人が多いのは、生まれつき顔が整っているというのもあるかもしれません。

ですが、周りにいる女子達に影響されて自分磨きを頑張って可愛くなったというパターンもあるでしょう。

というのも、女子大で美意識の高い女子に囲まれていると、それが刺激となって自分も磨かれていくものではないでしょうか?

美容に詳しい友達がいれば美容関連の情報も自然と入ってます。

オシャレな友達やメイクが上手な友達がいれば間近でお手本を見ることができる訳ですからね。

中には綺麗系の正統派美人もいますが、どちらかと言えば可愛い系の女性が多いみたいです。

女子大育ちの女性はエネルギーに溢れた若々しい雰囲気を持っているところがあるので、それも相まって周りにも「可愛い」という印象を与えるのかもしれませんね。

特に就職してすぐは職場の先輩や年上男性にモテる傾向があると言えます。

大人の男性はどちらかと言えば大人の女性と接する機会の方が多いので、若いエネルギーを持つ女性はとても魅力的に映るものなのです。

(顔が可愛ければ尚更モテるでしょう)

こういうことを言うと、特に女性からは「結局、顔か…」「顔より中身の方が大事なんじゃないの!?」と不満な声が上がりそうですが。

世の女性たちがイケメンをもてはやす様に、なんだかんだ言ってやはり容姿が良いのは大きなモテ要素になるでしょう。

よく笑う

モテる女子大育ちの女性はとにかくよく笑います。

人前では基本笑顔でいることが多いので、周りにいる人達や初対面の人からも好印象を持たれやすいです。

実際、笑顔は人を魅力的に見せる表情とも言えます。

美人でも不愛想な人は、何となく他人に興味がなさそうで近寄り難い気がするし、クールビューティーを通り越して「ドライ」「怖い」という印象を与えかねません。

一方、顔は普通でも常に笑顔の人は、「可愛い」「明るい」「人懐っこい」「親しみやすい」といった感じがするものだと思います。

この2人なら多分、後者の方が圧倒的にモテるのではないでしょうか?

それに、本物の笑顔は周りにも伝染するものです。

よく笑う人と一緒にいるとこちらまで楽しい気持ちになると思いますが、それが相手への好意に変わることは珍しくないのではないでしょうか?

男性目線で言うなら、自分と一緒にいる時に笑顔でいる女性や笑顔で接してくる女性に対して、「自分と一緒にいるのが楽しいのかな?」「俺の事が好きなのか…?」と勘違いして、そのままその女性のことを好きになってしまうケースはよくあると言えるでしょう。

だから、よく笑う女性はモテるのです。

笑うことは周りだけでなく自分も幸せにするので、笑顔が苦手な人は鏡の前で笑顔を作る練習をしてみると良いかもしれませんね。

冗談が通じる

女子大育ちの女性は冗談が通じるのも魅力の1つ。

女性からすると男性の冗談というのは、時に全く笑えなかったり酷いと引いてしまうレベルのものってありますよね…。

特に少々下品で子供っぽいネタは女性ウケが悪いと言えるでしょう。

ですが、女子大は意外と男子ノリなので、男性の冗談も割とすんなり受け入れることができるのです。

しかも、女子大育ちの女性は面白い(男性ウケするギャグセンスを持っている)人が多いので、男性との会話も盛り上がる傾向にあります。

そんな、女性らしい見た目からはかけ離れたノリの良さと面白さを兼ね備えているので、男性からすると非常に親しみやすく映り好感が持てる訳です。

いわゆるモテギャップというやつかもしれませんね。

女性らしい

モテる女子大育ちの女性はとにかく女性らしいです。

それこそ世の男性が理想とする、「ザ・女の子」とか「お嬢様」とか「清楚系」と言った感じ。

〈外見〉ゆるふわで艶やかな巻き髪・透明感のあるナチュラルメイク・フリフリやリボンがさり気なくついた服&パンツスタイルよりも基本スカート・パステルピンクの小物を持っているetc…

〈内面〉甘え上手・初々しい・お淑やか・礼儀やマナーを弁えている・身だしなみに気を使っている&オシャレ・料理上手・家事が得意・気配り上手・聞き上手・男を立てることができるetc…

ちなみに、上の“女子大あるある”では「中身がオヤジな女子が多い」と話しましたが、“モテる”女子大育ちの女性の場合は当てはまりません。

言葉遣いが綺麗

モテる女子大育ちの女性は言葉遣いが綺麗で丁寧です。

「ヤバい」「じゃねーよ」「ウマい」といった言葉は使いません。

言葉遣いはその人の印象を大きく左右するもの。

特に改まった場所で、大人の女性が若者言葉を使ったり汚い言葉を使ってしまうと、「礼儀を弁えていない」「教養がない」などと思われてしまうので、気を付けなければなりません。

しかも、普段の癖(言葉遣い)というのはなかなか抜けないものなので、その場だけ言葉遣いを直そうとしてもボロが出てしまう恐れがあります。

やはりそうならない為にも、普段から綺麗な言葉遣いを心掛けるべきでしょうね。

誰にでも優しい

モテる女子大育ちの女性は誰にでも優しく、人によって態度を変える(媚びる)こともありません。

当然、人の悪口や愚痴も言わないので、年齢性別問わずみんなから好かれ友達が多いのも特徴です。

気配りができる

モテる女子大育ちの女性は気配りができます。

それも押しつけがましい親切ではなく、さり気ない気遣いです。

例えば飲み会の席で空いてるお皿をさり気なく下げたり、仕事中では絶妙なタイミングで忙しい人のヘルプに入ったりミスをした人にフォローを入れたり…。

そういう気遣いが得意な女性は、周りの人の行動をよく見て場の空気をしっかり読んだ上で、自分がすべき適切な行動を見極める能力に長けているのでしょうね。

お酒が飲める

モテる女子大育ちの女性はお酒が飲めるのも魅力です。

お酒に弱い女子というのも可愛いと思いますが、特にお酒好きの男性にしてみると、一緒に飲めない分ちょっと物足りないかも。

でも、お酒が飲める女性なら余計な気を使わずに一緒に楽しく飲めるので、仲良くなりやすいのです。

女子大には女子大ならではの楽しさがあります!

今回は、“女子大あるある10選”や“モテる女子大育ちの女性の特徴8個”をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

共学も魅力的かもしれませんが、女子大には女子大ならではの楽しさがあると言えます。

もし、これを見ている人の中に進路で迷っている女子がいるなら、女子大への進学も検討してみてはいかがでしょう?

これから女子大に入学する人や現役女子大生の人は、キャンパスライフを謳歌して下さいね!