大学生にありがちな恋愛事情について紹介します!

大学に通っている期間は勉強やバイトや自分探しも必要ですが、恋愛ももちろん大切な要素ですよね。

高校生の恋愛はまだまだ子供の恋愛だし、就職してしまうと、将来を見据えた恋愛がはじまる。

その前に恋愛経験を積めるのが、大学生時代なんですよね!

今ドキの大学生の恋愛事情はどうなっているのかな?

恋する気持ちはいつの時代も変わらないと思いますが、恋愛の仕方は様変わりしているのかもしれませんね。

そんな今ドキ大学生の恋愛事情をのぞいてみたいと思います!

今ドキ大学生の恋愛事情

20年前と今、恋愛事情に違いをもたらしているのは…

恋の駆け引きに使えるツールが増えたことかもしれませんね。

今はスマホが使える時代。

SNSもあれば、LINEもある!

今思えば、昔はどうやって恋をしていたんだろう?って思ってしまいますよね。

私は大学へは行っていませんが、ちょうどその年齢のころに携帯が普及し、メールが出来た時代でした。

その前はポケベル、その前は…?
そう考えれば、昔よりも恋愛に踏み出すハードルも下がっているはずです。

その分危険も潜んでいるように思いますが、上手に使いこなせば、容易に交友関係を広げられるし、好きな人とも近づきやすい!

今ドキの大学生は、そんな便利なツールを武器に、恋の駆け引きを楽しんでいるのではないでしょうか?
ただ、SNSには強みもあれば弱みもあるんですよね。

ネット上では饒舌になれるけど、人と面と向かえない人が増えたようにも感じます。

バーチャルな駆け引きはしやすいけど、リアルな恋愛はしづらかったりするのかな?
草食系なんて言葉が生まれたのには、そんな現代ならではの事情があるのかもしれませんね。

大学生恋愛あるある!

こういう特徴があるよね?

そんな今ドキの大学生の恋愛事情には、9つの特徴があるそうで…調べてみると、案外今も昔も変わらない?そんな印象を持ちました。

大学デビューだったり、サークルでの出会いだったり。

大学に行っていた友人から聞いていた恋愛事情が、今も健在みたい♡
当時友人も、同じサークルの先輩と付き合ったりしていたし、初体験はその先輩とだったりなんかしてました。

高校生までの遊びの恋愛よりも一歩踏み込んだ恋愛を、大学生で経験する人って多いですよね。

それでもやはり…恋愛の本質は変わらなくても、恋愛の仕方には変化があるのが、今ドキの大学生なのかもしれませんね。

そんな大学生の恋愛あるあるを、探ってみたいと思います♪

1.経験がなかった人も、一気に大学生で!

大学生恋愛あるあるのひとつめは、やっぱりコレ!

大学生で初体験をするということ♡
大学生デビューする人って、多いみたい♪
今は、経験する年齢も低年齢化しているとも言われますが、それは一部の話。

大学への進学が義務教育化している現在は、大学へ進学するまで忙しいのが現代っ子。

もちろん恋愛を全くしないわけでは無いと思いますが、受験勉強やら部活動やらで案外忙しいし、親の監視下に置かれていて身動きが取れない高校生。

大学へ進学してしまえば受験勉強からも解放されて、あとは就職するまでの学生生活を過ごすのみ。

地元から離れて一人暮らしを始める人もいるし、車の免許もとれる!

高校までの学生生活よりも行動範囲が広がったりと、大きな変化が訪れます。

そんな開放的な気分とともに、恋愛も開放的に楽しめるようになるのが大学生♪

年上の先輩や社会人の人との接点も増え、一気に視野が広がります。

そんな年上の人からの手ほどきを受けながら、恋愛から体の関係へと初体験を迎える人は多いんですね!

2.サークル仲間同士でぐちゃぐちゃの恋愛

大学生恋愛あるある2つめは、サークル内での恋愛♡

サークル活動…大学へ進学出来なかった私の一番の憧れでした(笑)

大学と言えば、サークル活動は代名詞みたいなものですよね!

共通の趣味等の仲間も増えて交友関係も広がるし、そこで恋愛に発展することもある♡

高校時代までの本気の部活動と違って、もっと気軽に楽しめるものも多いみたいだし、何より男女が一緒に活動するということが、大きな違いではないでしょうか?

高校時代までは、ほどんどの部活が男女別で活動しますし、先輩後輩の上下関係も厳しい。

その壁が取り払われるのが、大学のサークル。

ただ…自由度が高くなるぶん、サークル内での恋愛は複雑に絡み合うようです。

サークル内に元彼や元カノがいたり…さらに今彼や今カノがいたり…想像するだけで面倒くさいですが。

いつも身近にいる仲間だからこそ、恋愛に発展しやすいというのは納得です。

でもあまり節操のない行動ばかりしていると、あっという間に噂が広がってしまうのも、サークルという組織。

人間関係の構築と恋愛の両立が、バラ色のキャンパスライフの鍵となるようですよ!

3.サークル長がモテる

大学生恋愛あるある3つ目は…女性は地位と権力が好き!

?サークル長がモテまくりということ♡

全体をまとめる立場であるサークル長がモテるというのは、納得出来ますね!

地位と権力ということだけではなく、サークル長になるには、そもそもみんなからの信頼感が厚くなくてはなりません。

また、サークルをひとつにまとめて引っ張る能力が必要です。

これは社会人になってからの、社会的地位に繋がっていく能力でもあります。

そんなサークル長は、将来有望な人物。

女性は家庭生活を営む上で、男性の将来性を見極める必要があります。

サークル長はそれに匹敵する人物であると、女性の目には映るんですよね♪

それにサークル長は、後輩の面倒見も良かったりと、なにかと頼りにされる存在。

特に新入生からは、憧れの眼差しで見られることになるのでしょうね♡

4.気がついたら、なぜかデートは彼氏の家ばかり

大学生恋愛あるある4つ目は、いつの間にかデートが彼の家ばかり…になってしまうということ。

彼の家に遊びに行けるのって、最初はわくわくドキドキ♡

嬉れし恥ずかしなデートコースになるものですよね!

彼とまったり時間を過ごせるだけで幸せだし、手料理を作ってあげたりと、彼のお世話が出来るだけで嬉しい♪

人目を気にせずにイチャイチャ出来ちゃう幸せな時間です。

でも…気づくと会うのは彼の家ばかり。

デートらしいデートしてないな。

と、だんだん不満になってきてしまう女子も多いんですよね。

これは、大学生に限らずのあるあるな気もします。

でも、特に大学生は、時間は自由に作れても、金銭的な余裕が無くて遊びに行けない。

性欲も強い年頃で、男子にとっては家に呼んでご飯だべてイチャイチャタイム!

が、一番楽と思ってしまうのでしょうね~。

こんな風に、彼女のために努力をしない惰性のデートは、いつしか「私は欲を満たすためだけの相手なの?」と不満に思われてしまうのです。

お金をかけない外出デートはいくらでも出来るはず…工夫をして楽しませてくれる!

そんなメリハリのあるデートをしてくれる相手を見つけたいものですね!

5.告白する前に、噂が広まっちゃう

大学生恋愛あるある5つ目は、告白する前に噂が広まっちゃうということ。

これって、高校生や中学生でもあるあるな話ですけど(笑)

その辺は、大学生もまだまだ子供なのかな?可愛らしいですね♡

特に女子は、恋愛事情には敏感だし、噂話も大好き!

身近な友人と恋愛トークをしたのをキッカケに、噂が広まってしまうこともあるんですよね…。

告白前って、とてもデリケートな時。

そんな時に噂が広まっちゃうと、なんだか気まずくなってしまいますよね。

その噂で、相手に気持ちが伝わって上手くいけばいいけど…そうじゃなかったら、告白もしていないのに失恋。

なんてことにもなりかねません。

そんな不完全燃焼なことってないですよね!

それに、密かな恋心を多くの人に知られてしまうのは、やっぱり恥ずかしいものです。

そんな恥ずかしさゆえに、告白を断念してしまうこともあるかもしれませんね。

噂好きの口の軽い人には、くれぐれも用心しましょう!

6.花男のようなアイドル的な存在がどの大学にもいる

大学生恋愛あるある6つ目は、花男のようなアイドルの存在♡

やっぱりいるんですね~!

今も昔も変わらないし、中高生でもありますよね!

テレビ的なアイドルと違い、身近なアイドルの存在って特別です。

今はアイドルも、“会いに行ける”がキーワードで、身近になってきましたが…学校内でのアイドルも、近くて遠い絶妙な距離感。

キャーと黄色い声援を浴びせること自体が楽しかったり、そんなアイドルと仲良く出来れば、自分のステータスにもなったりするのでしょうね!

私には姉がいて、女性ですが、学生時代ファンクラブがあったそうです。

他校からも見に来られることがあったらしく…おかげですっかりおばさんになった今も、その時の優越感が忘れられないみたいです。

姉と仲良くなるというステータス感を求めてか、周りにはイケてる男女が集まっていたらしく、心を許せる友人が居なかったそう。

アイドル的な存在になることって、ある意味不幸なんですよね…僻みじゃなく。

7.飲み会で軽い気持ちで浮気をする人も…

気を取り直して…大学生恋愛あるある7つ目は、飲み会で浮気をしちゃう人がいるということ!

中高生での恋愛と大きく違うのは、お酒が解禁になることかもしれませんね。

飲み会の機会も増え、お酒が入ると理性を失う人が多いようです。

お酒を知ったばかりの年頃だと、限度を知らなかったりもして…それが最近ニュースにもなる、集団強姦事件にも繋がるんだろうなって思います。

そんな事件から比べたら、浮気程度は可愛くも見えてしまいますが…浮気された方にとっては事件です!

家庭があったり、次の日の仕事があったりと、社会的地位がある人と違って、歯止めをかける要素が少ない大学生は、軽い気持ちで浮気をしてしまう人も多いみたい。

浮気をするのは男性側に多いようにも思えますが、案外女性にも言えることです。

お酒の力って、それだけ心のタガを外してしまうんですよね。

私はお酒が飲めない体質なので、お酒の力はわからないのですが…大学生時代にしっかりお酒の飲み方を勉強するのも大切!

ついでに、お酒に飲まれない相手を見極める力も、つけておきましょうね♪

8.いつの間にか、友達に取られていた…

そして大学生恋愛あるある8つ目は、彼をいつの間にか友達に取られていた…という悲しいあるある。

これは彼氏だったり、思いを寄せていた相手だったりするようですが、気づいたら友人に取られていた。

なんてこともよくある話。

知らぬ間に奪うような人は、そもそも友人とは呼べないと思いますが、心の傷は大きく残りますよね。

特に“付き合っていた彼を友人に取られていた”なんてことがあれば、彼にも友人にも裏切られて二重のショックです。

ダメージが大きく、立ち直るには相当な時間がかかることになってしまいそうです。

そもそもそんな彼も友人も、人として最低なわけで…時間が経てば縁を切れてよかったと思えるようになると思いますが、悲しみは大きいですよね。

でも、これも大学生時代に経験する恋愛経験のひとつなのかもしれません。

社会人になり、年齢が上がってから経験すると、ダメージは計り知れません。

友人も彼も、よく見極める力を養わなければいけないようですね。

9.カワイイ同級生は、だいたい先輩に取られている

そして9つ目の大学生恋愛あるあるは、カワイイ同級生は、だいたい先輩に取られている…という男子の悲痛な叫び。

大学生になると、先輩後輩の壁も取り払われていることも多く、高校生までと違って先輩との距離も近くなっているようです。

女子は年上に憧れる人が多いですし、同級生よりも一歩先を行く年上の先輩は、眩しく見えるもの。

まだまだ垢抜けない同級生男子より、先輩に惹かれちゃうんですよね。

残念ながら…
それに、大学生になってこれから恋愛したいな~と思っている同級生と、新たなカワイイ子をチェックしている先輩とは、スタートダッシュも違うのでしょう。

それに乗り遅れないためには、早め早めの行動が肝心なのかもしれませんね。

それでも乗り遅れたら…1年待って、カワイイ後輩が入ってくるのを待つしかないのかも。

そんな争奪戦が毎年繰り広げられるのは、大学生の伝統行事とも言えそうですね!

でも大学生にもなれば、アルバイト先など交友関係も広がるもの。

同じ大学内以外にも、恋愛のチャンスは転がっているはずです♡

文系と理系で違いはある?

理系男子は恋愛に疎い…そんなイメージが未だにありますが、文系と理系の恋愛事情はどう違うのでしょうか?

まして今や、恋愛離れが進んでいるとも言われている大学生。

理系のみならず、文系でも恋愛に疎くなっているのかもしれませんね。

因みに、男子から見て文系女子と理系女子、どちらが人気かというと、わずかに文系が人気のようです。

文系女子の方が、おしゃれで明るく女の子らしい!

そんなイメージが持たれているようですね。

一方で理系女子は、やはり頭脳明晰の研究者のようなイメージが持たれやすく、女性よりも優位でいたい男子にとっては、近づきがたい存在のようです。

ただ、理論的な思考を持つ男子にとっては、理系女子のほうが話しやすい場合もあるみたい。

好みの問題ですね!

また同じような理由で、女子から見た男子も、文系のほうが人気の様子…とはいえ、理系男子はそもそも出会いが少ないようです。

イメージだけで、実態を知らない女子が多いのかもしれません。

ただやはり、理系男子と文系女子が付き合うと、デートをしてもトキメキが少ないと思われているようです。

合理的すぎたり、話をしていても理路整然と論破されてしまったり…特に文系の女性は、感情を通わせたいという思いが強いもの。

お互いの良いところを尊敬しあう関係になれればいいものの、そうでなければ不完全燃焼の恋になってしまうみたいです。

でも、お互いにまったく違う思考をもった相手に興味を持つということは大切なこと。

これもひとつの経験として、視野を広げてみるのもいいかもしれませんね♪

大学生同士の出会いはどこであるの?

大学生の恋愛事情にもいろいろとあるようですが…その前に、出会いがなくて恋愛出来ていない!

という人も多いかもしれませんね。

大学生になれば自然と恋愛も出来るはず!

なんて思っていたのに、状況は何も変わっていない!

という人もいるみたい。

やはり、恋愛は待っているだけではやってこない!

視野を広げれば、出会いのチャンスはそこかしこに転がっているのに、気付いていないだけかもしれません。

ここからは、大学生ならではの出会いの場をご紹介していきます。

定番のサークル活動から、一見みんな恋愛モードをオフにしていそうな場まで!

良く見れば、自分の周りには沢山の異性がいる。

それを逃してはいけないということです。

大学時代の恋愛経験、しないともったいないですよ♡

就職活動

私もちょっとびっくりしちゃいましたが、就職活動も出会いの場となるようです!

これは大学生ならではの出会いの場だな~なんて思っちゃいましたが、良く考えてみれば確かに出会えるチャンスがあるんですよね。

就活中って、みんな将来にむけた大事な時期だし、自分のことに集中しがち。

でも、恋愛モードをオフにしていてはいけないんですね。

もちろん、恋愛するために就活をしているわけではないので、勘違いは禁物です。

でも、同じ企業を受けていたり、グループ面接で一緒になったり…ライバルでもありますが、同じ悩みや価値観を共有できる人が集まっていることに、違いはありません。

ナーバスになりがちな就活中の良き相談相手になったり、応援しあったり、案外良い関係を築きやすい環境なのが就職活動なんですね!

面接で一緒だった人と帰りが同じ方向だったり、就活仲間として飲み会をしたりと、仲良くなれるキッカケも意外と多いみたいです。

私は高卒で就活をしましたが、面接のとき周りを見る余裕なんてありませんでしたけどね…いつでも恋愛モードになれるくらいの、心の余裕も必要なのかもしれません♡

サークル

私も憧れだったサークル活動。

大学生の出会いの場としては定番なのではないでしょうか?

サークルはひとつじゃなくてもいいそうですから、いくつか興味のあるサークルを掛け持ちするのも、出会いの場を広げるのには重要みたいですね。

まして、ひとつもサークルに入っていないなんてもったいない!

と、言う人は多いです。

同じ大学でも、違う学科や先輩後輩と仲良くなれるサークル活動は、大学生の必須科目と言っても過言ではないようですね!

同じサークル内以外にも、他のサークルとの飲み会や、他の大学との付き合いもあるということなので、恋愛に発展しないまでも、交友関係を広げ、コミュニケーション力を身に着けるためにも、サークルには入ったほうが良さそう♪

一方で、大学生の恋愛あるあるにあるように、良からぬ恋愛のもつれに巻き込まれることも、無きにしも有らず。

楽しいキャンパスライフを過ごすためにも、まずは周囲との良好なコミュニケーション力を身につけましょうね!

ゼミ

そもそも大学のゼミってどんなもの?と思っていた私ですが、とても有意義な時間を過ごせるもののようですね~。

私も大学にいっていたら、ゼミに入っていたかもしれません。

サークル活動のような側面もあるみたいなので、私だったらサークルよりもゼミだったかな?

大学によって、必修だったり選考制だったりするようですが、専門分野について少人数で協力しながら深く学んでいく授業は、楽しそうですよね♪

また、授業だけではなく課外活動があったり、飲み会があったりもするようで、同じゼミの人同士、自然と仲良くなれる環境があるようです。

つまり、恋愛においても大事な出会いの場だということです。

同じ分野に興味を持っている者同士、話も合うはずですし、距離感も近い。

こういう場の出会いなら、相手に対する信頼感も持てそうですよね♡

充実した時間を過ごせれば、就職活動にも役立つようなので、公私ともに有意義なキャンパスライフとなる可能性は、高そうですよ!

必修の科目

大学の必修科目といえば、それを取らなければ卒業出来ないということですよね。

なので基本的に同じ学部の同級生が集まる授業になりますね。

特に1年生などは、必修科目の時間が、同じ大学に入った者同士の出会いの場として有効になるんでしょう!

だんだん自分が座る定位置なんかも決まってきそうですし、近くでいつも顔を合わせる人とは自然と話す機会も生まれそう♡

高校生までのように、同じクラスの顔なじみの面々は安心感もあるかもしれません。

また、自由に席を選べれば、気になる相手の近くに座ることだって出来ちゃいますよね。

人数の多い講義だと、同じ講義を受けていても一度も話さない人も居そうですが、そこは自分の行動あるのみ!

サークル活動をしなくても、大学での出会いの場は、どこにでもあるということですよ♡

学食

また、お昼をまたいだ同じ講義を受けている人同士だと、そのまま学食へ行って仲良くなれる場合もあるようですね♡

授業中に、おしゃべりばかりはしていられないでしょうけど、一息つく学食では、仲を深めるチャンス!

わざわざご飯に誘ったり、飲み会を計画したりすることなく、自然な形で相手を知れる、絶好の出会いの場が学食となっているようです。

また同じ講義を受けている人ではなくても、学食で顔見知りになることだってあるかもしれませんね。

いつもこの曜日のこの時間帯に学食で顔を合わせる…そんな人と仲良くなることだって♪

学食での出会いは、サークルやゼミよりもちょっとハードルが高いかもしれませんが、自らの行動次第!

出会いは待っていても訪れません。

恋愛出来ている人は、必ず行動もしてるんですよね!

チャンスを逃さない恋愛力を身に着けるのも、大学生の必修科目かもしれませんよ♡

合コン

出会いの場として合コンは、定番中の定番ですよね!

出会いを求めている人が集まるわけですから、分かりやすくもあります。

でも、合コンでカップルが成立する確率は、案外高くないそうなんです。

男女とも、合コンで真剣に付き合える相手と出会えるイメージが、ないのかもしれませんね。

合コンにはお酒が入るし、その場の雰囲気を楽しもうという考えで、真剣に恋人を探そうとはならないのかも。

なんか分かる気もします。

私は合コンのノリそのものが苦手ですし…
それに、お酒が入ると冷静な判断が出来なくもなりますし、特に女性側はそういった場での、男性の言葉を鵜呑みにしないようにしているかも。

普段奥手な男性は、お酒の力を借りて、酔った勢いでアプローチを仕掛けるかもしれませんが、女性は酔ったフリをして、冷静に相手を見極めていたりもしますからね。

とはいえ、合コンが大事な出会いの場であることは間違いありません。

その出会いをモノに出来るかどうかは、自分次第!

と言えそうですよ。

大学生同士の恋愛は真剣なの?

大学生同士の恋愛って真剣なのでしょうか?

ある調査で、大学生への「本気の恋をしたことがありますか?」の質問では、はいと答えた人が約50%だったようです。

遊んでいる人もいれば、常に真剣な人もいる。

本当に人それぞれなんでしょうね。

20歳前後だと早い人は結婚している人もいて、結婚について考え始める年齢でもあります。

また、恋愛に対する価値観は、男性と女性でも違いはあるかもしれませんね。

男子の場合

私の個人的なイメージでは、若い世代の男性は、まだまだ真剣な恋とは言えない印象があります。

特に学生の身分である大学生は、結婚を見据えたりと、真剣な恋には至らないのでは?

結婚の前に就職ですし、将来家庭を築いていく上でも、仕事を持たなければ始まりません。

私は高校卒業後に、進学をせずに就職をしましたが、その時高校の終わりころから付き合っている彼がいました。

彼は進学をしたのですが、その間の彼との意識の違いは、大きく感じていました。

私は、早いうちに結婚したかったけど、彼は学生。

まだまだ遊びたいといった感じで、全く噛み合いませんでした。

男性の中では、家庭を持ってしまったら遊べない。

落ち着いてしまったら、行動が制限される。

そんな思いがあるのでしょうね。

まして学生ともなると、とっかえひっかえ遊ぶことまではしないとしても、真剣とまでは言い難い。

特に同級生の男子は、女子から見ると子供なんですよね。

女子の場合

女子の場合は、比較的に貞操感を持っている人が多いでしょうし、恋愛に対しては常に真剣なのではないでしょうか?

男女の違いについては、多少私の偏見があるかもしれませんが…

女性は“幸せ”を、無意識に恋愛や結婚に結び付けて考える傾向があります。

大切な人と家庭を持ち、子供を育てることが、女性としての使命。

そんな考え方は、古いとも思いますが、今でも根強く残っているのが現状だと思います。

ですので常に、恋愛の先に結婚を見据えた付き合いをしがちなのが女性です。

気軽な付き合いをしていても、最終的には結婚に向いた相手かどうかを見極めるのです。

とはいえ学生ですから、結婚の前には就職があることは前提として考えています。

それゆえ、経験のひとつと捉えた付き合いをしている場合ももちろんあるでしょう。

学生結婚をすることもあるようですが、そこまで真剣になれる人は、男女ともに少数派かもしれませんね!

就職して社会に出れば、価値観も生活も大きく変わっていきます。

学生のころの付き合いとは、また違った付き合い方に変化していきます。

大学生の恋愛を経験のひとつと捉え楽しむのも、大学生ならではの恋愛のカタチかもしれませんよ。

【女子大生の恋愛事情については、こちらの記事もチェック!】

大学生の恋愛相談は誰にすればいい?

大学生の皆さんは、誰に恋愛相談をしているのでしょうか?

これは一番身近なところで、友人ですよね。

または、仲の良い家族とか、サークルやバイトの先輩など、相談に乗ってくれる人は沢山いるでしょう。

ただ、誰に相談するかによって、恋の行方も大きく左右するかもしれません。

ついつい女子トークの中で、恋バナとして気軽に相談したりしてしまいがち。

だけど、その中に恋のライバルがいるかもしれません。

真剣に相談していても、本当に親身になってアドバイスをしてくれる人は、そんなに多くは無いはずです。

変な噂が広まってしまったり、適当にされたアドバイスを信じて失敗することだってあるかもしれません。

人は案外、人の恋愛がどうなろうと、気にしてはいないのです。

信頼できる友人や家族、時にはダメなものはダメ!

とはっきりと指摘してくれる相手かどうか、相談相手も見極めが必要ですよ。

結婚観

さて、先ほども少しお話しましたが、大学生の結婚に対する考え方とは?

男性はまだまだ意識出来ていない人が多く、女性は頭の片隅には常に「結婚」の二文字が見え隠れしているのではないでしょうか?

それでも、高校生までとは違って、周囲にちらほらと結婚する人が出て来たり、大学が終われば就職。

そしていつかは「結婚」ということを、認識し始める年齢ではあります。

焦る必要は無いと思いますが、大学生で恋愛経験を積み、相手の将来性を見極める力を養っておくのは重要なことです。

大学生時代に、将来を見据えて相手を見ることが出来るようになっていないと、就職してからもズルズルと、結婚に向かない相手とばかり付き合う羽目になってしまいます。

そうしている間に、あっという間に時間だけが過ぎて行ってしまうのです。

大学から付き合って結婚まで行く人も多数!

大学生時代にいい出会いがあれば、そのまま結婚までいく人も多いようですね♡

学生と社会人とは、生活環境も大きく変わってきます。

その変化を上手に受け入れ、お互いに支え合っていけるようなカップルであれば、就職して社会に慣れて落ち着いた頃に、晴れてゴールインとなるようです。

そんな恋愛が出来たら幸せですよね!

一方で、就職してから分かれてしまう場合は、お互いの変化に付いていけなくなってしまうから。

また、就職すると新たな出会いも待っています。

女性にとっては、それまで出会いの無かった社会人の先輩が眩しく、社会人一年生の同級生の彼が、頼りなく見えてしまったりもします。

会社でいつも顔を合わせ面倒を見てくれる先輩、就職したばかりで余裕が無く、会う時間が制限される彼…。

ここを乗り越えられるかどうかが鍵!

学生時代の恋人と結婚できるかどうかは、お互いの努力次第なんです♡

でも、学生結婚は落ち着いて考えましょう

大学を卒業、就職してからの結婚の一方で“学生結婚”という選択肢もありますよね。

運命の人に出会えたと思えることは、とても幸せなことですし、それだけ真剣である証なのでしょう。

ただ、学生結婚はハードルが高いのは言うまでもありません。

周囲からの反対の声も大きいでしょう。

18歳を過ぎていても、成人式を迎えていても、学生は学生です。

家庭を営んでいける経済力がありません。

相手のことがどんなに好きでも、将来どうなるかが全く見えてこない学生時代に結婚してしまうのは、ちょっと危険…と言わざるを得ません。

今それだけ結婚したいと思えるなら、卒業してから、就職して経済力を養ってからでも出来るはずなんです。

ふたりの気持ちが盛り上がっていても、落ち着いて冷静になって考えてみることが大切ですよ!

大学で恋愛しないと後悔しますよ!

大学生の恋愛事情、いろいろなカタチがあるようですね。

大学時代にイタイ経験をすることもあれば、生涯の相手に出会うこともある。

恋愛のカタチは人それぞれです。

イタイ経験だとしても、やっぱり恋愛はした方がいい!

特に、学生時代に沢山の経験をしておくことは、就職後適齢期で結婚を掴むためにも重要ですよ。

そうでないと、私のように37歳にもなって独身…となりかねません(笑)

恋愛経験は、社会に出ていく上でも大切な経験です。

学生時代だからこそ、失敗しても許される!

そんな気持ちで、楽しんでみてくださいね♡

【彼氏欲しい大学生の方は、こちらの記事もチェック!】