「認識」という言葉は、学生時代、一度も使ったことがなかったんじゃないかと思うくらい使ったことがなかったはずなのに、社会人になると、頻繁に使うようになる言葉なんですよね。

上司からは「認識が合っているのか確かめてこい」と言われたり、取引先には「認識不足でした、大変申し訳ありません」と謝罪したり、「認識」はとにかく便利な言葉なんです。

この普段何気なく使っている「認識」という言葉ですが、実際どんな風に使うべき言葉なのか?大人の為の仕事用語を解説します!

仕事でよく使われる”認識”

考え出すとどうしてだか理由は良く分かりませんが、「認識」という言葉はどこの職場でも良く使われている言葉ですよね。

私が会社に入ったばかりの頃、先輩社員が「認識」という言葉を使っているのを聞く度に、「かっこいいなぁ」「仕事できる感じがする」なんて思ったものです。

認識の意味

まずは認識の本来の意味を知っておきましょう。

認識とは、「物事を知り、その本質・意義などを理解すること。

また、そういう心の働きのこと」をいいます。

もう少し掘り下げて行くと、認識にはいくつかの意味があることが分かりました。

物事を見分けて判断する

「認識」という言葉には、物事を見分け、本質を理解し、正しく判断すること。

また、そうする心のはたらき。

という意味があります。

例えば、「あの人は認識に欠ける」と使えば、あの人は物事を見分けて判断できない人、という意味になります。

物事を知る

二つ目の意味には、人間が事物を認め、それとして知るはたらき。

また、知りえた成果。

感覚・知覚・直観・思考・知識など、というものがあります。

シンプルに言えば、人間が新しい何かを知り、それを理解することで知識を増やすということになるわけです。

人は新しい何かを理解することで知識を増やし、五感を成長させながら魅力ある人間になって行く動物だということなんですね。

理解を深める

「認識」という言葉は元々哲学の世界から来た言葉なんです。

主体あるいは主観が対象を明確に把握することに対して使われたり、知識とほぼ同義語で使われることも多いので、英語にすると「Knowledge」と訳されることがほとんどです。

「認識」と「知識」は一見似ているようにも思えますが、「知識」はどちらかというと、主に認識によって得られた「成果」を意味しますが、認識は成果だけではなく、対象を把握するに至る「作用」という意味を含んでいる、という違いがあります。

認識の意味の説明は難しい

つまり、認識という言葉は、知識ととても似ている言葉だけれども、どちらかというと、すぐにそれが知識という、蓄積されたり、積み上げられたりする物事になるわけではなく、例えば、話や物事の最初のとっかかりの部分だったり、知識になるまでの過程の部分を理解しているかどうか、ということになるのです。

類語で理解する方が早い

言葉は類語を理解しながら探っていくと、とても分かりやすく理解が深くなります。

そこで「認識」と似ている類語をいくつかご紹介します。

認識の類語

認識の類語はとてもたくさんあるんです。

気付く

仕事でミスしてしまった時、上司から必ずといってもいいくらい聞かれるのが「お前は失敗するかもしれないという認識はあったのか?なかったのか?どうなんだ?」というシチュエーションです。

この場合の認識は「気付く」にとても似ています。

さっきのシチュエーションで「認識」の部分を「気付く」に変えてみるとします。

「お前は失敗するかもしれないということに気が付いていたのか?気付いていなかったのか?どうなんだ?」

どうでしょうか、「気が付く」という言葉でも意味は理解できそうですが、「認識」の方が、ビジネス的に前後に起こったプロセスとか、相手先の会社への忖度とか、色々かつ広い意味で「お前はこの仕事がどういう仕事なのかを分かっているのかどうか」という意味を問われているのです。

分かる

上司から「あの仕事のこと認識しているのか」と聞かれて、「はい、認識しています」と答える場合は、つまり、「そのことを分かっています」という意味になるはずです。

分かっていないで認識していると答えてしまった時は、さぁ大変、本当は分からなくても、一度認識していると答えてしまうと、何のことなのか、上司に聞くことができず焦って焦って胃が痛くなることもあるかもしれませんのでご注意下さい。

認知

認知と認識の違いはちょっと難しいですよね。

まずは認知の意味を正しくしっておきましょう。

そもそも認知は、心理学の世界から来た言葉で、人間が外界にある対象を知覚した後に、それが何であるかを判断する過程のことをいいます。

知らなかった方も多いのではと思いますが、実は「認知」という言葉には意外と難しい意味や深い意味が隠されていたのです。

認知と似た言葉として良く挙げられる言葉に「意識」があります。

この意識をヒントに認知を考えてみると分かりやすいのですが、認知をより深く理解するポイントは、認知とは、認知を経験することで、それが結果として、または、のちに知識となったり、記憶やその人の思考を形成する過程や元になる、と考えると分かりやすいのではないかと思います。

理解

理解するという言葉は小学生、いや、幼稚園のお子さんでも分かる、日本語を代表するくらい良く知られた言葉ですよね。

今回は認識と理解の差を考えてみましたが、認識>理解、つまり、理解が積み重なって認識になるという考えが一番しっくりくるのではないかと思います。

想像してみて下さい。

何年も働いているベテランのサラリーマンと、新卒からやっと2年経った若手のサラリーマンがいるとします。

人は、毎年毎年、色んな仕事を経験して、嫌なことも、理不尽なことも経験して、一つ一つ理解することで、仕事のイロハを認識できるようになるのではないでしょうか。

勘付く

勘付くという言葉は大人の言葉ですよね。

精神年齢が幼い人ではこの感覚が少々鈍いはず、「勘付く」という行動は「認識」という言葉を使う大人だからこそ成せる事柄の一つだと言えます。

あなたの周囲で「良く勘付く人」と「あまり勘付かない人・勘付けない人・鈍感な人」がいると思います。

「良く勘付く人」は仕事はできるけれど、私生活では鋭い指摘をされてしまうので、リラックスできない時がある反面、鈍感な人はのんびりしていてほんわかした雰囲気、仕事はさほどできないけれど、私生活では一緒にいると癒されて楽しいなんて感じてしまいます。

この「勘付く」と「認識」はとても重要なキーワードで、そして関係性を持っています。

同じ「認識している」という状態でも、「勘付く人」が「認識」すると、より繊細な内容を把握していることが多いのです。

もし私が誰かを部下に選ぶとするのなら、断然「勘付く人」の上司になりたいと思います。

その方が100説明しなくても、「勘付く」能力があるので、自分で補完して仕事を円滑にすすめてくれるからです。

感知

感知する能力、これはある部分では女性の方が男性より長けている性質なのかもしれません。

男性が他の女性に少しでも興味を持っていると、そのことにすぐに気が付く女性、職場に一人くらいいるものですよね(笑)

あの人と、あの人は不倫しているとか、あの人はあの子のことが好きなんだとか、私は職場のそういう事情にうとく、職場のほとんどの人が知ってから最後に知るようなタイプでしたが、昔はそういう話を聞くのがとても嫌いでした。

でも今振り返ってみると、そういう感知された話って、結構当たっていることが多いもんなんですよね。

つまり、感知された話には根拠があるのです。

きっと考え方がちょっとひねくれた人はこの「感知」する能力が高く、「誰かのあらを見つけてみよう」と普段から悪いアンテナを張り巡らしているから、ここぞという瞬間をとらえてしまうのです。

感知できる能力を持ている人が、イコール仕事もできて、認識できるのかというと、100%イコールではありません。

でも、使いようによっては面白い戦力になるかもしれませんね。

察する

「察する」、この能力は優しい性格の人に多い性質です。

このような人は、普段から家族は今皆幸せか、誰か困っている人はいないか、気を配って気付いてあげる優しさがあります。

では、「気付く」と「察する」はどう違うのかというと、「察する」の場合は気が付いていても、気が付いていない振りをすることがあります。

分かっているけれど相手の状況をみて、その話をする時もあれば、スルーして様子を見てあげる場合もある、これって、賢くなければできない能力でもありますが、賢すぎる人はできない能力でもあります。

とてつもなく賢い人というのは、常に自分の世界に入り込んでいて、周りのことなんか視界に入らないことがほとんどです。

例えば最近話題の将棋界のプリンス藤井四段なんかがいい例ですよね。

彼は四六時中将棋のことしか考えていないはずなので、他人の事柄について「察する」余力がありません。

つまりある程度賢くてある程度優しい人、こういうタイプが良く察してくれたり、痒い所に手が届くタイプなのです。

結婚するならこういうタイプが幸せになれるはずです!

悟る

「悟る」といえば、最初に仙人とか、神様とか、雲の上の存在を想像してしまいます。

一般人にこれを当てはめるのならば、熟練した職人さんとか、どの分野にも精通していて隙のないコンシェルジュが1番近いイメージです。

人は若い頃多くの人が、悟りを開いた大人になってみたいと思いますが、「認識」というレベルから「悟りの境地を開く」までになるには、時間も経験も必要です。

この性質は天才とはまた違って、積み重ねていく努力の上に成り立つものですよね。

「認識」という行為を何十年も続けていれば、いつの日か悟りが開ける日が来るはずです。

見抜く

「見抜く」というスキルは、天性の気質というか、元々生まれた時から備わっている能力が肝になります。

見抜ける人が見抜けない人に、何度も見抜くプロセスを説明したところで見抜けない人は「何のことを言われているんだかさっぱり」と思う人もいれば、誰かに何かを教わったことがないのに、最初から人を見抜ける人がいるんです。

生きることに命懸け、子供の頃から比較的苦労してきた人の方が、この「見抜く」能力が備わる可能性が高いような気がします。

あれは私が、ちょっと治安の悪い外国に、旅行に行った時のことです。

そこでの生活環境はあまり良くない状況でしたが、人によっては鋭い目をした人を何人か見かけました。

彼らは「生きるんだ」というサバイバル精神や、誰も守ってくれない状況から、生物学的にその能力を身に付けたのではないかと推測できます。

見抜ける人が「認識」すれば、より視野の広い理解ができるはずです。

飲み込む

「飲み込む」という行為は普通大人でなければできません。

子供の中にも、幼くしてそうせざるおえない状況の子もいます。

「飲み込む」とは、例えば、自分が正しい、自分の意見をいいたい、そう思ったとしても、その気持ちを飲みこんでぐっと我慢して口を開かない行為のことをいいます。

これってめちゃくちゃ凄いことですよね。

これができなくて、すぐにイライラしてしまう人がいたり、自分に有利な立場ばかりを押し付けてしまう人がたくさんいます。

我がままばかりいって、他の人の状況を考えない人・・・それに比べてぐっと言いたいことを飲み込める人、こういう人が世の中を支えていたりするんです。

サラリーマンなら言いたいことを「飲み込む」なんてお手の物、そういう人は「認識」なんて朝飯前というところでしょう!

とらえる

「とらえる」といっても、とらえる対象は獲物ではありません。

何をとらえるのか、認識すべき内容をとらえるのです。

例えば、同じ部署のメンバーと会議をして話し合っている時、新人以外は話を理解しているのに、新人だけは口をぽかんとあけて、何やら「何の話をしているのか」話の本筋をとらえられずに、理解できていない場合があります。

話の内容をとらえていないのならば、ほぼ100%「認識はできていない」でしょう。

そういう時はぐっと我慢して静かに自分が成長するまで辛抱するのです。

知ったかぶったり、分かった振りをしないで、余計なことを口にしない、そうすれば「認識」できるようになるのです。

つまり、話のまとをとらえられるようになったら、その先に「認識」が見つかるというわけですね!

認める

「認める」、これは簡単なようで、大人になればなるほど難しいことです。

「自分が悪かった」「認識できていなかった」「自分は分かっていなかった」「部下は理解していたのに、先輩の自分は分かっていなかった」そんなこと認めさせらえた日には、お酒でも飲まないとやってられません。

社会人になれば、ミスはミスだと認めなくたって、なんとなくそういう状況は周りに伝わり、「あ~今回の失敗はあの人のせいだよね」という空気になります。

認める・・・それはしかるべき時だけにして、できるだけ謝罪を口にしない!それが社会人になった後の新しいルールなのではないでしょうか。

「認識」できるレベルが上がれば、自ずと謝らないといけないことも減ってくるはず、「私が悪いんです」と素直に認めても、会社では意味がない時もあります。

それより、会社の利益になる働きができるようになること、それが「謝る」の代わりになる「謝罪」なのかもしれません。

認識の使い方も認識しておく?

如何でしょうか。

社会にでると、それまで常識だったことは覆され、そこには新しいルールが、まるで落とし穴のようにいくつも隠されていたのです。

もちろん「認識」だってその隠された大事なキーワードの一つですよね。

一人前の社会人、プロフェッショナルになる為には、全てのこと、、いや、頭に浮かんだほとんどのことを口にしない、スルーする、自分が悪くなくても謝る、など、そこには大人の流儀があるはずです。

認識を追及することで、その階段を一歩一歩上がれるはず、是非皆さんもたまには「認識」という言葉を意思しながら使ってみましょう!