「適宜」という言葉を使う機会はございますか?

なかなか日常生活で見られない漢字ではないでしょうか。

もしかして読めない方もいらっしゃるかもしれません。

今回は難しい言葉である「適宜」についての説明をしていきますので、参考にしてみてください。

️適宜って?

まず、適宜の読み方と意味を見ていきましょう。

適切な読み方は”てきぎ”

パッと見て、恥ずかしながら私も読めなかったのですが…「てきぎ」と読みます。

あまり聞いたことがない言葉ですよね。

類語のほうが普段使うことも多いかと思われます。

適宜の意味

敵宜の意味と漢字が表していることを紹介します。

その場に合わせて適切に行うこと


その場に合っていること。

ちょうど適していること。

またそのさまや適当を示します。

「適宜な処置を行います」などです。

各々が良いと思うように動くこと

個々の状況に合わせて行動すること。

副詞的にも用いることもあります。

「各自で解散して下さい」などです。

“適”=かなう

適宜の適は、かなうという意味です。

また、ある所を目指して行くや頼る。

ぴったり当てはまるさまをさします。

“宜”=よろしい

適宜の宜は、よろしいという意味です。

その場にあてはまって都合がよろしい。

ほどよいさまをさします。

この二つを合わせると「よろしくて目的にかなう」という意味合いになります。

とても曖昧な言葉ではありますが、時系列などで具体的に指示できない場合に使われることが多く、言われた側は場合によっては困ってしまうこともあります。

可能な限り具体的な指示があると助かりますね!

判断能力が必要になる


適宜の意味は「その場にあっている、状況にあった行動」のことです。

すなわち、「各自が状況に応じて良いと思った判断で行動する」ということでしょう。

本人の判断能力や決断力を底力を試される言葉でもあります。

️適宜の類語

適宜の類語もいくつかありますので、意味と例文をふまえてみていきましょう。

適切

適切とは、状況や目的などにぴったりと当てはまること。

その場や物事にふさわしいこと。

例)
この心情を伝えたいのに適切な言葉が見つからない

適正

適正とは、適当で正しいこと。

例)
適正な手段で、失敗をまぬがれた。

しかるべく

しかるべくとは、副詞的に用いると、適当に良いように。

例)しかるべく判断に任せてみましょう。

ふさわしい

ふさわしいとは、それがこれに釣り合って、適した状態。

似つかわしいこと。

例)
あなたにふさわしい部屋があります。

相応

相応とは、程度がちょうど釣り合っていること。

またふさわしいこと。

例)
収入相応の暮らしをしないといけません。

手頃

手頃とは、手で握るのにちょうどよい大きさや太さであること。

過大ではなく自分の力にちょうど適していること。

例)
手頃なサイズのお化粧ポーチを見つけました。

似つかわしい

似つかわしいとは、特定の人または出来事の精神と調和しているさま。

例)
このワンピースはとてもあなたに似つかわしいです。

️適宜の正しい使い方

適宜の正しい使い方を紹介していきますので、ビジネスなどで恥をかかないようにしましょうね。

適宜見直す

目標や目的をコロコロと勝手に変えるのは良くないですが、周りの状況や変化に対応しなければいけないことも、時にはあります。

このような事を「適宜見直す」と言います。

適宜を見直すということは、とても重要なことであり、簡単にできることではありません。

内容によっては目標や目的が無意味化していることもあり得るからです。

まずは、頭の中でどのように見直したら良い方向に向かうかを考え、周りにもその事を理解してもらい、指示するようにしましょう。

適宜対応する

例えば、会社の上司に突然「適宜対応してください」と言われるとします。

この意味は、「その場においてケースバイケースで対応してください」ということです。

あなたにその事をお願いするということは、上司からの厚い信頼があるからこそです。

多少のプレッシャーを感じるかもしれませんが、適宜対応するように心がけましょう。

また、適宜に近い言葉で「適時」とお願いされることもあります。

こちらも、「適切なタイミング」でという意味になります。

また上場企業で義務付けられている「適切なタイミング」で開示されることを求められる大切な会社情報のことは、「適時開示」と言いますので、頭の片隅にいれておきましょう。

適宜報告する

適宜報告するというのは、タイミング、数量、方法、解釈を柔軟に会社等に報告することです。

もちろん報告する相手が理解しやすい内容をわかりやすく伝わるように配慮するのが、あなたの適宜報告の仕方のひとつです。

これには個人の味解は関係しませんので、業務に徹した正しい内容を報告しましょう。

また、言われたことだけをするのではなく、個人の判断力でよりよい報告になるように心がけましょう。

適宜処理する

適宜処理するというのは、状況によくあった処理をすることです。

仕事で「適宜処理をしてください」と言われたら、無駄のない最適な処理をすることで、あなたの判断能力が認められ、会社では「デキル人」と呼ばれるでしょう。

人によりけりですが、ひとつひとつ細かく指示をされないと仕事ができない人もいます。

しかし、任されることで本領発揮できる人のほうが賢い仕事人間といえると思われます。

適宜判断する

適宜判断するとは、各自の判断で行動するさまをいいます。

適宜判断が求められた一例としては、震災や災害の時ではないでしょうか。

予期せぬ事態に臨機応変に動けて、自分だけ助かれば良いと傲慢にならずに周りの人たちを1人でも多く救おうと判断するべきことです。

その場の状況や自分の立場、周りの気持ちを、咄嗟に考えて、少しでもより良い方向になるように考える為に使うべき言葉でしょう。

適宜解散する

適宜解散するとは、個人で適当に解散するさまをさします。

例えば終礼もすみ、「それぞれ適宜解散してください」と言われますね。

誰よりも1番に帰りたいのはわかりますが、ドアに向かってダッシュしたら事故になるかもしれませんし、もしかしたら終礼後にあなたに用がある人もいるかもしれません。

このように、ただ適宜解散するだけでも考えられる事柄は色々とあります。

しっかり周りの空気を冷静によみ、始めてドアに向かって歩くようにしましょうね。

下の者に向けて言う言葉

適宜は「自分判断で動いてください」という意味が含まれていまして、下の者に向けていう言葉でもあります。

会社を例にひとつ話をします。

上司に言われ適宜対応したのに関わらず、問題が生じた場合、自己責任を求められることがありました。

一見味解として他責と自責では自責のほうが優秀思考と思われがちですが、なにかトラブルがあった場合に責められるのは自責でしょう。

適宜には個人判断能力が試されるという期待をされる反面、失敗した場合のリスクも高いわけです。

より一層気を引きしめて判断しなくてはいけません。

上司が部下を試す為の、言葉のひとつかもしれませんね。

️適宜が使われる場面

正直、友達との会話で適宜がでてくることはないと思います。

友達との会話であれば、「テキトーにやって!」が多いのではないでしょうか。

私も家で「適宜にお風呂に入りなさい!」なんて言ったら、間違いなく「え?」と聞き返されました。

そもそも、「てきぎ」は舌も回りづらく言いっらいですよね。

しかし、適宜が使われる場面も多々ありますので、そちらも紹介していきます。

公式な場

適宜が使われる場所は公式な場でしょう。

例えば、壇上にいる社長の話を聞く時だったり、学校では節目である入学式や卒業式の場所で使われることが多いです。

文書

適宜は文書で使われることもあります。

私も見たことがありますが、電化製品の説明書に書いてあります。

つまり文書に書いてある適宜使用とは、使用することが前提にあり、さじ加減は使用者が判断するということです。

かしこまった場

適宜はかしこまった場所で使われます。

例えば、結婚式の場で「結婚式場の人員配置図を配ります。

各人の担当業務を一覧にしてありますが、結婚式を楽しく演出し、ゲストを喜ばせることがあるならば、適宜行って下さい」というように使われます。

この場合、担当業務だけをたんたんとするのではなく、各自の判断でよりよいサービスをするようにということを言っています。

リーダーの指示

適宜はリーダーの指示の中でも使われます。

リーダーが1人づつに、指示をだすことは不可能なこともあり、限界があります。

リーダーが信頼すべき部下がいて、部下がリーダーに従い正しい行動をすることで、物事がうまく回るわけですよね。

そのような場合に、リーダーは部下を信じで「適宜対応をよろしく頼む!」と使うのです。

その指示通りに、自分の能力を活かし試される時だと思い頑張りましょう。

️適宜に似た言葉

適宜以外にも、「適時」、「適度」、「適切」、「適当」は漢字の印象や読み方は似てますが、どの辺が違うのか理解できたら、上手に使い分けられますね。

そのタイミングやニュアンスの違いを紹介します。

適時

ちょうど良い時やちょうど良いチャンスを意味します。

適時は現在、未来に対して行動するタイミングを表します。

例)適時に塾に行って、授業前に予習をしましょう。

適度

程度がちょうどよいこと。

程よい様子。

適度は、過去、現在、未来の行動の成果を表します。

例)適度に運動をして、健康を維持しましょう。

適切

適切はぴったりとあてはまる様子。

ちょうど良いこと。

適切は、主に過去の行動した結果を表します。

例)適切な処置をしたので、手術の回復も早いでしょう。

適当

適当はよくあてはまっていること。

ちょうど良い程度である。

いいかげんを表します。

適当は、言葉のニュアンスや状況により「良い塩梅」または「いいかげんでいいのよ」という2つの意味合いを持っています。

その為、その都度判断が必要になってきます。

個人差はあると思いますが、ビジネス会話では「良い塩梅」を意味することが多く、友人との会話では「いいかげん」を意味する会話が多いと思われます。

ビジネス会話例)
適当にそこにある書類をコピーしてまとめておいて下さいね。

友人会話の例)
適当に塩を入れれば、それなりの味になるわよ。

️適宜の反対

適宜の反対はなんというでしょうか。

不適切や不適当という言葉になりますね。

状況によく合ってなく、相応しくないことです。

適宜な判断ができない場合は、判断を誤ったことになり、そしてあなたのせいで周りにも迷惑をかけます。

また自分自身の認識の甘さや未熟さが原因になりますので、その点を反省し、同じことを繰り返さないようにしましょう。

決して自分は悪くなく、上司が勝手に指示をだしたせいで失敗をしたと思ったり、責任転換に必死になり言い訳を繰り返さないことです。

連帯責任の場合も一緒であり、次どうしたらうまくいくか皆でディスカッションして、問題解決にむけて立ち向かいましょうね。

その行動が、あなたをひと回りもふた回りも大きく成長させることになり、どんな時にも適宜対応ができる広い器を持てる人間になれることでしょう!

️適宜の意味、理解できた?

長い文章を読んでくださり、ありがとうございました。

「適宜」の意味は理解できましたでしょうか。

「適宜」以外にも似たような言葉もあり、普段使いにするには、何が適切なのか分からなくなることもありのではないでしょうか。

そのような大人用語は、主に大人になってから聞くことや見ることが多いかと思いますが、なんとなく把握していたことがほとんどではないかと思われます。

子供の時に習わなかった漢字や言葉って意外と多いでしょう。

私も今回、「適宜」について詳しく調べてみて、知ることができたので、機会があれば使ってみたいものですね。

日本語はとても多くて、意味も様々で、使う要所で捉え方も理解の仕方も変わってくるので難しいことがよく分かります。

皆さんも、未だに読めない漢字もあり、言葉の意味をしっかり理解できてなかったことに気づかされることもあるでしょう。

しかし人生で、必ず社会や人間関係で、聞いたことがないような言葉を耳にする機会もありますし、生きていて疑問に思う漢字もでてくるはずです。

そんな時に少しでも参考になっていただけると、私としても嬉しいです。