怪文書を見た時の衝撃は、今も昔も全く同じ、心臓が止まる、息ができない、見た後の行動が約1時間空っぽになるくらい、私の心に影響を与えます。

これは真実なのか、それとも嘘なのか、大人になった今思えば、昔見た怪文書のいくつかはグレー・・・正しい部分とそうでない部分、両方あるのかもしれないと思えるようになりました。

怪文書は時に、悪い奴をあばく正義のツールになることもあるはずです。

怪文書とはそもそも何なのか?、解説や見る時に注意したほうがよいことは何か、怪文書についてご紹介します。

怪文書を見たことがありますか?

あなたは今まで怪文書というものを見たことがありますか?そもそも怪文書とはどんなものなのでしょうか?

怪文書とは?

怪文書(かいぶんしょ)とは、信用していいのか悪いのか、判断が曖昧なままな状態や、発行者が不明な状態なのに、世に出回る匿名の文書のことをいいます。

誰が書いたのか、その内容が真実なのか、判断できないというのに、世に出回って噂となってしまう、怪文書の多くが団体や組織・個人について書かれたもので、誹謗中傷もしくは一方的な主張を述べているものがほとんどです。

怪文書は、根拠は不明で、時には明確に間違った文書であるにも関わらず、読んだものの心を掴んで、影響を与えてしまうことを問題視されているんです。

怪文書の特徴

怪文書にはそれぞれどんな特徴が隠されているのでしょうか。

書き手の思惑とは?読んだ人の心はどのように左右されてしまうのでしょうか。

1. 書いた人が誰かわからない

そもそも怪文書は誰が書いたものであるのかが分かりません。

文書を書くのに「誰が書いたのかを言いたくない時」あなただったらどういう時でしょうか?

例えば、企業で何十年も働いていて、今さら転職とかできるわけないという年齢なのに、毎日毎日朝から晩まで働かされていて・・・それである時会社の中で許せない程の不正を発見してしまった時とか、

仕事は辞められないというのに、毎日毎日嫌みばかり言って嫌がらせしてくる同僚に吐き気がしている時とか、

旦那をある女に取られて、子供と自分はどん底の人生に落とされたというのに、その女も夫ものうのうと楽しそうに生きているのを見た時とか、

親戚からお金を騙し取られて、資産も家も何もかもなくなって、挙句の果てに父親はそれを苦に自殺したというのに、それでもまだ親戚から執拗ないじめを受けている時とか、

芸能界で生きるか死ぬか、誰かを蹴落としたくて過去の悪い行いを暴露する時とか、

そもそも誰かが誰かを恨んでいて、でも暴露したのが自分だということはばれたくない、でも内容はほぼ真実・・・そういう状況が多いのではないでしょうか。

2. 信憑性が不明確

信憑性が不明確というのは、面白い部分です。

「絶対真実」でなければ「絶対嘘」と確定されたわけでもない。

本当かもしれないし、嘘かもしれない、さぁあなたならどっちを信じるのでしょうか?

3. 出所が分からないように工夫されている

怪文書を書く人は頭が悪いと務まりません。

なぜなら頭が悪くて、書いたのが誰だか特定されてしまえば、書いた人は即悪者扱いです。

「なぜ堂々と名を名乗らなかったのか?」「こそこそするなんて卑怯」「名前を隠して文書を書くなんて嘘の内容に決まっている」そんな噂が広まって、怪文書の信憑性などすぐに上書きされ、ただの馬鹿の書いた文書に認定されてしまうことでしょう。

4. 実在しない送り主の名前が書かれていることも

つまり、怪文書はある程度頭の良い人が綿密に計画して文書を書き、そして公開していることが想像できます。

この怪文書に使われる名前ですが、実在しない送り主の名前が書かれていることもあるようで、送られたり、事実を暴かれた相手は「おい、こいつは誰だ・・・」「誰なんだ!?」と焦って、この世に存在しない相手を探し続けてしまうという呪いに掛かってしまったりすることもあります。

内容の特徴

怪文書の内容にはいつも幾つかの特徴があります。

どんな特徴なのか・・・知れば知るほど不思議で魅力的な世界と気が付き、あなたもこの世界に引き込まれてしまうかもしれません。

1. 手書きの場合おかしな書体が多い

怪文書なんだから、パソコンを使って文書を書くのが当たり前と思うと思います。

手書きで書いたら誰が書いたのか、今時の技術を使えば、あっという間に特定されてしまいそうですよね。

でも、怪文書はなぜか手書き、しかもおかしな書体で書かれていることが多いんです。

それもスリルなのか、相手に恐怖を味合わせたいのか、とにかく書かれた方はおかしな書体に震え上がる人が多いそうですよ。

2. 新聞や雑誌の文字を切り貼したものも多い

手書きの怪文書とか、怪文書の書き方はどんな風におかしな文書が多いものなのかというと、新聞や雑誌の文字を切り貼したものを使う人もとても多いそうです。

昔、ケビンコスナーと、今はもうこの世からいなくなってしまいましたが、ホイットニーヒューストンが共演した映画「ボディーガード」では、変出者が新聞や雑誌の文字を切り貼したものを使って手紙を出していたシーンがありました。

変出者は自分のつばで切り抜いた文字を貼り合わせて行き、なんとも気持ちの悪い文書「あなたは全部もっているけど、私には何もない」という、脅迫文的な内容を送り付けるのです。

3. 特定の個人や組織を誹謗中傷している

怪文書のそもそもの目的は、 特定の個人や組織を誹謗中傷することです。

直接言いたいけれど、それだともみ消されるだけで意味がないとか、仕返しがえげつないから自分の名前は明かせないなどの理由があるのです。

4. 犯罪の目的が書かれていることも

怪文書の中には、洒落にできない、人の生死や犯罪に関する内容が書かれていることもあります。

これは、個人的には、真実であって欲しい内容の一つです。

警察からは「これ以上深入りすると狙われるかもしれないから・・・」と言われ警察は動いてくれない、周りは信用できない人ばかり、でも家族は自殺して何かが起きている、こんな状況の場合は、怪文書を作成するしか手がないのかもしれません。

また、別のシーンでは、本当は冤罪で真犯人は別にいるのに、警察も司法もそれを見抜けずに、誰かが罪をかぶらされているとか、

女性が性的被害に合っているというのに、会社も、弁護士も、ぐるになって揉み消しにかっかったとか、

こんな話、ドラマとか映画だけの話でしょ?と思うかもしれませんが、本当にある話なんです。

5. 秘密のミッションに関連した内容も

怪文書は通常表、世間には出てこない、シークレットエージェンシーとか、秘密のミッションに関連した内容の場合もあります。

国家や大企業を暴露するような内容が怪文書によって暴露されると、国民は一時大騒ぎになって、その内容の凄さよりも「大事件が本当に起きた!!」ことに大騒ぎ、でも結局いつしか気が付くと、ほぼ全ての暴露話が揉み消されるというつまらない展開になっていくのです。

6. 犯人やターゲットをほのめかす内容も

そんな暴露話の中では、犯人やターゲットをほのめかすような、聞いている内に心臓がバクバクしてしまうような内容のものも存在しています。

良く映画などで、これはノンフィクションと記載される映画です。

想像によって架空の筋や事柄をつくったものではないという内容のものがそれにあたります。

どういう場面で見られる?

例えば、ローマ大司教という、性とは真逆のイメージの人物が、実は性犯罪者で、若くて身寄りのない男女を信じ込ませて、自分の目の前で性行為をさせる性癖があったとか。

怪文書の恐ろしさは、身近なところの問題を指摘しているという内容のものがもっとリアルで、怖い時もあります。

例えば、ある人が飼い猫が生んだ子猫を数匹段ボールに入れて捨ててしまった時のことでした。

捨てた場所の近くに住んでいたある老人は、ある人が子猫を捨てた場面を目撃し、その後、カラスが子猫全員を食べてしまって死んでいる場面も目撃してしまいます。

怪文書にはこう書かれていました。

「私は全てを見ていました。子猫はあなたが殺したのです。」と。

1. 談合やインサイダー

談合やインサイダー取引が悪いことだということは、日本人ならほぼ全員が周知の事実です。

それでもお金持ちたちは、もっともっと私欲を増やす為に、談合もインサイダーも影でこそこそと続けています。

本来なら全て上手くいくはずですが、仲間の誰かが裏切られて、1人儲けがでないだけではなく、大金を支払わされるとばっちりを受けたとしたら・・・さぁ怪文書の登場です。

「どうして俺だけがかぶらないといけないのか・・・」

ここ最近で、そんなとばっちりを受けたのはきっと◯◯学園と名の付く、総理までをも巻き込んだ問題だったに違いありません。

結局信じ湯は闇の中、、権力で全てを揉み消し、それでも内閣の支持率が下がってくれば、今度は世界をコントロール?

だからお金がないはずの北朝鮮のミサイルが飛んでくるのだろうか・・・全ては誰かと常に繋がっていたり、支配されているのだろうか、国民の心はきっと誰かに支配されていて、怪文書だけが真実をどうにか伝えようとしているツールの一つ・・・なのかもしれません。

2. 殺人犯の挑戦状

怪文書は時に、犯人側から作成されることもあります。

気の狂った犯人は、無残にも、誰かの大切な人を奪ったにも関わらず、平然と、いや、彼はそれよりもっともっと興奮しながら、怪文書を作成し、国民やマスコミなどを刺激し楽しんでいたのです。

怪文書の内容はただのいたずらだと思われていました。

しかしその内容は、見るも、聞くもおぞましい結末を辿ります。

彼は今も刑務所にいるのかと思えば、未成年だった彼はとっくに刑務所を出所しています。

いたいけな子供、まだたった10歳にも満たなかった子供を無残な方法で殺害した犯人は、怪文書までも作成して世の中に衝撃を与えたというのに、今社会の中で自由に生きているのです。

3. 政治家のやり取り

政治家のやり取りは、本当に巧妙で、一般人には想像もつかない内容が、虎視眈々と交わされているに違いありません。

今回は降りてもらう代わりに、次のチャンスは彼を選考しなくては・・・とか、あの件はあの人にかぶってもらう代わりに、あの時のあれの尻拭いはこちらでやっておこうとか。

最近は政治家に関する怪文書よりも、小池百合子さんのように、真正面から都議のドンと闘う状況に勝利したり、あるはずのないものが「記憶にない」で終わらせられたりと、パッションはあるものの、大きなスキャンダルを生むような状況ではなく、静かに淡々と日々を過ぎているようです。

怪文書は、時に嘘のものが存在するけれど、国民が真実を知る数すくないツールとして、もっと数多くの文書が世に出て来て欲しいものです。

4. 企業の不祥事の告発

告発した人のその後は大体不幸なものになっているイメージがあるのは、企業の不祥事の告発をした怪文書の存在です。

数年前に某イタリアの有名ブランドの下請け会社が、高級ブランドの実態を告発した時も、悲惨な状況が起きていました。

告発内容は次のような内容でした。

高級ブランドが使用している革は本物であることに変わりはありませんでしたが、職人は同じ皮の鞄をたった数千円で販売しているのに、高級ブランドは最後にそのブランドのロゴを付けるだけで、数十万円の品物に変えてしまっているのだと。

この話が出てからというもの、その下請け会社には一切発注はなし、他のブランドもお店も彼らを助けることはせず、彼は路頭に迷う結果となってしまったのです。

後日日本のマスコミからインタビューを受けた際、怪文書を作成したオーナーは暴露したことをとても後悔していました。

怪文書は所詮怪文書です。

法的な効力など微力くらいにしかならないはずです。

だって書いた人が匿名なのですから。

でも、皆さん、これからはもっともっと怪文書に興味を持って読んで行きましょう。

怪文書の中には自分の実を削ってでも真実を伝えようとするものがあるのですから。

もしかしたら物凄い真実を見つけ出すことができるかもしれません。

但し、心臓が止まるくらいの内容が書かれているかもしれません。

読む時は常に心の準備をしてから読むようにしておきましょう!