もしかしたらあなたも知らない内に暗示に掛けられているのかもしれません。

「あなたは暗示に掛かっているのか?否か」暗示を察せられるようになるために気を付けたい7個のことをご紹介します。

暗示を察せられるようになるために気を付けたい7個のこと

人は日々知らず知らずのうちに、誰かから暗示を掛けられている可能性があるんです。

「まさか、そんなことあるわけない」「怪しい宗教とか、信じちゃう人でしょ、そういうのに引っかかるのは!」と思っているあなた!

もしかしたら、自分も気が付かない内に、暗示に掛けられているのかもしれません。

1. 五感を研ぎ澄ます

暗示は、音や繰り返しの行動など、人間の心理に潜り込んで、本人が全く気が付かない内に暗示に掛けられてしまいます。

「どうやって暗示を掛けるのか」「暗示を掛ける方法」を知ることも大切ですが、普段から五感を研ぎ澄ます意識をつけておくと、暗示にかかり難い体質になることができます。

1.言葉以外からの情報をしっかりキャッチする


暗示は言葉だけで掛けられるものではありません。

例えば、毎回同じ音を立てられて、その音を聞いただけで、なんだか気分が良くなり、そのタイミングで話しかけられると、つい「いいよ」と言ってしまうとか。

言葉以外からの情報もしっかりキャッチして、相手の思い通りにならないように注意して行きましょう。

2.繰り返し過ぎると麻痺する

人間は最初は嫌だな、とか、おかしいと違和感を覚えていたことだとしても、繰り返し続けていると、感覚が麻痺してきて、「これが普通」だと思い込んでしまう性質を持っています。

1.限度を過ぎないこと

最初にネガティブな感情を持ったことについては、メモしておくなど、忘れないように・感覚が麻痺してきてからでも、ストップを掛けられる状況をキープしておいて、限度を通り過ぎないように注意して行きましょう。

3.目的と結果を意識すること

自分の目的は何なのか、ゴールに辿り着いた時にどんな結果を出したいのかを意識することで、誰かが暗示に掛けようとしても、ビクともしない状態を作ることができます。

人は自分の考えをしっかり持って、人に左右されないタイプと、なぜか、人の言うことをすぐに鵜呑みにしてしまうタイプがいます。

あなたは人からネガティブなこと、例えば「最近太った?」とか「なんか最近いつも疲れてそう」とか、自分で気にしているけど、本当は言われたくなかったことを言われてしまった時に、

家に帰って「私太ったかな?」「私最近顔疲れてる?」と連呼して、3日間くらい気にし続けてしまうタイプではありませんか?そういう人は危険信号です。

相手はあなたの心理を見抜いて「この人、こういえばきっとネガティブな気持ちになる」と分かって、そう言っているんです。

4.必ずしも思い通りにはならない


暗示は必ずしも思い通りにはなりません。

気をつけておくことに越したことはありませんが、極端に怖がる必要もありません。

自分さえしっかりしていれば、相手の攻撃などいとも簡単にかわすことができます。

ポイントは、普段から必要以上に褒めてくる人、言われたくないことばかり言ってくる人が話掛けてきた時は、自分から話を遮る方法を身に付けておくことです。

少し話してから「あ、もう行かなきゃ」とか「あ、約束の時間だ」「またね!」などど、あなたの方で主導権を握ると、暗示の効果は一瞬で消去されてしまいます。

5.イメージトレーニングを普段からしよう

暗示に掛からないようにするには、普段から人を信用し過ぎないようにしたり、回避できるようなイメージトレーニングをしておきましょう。

6.逆に作用することも

暗示は心を刺激する心理効果の一つなので、掛けている思惑とは違うように作用してしまうこともあります。

「なんか自分だけど自分じゃないみたい」とか「あれなんでこんなことをしているんだろう」と変な感じに気が付いたら「あ、暗示かも」と思って、一旦自分のペースに戻すようコントロールしてみましょう。

7.目標を大きくし過ぎない

目標を大きくし過ぎると暗示に掛かりやすい傾向があります。

目標と現実のギャップがあり過ぎて、「早く埋めないと」と焦ったり、気が付かない内に不安定な精神状態になってしまうんです。

そんな時こそ、暗示に掛かりやすい!

目標はちょっと先まで、クリアできたらまたその次くらいにしておきましょう。

ちゃらんぽらん、少し大雑把にすることも、時には目標達成に効果的です。

暗示は大きな力を秘めている

暗示は多くの人が驚くくらい大きな力を秘めているんです。

1.暗示とは?

暗示(あんじ)とは、そもそも英語でsuggestion、言葉や合図を使うことによって、誰かの思考や感覚・行動を操作したり、誘導したりする心理作用のことをいいます。

暗示にかけられた人は自然にそうなったと考えてしまい、それが誰か他人によって誘導されたものであることに気が付かないことが多いのです。

良くテレビ番組で、暗示に掛けられる芸能人がいますが、あれは「いかにも!」という雰囲気で、わざとらしい感じがしてしまいますよね。

しかし本当に怖い暗示というのは、自分も気が付かない、知らないところで掛けられてしまう暗示です。

最近だと女優の能年玲奈さんとか、Xjapanのヨシキさん、お笑い芸人オセロの黒い方、中島知子さんなんかが、その影響を受けているのではないかと噂されています。

2.心理学の用語

暗示という言葉は、心理学の世界から来た言葉です。

なぜなら、暗示とは人の心を、心理学を元に支配・管理できる行動だからなんです。

3.暗示はどの様に示される?

例えば、人の声は大きいということだけで、聞いている人に「積極性」という暗示が掛けられているんです。

人は大きな声の人と話すと、その人が実際臆病だったり内気な人だとしても、「あの人は明るく芯が強い人」思い込む暗示にかかります。

逆に声が小さいと「自信がない」とか「弱そう」と思われてしまうんです。

大きな声で話すことは、技術がいらなければ、誰にでもできる、ただ大きな声を出せばいいだけのことですよね。

人間の心はこのようなとても単純な心理によって暗示に掛けられてしまうのです。

1.言語で

「絶対大丈夫」という言葉はただ自分のことを応援してくれている言葉だと思っていませんか?実はこれも暗示を掛ける言葉のひとつなんです。

「絶対大丈夫」と上司に言われる度に「なんとなく大丈夫なような気になる」「そういわれるとどんな案件でも引き受けてしまう」そんな風に思ったことはありませんか?もしかしたらあなたは既に上司からの暗示に掛かっているのかもしれません。

「絶対大丈夫」、この言葉は褒め言葉ではなく、暗示の可能性があります。

2.非言語で

非言語で使う暗示には、日常生活ですぐに使える「同意」の暗示方法があります。

これはどんな暗示なのかというと、人は誰かに頼み事をしたい時、相手の状況を考えて頼めば、相手の気持ちはコントロールできるという方法です。

相手の状況を考えずに、自分の都合ばかりを考えてタイミングを合わせると、暗示は上手く掛からずに、相手は「yes」と首を縦には振ってくれません。

では、どんな時に頼むと暗示が掛けられるのかというと、「相手の心が快」の時がベストタイミングなんです。

相手に何かいいことがあったら、「今だ!」とそのチャンスを狙いお願いごとをすれば、あなたの頼み事に対して「yes」と言ってもらえる確率は非常に上がります。

もしその「快」のタイミングを待っている時間がないのであれば、相手を褒めて「快」にすると、そのチャンスはすぐにやって来ることと同じ状態になります。

これは日常生活の中で、家族や職場の人、様々なことに利用できるので、是非覚えておいて実行してみて下さい。

暗示の種類

日常生活にはびこる「暗示」は思いもよらない身近なところに存在しています。

1.自己暗示

自己暗示とは、自分で自分に掛ける暗示のことをいいます。

例えば、仕事や勉強でプレッシャーを感じている時、「自己暗示」を掛けることによって、自信を持つことができたり、自分の能力以上のことができるようになったりすることもあるんです。

自己暗示に慣れている人は、ピンチがやって来る度に自己暗示を求め、毎度そこに救いを求める人もいるくらいなんです。

1.思い込みによる錯覚

自己暗示のための簡単な方法として有名なのが、「叶えたい願望を声に出して何度も復唱する」という方法があります。

自分の願望を音にして、自分の耳に入れることで、イメージがより具体化され、潜在意識に働きかけやすくなる効果があるんです。

「心の中で思っていること」と「声に出して言ってみること」では大きな効果の違いがあります。

潜在意識に何度も働きかけて行くと、人間の脳は「どうにかしてこの願いを叶えなければならない」という指令を出し始めます。

この指令のおかげで、人は目的達成のために、行動を起こしやすくなるのだそう。

思い込みによる錯覚は、ただの錯覚ではなく、夢を現実にできる一つの方法だったのです。

1.ポジティブな作用

自己暗示を掛ける時は、暗示を掛けて成功した後、目的を達成すればどうなっていたいかというビジョンを具体的に思い浮かべると、自己暗示がより掛かりやすくなったり、努力の方向性が見えてきやすくなります。

このやり方を覚えておけば、ピンチになった時以外でも、普段から、電車の待ち時間や寝る前などのリラックスした時間などに、「自分がどういう風になっていたいのか」「そうなればどんないいことが待っているのか」を想像することで、今の自分には何が足りないのかというヒントがもらいやすくなります。

2.ネガティブな作用

しかし、「言葉には言霊がある」という言葉があるように、「暗示は人の潜在意識にダイレクトに伝わる」という意味も持っています。

あまり自己暗示・暗示の世界にのめり込んでしまうと、「何が本当の自分なのか」とか「本当の目的は何なのか?」と迷走するようになったり、毎回暗示を掛けないと不安になる、などの症状を表すことがあります。

自己暗示がさらにエスカレートすると、悪い宗教もどきの団体を信じて騙されてしまうなんてこともありますので、どんな時も家族の意見だけには耳を傾ける余裕を持っておきましょう。

3.性格を変えてしまうことも出来る

女性の場合は口紅を変えたり、髪型、ファッション、ネイルなどのあまり目立たない場所に変かを加えることで、自分の性格をポジティブに変えることができます。

ポイントは、いつもの自分のイメージを壊して違う自分を作ってみることです。

何かを壊して、自分から新しい自分を演出することで、自己暗示に掛けることができるので、毎日鏡を見て、鏡の自分に向かって「綺麗」「可愛い」「昨日より可愛くなってる」「このまま行くといつか美人になれる」と言葉をかけていくと、これが嘘のように効果を発揮してくれます。

逆に、いつも自分のことを「ブス」「太っている」「何をしてもダメ」とネガティブな気持ちでいると、これはこれでその通りになってしまうので、少しでも可愛くなりたいという人は自分で自分に自己暗示を掛けるようにしてみましょう!

4.毎日訓練する

1日に1回、一人で落ち着く場所に移動し、そこで目を閉じてみます。

そして、今まで、生きてきて本当に嬉しかったことや自分ががんばった事を思い出して行きます。

その時のシチュエーションはどんな色でどんな音だったのか、あたかも自分がその場にいるような気持ちでその時のことを思い出してみます。

と同時に、その時自分がどれくらい頑張ったのか、自分の素晴らしさを思い出すのです。

自信たっぷりで、きらきらしていた自分・・・最後は「輝いていた自分は今ここにいます」と声に出して言ってみます。

これを毎日続けると、簡単に自己暗示を掛けることができ、嫌なことをしなければならない日でも自分をコントロールできるようになるんですよ。