あなたの周りにたくさんの人から好かれている人間はいますか?

様々な人間に生きていると出会いますが、中には嫌われている人間だったり、特に可もなく不可もない人間、そしてやたらと人から好かれる魅力的な人間など、様々な人間が存在しています。

生きるという事は、様々な人と関わりを持つ事であり、関わりなくして生きていく事は難しい事です。

基本的には何かしらの形で他人と関わって生きています。

だからこそ、人から好かれるという事はとても良い事ですし、良い特徴であると言えます。

人から好かれるだけで何かしらの立ち位置においても注目され、優遇される場合が多いです。

あなたもそんな立場の人や人間性を見て、憧れた経験はありませんか?

好かれる人は総じて、律儀な人であるという場合が多いです。

今回はそんな誰からも好かれる律儀な人をテーマにして、律儀な人の意味、そして特徴などを中心にご紹介していきます。

律儀な人は好感度が高い

律儀な人は好感度が高いという事が多く当てはまります。

あなたの周りにいる好感度の高い、人気がある人を良く観察してみてください。

恐らく律儀な人である可能性が高いといえます。

逆に、好感度が高いのに律儀ではないような人はあまりいないかと思います。

常にユーモアがあり、優しく、人をまとめるのが上手なリーダーシップを発揮できるような人は注目されますし、カリスマ性があるといえます。

律儀な人ほど周りからも一目置かれますし、その自信がカリスマ性となって表面にまであふれてきます。

好感度が高いという事は良い人間性を持っているという事ですし、良い人間性は律儀である場合が多いので、該当すると言っても間違いはないと思います。

律儀な人とは

律儀な人の特徴をご紹介する前に律儀な人の意味合いについてご紹介します。

律儀な人とは、きわめて義理堅い事であるという意味を持っています。

そして実直であることなど、複数の意味を持っています。

難しい意味かもしれませんが、簡単にいえば人との約束を守ったり、人間関係を大事にする考え方や行動を行ってる人という風に解釈してもらえれば大丈夫だと思います。

いわゆる、義理人情に厚い人という意味合いを考えてください。

人との関わりや、思いなどを大事にしているからこそ、周りの人から信頼され、良い人間関係を築く事で、豊かな人生を送れるようになります。

なので、律儀な人は豊かな人生、幸せな人生を送っている人という風に解釈する事も出来ます。

義理堅い人のこと

律儀な人の特徴として義理堅い事だという風にお伝えしました。

義理堅いという事は、約束を守ったり、相手の思いに対して感じ取り行動してあげるなど、相手に対する思いやりの心を持っているかどうかという事です。

例えば、一度約束した事であれば、状況が悪くなって自分が損をしてしまう状況でも行ってあげるなど、自分の事を顧みず他人のために頑張っている姿などが義理人情に厚いといわれるような行動だといえます。

人間はどうしても欲がある生き物なので、自分の身を犠牲にしてまで他人を助けるという事は負担がかかる事で、嫌がる人も多いです。

しかし、そういった状況でも自分の事よりも他人の事を優先して考えてあげられる人は強い人であり、魅力的な人です。

その魅力的な人間性に周りの人が自然とひきこまれるからこそ、律儀な人にはたくさんの支持する人間が集まるといっても過言ではありません。

律儀な人の特徴12個

ここまでは律儀な人の意味合いについてご紹介しました。

ここからは律儀な人の特徴についてご紹介していきます。

律儀な人は人間性を高く評価され、常に周りに人が集まります。

素晴らしい人間性と、周りを大事にする考え方を持っているので、自然と憧れる人や、頼りにしたいと思ってついてきてくれる人がたくさんいます。

一見不思議な能力だと思われるかもしれませんが、ちょっとした考え方や行動を変えるだけで誰でも魅力的な人間になれます。

自分にはなれないと思わずに、律儀な人の特徴を把握する事で、少しでも自分自身を魅力的な人間になれるように工夫してみてください。

特徴を知るという事はなる方法を知るという事にも置き換えられます。

律儀になるという事は、周りを幸せにし、自分にも幸せが訪れる事にも繋がります。

自分にやがて帰ってくる事にも繋がりますので、参考にしてください。

人間関係を大切にする

律儀な人の特徴として、人間関係を大切にするという事が挙げられます。

律儀な人は人間関係を大事にしているからこそ、周りから律儀であると言われます。

逆に考えて人間関係を大事にしていない人は律儀であるとは言われません。

人間関係が最も大事な事であるという事を理解しているからこそ、人間関係をおろそかにしないために行動出来るという事に繋がります。

具体的にどういう人間関係を大事にしているのか、それぞれのパターン別にみていきましょう。

家族

まず、大事な人間関係として家族を大事にできているかどうかという事です。

人間であれば、生まれてから大人になるまで自分一人の力で生きてきたわけではありませんよね。

例えば、学校に通うにしても、食事を得る事に関しても、何から何まで家族が行ってくれたからこそ、今の自分があるという事です。

自分でお金を稼いで、食事も自分で作って学校に通ってという方はいないですよね。

家族の支えがあって初めて自分という人間が存在しているという事を知ってください。

当然、家族に対する感謝の気持ちがあれば家族を大切にしようと考えることは不思議な事ではありません。

家族を大事に出来ない人が他人を大事にできるわけがありません。

律儀な人は家族を大事にし、家族を逆にこれからは支えたいという気持ちを持っている場合が多いです。

ここで初めて人に感謝するという気持ちを持ち、他人に対しても優しくできる事に繋がります。

律儀な人になりたいのであれば、まずは自分に最も身近な存在である家族に対する感謝の気持ちを持つ事から始める必要があるといえます。

友人

次の人間関係として、友人との人間関係が大事であるといえます。

人間は一人では生きていけません。

家族であったり、何でも話せるような友人をもってこそ素晴らしい人生を送る事が出来ます。

もちろん友人がいなくても生きていける事は生きていけますが、寂しい人生になってしまいます。

いわゆるリア充と呼ばれるような人達かもしれませんが、友人がいるのといないのとでは人生の楽しさが全く変わってしまいます。

そして、友人がたくさんいる人は、やはりコミュニケーション能力が高く、どんな場面でも人と仲良くすることが出来るので、人間関係で困る場合などはあまりないかといえます。

人生を生きる上で、必要な才能であるといっても過言ではないでしょう。

友人がたくさんいる人は当然ながら良い人間性を持っているからこそ周りに人が集まりますし、コミュニケーション能力が高いからこそ、信頼してもらえます。

人間性、コミュニケーション能力がある人ほど、律儀な人であると判断してもらえます。

なので、友人との人間関係を友好的に築き上げてる人は律儀である可能性も高いといえます。

恋人

恋人との人間関係も大事な事です。

人間であればその本能の中に子孫繁栄という目的を持っています。

子孫繁栄を行うには男性であれば女性、女性であれば男性と恋愛を行い信頼できる相手との間に子供を作り子孫を繁栄していくことが本能として存在しています。

なので生きていく上で恋愛は必要なコミュニケーションであると言えます。

生きていく中でたくさんの人と出会っていきますが、そのなかでもこの人と一緒にいたい、自分が幸せにしたいと思えるような相手を見つけて、良い人間関係を取っていくことは相手に対して思いやりの心を持ったり、いつくしむ心を持てることにもつながります。

相手のことを考えてあげる気持ちを持つことは律儀な人であるということにもつながります。

恋人に対して思いやる心を持っていれば、自然と恋人以外の自分の大切な人に対しても思いやりの心を持てる様になります。

恋愛をするという事は、まわりに対する人間関係を良くする事にも間接的に繋がっていきます。

異性とのコミュニケーションが上手な方は、同性とのコミュニケーションなども得意な場合が多いです。

もしも異性とのコミュニケーションが下手だと感じているなら、早い段階から異性とのコミュニケーションになれるように努力してください。

充実した人生を送るのに恋愛は大事な事です。

大切な一度きりの人生なので、充実した人生を送れるように自分自身を奮い立たせてください。

仕事仲間

仕事の仲間に対する人間関係も大事なことだと言えます。

人間が一人で生きていけないように仕事も自分一人で行っている言葉少ないと言えます。

例えば会社の中で一緒に仕事をする仲間が存在する場合もありますし自営業でたった一人で仕事をしていたとしても取引先の人や新しい営業先の人と関わることで当然人間関係は生まれます。

仕事を通じて出会う人はたくさん存在するので当然ながら一緒に仕事をする仕事仲間に対してのコミュニケーションもとても大事なものです。

特に男性であれば人生においてのとても長い期間お仕事を通じて生きていくことになります。

だからこそ仕事場の仲間とコミュニケーションを取るということは仕事における重要度の割合においても、とても高い割合を占めており必須な能力であるともいえます。

仕事の内容によってはそのコミュニケーションが上手か下手かという違いでだけで評価されるされないという事までが決まってしまう場合があります。

それほど仕事においてコミュニケーションというものが重要であると証明されています。

例えば具体的に説明するとあなたがある会社に勤めていました。

最近流行りのウォーターサーバーが欲しいなとずっと思っていた時に、別別の会社からウォーターサーバーの営業マンが二人来社しました。

A社の営業マンは気さくで明るく、話も合い、自然と打ち解けて、とても良い人でした。

B社の営業マンは寡黙で淡々と商品説明だけをしてくれました。

性能だけで見るとB社のウォーターサーバーの方が優れてはいます。

あなたがどちらの会社のウォーターサーバーを契約するか?という判断を迫られた時に、性のいうが良い方がいいと思う方もいるかもしれませんが、人間性を見てA社と契約をするという方がけっこう多いのが現実です。

必ずしも商品の価値が高いだけでは販売できないという事です。

だからこそ営業マンという存在が成り立つのです。

商品価値が高いだけで販売できるのであれば営業マンなんか必要ありません。

だからこそ、人間性が大事であり、良い人間性の人は律儀である場合が多く、人間関係も大事にしているといえます。

感謝の心を忘れない

律儀な人ほど、感謝の心を大事にしています。

人間は最初こそ意識するものの、だんだんと慣れてくる生き物です。

例えば、感謝の気持ちもそれに該当します。

時々助けてくれるような人に対しては、助けてくれた時に大きな感謝をしますが、毎日助けてもらっていると、それが当たり前のように感じてしまい、感謝の気持ちをもたなくなってしまう場合があります。

慣れというのは怖い物です。

助けてくれている相手は相手の事を思って行動しているのに、慣れによってそれがないがしろにされてしまうと怒りの気持ちを持ったりもします。

それに反して、常に相手に対して感謝の気持ちを忘れないようにしている方は周りからの信頼も高く、この人の為なら助けてあげたいと思えるようになります。

また、感謝の気持ちを持ってさえいれば、相手が困っている時には相手に助けてもらった恩を返したいと思い、行動する事も考えられます。

感謝の気持ちさえ持っていれば、自然と相手の為に行動することが出来るようになります。

相手の為に行動する事は、大事な事であり、相手にこちらの気持ちが大きく伝わる方法です。

だからこそ、相手からは律儀な人だと評価され、より良い人間関係が築けるようになります。

感謝の心を常に忘れないように努力してください。

約束を破らない

律儀な人は約束を破ったりはしません。

律儀な時とは相手の事を思いやり、相手の事を考えて行動します。

自分がされて嫌な事は当然相手にはしません。

なので、約束を破ったりするような事はしませんし、必ず約束を守るように努力します。

約束というのは、しっかりと約束する場合もあれば口約束のような比較的お互いの確認が甘い約束も存在します。

しかし、いったん口にした約束をしっかりと守る姿勢が相手に伝わると、それがどんな約束であれ相手からすると相手の人間性を感じて、信頼できる人だと思います。

逆に、どんな小さな約束であっても、守らない人間を見てしまった場合には信頼関係が亡くなってしまいます。

この人は約束をしても破る人間だから、秘密などを話してしまったら裏切られてしまうという事などを連想させるからです。

しかし、約束を守る人間は信頼され、律儀でると高い評価を受けます。

約束を守るのは人間として当然ですが、時には自分の身が可愛いからこそ約束を裏切らなければいけないような状況など生まれます。

しかし、自分が窮地に立たされるくらい大きな状況であればあるほど、それでも約束を守る人間は本当の意味で強く、信頼できる人間です。

約束を守る事で相手の高い評価を受けられるという事を理解してください。

マナーやルールを守る

律儀な人はルールやマナーを守る特徴があります。

人間であれば、生きていく為のいくつかのルールがあります。

例えば法律に背くような真似をしてはいけないとか、会社に勤める上で禁止されている事項などを行わないようにするとか、立場によって多少変化しますが、それでもある程度は決められた事は似たような場合が多いです。

中にはルールやマナーを守るのが苦手な人がおり、ちょっとくらいいいやという気持ちで違反してしまうような人がいます。

しかし、会社で見るとひとりのミスが大きなミスに繋がる場合があります。

仕事に対する意識が低い人ほどルールを守らない傾向があります。

しかし、ルールやマナーを守らない人間は悪い評価を受けますし、信頼できない、頼りない人物であると判断されてしまいます。

逆に、守って当然ですが常にルールやマナーを守れる人間は評価されます。

あの人は違反をしないから、難しい仕事も責任をもって行ってくれるはずだと上司からも期待されたりと、普段からルールやマナーを守るだけで違った印象を相手に植え付けることが出来ます。

社会的な信頼があるないでは大きく反応が違ってきます。

すべては自分の所に帰ってくるので、ちょっとだけならとかずるい考えはもたずに、真面目に生きることが大事であるといえます。

正直さがある

律儀な人の特徴として、正直さがあるといえます。

先ほどご紹介したマナーやルールを守るという部分に似ているかもしれませんが、正直であるという事は、とても大事な事です。

時々みかけるのが、自分の欲を満たすために、嘘をついたり、人を欺いて良い立場に移行しようとする人が見変えられますが、とても危険な行為です。

もしも嘘がバレてしまったり、下心を見透かされてしまった場合には、信用ならない人であると判断されてしまいます。

これまでに頑張ってきた事などがすべて水の泡になってしまう可能性などもあり、仕事に差支えが出て来るくらいの嘘であれば、責任を取らされる場合があります。

しかし、常に正直で周りの人に対して真摯な対応を心がけている人は嘘をつく事がありません。

常に正直でいられ、相手を欺くような事はしませんので、高い評価を受けることが出来ます

確かに良いように満たれたいがために嘘をついてしまいやすい場面などもあるかもしれませんが、嘘は必ず矛盾点が生じてしまい、バレてしまう可能性があります。

それよりも真摯に対応をした方が自分にもメリットがたくさん帰ってきます。

ずるい事はせずに相手に対して誠実な態度で接する事を心がけてください。

真面目

律儀な人の特徴として真面目であるということが挙げられます。

あなたの身近にいる律儀な人を想像してみてください。

おそらく不真面目な人で律儀な人は存在しないと思います。

律儀な人には真面目な人が多く、何に対しても真剣に取り組んでいることが特徴だと言えます。

例えば不真面目な人には何かを行うにあたって少し手を抜いたり、自分が楽をしようと思って行動している人が少なからず存在します。

しかし、仕事において手を抜いてしまえばクオリティが下がってしまいますし、自分が楽をしようとすることで自分が成長するきっかけを失うことになります。

それでも不真面目な人は楽をしようとしますが、真面目な人はどんなことでもしっかりと向き合って妥協しないで行動する人が多いです。

普段から何事においても妥協しないという考えを持って仕事に取り組んでいる人は、問題が発生した時にも前向きに対処し、高いクオリティで仕事をすることができます。

しかし普段から楽をしようと考えて仕事をしている人は、問題が発生した時には問題を乗り越えることではなく、どうやって楽をして問題をスルーしようかなどと考えてしまいます。

根本的な考え方が違うと、行動なども大きく変わってしまいます。

律儀な人を見習って真面目に何に関しても向き合う事が大事であるといえます。

きちんとお礼する

律儀な人は、相手に対して感謝の気持ちをもっているので、必ず助けてもらった時にはお礼をしようとします。

感謝の心を持つ事は人間であれば当然必要な事ですが、どうしても中には助けてもらってもそこまで恩義を感じず、軽薄な行動をしてしまうような人もいます。

いわゆる恩知らずという人ですが、相手の事を考えて行動出来ない場合はお礼を言ったりするのも忘れてしまったりと人間関係において支障が出る場合があります。

しかし、普段から律儀で相手に感謝の気持ちを持っている人は助けてもらったら自然と俺が言えますし、心の中に助けてくれた記憶を持ち続けています。

なので、いつか相手が困っている時には以前助けてもらったお礼として逆に助けてあげたり、何気ない日常でも感謝の気持ちを述べたりできる事屁と繋がります。

相手は覚えてくれていた事に対しても嬉しいですし、律儀な人柄に信頼を感じます。

自然と人との間に信頼関係を生み、良い人間関係も培う事もできるので、感謝の気持ちを持ち、お礼を言うだけでまったく得られるものが違ってきます。

きちんと相手に対して真摯に対応をしていればそこまで難しい事ではありません。

恥ずかしくても、きちんとお礼を入れる恥ずかしくない人間なる必要があると言えます。

人助けをする

律儀な人は自然と人を助けることができる特徴を持っています。

先ほどから何度もお伝えしてるように、律儀な人は感謝の気持ちを持っている人が多いので、人が困っている姿を見た時には助けてあげる行動を取ることができます。

人間の中には軽薄な人も存在し、人を助けることが面倒ごとだと思ってしまい、極力関わらないようにしようと考えている人もいる場合があります。

しかしそれは大きなチャンスを逃してしまっていることに気づくべきです。

人助けをすることによって助けられた相手はピンチの状況であればあるほど相手に対して大きな感謝を持ちます。

助けてもらった相手は助けてくれた人に対して強い信頼を感じなおかつ自分もその人のために何かしてあげれることはないかと考えたりもします。

その結果自分が困っている時に助けてくれる可能性も増えますし、良い人間関係を培うことにもつながるので、まさにさまざまなメリットが得られます。

確かに人助けは少し労力がいることかもしれませんが、他人のために自分の身を犠牲にしてでも動けるような人間性は人が集まり、やがて自分自身を成長させるきっかけと繋がりますので意識してみてください。

自分より人を優先する

律儀な人ほど自分の事よりも他人の事を気にしてあげることができます。

つまりは、自分よりも他人を優先して考えることができるということです。

どんなに優れた人間でもやはり自分の身が可愛いと思う事はしょうがない考え方です。

自分が窮地に立たされてしまう状況であれば、大切な人を時には裏切ってしまう洗濯をする場合があります。

おそらくこの場面で他人のことを考えて行動できる人はかなり少ないといえます。

しかし、その反面、ピンチな状況であればあるほど、人を助けてあげる事でその人はこちらに対して大きな恩義を感じてくれます。

そして自分の力になってくれる可能性が大きいですし、その人も身を挺して自分自身を守ってくれる場合があります。

さらに、強い信頼関係を結ぶ事が出来ます。

人とのつながりは貴重な財産です。

人生を通して、この財産がたくさんある人は素晴らしい人生を送ることが出来ます。

だからこそ、たくさんの財産を築くためには人と人との繋がりを大事にして、相手の事を思いやった選択をなるべくたくさんしてあげることが、相手からの評価に繋がり、良い人生を送る事にも繋がります。

律儀な人になれるように、普段の選択肢を選ぶ時には注意してください。

失敗やミスが少ない

律儀な人は失敗やミスが少ないと言えます。

律儀な人は真面目な人が多いので、何かを行う上で、確認をしたり、失敗しないように気を付けています。

自分が失敗をする事で、周りに迷惑がかかってしまうという事を理解しているからです。

なので、ミスを極力少なくするために工夫できる事を様々実践しています。

だからこそ失敗やミスが少なく、自然と仕事ぶりも上司や周りに理解され、信頼される場合が多いと言えます。

逆に言えば、失敗やミスをしないという事は周りに出来る人間だと思われ、評価される事に繋がります。

すべては自分に返ってきます。

適当に仕事をしていればミスが目立ちますし、ミスがあると信頼はなくなります。

時には仕事を奪われる場合などもあるかもしれませんので、常に危機感をもって仕事をする必要があると言えます。

遅刻をしない

律儀な人ほど遅刻しないように気を付けています。

遅刻をするという事は、周りに迷惑がかかりますし、社会人として信頼されない行為です。

例えば、あなたの周りにいる出来る人を想像してみてください。

遅刻するような人はおそらく一人もいないはずです。

その逆に、仕事が出来ない人ほど遅刻してきたりしませんか?
不思議ですが、これがけっこう当てはまっている場合が多く、やはり仕事に対する意識が薄いという判断を下されてしまうからだといえます。

遅刻をするという事は社会人のルールにも違反しているので、上司からの評価にも大きく差支えが生まれます。

普段から遅刻癖があると、大事な場面においても遅刻をしてしまったりと、最悪な結果に結び付いてしまう場合があります。

必ず社会のルールは守れるように工夫してください。

見返りを求めない

律儀な人ほど相手に対して見返りを求めない行動を行います。

人間の中には残念ですが、相手の事を見返りを求めて助けてあげたりする人がいます。

例えば、律儀な人は目の前で困っている人がいれば無条件で助けてあげたりしますが、悪意がある人は助けてあげる事によって恩を売ってこちらのメリットにさせてしまおうという風に考えたりもします。

何も考えずに放置するのも問題ですが、悪意や下心をもって近づくのは相手に対して失礼ですし、人間として恥ずかしい行為です。

それが相手に知られてしまえば大きな信頼を失う行動になりますし、関わりたくないと思われてしまいます。

なので、相手と接する際には見返りを求めたりせずに、素直に感謝の心をもって助けるようにしましょう。

自然と相手にこちらの心が伝われば、そんな見返りよりももっと大事な信頼を得る事が出来ます。

良い人間関係を築けますし、そこから思わぬ良い事が生まれる場合などもあります。

これらは計算して得られるようなものではなく、心で感じたままに行動し、感謝の心をもって接する事で自然と得られるものです。

計算して得ようと思わずに、こちらが感謝の気持ちをもってさえいれば相手もその気持ちを持ってくれます。

見返りを求めて行動する事は律儀だとは言えませんし、人間として寂しい考え方なのでしないようにしてください。

律儀な人は人望がある!

いかがでしたでしょうか?

今回は律儀な人の意味合いや特徴などをご紹介していきました。

様々な特徴をご紹介しましたが、律儀な人の周りには自然とたくさんの人が集まり、良い人間関係をたくさん築くことができます。

普段の生活の中にもたくさん人間関係を発展させるチャンスが眠っています。

人間関係の積み重ねは充実した人生を送る上でとても大事な事です。

たくさんの人と良い関係を積み重ねることで、たくさんの楽しい経験をすることができ、満たされた人生を送ることができます。

人間関係をたくさん築いていれば、いざという時に親身になって助けてくれる場合もあります。

人とのつながりはとても暖かい物です。

その逆に人間関係が希薄な場合は寂しい人生になってしまう可能性が高くなります。

たった一度の人生なので、今回ご紹介した特徴を、たくさんの人から愛される後悔のない楽しい人生を送るために、活用してみてください。

【人望が厚い人の特徴は、こちらの記事もチェック!】