CoCoSiA(ココシア)

人間力を高めるためにやるべき9個のこと


人間力、それは人が幸せに生きる為の基本です!これが高められれば、どんな人でもし合わせるにるチャンスがある。

今より少しでも幸せになりたい人は是非これを読んでみて下さい♪

この記事の目次

人間力を高めるためにやるべきこと9個

人間、歳をとって大人になって行くと、美人になりたいとか、可愛くなりたいの他に、そもそもちゃんとした人間でありたいとか、周囲と上手くコミュニケーションがとれる人間でいたいとか、その人自信に魅力のある人間でありたいと思い始めるはずです。

それには人間力を高めるのがオススメです。

1.五感をフル活用して生きる

人間力が高い人は普段から五感が敏感に働いています。

これは良くテレビでやっているような、いつも朝ごはんにはオーガニックの◯◯を食べているとか、体にいい炭酸水を飲んでいるとか、チアシードやアサイーを食べていて・・・のような、意識高い系のことをいっているのではありません。

人間としての五感、それは忙しい毎日の中でも、息をすることを意識してみたり、日々の体の変化に気付ける余裕をもったり、たまにはゆったりとしたブランチを食べたり、雑誌やSNSにのっているような行動ではない、自分の大好きな、自分らしい過ごし方を試してみる、ということなんです。

それはいわば、人間としての基礎を感じる生活ということになります。

デジタル機器があちらこちらにはびこるこの世の中で、それができる人間こそ、本当の意味で人間力を持っている人間であるといえるのです。

2.積極的にいろいろな場所に行く


若い頃は世の中のどこへ行っても興味津々、楽しくて、楽しくて、楽しくて、そういう時期は本当に箸が転がっても笑える時代だったのかもしれません。

でも歳を重ねてくると、「あそこはまぁそこそこ程度な感じだし」とか、「人込みは嫌いだし」とか、嫌な部分とか面倒くさい部分が見えて来てしまって、積極的にいろいろな場所に行くのが億劫になってしまいます。

1.視野を広げよう

でも、そんな時こそ、大人の知恵を携えて、積極的にいろいろな場所に行くのがオススメです。

若い頃はテレビで放送されてた場所に後日行くとか、SNSで自慢できるような場所、ナイトクラブ、雑誌にでていた場所などに行ったことがあるかどうかが大切だったこともあると思います。

でも大人になった今、人間力を高めにいくべき場所は、自分と気が合う人がいる、自分が心から好き・行ってみたいと思える場所です。

若い頃は電車でいうと、田舎から都会ばかりを目指して乗車していた人も多いかと思います。

でも、今行くべき場所は、その逆です。

田舎の素敵な場所、自分だけの隠れ家を見つけにいくのです。

世の中の素晴らしいものは、都会にあるものだけではありません。

心を癒し五感を研ぎ澄ましてくれる力が備わっている場所へ足を運ぶ、それは国内だけに限らず、人によっては海外が当てはまるのかもしれません。

帰る頃にはきっと素敵な気分になっているはずです。

3.物事を深く考え、洞察力を磨く

普段の生活の中で、物事を深く考えすぎると、精神的に参ってしまうことがあるので、私はなるべくオススメしません。

でも時には、物事を深く考え、洞察力を磨くことがとても大切です。

どうやって物事を深く考えればいいのか?まずは「疑問」を見つけることがスタートです。

できればそれは、普段の生活の中で不満に思っていることから見つけてみます。

どうして日本の主婦は毎晩ご飯を手作りしないといけないのかとか、
小さい子供がいる内は居酒屋にいったらいけないのはどうしてかとか、
なんであの芸能人は観るだけでむかつくのに毎日テレビにでまくっているのかとか、

誰かに話したら「え・・・」っていわれて、引かれるようなことだけど、自分にとったら「どうして?」「なんでしなきゃいけないの?」と思うことについて、考えてみるのです。

例えば「どうして日本の主婦は毎晩ご飯を手作りしないといけないのか」という疑問です。