CoCoSiA(ココシア)

人生一度きりだからこそチャレンジし...(続き5)

明確な理由はありそうでなかなか見つけられませんし、人それぞれ考え方が違いますよね。

しかしながら、私たちの人生とは反省の毎日である事は誰にでも共通して言える事です。

それはつまり未来の自分を変える為に生きているとも言えます。

そして未来の自分を変える事ができるのも本人次第です。

人は他人の人生までは深く考えてはくれません。

みんなそれぞれ自分の人生を歩んでいく事に必死です。

社会の中に溶け込んでいるとつい周りに流されて気付きにくいものですが、時にはしっかりと現実と向き合い、未来の自分を変えるという意識を持つ事も大切です。

世界的に見れば、日本人は恵まれた環境にいる

日本国内でも毎日のように事件や事故が起きたり、災害などで多くの犠牲者が出る事も少なくありませんが、世界的に見れば日本人は恵まれた環境にいると言えます。

外国では内戦や紛争が勃発していたり、それらの影響で慢性的な餓鬼が発生していたり、治安の悪さから強盗や殺人が多発している国もあります。

また、貧富の差も外国と比べて日本はそれほど大きくなく、比較的に裕福な国であると言えます。

国によっては生まれながらにして、自由に生きるという事を考える事さえ許されない人生もあるのです。

こうして考えると、日本人で良かったと感じる人も多いのではないでしょうか。

日々を精いっぱい生きることは生きている今を生きる我々の使命でもある

生きていれば誰でもこの世に生まれた意味や使命など忘れてしまう時があるものです。

がむしゃらに生きていれば、そのような事を考える暇もありませんよね。

でも、親しい人が亡くなってしまった時や、ひどく落ち込むような時はそんな事を思ってしまう事があります。

そんな時こそ、自分を奮い立たせて日々を精いっぱい生きようと前を向きましょう。

どんな人でも今を精いっぱい生きる事は未来の自分にきっと繋がり、そうする事が私たちの使命でもあるのです。

まとめ~よりよく生きるために~

これまで人生一度きりだからこそチャレンジしたい事についてまとめてきましたがいかがだったでしょうか。

今回の記事が少しでも参考になれば幸いです。

私たちは限られた人生という時間の中で、たくさんの事にチャレンジできる可能性を持っています。

また、それを実現させる為に、日々精一杯生きる使命もあります。

時には自分と向き合って、人生の中でやっておくべき事を考えてみてはいかがでしょうか。

ここからは、そんな人生をよりよく生きる為に大切な事をご紹介します。

一度きり人生だからこそ色々な事にチャレンジして一生の思い出をたくさん作りましょう!

今日が人生最後の日だと思って生きる

言葉の意味をそのまま受け取ってしまうと、成し遂げるにはなかなか難しいと思ってしまいますが、これに似たような「毎日自分に言い聞かせなさい。

今日が人生最後の日だと。

あるとは期待していなかった時間が驚きとして訪れるでしょう」という詩人ホラティウスの言葉があります。

つまり、人生最後の日だからと言って投げやりになったり、好きな事ばかりやって過ごしていても驚きの時間は訪れないとホラティウスは言っているのですね。

一日一日を大切に生きる事は、きっと未来の自分に返ってきます。

偉人の言葉はいつの時代でも通用するのですね。

また、最近ではホスピス医である小澤竹俊さんによって書かれた「今日が人生最後の日だと思って生きなさい」という書籍が30万部以上の売り上げで反響を呼んだ事でも話題になりました。

実際に小沢竹俊さんがこれまでに看てきた2800人もの患者を通じて感じた事、学んだ事をまだ知らない多くの人に伝えたいという思いで書かれた本なのだそうです。

これまでに多くの読者から人生について深く考えさせられたと評判ですので、気になる人は是非チェックしてみて下さいね。

明日を人生最良の日にするために生きる

こちらも人生を前向きに考える事ができる良い言葉です。

ポイントは今日ではなく、明日であるというところではないでしょうか。

今日の失敗を踏み台にして、明日に生かすという意識はきっと未来の自分をよりよいものに変えてくれます。

それは毎日願う事で、一日一日を精一杯生きる事になります。

勉強や仕事のモチベーションも上がるので、日頃から習慣づけておくと良いかも知れませんね。