私たちが日常生活を送っている中で、知らず知らずのうちに固定概念によって考えを形成してしまっているという事はたくさん存在していると思います。

固定概念はそもそも様々な要因から成り立っています。

それは例えば私たちが生まれながらにして受けてきた両親や周りの影響であったり、一般的にそうあるべきだというような風潮など、様々な要因などが関連していると考えることが出来ます。

例えば、固定概念のひとつには女性は家庭を守るのが当たり前だ!という意見が例に挙げることが出来ます。

これはまさに固定概念によって生まれたものであり、今では通用しない考え方であるとも考えることが出来ます。

以前は女性は社会に出る人は少なく、女性は家庭を守るのが仕事であり、家事や育児に専念すべきだという考え方が主流だったことによる考え方のひとつです。

昔はそうだったのかもしれませんが、今の時代で考えてみるとあくまで固定観念にしかすぎません。

今の時代は女性の社会進出によって女性の力なくしては成り立たないような仕事なども当然存在しています。

また、不景気なので夫婦共働きが一般的になり、以前のような女性を働かせる家庭は恥ずかしい、おかしいというような考え方は薄まり、むしろ働いてもらわないと生計が成り立たない場合の方が多くなっています。

このように、世のなかには今でもたくさんの固定観念が存在していると考えることが出来ます。

しかし、固定概念を持つという事は可能性を狭める行為であると考えることが出来ます。

なので今回は固定観念をテーマにして固定概念に捉われない人が成功する理由についてご紹介していきたいと思います。

️固定概念がこびりついていませんか?

冷静に自分のことを見つめ直して、自分が固定概念によって何らかの考え方などを強制されていないかどうか考えてみてください。

人によっては固定概念がたくさん存在していると感じる方もいるかもしれませんし、自分はなるべく固定概念を持たない様にしていると考えている方も多いと思います。

もちろん全ての固定観念が悪いということではないかもしれませんが、固定概念は一般的に可能性を狭める行為であり、そもそも固定概念という考え自体が時代とともに変化してくるものであるということは必ず把握しておかなければいけません。

例えば先ほどご紹介したように女性は家庭を守るのが仕事であるという固定概念に関しては、今と昔とでは大きくかけ離れた考え方であると想像することができます。

これは女性の社会進出と言う大きな要因によって時代とともに変化してきた考え方として捉えることができますので、まさに時代とともに固定概念が変わりつつあると判断することができます。

この例を考えてみると固定概念を持ちすぎていると、時代に対応することができないと考えることもできますよね。

なのであまりにも凝り固まった固定観念を持ちすぎてしまうということは自分が自由な発想であったり、考え方などを制限してしまうものであると捉えることができます。

固定概念とは

心の中に凝り固まっている観念

そもそも若い年代の方や学生の方などは固定概念という言葉自体がわからないという方もいるかもしれませんね。

そのような方については固定概念の意味を理解する所から始める必要性があります。

しかしながら固定概念という言葉に非常に似ている固定観念という言葉が存在しており、固定概念は固定観念の意味を知る所から始めるべきなので、まずは固定観念の意味をご紹介します。

まずそもそも固定観念という言葉の意味は心理学の用語として知られています。

その意味の大きな1つとしては「心の中に凝り固まっている観念」と考えることができます。

そして、「固定観念」と「固定概念」の意味の違いをとても簡単にご紹介するとすれば、固定観念は「人がある対象に対して持つ主観的な考え方」を意味しており、固定概念に関しては「ある対象についての概括的で大まかな意味内容」と言う意味を持っています。

つまり固定観念と固定概念の違いとしては、主観的な立場であるのか、それとも客観的な意味内容に対するものなのかという違いです。

なので、固定概念という言葉を完全に理解するためには、まず基本となる固定観念の意味を知る必要があり、そして固定観念と固定概念の違いを理解することから始める必要性があると考えることが出来ます。

そして、固定概念という言葉は実は固定観念という言葉の誤用であると言われており、あまり知られていませんが日本語として認められつつあるような内容な言葉として存在しています。

なので完全に正しい言葉であるかと言われた場合自信を持ってはいとは言えない言葉なのです。

しかしながら先ほどご紹介したように、固定概念という言葉は固定観念を客観的な意味内容で捉えた言葉であるとも言われていますので、一応今回は存在するという体でご紹介をさせていただきたいと思います。

自分の行動を規定させてしまう

次にご紹介する固定概念という言葉の意味としては「自分の行動を規定させてしまう」という意味が含まれています。

これは少し考えればわかることだと思いますが、例えば先ほどご紹介した女性が家庭を守らなければいけないという固定概念について考えてみてください。

もしも女性は家庭を守らなければいけないという固定概念を持っている場合は、おそらく女性が外に働きに出ると言うこと自体に反対意見を持っている人間であると考えることができます。

この固定概念を持ってしまっているがゆえに、女性が外で働くという選択肢を塞いでしまっていると考えることができます。

これは他人に対しての行動を規定させてしまう様な考えにほかなりません。

では別の話題を考えてみましょう。

例えば過去の体験から、自分自身は人前で何らかのスピーチを行ったりすることが苦手でありできないという固定概念を持っていたとします。

もしもこの様な固定概念を持っていたとするならば当然人前で何らかのスピーチを行おうとした時に余計に緊張したり、そもそも自分はできないと言う固定概念を持ってしまっているために、成功する未来を考えること自体ができないので失敗してしまいやすいです。

しかしながらその反対に全く同じ能力を持っている人間がいたとして、その人間は自分は人前でスピーチをすることが得意であると考えている場合、おそらく最終的な結果は変わってくるはずです。

この様に何らかの物事に関してできる、できないという固定概念を持ってしまっている場合、結果的に自分の行動を規定させてしまうことに他なりません。

人間の考える力はすごいもので、出来ると思えば成功する、出来ないと思えば出来なくなってしまう場合が多いです。

イップスと呼ばれる精神的な疾患が存在するのも大きな関連性があると考えられます。

なので固定概念を持つと言うことは自分の行動規定させてしまうということにつながることを理解してください。

周りの意見や環境で変化しない


次にご紹介する固定概念という言葉の意味としては「周りの意見や感情で変化しない」という意味が含まれています。

その名前の通り固定概念という言葉は固定された概念という言葉の意味になりますので、固定されるという事が変化しないということが想像できます。

つまり自分の考え方が変わらないと言う意味では、周りの意見や感情に対してその考え方が変化しないという意味合いを想定することができます。

事実として先ほどご紹介した女性は家庭を守るべきであるという固定概念を持っている方に対して、それはまちがっていると説明をしたところでおそらく簡単に自分の意見を変える方はいないと思います。

この様に固定概念に関しては長い期間当たり前であると使われてきたことに対して自分の考えを持っているわけなので、たった一言二言それについて間違っていると言われた所で何十年信じてきた事を簡単に変えられるわけがありません。

これは単純に女性が家庭を守るという意見だけに限らず、全ての事に該当する可能性があると捉えることができます。

人によって固定概念として考えているものは全く違います。

つまり人それぞれの中で考えられている固定概念と呼ばれるものに関しては等しく簡単に周りの意見や感情で変化するものではないと捉えることができます。

もちろんある程度人の性格による部分も因果関係はあるかもしれませんが、それでも固定概念を覆すことは容易ではありません。

指摘されても間違った考えを訂正しない

固定概念に関しては指摘されても間違った考えを訂正することは基本的にはありません。

なぜ固定概念を指摘されてもたとえ間違っていたとしても訂正することがないのかと考えた時に、先ほどご紹介した様にそもそも固定概念として自分の中である程度考えが凝り固まっているものに関しては、たとえあからさまに間違っていたとしてもそれを受け入れるのにある程度時間がかかってしまう場合が多いです。

いわゆる頑固な性格をしている方はさらに時間がかかってしまうことが予想され、このタイプの場合はたとえ自分が間違ったことを言っていると理解していたとしても、それを受け入れるまでの時間が純粋にかかってしまう可能性が高いからです。

そもそも間違っていることを受け入れるということはある程度勇気が必要なことです。

優秀な人間であるほど間違った考えを受け入れて正しい考えに変換し、様々な正しい知識を身につけていくことが可能になりますが、凝り固まった考えを持っている人ほど自分の間違いを受け入れることができないでいます。

コロコロと意見を変えるのも問題ではありますが、間違った意見を単純に自分のプライドを守るために受け入れないというのはあまり尊敬されるべき点ではありません。

なので例えば若い人とある程度年齢を重ねた人間がいるとして、その人間に対して何らかの考え方が間違っているという指摘をした時に、おそらく若い人とある程度年齢を重ねた人の場合は年齢を重ねた人の方が自分を肯定する可能性が高いです。

これは純粋に長年それを信じているので、間違った自分を認めるのにそれなりに勇気が必要だからです。

つまり、その分ダメージも大きいという事です。

つまり別の考え方をもつとすれば、あまりにも自分の中で固定概念を持ちすぎていると正しい指摘を受けた時にたくさんのダメージを受けやすい状況になってしまうと捉えることができます。

固着観念とも呼ばれる

固定概念に関しては別の言葉でも表現することが可能であり、「固定観念」という言葉で呼ばれる事もあれば、「固着観念」という言葉としても呼ばれることがあります。

固着観念という言葉はあまり普段耳にすることはない場合が多いと思いますが、固着観念とは「心の中に凝り固まっていて、他人の意見や周りの状況によっては変化せず行動を規定する様な観念」と呼ばれています。

つまり呼び方が変わるだけであって固定概念も固定観念も固着観念もそこまでたいした差は存在しない言葉であるととらえることが出来ます。

固定概念を捨てることは成功への近道?

固定概念という言葉の簡単な意味をある程度理解いただいたところで、改めて固定概念を持つということそして固定概念を捨てるということについて考えてみてください。

物事の本質的な意味を理解したところで固定概念を捨てるということは成功への近道であると捉えることができるはずです。

人によっては受け入れ難いかもしれませんが、固定概念を持たないということ、そして固定概念を捨てるということは新しい考え方を持つことができる、若しくは受け入れることができるチャンスです。

考え方というのはとても大事なことであり、人間の大きな武器は脳を使った考える力です。

人間が生物の中でトップクラスの実力を持っている生き物として君臨しているのはこの考える力を身につけているからといっても他なりません。

だからこそ考え方というのはとてつもなく大切なもので、自分自身の可能性を限りなく大きく広げることができる唯一の武器であるということを理解する必要性があります。

️固定概念にとらわれない人が成功する10個の理由

ここまでは固定概念という言葉の基本的な意味合いや、固定概念を捨てるということが成功への近道であるという可能性についてご紹介しました。

では具体的になぜ固定概念にとらわれない人間が成功する可能性が高まるのかと考えた時にそこには様々な理由が存在しています。

もしも固定概念にとらわれてしまっている人がいるとするならば、ここからご紹介する固定概念にとらわれない人間が成功する理由について自分なりに考えてみてください。

その理由を考えた上で、なお固定概念を持ち続けるのか持ち続けないのかということを自分なりにどちらが正しいのか解釈しながら自分に対して問題提起をするとより有意義な結果を得ることができると思います。

多角的な視野が持てる

なぜ固定概念にとらわれない人が成功するのかと考えた時に理由としては多角的な視野を持つことができるからと考えることができます。

まず固定概念にとらわれてしまうとどうしても物事に対する考え方がそのことに限定されてしまいます。

例えば例を挙げるとするならば、先ほどから何度もご紹介していますが女性は家庭を守るのが美徳であると固定概念を持っている方に関しては女性が働くという違った角度の考え方を持つことができません。

しかしながら女性は家庭を守ることだけが仕事ではないと考える人間からすれば、女性がどの様にして社会に貢献することができるのかということを考えることができるわけです。

たったひとつの固定概念にとらわれているのととらわれていないのとではこの様に考え方が違ってきて、多角的な視野を持つことができるかできないかということの分岐点になると考えることができます。

なので様々な物事に対して多角的な視野を持ちたいと考えているのであれば固定概念にとらわれた考え方を捨てるべきであると考えることができます。

時には多角的な視野を持つことが仕事においても何かしらの面においても成功する要因になり得る可能性がありますので、結果的に固定概念を捨てた方が成功する確率が高くなると考えることができます。

新しい知識を吸収できる

なぜ固定概念にとらわれない人が成功するのかと考えた時に新しい知識を吸収することができると考えることができます。

これはどういうことかと言いますと固定概念を持って物事を考えてしまっている場合は、狭い視野でしか物事を考えられない場合が多いです。

例えば先ほどの例でいえば、女性が仕事を行うということを前提に考えるとすれば、どの様な分野で女性が活躍することができるのかという事や、仕事において女性にしかできない様な仕事などに関して視野を深めることが出来、その新しい発見に基づいて新しい知識を吸収できる場面に出くわせるようになります。

そこで得た知識が様々なことに役立つ場合も当然考えられます。

なのでたくさん知識があった方がその知識を生かすことができるわけですし、引き出しは多く持っていた方が必ず損をすることはありませんので新しい知識を吸収できるということは成功する可能性が高まると考えることができます。

型破りな人になれる

なぜ固定概念にとらわれない人が成功するのかと考えた時に型破りな人になることができると考えることができます。

一見して考えると型破りな人になるという事は周りから受け入れられ難い人間になってしまうということでマイナスな要因として捉えられてしまう場合がありますが、そもそも成功する人間ということを前提に考えた時に、周りと全く同じ様な事をしていて成功するということは基本的にあまり該当しません。

例えば成功した人間の事例をよく考えてみると、これまで周りの人が成し得なかった様なことや、周りの人が考えつかなかった様なことを実現することによってたくさんの人間から指示をされて、最終的に周りから大きな評価を得たり、莫大な利益を生み出したりすることが考えられます。

例えば掃除機という商品が今現在は世の中にたくさん存在していると思います。

この掃除機という商品がまだ生まれていない時代に掃除機という商品を生み出した人と、今新しい掃除機を生み出した人間を比較してみると、当然ながら掃除機と言う商品がまだ生まれていない時代に生み出した人間の方が大きく評価されますし、大きな利益を得ることができます。

それがすなわち成功という言葉に繋がると考えることができます。

そして、これは掃除機に限らず全ての事に共通する点であると考えられます。

なので型破りな人間になるということは、型破りな考え方や行動を起こせる人間になれると考えることができますので成功する確率が高まると言えます。

異なる価値観を受け入れられる

なぜ固定概念にとらわれない人が成功するのかと考えた時に異なる価値観を受け入れられる様になれるということです。

固定概念を持っている場合は、先ほども紹介した様に自分の価値観でしか物事を判断できない場合が多いです。

自分がそれまで信じてきた価値観を否定されてしまった場合は、強い人間でなければ別の人間が定義する別の価値観を理解しようとはしないからです。

しかしながら優秀な人間が強い人間は、自分の価値観だけではなく別の人間の新しい価値観を吸収してより良いものを生み出そうとの努力をする事ができます。

この一連の行為に関して固定概念を持っている場合はその妨げになってしまうことが十分考えられます。

なので異なる価値観を受け入れられる様になるには固定概念を捨ててしまった方が良いと考えることができ、様々な価値観を持っていた方が様々な捉え方を考えることができますので成功する可能性が高くなると考えることができます。

疑問を持つことができる

なぜ固定概念にとらわれない人が成功するのかと考えた時に、常に物事に対して疑問を持つことができるということがあげられます。

これはどういうことかと言いますと、固定概念を持っている人の場合はその固定概念に沿った答えしか見つけ出すことはできませんし、そもそも別の答えを受け入れようとはしません。

しかし固定概念にとらわれない人間は一般的な固定概念による答えが本当に正しいのかどうかと考えることが出来ます。

何事においても疑問を持つことができるため、その物事が本当ではなかった場合や、別の良い方法が存在した場合に固定概念にとらわれている人よりも早く気づくことができます。

実際に固定概念にとらわれない考え方をすることによって世の中の画期的なサービスを生み出してきた人間はたくさん存在しています。

それによって世の中で成功を収めている人間はたくさん存在していますので、疑問を持つことができると言う言葉成功する可能性を高めることができると捉えられます。

チャレンジ精神を持てる

なぜ固定概念にとらわれない人が成功するのかと考えた時にチャレンジ精神を持つことができると考えられます。

たとえば自分が何かの物事に対して苦手だったりできないと決めつけている人間がいますが、これは自分自身の可能性を捨ててしまっているということに等しいです。

先ほどもご紹介しましたが、自分でできないと答えを出してしまっている場合は、最高のパフォーマンスを行うことができません。

たまたまうまくいったりすることがあるかもしれませんが、自分自身が本気になって物事に取り組んだりしなければ、これまで以上のパフォーマンスを行うことは絶対に不可能です。

そもそもできないという答えを出してしまった場合はチャレンジしようという気持ちすら湧かないと思います。

しかしながらどんなに自分が望まない結果が出たとしても、自分ならできる、絶対に成功してやる、という様な前向きな気持ちを持ち続けてチャレンジ精神を継続して持つことができるならば、今後の人生において挑んできた事が成功する可能性は必然的に高くなります。

当然チャレンジしなければ成功も失敗もありませんので、チャレンジ精神を持つということは大切なことであると理解できますよね。

正しい判断ができる

なぜ固定概念にとらわれない人が成功するのかと考えた時に正しい判断を行うことができると考えられます。

これはどういうことかと言いますと、固定概念を持っている場合はそのことが正しいと決めつけてしまっているわけです。

先ほどご紹介した疑問を持つことができるという項目と似ていますが、物事に対して疑問を持つという事はそこで一度確認作業を行うことができます。

その確認作業を行うか行わないかで本来正しい判断に到達できる可能性があります。

一般的にこれが正しいと言われている事でも、よく考えてみれば別の答えがある可能性は十分存在しています。

もしかすれば新しい時代になった事によって新しく生まれた事と組み合わせればこれまで以上の結果を出すことが出来るかもしれません。

それも固定概念を持っていれば見つけられないですよね。

なので本当の意味で正しい判断を下せるようになると考えることができますので成功に近づくことができると考えられます。

変化を恐れない

なぜ固定概念にとらわれない人が成功するのかと考えた時に変化を恐れないでいられるということです。

固定概念にとらわれてしまっている人は、自分の答えを正しいと思いたいがために何かしらの変化を伴うことを恐れる傾向があります。

いわゆる保守的という言葉で表現することが出来るかもしれませんが、変化をするということはこれまでの自分を捨てるということにもつながりますので、ある程度覚悟がなければできないことです。

また、新しい自分を受け入れたり、これまでの自分を捨てると言うことが怖くてできないという考え方にもなります。

しかし固定概念にとらわれない人間は当然その場その場で様々な物事に対して変化することを恐れない傾向が高いです。

なぜなら固定概念にとらわれていないという事実がすでに変化を受け入れる事に対して耐性を持っていると判断できるからです。

変化を恐れないで様々なことを吸収できる、もしくは受け入れられるという事はその場その場でより良い判断を行うことができることにもつながりますので、固定概念にとらわれない人は成功する可能性が高いと考えることができます。

自由なやり方ができる

なぜ固定概念にとらわれない人が成功するのかと考えた時に自由なやり方を見つけることができると考えることができます。

これはどういうことかと言いますと、世の中には今でもこれについてはこうしなさい、あれについてはああしなさいということがたくさん存在しています。

もちろんこれは悪いことではなく、昔からたくさんの人が体験してきた知識・経験をもとに最善とされることを奨励していると考えることが出来ます。

もちろんこれが今でも一番良いやり方であるという可能性は捨て去ることができません。

しかし、存在しているすべてのものの中には、今の時代だからこそできる別のやり方が存在している可能性もありますよね。

もしかするとそのやり方の方が良い良い結果を生み出したり、これまでとは違った別の副産物を得ることができる可能性もあるわけです。

それが場合によってはとてつもなく大きな収穫である可能性も捨て去ることはできません。

なので自由な発想であったり自由なやり方を生み出す場合は固定概念にとらわれない人間の方が生み出せる可能性が高くなり、それが成功につながる可能性もありますので、固定概念にとらわれない人間の方が成功する確率が高いと考えられる理由になります。

クリエイティブなスキルが持てる

なぜ固定概念にとらわれない人が成功するのかと考えた時にクリエイティブなスキルを持つことができると考えられます。

最近はグローバルな時代になっていますので、様々なビジネス用語として英語から発生された言葉を用いる場合が多くなっています。

その中の一つにクリエイティブという言葉が存在していますが、クリエイティブとは本来「創造的・独創的」という言葉の意味を持っています。

つまりクリエイティブなスキルとは創造的・独創的な技術を表しています。

固定概念を持っているとどうしても独創的なことを作ったり生み出したりすることはできません。

なぜなら、周りと同じことをして独創的な事を生み出そうとしても限界があります。

しかし固定概念にとらわれずに物事を行えば自然と別のやり方になるので、独創的な物を生み出せる可能性が高まり、まったくこれまでなかったような画期的な物を生み出せる可能性が高まります。

画期的なものであればあるほど周りの人間からは評価を受けて、その物を求められる場合がありますので、これが成功につながると考えた時に、固定概念にとらわれない人はクリエイティブなスキルを持ち、成功することができると考えることができます。

️固定概念を打ち破れ!

今回は固定概念という言葉をテーマにして固定概念という言葉の意味や固定概念にとらわれない人間が成功する理由についてご紹介していきました。

これまで自分の中で固定概念を持ち続けてきたものは多かれ少なかれ一つぐらいは存在していると思います。

もちろんそれが存在すること自体が悪いことではありませんし、それは一般的なことなので仕方がないことです。

しかし大事なのはそれが正しいと自分の中で決めつけてしまう考え方です。

一般的にそのように考えられるというくらいの観点で思考を持ち、いざ決断が迫られた時にそのことが本当に正しいのかどうか疑問を持てる考え方を身につけることが大切だということです。

自分自身の中に存在している固定概念を打ち破り、常に物事の本質を捉えられる様な人間になることができれば、今の自分から一段階上の自分に成長することができるはずです。

狭い視野を捨てて広い視野を持てるチャンスをこの機会に掴んでみてください。

【固定概念については、こちらの記事もチェック!】