CoCoSiA(ココシア)

めんどくさがりな人の18個の特徴


「何をするのもめんどくさい!」と、全てにおいて中途半端になっている人は、何かを達成したことで得られる喜びや自己肯定感を味わう機会がありません。

それでは自分に自信を持つこともできず、楽しい人生を過ごすチャンスを逃しています。

自分はめんどくさがりなんかじゃない!と思っている方も、もしかしたらめんどくさがりの特徴に身に覚えがあるかもしれないので、是非チェックしてみてください!

めんどくさがりを卒業しよう

自分のめんどくさがりに嫌気がさしている人もいるでしょう。

そんな時は早めに自覚をしてめんどくさがりから抜け出して、自分の理想とする生活をするべきです。

終わってから「あの時めんどくさがらずにキチンとやっていたら…」と後悔しないためにも、まずは自覚をして改善していきましょう。

めんどくさがりな人の18個の特徴

めんどくさがりな人には様々な特徴があります。

もしかしたら自覚していない人がいるかもしれませんが、以下の特徴に当てはまるなら要注意です。

1.すぐ疲れる


めんどくさがりの人は何をしてもすぐに疲れてしまいます。

仕事中でもすぐに疲れて集中力が切れたり、プライベートでショッピングを楽しんでいてもすぐに疲れてお店の椅子に座ったり、カフェで休憩したりと、何も達成しないまま時間だけが過ぎていきます。

2.人に協力するのが嫌い

そもそも人に合わせることすらめんどくさいので、人付き合いは苦手です。

人に何かを頼むのは得意ですが、皆で協力して頑張ろう!と盛り上がる人たちを横目にしながら「ご苦労様、頑張ってね」と家に帰るのがめんどくさがりの人です。

しかし恋愛や結婚は他人と密接な関係になることであり、お互いの協力がないと成立しません。

めんどくさがりにとってこれほど苦痛なことはないので、恋愛や結婚をあえて避ける人も多いようです。

3.自分に甘い


自分に厳しい人はストイックで目標を達成しようと一生懸命になります。

それに対して自分に甘い人は、少しでも自分の思い通りにいかないと「や~めた!」と放り投げて途中で諦めてしまいます。

また自分に都合の良い言い訳を見つけて先延ばしにして結局達成できないまま終わってしまいます。

苦難を乗り越えれば人は強くなりますが、めんどくさがりは最初から乗り越える気がないので、諦めることに対しても抵抗がないのが少々厄介な点です。

4.向上心がない

何かを成し遂げたことで感じることができる喜びが自信につながり、それによって「もっと頑張ろう!」という向上心が生まれます。

しかしめんどくさがりの人はそのスタート地点さえ経験したことがないので、ゴールである向上心などは想像もつかない世界でしょう。

そもそも何かを達成することに喜びを見出すという思考回路がなく、全てに関して楽な道を選択してきた結果めんどくさがりになった人が多いです。

小さい頃に1回でも達成感を味わえば考え方が変わっていたかもしれないですが、それは今からでも決して遅くはないので、ふとしたことがきっかけでめんどくさがりから卒業する人も沢山います。

5.人に甘えるのが上手い

めんどくさがりの人は自分に甘いので、他人に甘えたところで何の問題もないと思っています。

普通は人に何かを頼む時に少しは罪悪感を感じますが、それが無いので何の躊躇もなく人に甘えることができます。

特に女性の場合は男性に甘えるのが上手なので、素直になれない女性からは羨ましく思われるでしょう。

6.計画性がない

例えば学生でも社会人でも朝は家を出る時間を考慮して早めに目覚ましをセットするのが基本です。

そもそも目覚まし時計はそのためにあるわけですし、遅刻をして自分の評価を落とすことを避けたいという気持ちから、たとえ疲れて起きるのが辛い朝でも遅刻をしないように起きるはずです。

しかしめんどくさがりは遅刻に対してさほど罪悪感はなく、たとえ目覚ましが鳴ったとしても「無理」と判断したら二度寝します。

その結果絶対的に遅刻をする時間い目が覚めても「なんとかなるさ」と楽観的な思考回路を持っているので、逆に計画性を持って行動することが不可能なのかもしれません。

7.要領が悪い

要領の良さは経験が関係しています。

例えば仕事の要領が良いのはそれまでの経験がものを言うわけであり、始めからテキパキこなす人は少ないはずです。

しかしめんどくさがりはそもそも興味がわかないので、仕事に関しても考えながら行動するのではなく、ただ与えられた仕事をこなしているだけで習得するまでに時間がかかり、要領の悪さが目立つ結果になります。

8.運動が苦手

「極力動きたくない」「すぐに疲れる」という特徴を踏まえれば、運動が苦手だというのは必然的なことです。

健康やダイエットのために毎日運動をするなんて未知の世界であり、たとえ危機感を感じて始めたところで3日続けば良い方でしょう。

とにかく行動範囲も行動力も最小限に抑えたいという気持ちがあるので、基本は動かないという姿勢を崩すことはなく、時には必要な時でも行動に移さない頑固さを持ち合わせています。

9.先延ばしにする

「明日やろう」「来週やろう」「来年やろう」と先延ばしにするのはめんどくさがりの悪い癖です。

よく「片付けられない人」がゴミに埋もれながら生活していますが、あれはまさにめんどくさがりの先延ばしにする特徴が顕著に表れています。

10.行動に移すまでに時間がかかる

「後でやるから」が口癖のめんどくさがりは多く、実際にはいつまで経ってもいっこうにやる気配がありません。