CoCoSiA(ココシア)

メソッドとはどういう意味?世の中にある~~メソッドと言われるものを紹介


みなさんはメソッドという言葉の意味を聞かれ答えられますか?
はっきり答えられない人も多いと思います。

この記事の目次

メソッドという言葉を聞く機会が増えています

メソッドという言葉、最近よく聞きますよね。

なんかかっこいいからという理由でよく使っている人もいますが、これを機会にメソッドとは何かを考えてみましょう。

1.メソッドとは?

メソッドには主に2つの意味があります。

それは、目的を達成するための方法という意味と、体系的な方式という意味です。

1.目的を達成するための方法

「鈴木メソッド」なんて言い方をよくしますが、このように誰かが考案したプログラムのことをメソッドと言います。

鈴木メソッドの場合、鈴木さんが考案したプログラムであるということを言っています。

音楽のトレーニングをするための方法とか、数学が得意になるための方式など、プログラムの中身は教育的なものが多いようです。

どのメソッドもある目的を達成するための方法ややり方を説明しているものになります。

2.体系的な方式


体系的というのは、全体的にという意味です。

通常、ある専門分野の学問を学ぶのに、まずはその分野全体の学問から学びます。

まずは概論から。

そしてその後に各論について学ぶことで本当に学びたい分野の知識が深まります。

メソッドとは、まさにこの勉強方法の流れが構築されています。

つまり、メソッドとは概論から各論までの勉強の流れごと組み込まれているのです。

例えば、先ほどの「鈴木メソッド」が憲法第9条の戦争の放棄について学ぶものであるとします。

そうすると、メソッドは①法律とは何か②憲法の位置づけは何か③第9条の位置づけは何か④第9条の解釈についてなどというように、まずは憲法全体について学び、そこからだんだんと第9条まで範囲を狭めて学んでいく、この全ての流れが最初から組み込まれているのがメソッドです。

2.英語で書くと?

メソッドとは英語でmethodと書きます。

主な意味は方法や方式、順序、筋道などです。

規則正しいとか几帳面という意味もあり、amanofmethodというと、几帳面な人という意味になります。

3.科学研究などで良く使われていたのが一般化した

メソッドとは研究の分野でよく使われている言葉です。

英語の意味でも研究などの論理的な方法や方式のことをメソッドということが多いです。

4.カタカナ語好きな日本人

メソッドは日本語で言えば、つまり教育方法ということです。

「鈴木メソッド」とは「鈴木教育法」ということになります。

でもどちらが響きが良くて人の印象に残りやすいかというと、やはり「メソッド」のほうですよね。

また、教育法と聞くと古めかしい感じがして、とっかかりにくいものですが、メソッドと聞くと最新の流行り物のようで、すぐにチャレンジしてみたくなる感じがします。

カタカナで浸透していくということは、日本人、特に若い人に受け入れられるためには、今や必須なのかもしれません。

5.特に特定の分野や固有名詞を英語のまま言う


日本人はカタカナ語がとても好きです。

ちょっと伝わりにくい時もありますが、細かいニュアンスまで伝わるとても良いカタカナ語もあったりしますね。

わかりやすいところで言うと、オリエンテーションなどです。

「今日から一週間オリエンテーションを受ける」と言われれば、組織のしくみやルールなどの説明を受けるのだなぁと思えますね。

ただ、最近はまだまだ浸透していないカタカナ語もありますので、言われてもわからない時もあるでしょう。

例えば、「先月は仕事が忙しすぎた!マンパワーが足りないんじゃないか」なんて言われて、ピンときますか?仕事上すぐにわかる人もいるかもしれませんが、全然意味が伝わらない人もいると思います。

マンパワーとは人的資源、つまり労働人員です。

ですので、素直に「人が足りないんじゃないか」と言ってもらえばいいだけなんですけどね…。

メソッドも全く同じで、「鈴木教育法」と素直に言ってもらえればすぐに伝わるのでしょうが、やはり最近の流行で「鈴木メソッド」のほうが受け入れられやすいのだと思います。

世の中にある◯◯メソッドを一挙紹介!

メソッドは最近よく聞く言葉ですが、一瞬にして世の中には◯◯メソッドという言葉があふれてきています。

現在、世の中に出回っているメソッドについて、いくつかご紹介いたします。

1.パソコンのプログラミング言語

メソッドの意味の一つは方法ややり方ですが、もう一つ違う意味があります。