CoCoSiA(ココシア)

メソッドとはどういう意味?世の中に...(続き2)

それがプログラミング言語のメソッドです。

この場合、メソッドの意味は方法ではなく、オブジェクト指向プログラミング言語の中の、あるグループを指します。

プログラムの中にはいくつかの意味や内容によって分けられたグループが存在し、そのグループのことをメソッドと呼んでいるのです。

メソッドを活用することによって、プログラムの生産性が高まるとされています。

2.田中メソッド

有名な「田中メソッド」とは、一言で言うと算数トレーニングです。

算数は小学生の間にキライになってしまう子がとても多いです。

この田中メソッドでは、ホップ:算数がわかることで、算数のおもしろさを知る、ステップ:簡単に解ける問題で算数が出来る喜びを知る、ジャンプ:今まで学んできた知識を組み合わせて答える必要がある問題を解くことで、算数を考える楽しさを知る、の3段階で算数を学びます。

こうすることによって、算数に対する抵抗感をなくし、最終的には成績向上や集中力を高める効果があります。

1.算数トレーニング

算数の問題集や解説書には、問題と答えだけが書いてあるものがとても多いです。

しかし、それだけでは、算数は好きにはなれませんし、成績も上がりません。

なぜなら、なぜそういう答えになるのかが、全く理解出来ないからです。

田中メソッドの算数トレーニングでは、一つの問題を徹底的に解説しています。

通常は暗算で通り過ぎてしまうような足し算も、しっかりと書いて、決して飛ばしたりすることはありません。

こうすることによって、子ども自身がどこでどのようにつまづいてしまったかを理解させ、わからなかった部分を一切残すことなく答えまでたどり着くように道案内をしているのです。

田中メソッドは前にも書いたように3段階で算数を学びます。

この手順で算数を学べば、自分で算数を解く楽しさを子ども自身が感じることができ、算数を好きになるきっかけを作ることができるのです。

3.鈴木メソッド

鈴木メソッドとは、鈴木メソードとも呼ばれ、公益社団法人才能教育研究会が行っている活動です。

主に音楽を通じて人間を育てることを目標としている教育法の一つです。

日本のヴァイオリニストである鈴木鎮一が創始したため、鈴木メソッドと言われています。

創始者がヴァイオリニストであるため、音楽教育を主な活動としていますが、もちろんそれだけではなく、音楽を入り口に世界に羽ばたく子供たちを育てることを目的としています。

1.ヴァイオリンの奏法

鈴木メソッドとは、ヴァイオリニストが考案したものですので、ヴァイオリンの弾き方についての教育法です。

ヴァイオリンを上達させるために、良い音楽を反復して聞くことが学習するうえで大切であるとと言っています。

それは、日本の子供が日本語を話すところから考え出されたもののようです。

子供は物心つく前から毎日家族に日本語を聞かせられています。

そのため、いざ話せるようになる頃に話す言葉は、もちろん日本語です。

とくに誰から教えられなくても、最初から日本語を話そうとします。

もちろん大きくなるにつれて「あれはなんて言うの?」と聞いて学ぶこともありますが、最初は耳にした言葉をそのまま覚えるものです。

その部分からヒントを得て考え出されたのが鈴木メソッドです。

質の良い音楽を繰り返し聞くことで、脳に直接たたき込んで覚える方法です。

良い音楽が自然と身につくので、自分でヴァイオリンを弾いているとき、脳にたたき込まれた音になるべく近づけようと努力することで、ヴァイオリンの腕が自然と上達していくのです。

これは、ヴァイオリンだけではなく、他の分野でも同じように学ぶことができます。

どの分野にも当てはめて実践することの出来る教育法なので非常に有名になりました。

4.太宰メソッド

太宰って聞いたことがありますよね。

そう、あの太宰治です。

人間失格などの小説が有名ですね。

太宰メソッドというのは、太宰治が提唱しているものではありませんが、太宰治の代表作人間失格の一説から生まれた手法のことを言います。

1.ネットスラングの一種

具体的にどんな手法かと言いますと、自分の個人的な考え方や思いを、あたかも世の中の人全員が同じように思っているかのごとく話すことです。

発言に対する自分の責任を回避しつつ、世間とか世の中という言葉を使うことで、発言に説得力を持たせることができます。

例えば、ネットの書き込みで困った発言をする人がいたとします。

その人に向かって「このサイトのユーザーはみんなあなたのような人を迷惑だと思っている」と伝える行為を太宰メソッドと言います。

自分一人の発言ではなく、大多数の発言であるように伝えることで、自分の発言の正当性を強めると共に、その発言に対する自分の責任を軽くする効果があります。

これはネットスラングのひとつで、本来の意味とは異なり、新しい意味で新たに使われるようになった言葉です。

本来は人間失格の小説のある一節にこのような意味の会話のやり取りが存在します。

5.ピラティス・メソッド

ピラティスにもメソッドと呼ばれるものがあります。