私達は人生を通してたくさんの楽しい事を経験する事ができ、それが生きがいに繋がっています。

毎日同じような事ばかりの人生やメリハリのない人生はあまり楽しくないですよね。

人生は一度きりなので、楽しいものにしたいと思うのは当たり前の事ですし、つまらない人生よりも楽しい人生の方が良いに決まっています。

だからこそ私たちは日常の様々な部分で楽しさを求めて行動しているのですが、楽しさを求める際には臨場感を味わうという行為が存在しています。

今は昔と比べて様々な楽しい事や物が増えており、新鮮な経験をする事が出来ます。

中には臨場感を味わう事によってより興奮を味わう事が可能になったエンターテイメントがたくさん生まれており、それらを体験する事によって人生に刺激を感じることが可能となります。

人は新しい刺激に対して興味を大きく抱く生き物です。

だからこそ新しい事や新鮮な事に関してはワクワクやドキドキした感情を抱くはずです。

では、その臨場感を味わう為には一体どんなものや体験をすればよいのかと考える方がたくさんいると思います。

なので今回は臨場感をテーマにして様々な臨場感を味わえることについてご紹介していきたいと思います。

臨場感を味わいたい!

今までに感じたことのない様な新しい刺激を受けたいがために臨場感を求めている方はたくさんいると思いますが、臨場感を求める前に臨場感という言葉を正しく理解していないかがいるのも事実です。

臨場感を感じたいのであればまずは臨場感という言葉の意味を正しく理解する必要性がありますので、まずは臨場感という言葉はどういう意味を持っているのか簡単にご紹介していきたいと思います。

その上でどのようなことをすれば臨場感を味わうことができるのかということをご紹介していきたいと思いますので、それを踏まえた上で臨場感という言葉の意味を正しく把握することから始めてください。

臨場感の意味

日常生活などにおいても臨場感という言葉はある程度使う頻度が多いと思いますが、これまでにあまり使ったことがないという方や学生の方については言葉の意味を理解していない方も多いと思います。

臨場感という言葉については複数の意味が存在していますし、言葉自体が難しい漢字にもなりますので分からない方がいても当然です。

臨場感という言葉には主に二つの意味が存在しており、「あたかもその場に挑んでいるような感じ」「実際にその場に身を置いているかのような感じ」という意味があります。

これらがそれぞれどのような場面で感じるものなのか、どういう場面で使われるのかという事などを交えながらご紹介していきます。

あたかもその場に挑んでいるような感じ

まずはじめにご紹介する臨場感という言葉の意味の1つ目は「あたかもその場に挑んでいるような感じ」という意味です。

これは意味がちょっと複雑なので理解しにくい方もいるかもしれませんが、例えば例文の1つとして「まるでその場にいるかのような臨場感あふれる中継放送」という言葉を想像してみると想像しやすいと思います。

例えばあなたが自宅でテレビを見ていたとして、そのテレビで放送されている内容であったり、カメラマークなどがまるで自分の一人称になって映像化されている様なテレビ番組があったとします。

一般的なテレビ番組であればテレビの中の出来事として私たちは処理をしていますが、工夫されたカメラマークにおいてはまるで自分がその場に行ったかの様な錯覚を得ることができます。

これがまさに臨場感という言葉で表す事が出来ます。

実際にその場に身を置いているかのような感じ

次にご紹介する臨場感という言葉の意味が2つ目は「実際にその場に身を置いているかのような感じ」という意味です。

これはそのままの意味になりますが、実際にその場にいなかったとしてもまるでその場にいるかの様な体験をすることができるということです。

私たちが過ごしている日常生活の中でこの様な体験をしたことがある方はたくさん存在していると思います。

例えば例に挙げるとすれば、よく学校の修学旅行なので大型テーマパークへ足を運んだりすることが多いと思います。

例えば大阪に存在しているユニバーサルスタジオジャパンなどには足を運んだ経験がある方はたくさんいると思いますが、ユニバーサルスタジオジャパンには様々なアトラクションが存在していますよね。

存在しているアトラクションの中には、現代ではなくそのアトラクション特有の世界観を演出するために様々な仕掛けが存在しているはずです。

例えばジュラシックパークなどは大抵の方が知っている作品だと思いますが、ジュラシックパークに出てくる恐竜などが演出として利用されている事によってまるでその場に本物の恐竜がいるかのような感覚になることが出来、人によってはジュラシックパークの映画の中に自分が入り込んだような印象を受ける方もたくさんいると思います。

これが簡単に言えば、実際にその場に身を置いているかのような感じの臨場感であると捉えることができます。

臨場感を得るということはとても刺激的なことであるということがこの体験を通じて容易にお分かりいただけると思います。

刺激的な臨場感を味わおう!

簡単に臨場感という言葉の意味を説明しましたが、楽しく臨場感という言葉の意味を理解したところで改めて臨場感を味わうことが出来る体験をしたいと思った方がたくさんいると思います。

臨場感を味わうという事は言ってみれば非日常を味わうという事にも繋がると思います。

私たちが体験している日常では味わえないような感覚を味わうことが出来るという事は人生においても魅力的な体験であると考える事が出来ます。

非日常な出来事を体験するという事は大切な思い出づくりにもなりますし、時間を忘れて没頭することが出来ますので、人生の充実度にも繋がる事になります。

これまであまり刺激的な体験をしてこなかったと思った方はこの機会に臨場感あふれる体験した事がない事に対して積極的にチャレンジしてみるのも悪くないと思いますよ。

臨場感を味わうためにやるべき13個のこと

臨場感のある体験を積極的にチャレンジしていただきたいとを紹介しましたが、あまりこれまでの人生で臨場感あふれる体験をしたことがない方からすれば具体的にどの様なことをすれば臨場感を得ることができるのかということがいまいちピンとこない方も多いと思います。

ある程度臨場感のあることを経験した方からすれば容易に想像つくかもしれませんが、経験した事がある方の中にもある程度楽しんでしまったという方もいるかもしれません。

なのでここからは具体的に臨場感を味わうためにやるべきことについてご紹介していきたいと思いますので、臨場感溢れる体験をしたことがない方は紹介する内容を参考にして積極的にチャレンジしてみると面白いと思いますし、ある程度経験してしまっている方に関しても、ご紹介する内容の中でまだ経験したことがないことが含まれていた場合はプライベートで楽しんでいただければ刺激的な体験をすることができると思いますよ。

3D映画を観る

まずはじめにご紹介する臨場感を味わうためにやるべきことについては3D映画を見るということです。

これまでの人生で3D映画を見た事がある方はお分かりいただけるかもしれませんが、臨場感あふれるスクリーンで映画を楽しむ事が可能となります。

簡単に言えば立体的に表示される映画のことを指し示している言葉であり、普通の映画と違って左目用と右目用の映像を同時に撮影したものなどをスクリーンに投影し、専用のメガネを観客が欠けることで左目には左目用の映像のみ、右目には右目用の映像のみを見せることによって立体視することを実現することが可能となった映画のことです。

なので3D映画を見る際には専用のメガネが必要になりますが、専用のメガネはだいたい劇場で販売しているので、事前に持参する必要性はありません。

あまり知られていないかもしれませんが実は19世紀前半には既に存在しており、一番の3D映画を知るきっかけとなっているのが恐らくジェームズ・キャメロン監督のアバターだと思います。

通常の映画料金も多少金額が上がりますが、それ以上の価値が存在している臨場感あふれる体験の一つです。

ちなみに料金に関してはそこまで金額的には高い金額ではなく、+400円程度で体験することが出来ますので、普段と少し違った体験をしたい方には絶対的におすすめです。

4DX映画を観る

次にご紹介する臨場感を味わうためにやるべきことについては4DX映画を観るということです。

4DX映画の存在を知らない方がいるかもしれませんので簡単に説明しますと、4DXは3Dの上位互換である存在と認識してもらえればわかりやすいと思います。

今では様々な映画が4DXに対応しているので、楽しめるチャンスがたくさん存在しています。

具体的にどの様な仕掛けが存在しているのかと言うと、いわゆる体感型映画上映システムと言われており、観客はモーションシートと呼ばれる専用のシートに座って映画を閲覧していただきます。

このモーションシートにたくさんの仕掛けが存在しており、例えば映画のシーンで激しいアクションのシーンがあったとして、映画の中では激しい振動が生まれたとします。

この場合モーションシートが連動して前後と上下左右に動く様になっており、その衝撃をまるで自分が体感しているかの様に再現してくれるのです。

また映画の中で雨風が降っているシーンに関しては自分の真上から水が降ってくる演出や会場全体が強い風で吹き荒れる演出などを行ってくれます。

当然雷が鳴っていれば劇場全体がフラッシュするような仕掛けも行っており、映画のシーンの時々においてそのシーンを体感するために香りを噴射してくれるような場合もあります。

また、スモッグなどで煙を演出したりするなど、今までは映画に関しては目で見るだけだったものが体全体で感じることが出来る様に進化したものが4DXと言われています。

これまでの映画史上最大の臨場感を得ることができるシステムがまさに4DXであると断言することが出来ます。

専用の眼鏡なども必要になり、料金は大体通常鑑賞料金に+1.000円程度で閲覧が可能となっていますので、そこまで金額的にも高い物ではありませんので、利用してみる価値は大いに存在します。

VR体験


次にご紹介する臨場感を味わうためにやるべきことはVR体験です。

VR体験はバーチャルリアリティ体験と略すことができ、これまでに体感することができなかった最高の臨場感を体験することができる方法です。

今では知らない方はあまりないと思いますが、専用のゴーグルを利用することによって本来目の前にありえない様な空間が広がっているかの様な体験をすることができることです。

具体的にはユーザーの五感を含む感覚を刺激することにより理工学的に作り出す技術のことを指し示している言葉です。

最近ではこの体験を様々な場面で応用して楽しむことができるサービスが生み出されています。

例えばそれはゲームの世界であったり、動画の世界などで広く活用されています。

具体的には私たちが普段使っているスマートフォンに接続して専用のゴーグルを利用すればスマートフォンでVR対応している動画などの世界に入り込むことが可能となっています。

例えば例に挙げるならば、ジャングルの中を映し出した様な動画が存在するとして、その動画がVR対応している場合、ゴーグルを着用すればまるで自分の目の前に360度ジャングルが広がっているかのような体験をする事が出来るというものです。

この技術を応用して本来私たちが入ることができなかったゲームの世界にまるで入っているかのような経験をすることが出来ます。

ファンタジー要素の強いゲームであれば、非日常の体験をすることが可能になりますし、これまで経験することが出来なかった刺激を楽しむことが可能となります。

今ではプレイステーション専用のVRヘッドセットなども販売されていますので、臨場感を体験してみたい方は購入してみてください。

お値段はちょっと高く、44.980円+税の価格で販売されています。

プラネタリウム


次にご紹介する臨場感を味わうためにやるべきことはプラネタリウムです。

プラネタリウムに関しては言葉の意味を知っていても実際に足を運んだ経験がない方がたくさんいると思います。

プラネタリウムは投影機から発した光をドーム状の天井の内側に設置された曲面スクリーンに映し出すことで星の像、およびその運動を再現する設備や施設のことを指し示しています。

プラネタリウムは科学館や博物館にされていることが多く、イベントの時などには民間企業が集客の目玉として商業施設に設置したりする場合も存在しています。

プラネタリウムは想像以上に臨場感あふれる体験をすることが可能になっており、幻想的な景色をまるでその場で体験している様な感覚で楽しむことができます。

そのプラネタリウムのコンセプトによって様々な景色を楽しむことが可能になっており、例えば雨の川をコンセプトにしたものであれば無数の星の煌めきを楽しむことが可能になりまし、星座をコンセプトにしている様なものであれば星空に綺麗な星座が描かれた景色を楽しむことが可能となっています。

また場所によってはプラネタリウムを楽しむことができる様なカフェやバーなども存在しており、デートコースの新しい目玉として存在しています。

若い方にとってみればただプラネタリウムを楽しむだけであれば面白みに欠けるかもしれませんが、そこにカフェやバーなどの付加要素が追加されると一気に楽しみが増しますので、普段のデートコースに取り入れてみると臨場感あふれる体験をしながら休憩場所としても利用する事が可能になりますので、楽しんでみてくださいね。

博物館

次にご紹介する臨場感を味わうためにやるべきことは博物館に足を運んでみるということです。

博物館は様々な分野を中心に構成されており、その中心となっている分野をもとにして様々な学術資料や美術品や価値のある事物などを見て楽しむ事が出来る場所です。

なんとなく博物館と聞けばある程度年齢が重なった方だけが楽しめるような場所だと認識されている場合がありますが、最近の博物館は画期的な構造になっている場合もたくさんあります。

例えば博物館の中には3Dで楽しむことが出来るような特殊な映像作品が流れている場合などもあったり、映画監督として有名な方が手掛けているような作品なども楽しむことが出来るような場合もあります。

入館料とドームシアター鑑賞料を合わせても1000円程度の金額でありながら、これらの楽しい体験ができると考えるとかなりお得で臨場感あふれる体験を楽しむことが出来ると考えることが出来ます。

また海の生き物をコンセプトにしたものであれば様々な発光生物や巨大生物など深海に住んでいる生き物を一気に楽しむことができる様な博物館も存在しているなど、普段知れないような事を知る事ができるのも魅力のひとつです。

臨場感のある体験や、今まで知らなかったことは知れる知的な体験をしたい方にはおすすめの方法です。

スポーツの中継を見る

次にご紹介する臨場感を味わうためにやるべきことはスポーツの中継を見るということです。

なぜスポーツの中継を見ることが臨場感を味わうことにつながるのかと考えた時に、もちろんただ家のテレビでスポーツを見るだけでは臨場感を味わうことがなかなか出来ませんよね。

なのでただテレビでスポーツを見るのではなく、あえてスポーツバーなどでスポーツの中継を見ることによってより臨場感を味わうことが可能になります。

スポーツバーに足を運んだことがない方はたくさんいらっしゃると思いますので、家で見るのと違いを簡単にご紹介すると、やはりスポーツバーにおいてはスポーツを鑑賞しているたくさんの人間が存在していますので、まず盛り上がりが全く違います。

盛り上がりも全く違いますし、まず家でテレビを見るのとスポーツバーで映像の迫力が全く違います。

なぜならスポーツバーの映像は大きなスクリーンに映し出されていますので、実際に家でテレビを見るよりも大規模の大スクリーンに映し出された映像の方が臨場感が感じられます。

何よりお店が一体で盛り上がる感覚がとてつもなく刺激的な事になりますので、スポーツ好きの方は家で見るよりも専門のスポーツバーで楽しんだ方が絶対的におすすめですので、まだ利用した事がない方は一度利用してみてくださいね。

そこまで料金も高い金額ではありませんし、3000円程度でコース料理とドリンク飲み放題などの内容などもついてくるので気軽に足を運べますよ。

映像系アトラクションに乗る

次にご紹介する臨場感を味わうためにやるべきことは映像系アトラクションに乗るということです。

これに関しては冒頭でご紹介した通りですが、ユニバーサルスタジオジャパンなど様々な施設で映像系アトラクションを楽しむという方法です。

映像系アトラクションはやはり臨場感あふれる体験をすることが可能になっており、アトラクションに乗っている+映像を楽しめるので非日常を味わう事が出来ますし、盛り上がる事間違いなしなので、老若男女問わず楽しめる方法であると考えることが出来ます。

様々な映像系アトラクションが存在している中で一番おすすめなのはユニバーサルスタジオジャパンに存在しているスパイダーマンのアトラクションです。

スパイダーマンの映画を見たことがある方ならわかると思いますが、スパイダーマンが糸を発生させてかなりの高度で街中を駆け回るようなシーンがあると思いますが、あのような感覚を楽しむことが可能となっています。

ただ3D映像を楽しむだけではなくて、アトラクションの動きもありながら立体音響や水や炎、風なども追加されていますので、言ってみれば映画館の4DXにさらに激しい動きが備わっていると考えれば想像しやすいと思います。

予測不可能な動きと物語を楽しむこともできますので、大切な思い出を作りたいという方はぜひ利用してみてください。

ストリートビュー旅行をする

次にご紹介する臨場感を味わうためにやるべきことはストリートビュー旅行をするということです。

様々な経験をすることが好きな方は今まで行ったことがない地に足を運んでみたいという気持ちが強い方はたくさんいるはずです。

例えば海外に旅行に行きたいとか、国内の有名なスポットに足を運んでみたいという気持ちを強く持っている方です。

しかしながら旅行に行くにはある程度まとまった日数が必要ですし、場所は遠ければ遠いほどそれなりに資金も必要になります。

まとまった資金がなければなかなか旅行には行けないので、いつも自分の欲望を抑えて生活している様な方もたくさんいると思います。

しかしストリートビュー旅行をすることでお金も時間もかけずに旅行に行って気分になり臨場感を楽しむことが可能となります。

具体的にどの様な方法で楽しむのかといいますと、Googleのストリートビュー機能を使うという方法になります。

実際に使ったことがある方もたくさんいると思いますが、Googleのストリートビュー機能は全世界をクリックすることが可能になっており、クリックした場所の風景を360度楽しむことが可能になっているサービスです。

これを利用することによって、なんとお金をかけずに海外旅行を楽しむことが可能となります。

例えば世界の有名な場所であったり、日本のまだ足を運んだことがない場所をクリックするだけでその場所の風景を楽しみながら、さらに道に沿ってクリックを続けていけばまるで自分がその場所を歩いて進んでいるかの様な体験をすることができます。

実際の旅行には劣るかもしれませんが、利用したことがない方からすれば心が躍るような体験をすることができるはずです。

時間もお金も節約しながら旅行を楽しみたい方にはオススメです。

生放送番組を見る

次にご紹介する臨場感を味わうためにやるべきことは生放送番組を見るということです。

生放送番組はテレビ番組の中でも時々特番などで行われたりしていることがある放送手段です。

一般的に放送されている番組は一旦録画したり編集されたものを流しているものになるのですが、生放送番組に関しては録音や録画をすることなく、まさにリアルタイムで視聴者に伝える様な放送手段のことを指し示しています。

生放送番組はそこまで頻繁に放送されるようなものでもありませんので、見たい時に見れないというもどかしさがある方もいるかもしれませんが、今でもYOUTUBEなどでは様々な実況や生放送などが行われている場合などがありますので、かならずしも今の時代はテレビ番組でしか見れないという事もありません。

テレビ番組に関しては、普段見ている番組と違った生放送ならではの絶妙なタイミング間や時にはハプニング、放送事故などを楽しむことが可能になっていますので、臨場感あふれる放送を見たい場合は積極的に視聴してみると普段とは違った楽しみを感じる事ができますよ。

また、インターネット放送に関してはその場その場で視聴者がコメントなどを送信して視聴者参加型の番組やライブ放送なども存在していますので、より一体となって楽しめるといった楽しみも存在していますので、おすすめですよ。

地震の体験

次にご紹介する臨場感を味わうためにやるべきことは地震の体験をしてみるということです。

地震の体験をするという事は基本的にあり得ない話だと思う方もいるかもしれませんが、今は地震の体験を事前に行って防災意識を高めるという目的で行われている場所が存在しています。

例えば東京消防庁などに足を運んで見れば防災訓練の一環で地震の体験をすることが可能になっています。

地震の体験をすれば事前にどれくらいの震度なのか、どれくらい激しい揺れが来て危機感を持っておけばよいのかという事などが理解できるようになり、迅速な対応などが可能になったり、事前に心構えを持ちパニックになる事を防ぐ事が可能となります。

東京消防庁では地震体験コーナーで本物そっくりの地震を体験をして意識を高めることが出来ますので、気になる方は体感してみると臨場感あふれる非日常の体験をすることが出来ますよ。

小さい子どもがいる家庭などで家族で体験してみるとより防災意識を高める事ができますので、おすすめです。

躍動感のある写真を見る

次にご紹介する臨場感を味わうためにやるべきことは躍動感のある写真を見るということです。

躍動感のある写真とはいったい何なのか?

それはシャッタースピードを速く設定したカメラで動きを撮影したりするということです。

シャッタースピードを速く設定した上で写真を撮ることによって動きを止める効果がありますのでより鮮明に動いてるものを綺麗に捉えることが可能になります。

家庭で持っている一眼レフの設定を様々に変更することによって、さらに対象物のみにピントを合わせて、それ以外の画像をわざとブレさせる事でものすごい勢いで走っているような写真を取ったりすることが可能になり、躍動感あふれる写真を簡単に撮る事が可能になります。

もちろん躍動感のある写真を撮るためには様々な工夫が必要になりますので、その辺りはきちんと正しい方法を身に付ける必要性がありますが、ただ躍動感のある写真を見るだけだったら技術も必要ありませんので、躍動感あふれる写真をみて臨場感を簡単に体験する事ができます。

撮影した動画を見る

次にご紹介する臨場感を味わうためにやるべきことは撮影した動画を見るということです。

これはわざわざ説明するまでもないと思いますが、今は簡単にスマートフォンなどで動画を撮影することが可能になっています。

特に女性の方はよく友達同士で動画を取り合ったりすることが多いと思いますが、今まで撮りためたものを流しながら見たりすることで臨場感あふれる気持ちになる事ができます。

また、動画投稿サイトなどのYOUTUBEで臨場感と検索すると様々な臨場感あふれる撮影の動画を見る事もできますので、お気に入りの動画を探すのも面白いですよ。

話が上手い人の体験談を聞く

次にご紹介する臨場感を味わうためにやるべきことは話が上手い人の体験談を聞くということです。

どんな方の身近にも一人ぐらいは話が上手な人がいると思いますが、話が上手な人の体験談を聞いたりするとその人の話術がとても高いことがわかりますよね。

話術が高いとより自分が感じているかのような感じで話を聞く事が可能になります。

つまり、臨場感あふれるような感覚で話を聞く事は可能という事です。

これは人から直接聞かなくても、インターネットなどで面白い芸人さんの話を聞いたりするだけでも臨場感が得られますし、レンタルDVD屋さんなどで「すべらない話シリーズ」などを借りたりしても面白いと思いますよ。

臨場感には刺激的な時間が待っている!

今回は臨場感をテーマにして、臨場感という言葉の意味や、臨場感を味わうために行う事についてご紹介しました。

普段なかなか臨場感を体験できる様なことを考えたり、実践できる機会は少ないと思います。

なので、今回ご紹介した様々な臨場感を体験できることを積極的にチャレンジしてみることで、今まで味わうことができなかった様な楽しい体験をすることができます。

最近何をするにしてもある程度し尽くしてしまったような気がしている方で、まだ体験した事がないような事があった場合は積極的に利用してみてくださいね。