匿名というのをご存知でしょうか?匿名というのはネットで使う際にとても便利なものなのです。

例えば何か掲示板などを見ているときや、動画にコメントなどをする時に名前を入れる場所があると思います。

ですがこの時に本名などを入れて書き込むというのはしないですよね?

何かニックネームやあだ名を入れて書き込むのではないかと思います。

そうした上で掲示板などではやりとりをしたりすると思いますが、その匿名を使うというのには様々なメリットがあるのです。

例えば本名などを使ってするのであれば、それは個人情報を相手に与えているのと同じ状態になります。

見ずしらずの人が見ているのにも関わらず、本名を使うというのは誰もしないと思うのです。

もし仮にインターネットを使うという状態の時に本名を使うということが無いように気をつけることが大事です!今はどんなことでも調べてしまうと解ってしまう世の中になってしまいました。

その環境の中でも匿名というのはとても大事なものになるのです。

匿名というのは誰が言ったのか解らないというのが最大の特徴であり、どこの誰かが発言している、という状態になるので、危ないという危険性が少ないです。

仮にニックネームなどを他のTwitterなどのSNSでも使用している場合は検索をするだけで上がってしまい素性がばれてしまう可能性があります。

ですが匿名の場合は名前が未記入の状態であるため、素性がばれることはありません。

ネットというのはどんな情報でも本名を使うというようなことは無くすようにしなければなりません。

例外でFacebookでは本名の登録を推奨していますね。

Facebookでは家族間や友人間というのをメインとしているSNSですが、掲示板などは誰もが対象となっています。

そんな時に匿名を使うことで好きに書き込めたり、気軽に発言ができるようになるのです。

では匿名を使うメリットの10個のことについて教えたいと思います。

ネットで匿名というのはとても重要な役割を果たすのです。

匿名でネットを使う10個のメリット

匿名でネットを使う理由は何といっても好きに書き込めるということであり、素性がばれないということです。

掲示板などで名前を使用する人は少ないですよね?比較的に安全に書き込むことができるのです。

ですが好きに書き込むというのは限度があります。

例えば相手を誹謗中傷するような言い方をするのは絶対にしないようにしましょう。

ネットにもマナーというものがあり、それを「ネチケット」と呼びます。

今ではあまり使用されていない用語ですが昔はネチケットなるものでネットというもののマナーを守っていました。

ですが今ではネチケットという言葉を聞くことがあまりありません。

それはこのマナーというものがあまり重要視されていないからでもあります。

匿名を使う場合は様々なメリットがありますが、このネチケットを守って書き込むようにしましょうね。

ネチケットが無い書き込みが凄い多いようにも見え、SNSでも守れてないという人が多いと思います。

皆が楽しむということをするにはこのマナーを大前提として、匿名を使うということが大事になるのです。

ではこの匿名を使うメリットの10個について教えたいと思います。

匿名というのは様々な利点がありますが、ちゃんと使い方を考えて使用するようにしましょうね。

1.素性がばれない

素性がばれないというのは匿名を使う上でのメリットの1つです。

匿名を使うと誰が書き込んだというのが解らない状態になります。

なので、本名を使って書くということが無いので素性がばれないというのが良いですね。

素性がばれないというのは個人情報が解らないということです。

個人情報というのは例えばネットで買い物をする時に住所や名前などを入れると思いますが、掲示板にその様なものを書いてしまうと自分はここにいますよとばらしているのと同じです。

掲示板では様々な話題について書いたりします。

例えば掲示板でのコメントに対し否定的なコメントをしたとしてその素性がばれてしまえば、相手がもしかしたら来たりしてトラブルの原因になってしまう可能性もあります。

実際にいくつかその様な事件などもあり、素性がばれるということは自分を晒けだしているのと同じになるのです。

なので匿名を使うということで自分の素性がばれずに安全に書き込んだりすることができます。

匿名の最大のメリット

匿名の最大のメリットと言っても良いのが素性がばれないことなのです。

例えば何か署名などをしたり、名前を記載するというのは個人情報の確認の上で行うものですよね?ですがネットに書き込むというのは誰でもできることなので、その様な情報を一切載せなくても書き込むことができるのです。

匿名を使うメリットとしては最大のメリットがこれになるのです。

個人情報などを書かずとも、相手に情報を発信したり、意見を言ったりすることのできるものが匿名です。

ですがこの匿名のメリットを利用して悪用したりすることもできますが、ネチケットに反することです。

絶対にその様なことはしないようにしましょう!最大のメリットでありながら、匿名という立場を使った悪用も多いです。

安全にするにはネチケットを守りつつ匿名を使うようにしましょう。

2.言いたいことを気にせず言える


匿名を使うメリットとして言いたいことを気にせずに言えるというものがあります。

これは例えばとある書き込みに対して「こう思うのだけれど」というものがあったとします。

その書き込みに関して自由に意見を言えるというのも匿名のメリットです。

例えばこれに名前がついてしまうと誰だという形になり素性を探すようになるのです。

ですが匿名という形にすればそれがばれないですみますよね?言いたいことがあるという形であれば相手にそのまま言うこともできます。

匿名を利用して好きに発言ができるということができるので、言いたいことを気にせずに言えるというのはメリットでもあるのです。

誰もが書き込めるようなものなのが掲示板であり、交流をしたり質疑応答をしたりと様々なことで使われることが多いです。

匿名により様々な意見を持っている人たちが自由に書き込むことができるので、自分の意見ではなくいろいろな人の気持ちを受け取ることもできます。

そうした意味でもメリットといえるのではないでしょうか。

考えつかなかった方法や、どうすれば良いかなどを教えてくれる人も中にはいるのです。

自分の気持ちを素直に言える

発言に対して相手のことを気にしなくても良いというのがあります。

基本的に匿名でコメントなどをするというのは誰が書いたか解らないのが特徴なので、その相手に対して素直な気持ちを言ったり、質疑応答に関しては意見を言うことができます。

例えば政治関係に関する意見だったりニュースなどに対して好きに言ったりすることもできるのです。

普段人にはあまり言わないけれど、掲示板では愚痴を言ったりするという人もいるでしょう。

自分の気持ちを素直に言える場所なのも掲示板の魅力であり、匿名を使う利点でもあるのです。

特に何でも意見を自由に言えるので、自分はこう思う、という意思表示もできると思います。

他にも様々なことで掲示板を見たりすると思いますが、皆が皆素直に言えるようなことが多いので利用する人も多いそうです。

3.気軽に相談や発言ができる

気軽に相談や発言ができるというのも匿名を使う理由の1つです。

その掲示板のタイトルに対して「なんだそれは」「くだらない考えだと思う」といったような意見もあれば「良いと思う!」という意見もあるでしょう。

それは皆が気軽に相談や発言ができるからこそその様な意見が飛び交っているのです。

相談や発言というのは、現実の世界では人を選んで発言をしなくてはいけません。

仲の良い友達に何でも相談ができるというものではありませんよね?例えばその友達のことについての相談なのに本人に言っても仕方ありません。

そういう時には別の人に相談をすると思います。

ですが匿名を使い掲示板で書き込んだり場合は、好きに発言ができるので、その相談内容を言ったりすることもできます。

また、誰もが見れる場所でもあるので、当の本人が見ている場合もありますが、その可能性はとても低いです。

なぜなら無数とある中からその1つを見つけるというのはとても難しいことだからです。

匿名なので誰が書き込んだかすらも解らないので、安全に相談などができるということですね。

言葉を選ぶ必要がない

匿名を使う場合は言葉を選ぶ必要がありません。

見ている人達に対して言う言葉はどんな言葉でも良いのです。

例えば敬語なのも良いですし、普通に友達に話す感覚でも良いのです。

言葉を選ぶ必要がない分、気軽に発言をできたりするので相手のことを気にすることなく発言をすることができるでしょう。

これがもし年上の人や会社の上司だと知った場合はその様な言葉で話すことは難しいですが、皆が匿名なのでどの様な職種なのか、年上なのか解ったものではありません。

なので言葉を選ぶ必要がないというのもあります。

匿名を使う場合は皆が平等な状態であるということを忘れないようにしましょう。

4.ありのままの自分で居られる

ありのままの自分で居られるというのも1つのメリットです。

嘘をつくこともできますが、そのまま素の状態でいられるというのはとても楽ですよね。

それほど個人情報というのは重大であり、他の人に簡単に晒すようなものではないのです。

ですが匿名の場合は、その重みから開放されている状態にあるので、プレッシャーなどもなく、素の意見を言えるようになるのがメリットになります。

自分の損得を気にしなくていい

ネットの世界では匿名を使うことでもそうですが、誰でも情報を発信することができるのが最大の特徴です。

例えば見ず知らずの人がこの様なことがあった!と言うと他の人達も見ることができ、それがどんどん広まって有名になるといったこともあるでしょう。

テレビで放送されていたものは、実は最初はネットからの始まりだったというのもあります。

匿名というものを使えば誰がどうしたということが解らないので、損得を気にせずに行動ができるというのも1つのメリットと言えるでしょう。

5.相手にとっても匿名で喜ばれることもある


例えば自分が匿名で意見を言っている場合、相手がもし本名だととても申し訳なく思いませんか?

相手も匿名であれば、気軽に相談などができたり、SNSを通じて話しをしたりとできるのではないかと思います。

匿名というのは相手のことを知らないでいればいるほど、気がとても楽になります。

「自分はこんな人なのに、相手はどんな人なんだろう?」と考えたりする人もいるかもしれません。

相手が匿名であると素性を知りたいと思う気持ちは強いと思います。

ですが自分と相手が匿名であれば誰でも関係ないという考えになるので、好きに意見を言えたりできますよね。

SNSではニックネームになることが多いのですが、お互いが匿名であればあるほど、相手にとっても喜ばれることがあります。

自分の意見は相手にとって有意義なものになることも

自分の意見は相手にとって有意義なものになるということもあるでしょう。

例えば掲示板などでの質問に対して「自分はこの様に思う」と発言をしたとします。

その時に相手が「その通りにしてみるよ」というと自分の意見をして相手はどう思うのだろうとなります。

ですがその問題を解決している場合は「ありがとう、おかげで何とかなった」というようなコメントが再度くるようになるのです。

自分の意見で相手を動かすようなこともあり、それは相手にとっても有意義なものになる可能性が高いのです。

6.誰もが平等になる

誰もが平等になるというのは匿名を使う上でのメリットでしょう。

どういうことかと言うと、立場は関係ないということになります。

匿名を使うということは、どこの誰かということが解らない状態になるということです。

誰もが平等になれるから、掲示板などでは自由に意見が飛び交うのです。

「こう思う」「自分は反対だ」というような誰もがその同じ立場になって考えることができるのがメリットにもなるのです。

例えばこれが会社関係であれば言葉などを選ばなくてはいけません。

上司や社長に発言をした場合はマナーや敬語などきちんとしなければいけませんが、匿名を使うということはその間は皆が平等になるので、上司や社長という立場も関係ないのです。

平等になることで様々な意見が言えるという人も多いのではないかと思います。

それほど今の社会は立場などを重視したりしているとも言えるのではないでしょうか。

年齢や社会的地位は関係ない

年齢が上だから、社会的地位が上だからという関係は一切無くなるのが匿名を使う上での特徴です。

どこの誰かという分類にされるので、相手がどんな立場であろうと、掲示板などで書き込む場合は様々な意見が飛び交ったりするでしょう。

普通に会社とは違い、ネットを使っての掲示板やSNSというのは相手がどんな人であっても関係ないというものがあります。

更に言うと10代の人が書き込んでいることもあれば、60代の人が書き込んでいるということもあるのです。

これは匿名というものを使っているからこそだと思います。

年齢を気にしたり社会的立場を気にして書き込む人もいるとは思いますが、このネットの世界ではそれが無くなると考えてよいでしょう。

関係あるのはその時にどう思ったのかということだけなのです。

ネットというのはそれほど充実もしてきていると言っても良いのではないでしょうか?

7.ネット上のコンテンツが充実する

ネット上のコンテンツが充実するというのも匿名のメリットです。

例えば最近ではテレビを見ることが少なくなりネットでニュースなどを見ているという人もいるでしょう。

テレビではなくネットで全て何もかもしているという人もいます。

それほどネット上のコンテンツが充実していると言っても良いでしょう。

ですがこれと匿名はどう関係があるのかと思う人も多いはずです。

匿名を使うことで様々な意見が出ると思います。

例えば通販サイトに関する意見や要望などを出すときは名前を入れずにニックネームや匿名で出しますよね?この時に相手の企業は様々な意見や要望を聞いて更にコンテンツを充実させようと改善をするのです。

この匿名という機能があるからこそできるものだと思います。

それはそのサービスを利用している人達の貴重な意見になるからです。

ネット上のコンテンツが充実するというのは、この匿名で利用している皆さんのおかげでもあるということになります。

今ネットが主な時代となっている世の中では、匿名を使うメリットの1つにコンテンツが充実するという環境になっているのです!

自分の趣味やアイデアを自由に発信できる

コンテンツが充実すると、様々なサービスが開始されていきます。

例えば最近ではSNSというものが多くあります。

Twitterなどが良い例です。

そのTwitterなどを使い趣味やアイデアを発信したり、またブログや掲示板などを使って自分の趣味やアイデアを発信したりと、今では様々な方法で自由に発信をすることができるようになりました。

当初は匿名だけではという形でしたが、ニュースに関する情報もいち早く発信できるようになったりと様々な利点がるのです。

匿名で発信をする人もいれば、ニックネームを使い発信する人もいるのではないかと思います。

ですがそれに規約というものはなく、基本的には自由に発信をすることができるのです。

8.相手とのやり取りを楽しめる

相手とのやり取りを楽しめるというのも匿名であることの1つです。

これは自由に意見を言えるというのと同じで相手との意見を交換し合うことができるということです。

相手とのやり取りというのはチャットをしている感覚にもなりますし、メールでのやりとり、今ではLineをしているという感覚にもなるでしょう。

匿名を使うことで相手に対して「こう思うんだけど」と素直に言えることで、相手も素直に言い返すことができるようになり、相手とのコミュニケーションを計ることができると思うのです。

相手は匿名であれ、1人の人間なので違う考えを持っていたりとどの様な人か解らないという状態になると思います。

その上で相手とのやり取りをするというのはどの様な人なのかを見れることもできるので、それを楽しむというのも匿名を使う上でのメリットではないかと思います。

お互いが自分の意見を言い合うことができる

相手とのやり取りを楽しむということは、お互いが自分の意見を言い合うことができるということに繋がると思います。

意見を交換したり、言い合うことができるのは、相手が「自分自身の意見」をちゃんと主張しているからということになります。

この主張が無ければどちらかが一方的に言っていることに対して賛同をするだけということになるので、それは楽しくないと思います。

匿名だからこそ、相手がどういう人かも知らないので、困っていることがあれば「自分はこうする」というような意見が出てくるでしょうし、それに対して相手はどう思うのかというやり取りが可能になるのです。

これが仮に個人情報が解っている相手だと少し言い辛いことになりますよね。

上司に対して言っているとなれば気がひけてしまい、あまり言い出せなくなるということもあるのではないでしょうか。

その様なことが無いように、匿名を使うという意味でも良いのではないかと思います。

9.ネット上で解決する

ネット上で解決するというのも匿名を使うメリットの1つです。

例えば匿名を使い解らないことを書くと様々な解決方法を言ってくれる人達がいると思います。

そのことを様々試すことができ、いろいろな意見を聞けるというのは、現実で解決をしているのではなく、ネット上で全て解決していくことになるのです。

例えば匿名を使い「ディスプレイが映らなくなった」ということを掲示板やSNSなどに書き込みをするだけで誰かが解決策を言ってくれたりするのではないかと思います。

匿名というのは解決方法を知っている人が書き込むのはもちろん、同じ現象になっている人も見ることができるので、後々でとても役に立つのです。

現実上では関係がない

現実上では相手と一切関係が無いというのも1つのメリットになります。

これは相手とのやり取りをしていてもネット上での関係ということになるのです。

現実では一切関係が無いので、仮に問題が起こってそれが解決した場合はもうそこで終わりになるということなのです。

匿名というのは好きに発言をしても良いですが、これは相手の発言に対して意見をするかというのも本人の自由になるのです。

なので無理に発言をし返さなくてもよいですし、解決したのであればその時点で終わりということなので、それ以上関わることが無いということにもなります。

現実上では一切関係を持たないというのも匿名を使う上でのメリットになるのではないでしょうか。

10.なりたい自分になれる

なりたい自分になれるというのも匿名を使う上でのメリットだと思います。

例えばファンタジー世界の主人公になった、その様な気分で匿名として掲示板に書き込むのも良いでしょう。

限度はありますが、なりたい自分になれるというのもあるのです。

例えば匿名で性別だけ答えている場合、嘘を言えることができるということになるのです。

本当は女の子だけど男と答えたりすることもできます。

この様な軽い嘘というのは良いですが、発言には必ず責任を持たなければなりません。

それを理解したうえで、なりたい自分になるようにしましょう。

ネット上ではなりたい自分になろう

ネット上というのは常に誰かが見ています。

ですが相手は自分のことを解っていないので、自分はこういう人なんだと伝えることができます。

これは現実では自分はこうだけれど、ネットでは本音で伝えることができるという人と似ている傾向があります。

ネット上だからこそ本音になれる、相手にこうだと言えるという人は多いのではないでしょうか?

現実で実際に言うのとネットで言うというのはプレッシャーなどが違うと思いますし、告白とかのようなものは現実で言った方が嬉しいという人は多いと思います。

ですがメールだと少しショックだという人もいるでしょう。

ネット上というのは伝えることは自由にできるので、偽りをすることもできるのです。

もちろん先ほども言ったように限度というものはありますが、なりたい自分になるというのはネットを使用していく上ではとても大事なことなのです。

ネット匿名を使うときの注意点とは

匿名を使う上でのメリットを10個ほど教えました。

ですがメリットはこれだけではなく、他にも様々なことがあると思います。

匿名を使うメリットというのはこれだけを聞くととても良いものに見えますが、匿名ということで誰か解らないというのを逆手に取り、悪用をしたりする人もいるのです。

例えば相手のことを考えずに発言をする誹謗中傷などが多いのではないでしょうか。

悪用をして事件になるという例もあります。

匿名とは便利なのですが、犯罪にまで発展する可能性があるということを十分に気をつけるようにしましょう。

そこで「ネチケット」が大事になるのです。

ではネット匿名を使う時の注意点はどの様なものか見てみましょう。

匿名を悪用しない

匿名という立場を利用して他の人の個人情報を書いたり、予告をするという人がいました。

それは事件にも発展していると思います。

匿名だからといって何でも書き込めたりするというようなことはありません。

匿名だからこそ、悪用をしないようにするのが常識でありマナーです。

「ネチケット」は最低限のマナーという意味がありますが、匿名を使って悪用をする人が増えてきています。

これは「ネチケット」というものが元から守られていないことになるので、匿名を絶対に悪用しないように、ネチケットを守るようにしましょう。

匿名だから何でもしていいというわけではない

匿名だからといって何でもして良いということではありません。

例えば言っている内容が事実だとしたらとんでもないことになるという可能性もあるのです。

予告などが良い例でしょう。

自分自身だけであれば被害は少ないと思いますが、周りにも影響を及ぼすような発言や誹謗中傷などは絶対にしてはいけないことです。

相手の気持ちを考える

相手の気持ちを考えるというのもやめるようにしましょう。

感情的になり発言をしたりする人も多いと思いますが感情的な発言をすると、相手も感情的になってしまい、言い合いという状態になると思います。

最近ではこのようなやり取りが多く見られており、相手の気持ちを考えるというのも注意が必要になってくるのです。

明らかな誹謗中傷は控えよう

感情的になってしまい明らかな誹謗中傷をしたりする人も多く見ます。

この様な行為は控えるようにしましょう。

匿名だからといって、何でも言ったりしてよいことはないです。

基本的には全てにおいて限度というものがあります。

お互いが注意をすることで改善されることも多いので、この様な行為をしないようにしましょう。

無責任な発言はしない

無責任な発言をしないというのも1つの注意点です。

これは例えば相手が何か問題を抱えている時に無責任な発言をしてしまい相手を怒らせたりするというようなことがあるからです。

発言に対して適当なことを言って相手を怒らせてというようなことも多くあります。

匿名という立場なので何でも言って良いという考えもあるとは思いますが、その発言に責任を持つように心がけましょう。

匿名でも責任を感じて発言しよう

匿名でも責任を感じて発言をすることが第一です。

仮に相手がその発言を信じてしまい取り返しのつかないことになったということもあります。

デタラメな情報を気軽に発信しない

デタラメな情報を気軽に発信しないようにしましょう。

真に受ける人も多くいたりしますし、デタラメな情報で警察が動くというようなことも事件としてありました。

デタラメな情報を気軽に流すという行為は今ではニュースに発展するような大きな事件へと変わってしまう可能性が高いです。

嘘やデタラメを言うというのは限度というものがあり、周りを巻き込むような発言というのを控えるようにしなければなりません。

匿名を使う上ではとくに、デタラメな情報を言う人が多いので、その様な発言を気軽に言わないようにしましょう。

世界中の人が見ていることを忘れないようにしよう

自分自身だけではなく、世界中の人達がそのやり取りを見ていたりしています。

相手もネットを通じてそのやりとりを見ているので、仮にその情報を真に受けるというようなことがあればパニックになりかねません。

嘘の情報、デタラメなことは絶対に言わないようにしましょう。

まとめ

匿名を使うというのはメリットもありますが、注意することがいっぱいあるのです。

特に「ネチケット」に関する内容、誹謗中傷、デタラメな情報を流して匿名を悪用するというようなことは絶対にしないようにしましょう!

皆が安全にネットなどを使用して匿名というものを使うことを祈っています。