皆様はじゃんけんをしたことがあるでしょうか。

子どものころから何度もしたことがあるという人は少なくないでしょう。

ちょっとしたことを決めるのに便利な手段として使われることが多いですから、ルールも遊び方も全部頭に入っているという人が多いでしょう。

ですが、実はこれは、地域によって違うものでもあるのです。

当たり前のように三つの手を出して、その勝敗を決めていたかもしれません。

ですが、この出すときの掛け声などは、地域によってさまざまであり、他の地域に行ってしまうと全く通じないような言葉を使っていることもあるのです。

地域によって全く異なることを言っているというのは面白いですし、テレビの広まっている現代になってもそれが消えずに残っているということも面白いですよね。

皆様が育ってきた地域によっては、独特の掛け声でじゃんけんをしているということもあるでしょう。

ここではじゃんけんについて詳しく見てみることにします。

あなたの地方のじゃんけんは?

じゃんけんはどこでも一緒だと考えている人が多いではないでしょうか。

じゃんけんというのは日本全国共通のものであって、意外とスタンダードだと思われているものが、他の地方では使われていない可能性もあります。

あなたの地方ではどのようなじゃんけんが粉われているでしょうか。

自分の土地を離れることがなければ、なかなか違う種類のじゃんけんをすることはできないですよね。

そもそも、スタンダードと言われているじゃんけんとは、どのようなものなのでしょうか。

スタンダードなじゃんけんのやり方


まずはスタンダートなじゃんけんのやり方について見てみることにしましょう。

スタンダードだと言われれているものは、日本人と一緒に行うのなら、誰もが同じ共通認識で行っているものでしょう。

出す手は基本的に「グー」と呼ばれる、こぶしを握った形のもの、「パー」と呼ぶ手を開いたもの、「チョキ」と呼ばれる、指を二本出してVサインを出したものになります。

この三種類の中で「グー」は石に例えられることが多いでしょう。

「パー」は髪に例えられることが多いですね。

「チョキ」ははさみに例えられることが多いのではないでしょうか。

「グー」は「チョキ」には強いですが、「パー」には負けてしまいます。

これは、石ははさみで切ることはできないですが、紙には包まれてしまうからです。

また、「パー」は「チョキ」には負けます。

紙ははさみで切られてしまうものだからです。

このような基準でじゃんけんの勝敗を決めることになっています。

同じタイミングで出した手が何であったかによって手を決めるので、基本的には運を競っていることになりますね。

最初はグーは志村けんが作った

掛け声で使われるものが多いのは「最初はグー」なのではないでしょうか。

「最初はグー、じゃんけんぽん」という言葉を使っていることが多いでしょう。

これは当たり前のように受け入れられていますが、最初の掛け声を作ったのは志村けんだということはご存知でしたか?

これは『8時だよ!全員集合』という番組の中で行われ板じゃんけんがきっかけのようですね。

酔っぱらった状態でじゃんけんをしようとしたときに、タイミングが合わないことになってしまったので、タイミングを合わせるためにじゃんけんをすることにしたのです。

この方法できちんとタイミングを合わせることができたため、「最初はグー」という掛け声が定着していったのでしょう。

当たり前のように使っているため、じゃんけんとはそのようなものだと思っている人も多いですが、実は「最初はグー」が後からできたものだと思うと、面白いですよね。

じゃんけんのバリエーションはたくさんある!

実は、じゃんけんにはバリエーションがたくさんあります。

外国でも行われていますが、その方法が異なることがあるというのは面白いですね。

じゃんけんを行っている地域によっても習慣が異なるので、それらを調べるとそれぞれに特徴が出ていて楽しいですよ。

じゃんけんの掛け声も様々

じゃんけんの際に必ず使われる掛け声も、様々です。

必ずしも同じ言葉を使ってじゃんけんをしているわけではないのです。

基本的に手を作って運を競うというところは同じですが、その習慣が違うというのは初めて聞く人も多いでしょう。

これを知っておかなければ、違う地域に自分だけ違うことをしてビックリすることもあるかもしれませんね。

じゃんけんのやり方23選


ここではじゃんけんのやり方についてご紹介します。

スタンダードにある地域で使われているものから、ネタで行われているものもあるでしょう。

子どものころにふざけてはやってやっていたものもあるかもしれません。

大人になってくるとスタンダードなものしかしないので、昔やっていたじゃんけんの仕方を忘れてしまっていたという方もいるかもしれません。

あなたがやっていたようなじゃんけんは下記にありましたか?

ぜひ、見てみてください。

足じゃんけん

手の代わりに足を使って行われるじゃんけんもありますよ。

このじゃんけんの場合には、足の指で行うので、普通よりも少し難しいかもしれません。

方法はいろいろあるようですが、例えば、片方の脚だけを使って行うじゃんけんがあります。

この方法の場合には、チョキは親指と人差し指を開きます。

他の二つの場合には、手の場合と同じです。

チョキの代わりに親指だけを出すタイプもあります。

もしくは二つの脚を使って行う方法もあります。

二つの脚を使って行う場合には、チョキはそれぞれの親指を出して、結果的に二本の指を出すことでチョキを表すことにするのです。

このほかにも、足を開いて立っているときにはパー、片方の足を前に、片方を後ろに引いているとチョキ、揃えているとぐーなど、立ち方で判断する物もありますよ。

色々な方法があるのではないでしょうか。

戦争じゃんけん

戦争じゃんけんと呼ばれるものもあります。

こちらは軍艦じゃんけんと呼ばれることもありますね。

グーは「軍艦」、チョキは「朝鮮」、パーは「ハワイ」を表します。

その段階でどこか物騒な印象になってしまいますが、実際に、このじゃんけんが物議を醸しだしたこともあるようです。

太平洋戦争の時を思い出させるような単語を使っているのが問題ですので、少し判断が難しいかもしれませんね。

あまりそう言ったことを刺激したくないと思っている場合には、しない方が無難かもしれません。

じゃがいもじゃんけん

「じゃがいもじゃんけん」と呼ばれるものもあるようですね。

このじゃんけんの場合には「じゃんけん、ジャガイモ、さつまいも」と掛け声をかけるようです。

これはジャガイモがよく捕れる地域での方言にあたるのではないでしょうか。

ジャガイモじゃんけんと呼ばれてはいるようですが、特別なルールがあるわけでははなく、ただジャガイモの掛け声を使っているじゃんけんのようですね。

ちっけったじゃんけん

「ちっけったじゃんけん」と呼ばれるものもあります。

こちらも方言の一つと言えるのではないでしょうか。

千葉で見られるじゃんけんのことのようですね。

そもそもこちらの場合には「ちっけった」というのが、じゃんけんと呼びます。

あいこの場合には「あいこでしょ」という言葉を使うのではな「あいらいしょ」という言葉で出します。

全くスタンダードのバージョンとはひびきが違うところが面白いですね。

いんじゃんほいじゃんけん

「いんじゃんほい」というじゃんけんの場合には、関西で使われることが多いようですね。

こちらもじゃんけんの方言と考える知良いでしょう。

「じゃんけんほい」の代わりに「いんじゃんほい」という言葉を使うのです。

関西圏でも若干異なる言葉を使っているかもしれませんが、一般的に行われているじゃんけんの掛け声と考えて間違いはないのではないでしょうか。

他の地位からしてみると、全く違ってびっくりするかもしれませんね。

ちーぽっぽじゃんけん

群馬県で行われているじゃんけんは「ちーちっぽ」というものです。

これに合わせて手を出します。

さらに、あいこだった場合には「ぽーぽっぽ」という言葉で出します。

リズムだけを取っているというのが面白いところですね。

千葉と同様に「ちっけった」で出している地域もあるようですよ。

馬のくそじゃんけん

「馬のくそじゃんけん」と呼ばれるものもあります。

こちらは北海道を中心に広まっているじゃけんのようですね。

「じゃんけん、ぽっくり転んで馬のくそ」というリズムに合わせて出すようです。

畜産が有名な地域で使われているじゃんけんの方言のような感覚がしますね。

こういったところに地域の文化が表れているのが面白いところだといえるでしょう。

しーやんえすじゃんけん

愛媛県では「しーやんえす」という言葉を使ってじゃんけんが行われるようですね。

こちらも少し変わった表現ではありますが、じゃんけんの方言版ということになるのではないでしょうか。

りーしゃったじゃんけん

「りーしゃったじゃんけん」というのは岡山県で行われているじゃんけんのようです。

こちらは「りーしゃ、りっしゃ、た」で出すようですね。

さらにあいこの場合には「りーの、た」になるようです。

かなりリズムが違うような感覚がしますが、口に出してみると意外と馴染んでしまうのが面白いですね。

方言のじゃんけんも馴染んでしまうと面白いものになるかもしれません。

球磨拳

「球磨拳」というじゃんけんは、このような字を書いて「くまけん」と呼びます。

熊本県で行われているじゃんけんの一つですが、他と違うのが「じゃんけんのルーツ」と呼ばれているところでしょうか。

出すのは三つの手ではなく、片方の手の指を折って0から5までの数字を作ります。

普通のじゃんけんよりもルールが複雑になってしまうところがあるように思えますが、実際には簡単で、数字が一つ多かった方が勝ちということになります。

二つ以上多かった場合には価値とはなりません。

大阪じゃんけん

大阪じゃんけんと呼ばれるものは、負け方が勝ちだというルールのじゃんけんです。

普通のじゃんけんとはルールが異なっていますので、つい勝って喜んでしまってから、相手の顔を見てルールを思い出すということもあるかもしれませんね。

負けるのが嫌いだから生まれたなどの説もありますが、他の地域でも時々行われることがあるじゃんけんなのではないでしょうか。

叩いてかぶってじゃんけんホイ

「叩いてかぶってじゃんけんホイ」は二人が据わってお互いに向かい合って行います。

お互いにじゃんけんをするだけなのですが、負けた方はすぐに減るめえっとをかぶって自分を守らなければいけません。

買った方は逆に、ハリセンや棒で相手の頭を叩かなければいけません。

動作を間違えてしまったり、防御できなかった、叩き切れなかったような場合には負けですね。

あまり熱中して行っているとケガをしたり喧嘩になってしまうようなゲームだということができます。

おちゃらかホイじゃんけん

おちゃらかホイというゲームをしたことはあるでしょうか。

これは、じゃんけんに至るまでが少し長いですね。

歌を歌いながら手遊びをして、最後にじゃんけんをするのです。

歌の歌詞は「セッセッセーのヨイヨイヨイ、おちゃらか、おちゃらか、おちゃらか、ほい」というのが歌詞です。

さらに「おちゃらかあいこでおちゃらかほい」という歌詞が続きます。

買った場合には「おちゃらか買ったよおちゃらかほい」となります。

負けた場合には、愛だのかしが「負けたよ」になります。

これは不利がとても重要であり、「せっせっせー」に合わせて向かい合って繋げた両手を上下に揺らします。

そして、「よいよいよい」に合わせて、つないだ手を交差させてまた上下に揺らします。

そして、「おちゃらか」の「おちゃ」で自分の手を打ち合わせます。

「らか」では相手と打ち合わせます。

これを繰り返してから、「ほい」でじゃんけんをするのです。

次の歌詞では、買った方は「買ったよ」に合わせて万歳をします。

負けた方は、「負けたよ」に合わせて下を向いて落ち込むようなしぐさをするのです。

あいこだった場合には、お互い両手を腰に付けます。

そしてまた歌詞に合わせて動作をしてじゃんけんをするのです。

この場合には勝負は、どちらかがふりを忘れてしまうまで続きます。

最初はゆっくりしたところから始めて、だんだんとふりを速くしていくと良いでしょう。

グリンピースじゃんけん

グリンピースじゃんけんというのは、違う名称で呼ばれることもあります。

有名なものは「どんぱっぱ」でしょうか。

むしろ、グリンピースじゃんけんと呼ばれることの方が珍しいかもしれません。

地域によっても違いがあり、西日本では「どんぱっぱ」と呼ばれて、東日本では「グリンピース」と呼ばれることが多いでしょう。

こちらは、じゃんけんというよりも、じゃんけんを使って行内月遊びと言った方が正しいですね。

「どんぱっぱ」という場合には、「どん」でお互いがお互いの右手を打ちます。

そして、「ぱっぱ」に合わせて二回手を出してください。

この時の一回目の手は関係なく、二回目の手で勝敗が決まります。

この時、グーは「ぐりん」、パーは「パリン」、「チョキ」は「ちょりん」と呼ばれるので、少し名称が違うことに注意が必要かもしれませんね。

グリンピースというゲームの場合には、全く違いますね。

「グリンピース、グリングリンパリン、パリんパリチョリン、チョリンチョリングリン……」と繰り返していくのです。

この三回繰り返すうちの最後で自分の手を出します。

あいこになっている限りはずっと続けることができます。

最も、ルールによってはあいこの場合でも勝負が決まることがあります。

先に「どん」と言った方が勝ちだというルールもあるのです。

ここは地域によって全く異なるでしょうから、その地域の特色が出て面白いところではないでしょうか。

ブルドッグじゃんけん

ブルドックじゃんけんは、じゃんけんとの方法というよりは、じゃんけんを使った遊びという方が正しいかもしれません。

この方法では、二人一組になって、じゃんけんをします。

じゃんけんに勝ったときには、買った方が負けた方の頬をつまむことにします。

そして、もう一度買ったときには余った手でも、もう片方の頬を摘まみます。

そして、両方をつまんだまま頬を動かします。

そのときには「たて、たて、よこ、よこ、ブルドック」と節をつけて歌ってあげましょう。

要するに、最後にブルドックの歌を歌われるのは、負けた方の罰ゲームということになりますね。

グリコじゃんけん

グリコじゃんけんと呼ばれるものは、階段を使って皆さまもやったことがあるような遊びです。

「ぐー」であれば「グリコ」で三歩進みます。

そして「パー」であれば「パイナップル」で六歩分だけ進みます。

「チョキ」であれば「チョコレート」で六歩分進むことになるのです。

じゃんけんを繰り返して、先に最後まで登り切った人の方が勝ちということになります。

グリコじゃんけんは有名ですから、子どものころにはこれで友達と遊んだこともあるかもしれませんね。

最も、ここで使われていた言葉には、いくつかのバリエーションがあるかもしれません。

舌じゃんけん

舌じゃんけんというものも行われるようですね。

舌の形を変えるので、反射的に出すのは難しいのではないでしょうか。

舌を丸めている形がグーになります。

そして、立てるとチョキになります。

舌を出して垂らした形がパーになりますね。

パーの場合には、下に思いきり力を入れた方が良いようです。

この方法ではかなり疲れますし、慣れなければ相手の手を見るのも大変ですよね。

また、掛け声をかけるのも大変そうだというデメリットがあります。

野球拳じゃんけん

野球件じゃんけんというものはあまり見かけませんが、じゃんけんをして野球拳をすることはありますね。

じゃんけんで負けた方の服を脱いでいくというものです。

全て脱いでしまった方が負けということなります。

最も、これは正式なものではなく、野球件じゃんけんというのは、音楽に合わせてじゃんけんをするというものだったようです。

そのため、野球件じゃんけんと言った場合には、伴奏がついていて、それに合わせてじゃんけんをしていくのです。

伴奏に使われるのは、大抵は三味線と太鼓ですね。

ただ、これを一般的に行うのは難しいので、そういった分間が行われている場所でしかされないでしょう。

ルールもかなり複雑であり、団体戦行われるということが特徴的でしょう。

一人ずつ出てきて歌い踊りながら最後にじゃんけんをするのです。

そして負けた方が引き、次の人に変わるのです。

アメリカのじゃんけん

アメリカで行われているじゃんけんであっても、基本的なことは変わらないようですね。

「グー」はrock」ということになりますし、「チョキ」は「scissors」、「パー」は「paper」と表現しています。

「rock,scissors,paper,one,two,three!」の表現で出す方法が、日本の「最初はグー、じゃんけんポン」と同じリズムで出されるものではないでしょうか。

最も、これ以外の掛け声を使って行われることもありますので、その多様性は日本と同じということになるかもしれませんね。

また、最近アメリカでは、三種類だけではないじゃんけんが使われることもあるようです。

ネタではあるかもしれませんが、三種類ではなく五種類のものを使ったり、多いものでは十五種類を使ったりと色々な手を作って行うようですが、それはじゃんけんをする方法もルールを覚えるのが大変なので、あまり実用化されて使われることはないでしょう。

じゃんけんの勝ち方は?

じゃんけんについて考えていると、誰もが考えてしまうのが、やはりじゃんけんの勝ち方なのではないでしょうか。

じゃんけんの勝ち方を知っていれバ得することが増えるのにと思っている人は多いでしょう。

じゃんけんは当たり前のように使われているものですから、自分の人生全てを変えることはできなくても、何か小さなことで得をするということにはなるかもしれませんよね。

やはり、じゃんけんの必勝法を知っているだけで、自分の人生にとっては小さなアドバンテージとなりそうです。

それでは、良く知られているじゃんけんの勝ち方にはいったいどのようなものがあるのでしょうか。

じゃんけんに買って少し良い思いをするためにも、ぜひ、じゃんけんの勝ち方をマスターして、「常についている人間」と相手に思わせるようにできると面白いですよね。

人が出しやすい手は何?

統計的にはじゃんけんは、必ず三分の一の確立である手を出すと言われています。

ですが、実際にはどうなのでしょうか。

自分がじゃんけんをするときのことを考えても、実際には三分の一では出しているというわけではないのではないでしょうか。

実際に、良く調べてみると、出しやすい手というのは必ずあるようですね。

一番出しやすいと言われているのは「グー」です。

迷ったときにもその手は出しやすいからでしょう。

それに対して、一番出しにくいと言われている手は「チョキ」です。

迷っているときにその手は作りにくいというところが原因でしょう。

実際に自分が緊張しながら手を作っていることを考えると、「グー」や「パー」は簡単に作ることができますが、二本だけ指を出す「チョキ」は出すのが難しいですよね。

だからこそ、最初に出しやすい手を「グー」か「パー」だと予想してみると良いのではないでしょうか。

また、何度も続けているうちに、疲れてきてだんだんと単純な手しか使わなくなることを考えると、そんなときに「チョキ」を出してみることで勝ちやすくなると言ことが分かります。

よく数学で計算するように、全ての手は「全て平等」というわけではないことは頭に入れておきましょう。

心理的に見て出しやすい手があるのは本当?

その時の心理によっては出しやすい手と出しにくい手があると言われています。

相手の表情などを見て、相手がどの手を出しやすいのか想像してみると面白いのではないでしょうか。

例えば、相手が感情的になってしまっているようなときには、「グー」を出す確率が高いと考えましょう。

冷静になっているときには、一番作りにくい「チョキ」を出してくる可能性が高いのです。

自分で考えてみると分かりやすいですが、冷静になっているときにはきちんと頭が働いているので、どの手を出すか選ぶことができますよね。

ですが、その一方で、暑くなっているときには頭があまり回らなくなっています。

まして、じゃんけんはあまり頭を働かせても意味がないと思っている人が多いので、冷静に見て頭を使って勝とうと思う人は少ないでしょう。

だからこそ、感情的になってしまって出すのが簡単な「グー」を使うことにするのです。

あいこになってしまったときにはどうすれば良い?

困るのは、あいこになってしまったときですよね。

一度あいこになってしまうと、何度もあいこを続けてしまうこともありますし、あいこが一度出ただけで次の手に困ってしまうということがあるからです。

最初で決めようとしていたのに、あいこになったことで次の手が決まっていなくて困るのです。

これは誰でも同じです。

最初の行っては考えていたとしても、あいこになったときにはどうするかということまでは、あまり考えが及んでいないのです。

あいこになったときには、基本的に少しパニックになっていると考えましょう。

つまり、あまり頭が回っていないということです。

あまり頭が回っていないので、手を作り出しにくい「チョキ」が出る確率は低いのではないでしょうか。

それを考えると、かけにはなりますが、「チョキ」を出してみるのも良いですね。

少なくとも大勢でじゃんけんを行っているときには、誰かは「グー」を出して、誰かは「パー」を出すわけですから、「チョキ」を出しておけば負ける可能性はとても低いですね。

宣言するのは有効?

時には、自分の出す手を先に宣言してしまう人もいますよね。

ここで宣言するのは効果的なのでしょうか。

宣言することの意味はどこにあるのでしょうか。

たとえ宣言をしたとしても、宣言は大抵は信じられることがありません。

真剣勝負の宣言の場合には、大抵は違うものを出すだろうと疑ってしまうのです。

そのため、相手は宣言された手にかつては出さないようにするでしょう。

例えば「パーを出す」と宣言をされて、それを真に受けて「チョキ」を出すようなことがあれば、相手の策に陥ってしまうということです。

そのため、相手は大抵は「チョキ」を避けてしまうでしょう。

そう言ったことを考えると、取り敢えず宣言した手を出しておくことは悪くないのです。

相手が疑ってかかることを考えておけば、宣言した手を出しておけば負けることはありませんからね。

ただし、その宣言を真に受けられてしまった場合には、負ける可能性があるということも考慮に入れておいた方が良いでしょう。

普段の生活態度から信じられるのか疑われるのかは違いますが、相手が信じるか疑うかどうかまでは予想できませんよね。

出すものに悩んだときにはどうすれば良い?

出すものに悩んだときにはどうすれば良いのでしょうか。

何度か続けていると、何を出してよいのか分からないことになってしまうこともあるでしょう。

そんなときですが、基本的には空いても同じことを考えていると思うと良いでしょう。

じゃんけんの場合には、集中力が途切れる瞬間は確実にあるのです。

そんなときに出すと良いのは「パー」ですね。

最初に説明した通り、一番作りにくい手は「チョキ」です。

疲れてきているような状態では、一番面倒くさい「チョキ」を出そうとしないのです。

だからこそ、一番負ける確率が少ない「チョキ」を出しておくと問題ないでしょう。

最も、そんな手を読んで「チョキ」で自分から勝負に出てみるというのも悪くはありません。

友達と色々遊んでみて!

いかがでしたか?

じゃんけんには色々な方法がありますし、普段とは違うものを行ってみると、それはそれで楽しいかもしれません。

普段と違う方法というだけで、何を出してよいのか分からなくなるということもあるかもしれませんね。

普段と違う掛け声をかけてみると、それだけで気分も変わりますし、それがスパイスになることもあります。

大人になってからもじゃんけんをする機会が失われることがありません。

真剣に物事を決めなければいけない場合にじゃんけんが使われることはないかもしれませんが、カジュアルに何かを決めるような場合にはじゃんけんが簡単でよく使われるでしょう。

そんなときに、たまに違うことをしてみると面白いですよ。

また、自分の周囲の人と、自分の出身地でのじゃんけんの方法について話をしてみると、その違いを実感することができて楽しいのではないでしょうか。

ぜひ試してみてくださいね。