CoCoSiA(ココシア)

臨場感を味わいたいならやるべき13...(続き2)

なので3D映画を見る際には専用のメガネが必要になりますが、専用のメガネはだいたい劇場で販売しているので、事前に持参する必要性はありません。

あまり知られていないかもしれませんが実は19世紀前半には既に存在しており、一番の3D映画を知るきっかけとなっているのが恐らくジェームズ・キャメロン監督のアバターだと思います。

通常の映画料金も多少金額が上がりますが、それ以上の価値が存在している臨場感あふれる体験の一つです。

ちなみに料金に関してはそこまで金額的には高い金額ではなく、+400円程度で体験することが出来ますので、普段と少し違った体験をしたい方には絶対的におすすめです。

4DX映画を観る

次にご紹介する臨場感を味わうためにやるべきことについては4DX映画を観るということです。

4DX映画の存在を知らない方がいるかもしれませんので簡単に説明しますと、4DXは3Dの上位互換である存在と認識してもらえればわかりやすいと思います。

今では様々な映画が4DXに対応しているので、楽しめるチャンスがたくさん存在しています。

具体的にどの様な仕掛けが存在しているのかと言うと、いわゆる体感型映画上映システムと言われており、観客はモーションシートと呼ばれる専用のシートに座って映画を閲覧していただきます。

このモーションシートにたくさんの仕掛けが存在しており、例えば映画のシーンで激しいアクションのシーンがあったとして、映画の中では激しい振動が生まれたとします。

この場合モーションシートが連動して前後と上下左右に動く様になっており、その衝撃をまるで自分が体感しているかの様に再現してくれるのです。

また映画の中で雨風が降っているシーンに関しては自分の真上から水が降ってくる演出や会場全体が強い風で吹き荒れる演出などを行ってくれます。

当然雷が鳴っていれば劇場全体がフラッシュするような仕掛けも行っており、映画のシーンの時々においてそのシーンを体感するために香りを噴射してくれるような場合もあります。

また、スモッグなどで煙を演出したりするなど、今までは映画に関しては目で見るだけだったものが体全体で感じることが出来る様に進化したものが4DXと言われています。

これまでの映画史上最大の臨場感を得ることができるシステムがまさに4DXであると断言することが出来ます。

専用の眼鏡なども必要になり、料金は大体通常鑑賞料金に+1.000円程度で閲覧が可能となっていますので、そこまで金額的にも高い物ではありませんので、利用してみる価値は大いに存在します。

VR体験


次にご紹介する臨場感を味わうためにやるべきことはVR体験です。

VR体験はバーチャルリアリティ体験と略すことができ、これまでに体感することができなかった最高の臨場感を体験することができる方法です。

今では知らない方はあまりないと思いますが、専用のゴーグルを利用することによって本来目の前にありえない様な空間が広がっているかの様な体験をすることができることです。

具体的にはユーザーの五感を含む感覚を刺激することにより理工学的に作り出す技術のことを指し示している言葉です。

最近ではこの体験を様々な場面で応用して楽しむことができるサービスが生み出されています。

例えばそれはゲームの世界であったり、動画の世界などで広く活用されています。

具体的には私たちが普段使っているスマートフォンに接続して専用のゴーグルを利用すればスマートフォンでVR対応している動画などの世界に入り込むことが可能となっています。

例えば例に挙げるならば、ジャングルの中を映し出した様な動画が存在するとして、その動画がVR対応している場合、ゴーグルを着用すればまるで自分の目の前に360度ジャングルが広がっているかのような体験をする事が出来るというものです。

この技術を応用して本来私たちが入ることができなかったゲームの世界にまるで入っているかのような経験をすることが出来ます。

ファンタジー要素の強いゲームであれば、非日常の体験をすることが可能になりますし、これまで経験することが出来なかった刺激を楽しむことが可能となります。

今ではプレイステーション専用のVRヘッドセットなども販売されていますので、臨場感を体験してみたい方は購入してみてください。

お値段はちょっと高く、44.980円+税の価格で販売されています。

プラネタリウム


次にご紹介する臨場感を味わうためにやるべきことはプラネタリウムです。

プラネタリウムに関しては言葉の意味を知っていても実際に足を運んだ経験がない方がたくさんいると思います。

プラネタリウムは投影機から発した光をドーム状の天井の内側に設置された曲面スクリーンに映し出すことで星の像、およびその運動を再現する設備や施設のことを指し示しています。

プラネタリウムは科学館や博物館にされていることが多く、イベントの時などには民間企業が集客の目玉として商業施設に設置したりする場合も存在しています。

プラネタリウムは想像以上に臨場感あふれる体験をすることが可能になっており、幻想的な景色をまるでその場で体験している様な感覚で楽しむことができます。

そのプラネタリウムのコンセプトによって様々な景色を楽しむことが可能になっており、例えば雨の川をコンセプトにしたものであれば無数の星の煌めきを楽しむことが可能になりまし、星座をコンセプトにしている様なものであれば星空に綺麗な星座が描かれた景色を楽しむことが可能となっています。

また場所によってはプラネタリウムを楽しむことができる様なカフェやバーなども存在しており、デートコースの新しい目玉として存在しています。

若い方にとってみればただプラネタリウムを楽しむだけであれば面白みに欠けるかもしれませんが、そこにカフェやバーなどの付加要素が追加されると一気に楽しみが増しますので、普段のデートコースに取り入れてみると臨場感あふれる体験をしながら休憩場所としても利用する事が可能になりますので、楽しんでみてくださいね。

博物館

次にご紹介する臨場感を味わうためにやるべきことは博物館に足を運んでみるということです。

博物館は様々な分野を中心に構成されており、その中心となっている分野をもとにして様々な学術資料や美術品や価値のある事物などを見て楽しむ事が出来る場所です。

なんとなく博物館と聞けばある程度年齢が重なった方だけが楽しめるような場所だと認識されている場合がありますが、最近の博物館は画期的な構造になっている場合もたくさんあります。

例えば博物館の中には3Dで楽しむことが出来るような特殊な映像作品が流れている場合などもあったり、映画監督として有名な方が手掛けているような作品なども楽しむことが出来るような場合もあります。

入館料とドームシアター鑑賞料を合わせても1000円程度の金額でありながら、これらの楽しい体験ができると考えるとかなりお得で臨場感あふれる体験を楽しむことが出来ると考えることが出来ます。

また海の生き物をコンセプトにしたものであれば様々な発光生物や巨大生物など深海に住んでいる生き物を一気に楽しむことができる様な博物館も存在しているなど、普段知れないような事を知る事ができるのも魅力のひとつです。

臨場感のある体験や、今まで知らなかったことは知れる知的な体験をしたい方にはおすすめの方法です。

スポーツの中継を見る

次にご紹介する臨場感を味わうためにやるべきことはスポーツの中継を見るということです。

なぜスポーツの中継を見ることが臨場感を味わうことにつながるのかと考えた時に、もちろんただ家のテレビでスポーツを見るだけでは臨場感を味わうことがなかなか出来ませんよね。

なのでただテレビでスポーツを見るのではなく、あえてスポーツバーなどでスポーツの中継を見ることによってより臨場感を味わうことが可能になります。