CoCoSiA(ココシア)

臨場感を味わいたいならやるべき13...(続き3)

スポーツバーに足を運んだことがない方はたくさんいらっしゃると思いますので、家で見るのと違いを簡単にご紹介すると、やはりスポーツバーにおいてはスポーツを鑑賞しているたくさんの人間が存在していますので、まず盛り上がりが全く違います。

盛り上がりも全く違いますし、まず家でテレビを見るのとスポーツバーで映像の迫力が全く違います。

なぜならスポーツバーの映像は大きなスクリーンに映し出されていますので、実際に家でテレビを見るよりも大規模の大スクリーンに映し出された映像の方が臨場感が感じられます。

何よりお店が一体で盛り上がる感覚がとてつもなく刺激的な事になりますので、スポーツ好きの方は家で見るよりも専門のスポーツバーで楽しんだ方が絶対的におすすめですので、まだ利用した事がない方は一度利用してみてくださいね。

そこまで料金も高い金額ではありませんし、3000円程度でコース料理とドリンク飲み放題などの内容などもついてくるので気軽に足を運べますよ。

映像系アトラクションに乗る

次にご紹介する臨場感を味わうためにやるべきことは映像系アトラクションに乗るということです。

これに関しては冒頭でご紹介した通りですが、ユニバーサルスタジオジャパンなど様々な施設で映像系アトラクションを楽しむという方法です。

映像系アトラクションはやはり臨場感あふれる体験をすることが可能になっており、アトラクションに乗っている+映像を楽しめるので非日常を味わう事が出来ますし、盛り上がる事間違いなしなので、老若男女問わず楽しめる方法であると考えることが出来ます。

様々な映像系アトラクションが存在している中で一番おすすめなのはユニバーサルスタジオジャパンに存在しているスパイダーマンのアトラクションです。

スパイダーマンの映画を見たことがある方ならわかると思いますが、スパイダーマンが糸を発生させてかなりの高度で街中を駆け回るようなシーンがあると思いますが、あのような感覚を楽しむことが可能となっています。

ただ3D映像を楽しむだけではなくて、アトラクションの動きもありながら立体音響や水や炎、風なども追加されていますので、言ってみれば映画館の4DXにさらに激しい動きが備わっていると考えれば想像しやすいと思います。

予測不可能な動きと物語を楽しむこともできますので、大切な思い出を作りたいという方はぜひ利用してみてください。

ストリートビュー旅行をする

次にご紹介する臨場感を味わうためにやるべきことはストリートビュー旅行をするということです。

様々な経験をすることが好きな方は今まで行ったことがない地に足を運んでみたいという気持ちが強い方はたくさんいるはずです。

例えば海外に旅行に行きたいとか、国内の有名なスポットに足を運んでみたいという気持ちを強く持っている方です。

しかしながら旅行に行くにはある程度まとまった日数が必要ですし、場所は遠ければ遠いほどそれなりに資金も必要になります。

まとまった資金がなければなかなか旅行には行けないので、いつも自分の欲望を抑えて生活している様な方もたくさんいると思います。

しかしストリートビュー旅行をすることでお金も時間もかけずに旅行に行って気分になり臨場感を楽しむことが可能となります。

具体的にどの様な方法で楽しむのかといいますと、Googleのストリートビュー機能を使うという方法になります。

実際に使ったことがある方もたくさんいると思いますが、Googleのストリートビュー機能は全世界をクリックすることが可能になっており、クリックした場所の風景を360度楽しむことが可能になっているサービスです。

これを利用することによって、なんとお金をかけずに海外旅行を楽しむことが可能となります。

例えば世界の有名な場所であったり、日本のまだ足を運んだことがない場所をクリックするだけでその場所の風景を楽しみながら、さらに道に沿ってクリックを続けていけばまるで自分がその場所を歩いて進んでいるかの様な体験をすることができます。

実際の旅行には劣るかもしれませんが、利用したことがない方からすれば心が躍るような体験をすることができるはずです。

時間もお金も節約しながら旅行を楽しみたい方にはオススメです。

生放送番組を見る

次にご紹介する臨場感を味わうためにやるべきことは生放送番組を見るということです。

生放送番組はテレビ番組の中でも時々特番などで行われたりしていることがある放送手段です。

一般的に放送されている番組は一旦録画したり編集されたものを流しているものになるのですが、生放送番組に関しては録音や録画をすることなく、まさにリアルタイムで視聴者に伝える様な放送手段のことを指し示しています。

生放送番組はそこまで頻繁に放送されるようなものでもありませんので、見たい時に見れないというもどかしさがある方もいるかもしれませんが、今でもYOUTUBEなどでは様々な実況や生放送などが行われている場合などがありますので、かならずしも今の時代はテレビ番組でしか見れないという事もありません。

テレビ番組に関しては、普段見ている番組と違った生放送ならではの絶妙なタイミング間や時にはハプニング、放送事故などを楽しむことが可能になっていますので、臨場感あふれる放送を見たい場合は積極的に視聴してみると普段とは違った楽しみを感じる事ができますよ。

また、インターネット放送に関してはその場その場で視聴者がコメントなどを送信して視聴者参加型の番組やライブ放送なども存在していますので、より一体となって楽しめるといった楽しみも存在していますので、おすすめですよ。

地震の体験

次にご紹介する臨場感を味わうためにやるべきことは地震の体験をしてみるということです。

地震の体験をするという事は基本的にあり得ない話だと思う方もいるかもしれませんが、今は地震の体験を事前に行って防災意識を高めるという目的で行われている場所が存在しています。

例えば東京消防庁などに足を運んで見れば防災訓練の一環で地震の体験をすることが可能になっています。

地震の体験をすれば事前にどれくらいの震度なのか、どれくらい激しい揺れが来て危機感を持っておけばよいのかという事などが理解できるようになり、迅速な対応などが可能になったり、事前に心構えを持ちパニックになる事を防ぐ事が可能となります。

東京消防庁では地震体験コーナーで本物そっくりの地震を体験をして意識を高めることが出来ますので、気になる方は体感してみると臨場感あふれる非日常の体験をすることが出来ますよ。

小さい子どもがいる家庭などで家族で体験してみるとより防災意識を高める事ができますので、おすすめです。

躍動感のある写真を見る

次にご紹介する臨場感を味わうためにやるべきことは躍動感のある写真を見るということです。

躍動感のある写真とはいったい何なのか?

それはシャッタースピードを速く設定したカメラで動きを撮影したりするということです。

シャッタースピードを速く設定した上で写真を撮ることによって動きを止める効果がありますのでより鮮明に動いてるものを綺麗に捉えることが可能になります。

家庭で持っている一眼レフの設定を様々に変更することによって、さらに対象物のみにピントを合わせて、それ以外の画像をわざとブレさせる事でものすごい勢いで走っているような写真を取ったりすることが可能になり、躍動感あふれる写真を簡単に撮る事が可能になります。

もちろん躍動感のある写真を撮るためには様々な工夫が必要になりますので、その辺りはきちんと正しい方法を身に付ける必要性がありますが、ただ躍動感のある写真を見るだけだったら技術も必要ありませんので、躍動感あふれる写真をみて臨場感を簡単に体験する事ができます。

撮影した動画を見る

次にご紹介する臨場感を味わうためにやるべきことは撮影した動画を見るということです。

これはわざわざ説明するまでもないと思いますが、今は簡単にスマートフォンなどで動画を撮影することが可能になっています。