一世一代という言葉を聞いたことはありますか?

基本的にこの様な言葉を使うというのは「一世一代の出来事」「一世一代の大仕事」というような物事に関して使うことが多いですよね?

この一世一代という言葉をよく使っている人もいますが、その時にちゃんと人生というものを楽しんでいますか?

簡単にいうと一生に一度という意味になるので、もうその時にしか味わえない感覚になるということなのです。

一生に一度と聞くととてもワクワクしたりしますよね?

ですがあまり意味を理解していないという人も多いのではないでしょうか?

「一世一代の恋愛だ!」ということを聞いてもいまいちピンとこないという人もいるのではないでしょうか?一世一代というのはその時の出来事などを表しており、基本的に物などにこの言葉を使うことがないと思います。

ではこの一世一代という言葉を使った使い方やその時の勝負するべきポイントについてお話しをしていきましょう!誰しも一世一代のイベントがあったり、経験をしたるするのではないかと思います!

️一世一代ってどういうこと?

一世一代というのは生涯で1度だけある特別なことという風に捉えてください。

例えば年に1回などの頻度である場合はこの様な言葉を使わないと思います。

この生涯のうちにたった1回あるようなこと、二度とこのようなことが無いというような重大なことが一世一代という意味になるのです。

特にこの状態になっている時はとても際立っているということになり、緊張などもあったりするのではないでしょうか。

では詳しくその意味を見てみたいと思います。

一世一代の意味


一世一代の意味というのは先ほども言ったように生涯で1度だけある特別なことということです。

生涯というのは時間にするととても長いですよね?時には良いことがあったり、悲しいことがあったりと人生というのは楽もあれば苦もあるという状況になると思います。

ですが生きてきた中で「この様な経験をしたけれどあれは二度と味わえない経験だ!」ということはありませんか?また「もうこんな事は二度とないだろう」と思った出来事があるのではないでしょうか?一世一代というのはもう二度と起こらない出来事のことも言うのです。

一生のうちにたった一度のこと

一生のうちにたった1度のことを一世一代と言います。

その様な経験はありませんか?誰しもあるのではないでしょうか?その時はまたこの様なことがあると信じていると嬉しいようなこともあれば、逆に悲しいようなことも考えることでしょう。

一生のうちにたった一度というのはそれほど経験できるようなものではないのです。

ですがその経験をもしかしたら小さい頃にやっていて、もうその経験をすることができないといったこともあるのではないでしょうか?自分が知らないうちにその経験をしてしまっているという可能性もあるのです。

気付かないというときは自分にとってはそれほど重要なことではないと思い込んでいるかもしれませんが、後々になって重要なことだったと気付いたりすることが多いのではないでしょうか?生涯を生きていくのはたった1回なのです。

この1回が終わってしまったらもう終わりになってしまうので、過去を思い返してみてその様な出来事が無いか思い出してみても良いでしょう。

また今後そのようなことがあるのかもしれません。

ですが二度同じことが起こったのであれば、それは一世一代とは言えなくなります。

あくまでも一度きりということを覚えておいてください。

一生に二度とないような重大なこと


一生に二度とないような重大なことでもあるのです。

二度とおこらない重大なことというのはその時に気付かないということもあると思います。

そして一生に二度とおこらない重大なことというのはその時にしか味わえない感覚なのです。

例えば高校生の引退試合で優勝をすることができた、となればそれは一生のうちに二度とないような重大なことになるのではないでしょうか?甲子園なども良い例ですよね?引退となる晴れ舞台のような場所で、活躍をしてそのままプロになった選手もいます。

その時の感覚や栄光というものはその人にしか解らないものであり、もうあの感覚は二度と味わえないということになるのではないでしょうか?それほど重大なことは誰しも経験することだと思います。

一世一代というのはこの様なスリルや快感などを味わさせてくれるものでもあるのです。

二度とないような重大なことはそれほど自分自身にとって良い経験を与えてくれることでしょう。

普段と違って際立ったことをすること

普段と違って際立ったことをすることでもあります。

基本的にはこの様な経験をするこてはもう無いとなった時には普段とは違う感覚を味わうはずです。

例えば実験などをしている時など今まで見たことないような結果になってしまったというのは際立った結果と見て良いでしょう。

ですがそれがもう一度起こるのであればそれは一世一代とはいえません。

一時的にそうなったということが正しいです。

一世一代はこの先どんなことがあってもこんな経験をすることが無いという意味になるので、一世一代という言葉はよく選んで使うようにしましょう。

その時はそう思っていてもその後で同じような経験をするということであれば、それは二度同じことが起きたということになるのです。

誰もがその様なこともあると思います。

気をつけて使うようにしましょうね。

一生に一度の晴れがましいこと

一生に一度の晴れがましいという意味もあります。

基本的にはこの出来事というのはとても誇らしく思ったり、華やかであるという意味もあるのです。

甲子園で優勝ができた、試合で優勝ができたというのはその時にしか味わえないものですよね?特に高校生の引退や中学生の頃の引退というのは、そのチームであったからこそできたものでもあります。

それ以外のチームではこの様な経験が無いということになるのです。

恵まれていたから優勝ができたと思う人もいるかもしれませんが、その様なことがなく、自分にとってはチームメイトもその時の一世一代の出来事になっていたのかもしれません。

晴れがましいことというのはとても誇らしげに思うことです。

優勝などでその時を掴んだのであれば、ぜひその一世一代を味わってくださいね!

役者が引退前に一生の仕納めとして演じる晴れ舞台

役者なども同じですよね。

例えば引退前に最後の公演をしたりすると思います。

その時にとても晴れ晴れとして誇らしい演技が見れるのではないかと思います。

その様な時は一世一代の晴れ舞台という言い方をするでしょう。

とても際立っていて、その姿はとてもカッコイイものだと思います。

役者などが引退する前にもニュースなどで一世一代の晴れ舞台という言葉を使うと思いますが、その役者にとってはその演技が最後ということになるのです。

例えばファンの人もその人のことを毎回見に行ったりしていたりすると思いますが、その時の最後というのは誰もが見たいものですよね。

甲子園などでも同じです。

選手を一目みたいと多くの人が集まると思います。

それほど一世一代というのは重大なものということを肝に銘じておきましょう。

読み方は”いっせいちだい”

この一世一代というのは「いっせいちだい」と読みます。

「いっせいいちよ」や「いっせいちよ」という読み方などではなく「いっせいちだい」です。

これと似たような表現に「一生一代」という言葉があると思いますが、これは別の意味で使われることがあるので注意しましょう。

後に詳しく説明をしたいと思いますが、この「一生一代」という言葉と「一世一代」は全く違った意味を持っているので、間違った知識なども覚えないようにしましょう。

️一世一代のよくある使い方

一世一代という言葉をよく見たりすると思いますが、どの様な使い方をしていますか?例えば一世一代の大仕事、というのでも良いでしょう。

一世一代の大勝負、一世一代の冒険など、小説やニュースなどを見ていたりするとこの様な表現が多くあると思います。

テレビや映画、マンガなどでこの様な表現を使うことが多いです。

その時はこれ以上に無いことが今から起こるという意味でもあるので、見ている側からするとワクワクしたりしますよね?一世一代というのは使い方にもよりますが、基本的にはこの様なことで使われることが多いのです。

では詳しく見ていきましょう。

一世一代の大仕事

一世一代の大仕事、という言葉を聞いたことはありませんか?この言葉を使うというときは、これ以上にない大仕事という意味になるのです。

二度と味わえない仕事というのが時にはくると思いますが、その規模もでかいというのが特徴です。

例を言うのであれば、スカイツリーを建てる仕事、となると一世一代の大仕事になるのではないでしょうか?スカイツリーは全長が634mもある巨大なタワーです。

覚え方は「むさし」で覚えると良いでしょう。

これを建てるというのは一世一代の大仕事になると思いませんか?もうこれ以上の建物を作ることは無いという形になるからです。

それは他の人達が見ても同じように思うのではないでしょうか?

一世一代の大勝負

一世一代の大勝負というのはその時にしか味わえない勝負ということになります。

例えば試合などが良い例です。

甲子園などでもそうでしょう。

その時に勝ち上がったチームでしか戦うことができないというのは一世一代の大勝負になると思います。

特に決勝などでは周りもワクワクしていると思いますが、やっている本人達が一番際立っているので、とても興奮状態に入っているのではないかと思います。

一世一代の大勝負というのは、賭け事などで言ったりしますが、少し使い方としては違うということもあります。

例えば大きな金額を賭けているということであれば良いですが、似たようなことをまたするのであればそれは一世一代の大勝負とは言えません。

一世一代の大勝負というのは、これしか経験できない大きな勝負ということなので、試合や甲子園などに出場している選手たちがよく使うのではないかと思います。

二度とない経験というのは少なからずどこかでおきていますが、普段のことからでももしかしたら大勝負があるのかもしれませんね。

一世一代の熱演

一世一代の熱演という使い方もあります。

一世一代の熱演というのは熱く演じるということです。

よく役者などに対して使うことが多いでしょう。

いわゆるこれは舞台納め戸いうことになるということなのです。

引退をする、もうこれ以上はしないという意味で一世一代の熱演を披露するという人もいると思います。

数々の役者さんが今までに引退をしてきましたが、どの役者もとても熱演をしていたと思います。

本人にとっては最後であり、思い残すことが無いように演技をするというのはとてもカッコイイですよね。

思い残りがあってしまうと一世一代にはなりません。

もう一度してみようという気持ちになってしまうからです。

一世一代の熱演というのを一度見てみはどうでしょうか?今までとは違う雰囲気になっているはずです。

一世一代の出来事

一世一代の出来事という意味でも使われることが多いです。

これは誰にでも経験があると思いますが、もう二度とこのような経験をしないというような事が今までにありましたか?一世一代の出来事というのは本人にとって、それっきりということであり、この経験はもう味わえないという風に思うのです。

例えば「宝くじがあたった」というのは一世一代の出来事といっても良いでしょう。

確率というのはとても低い確率です。

しかしながらこの宝くじが当たるというのはとても凄いことであり、これ以上の経験というものは無いでしょう。

一世一代の挑戦

一世一代の挑戦という言葉を使う時もあると思います。

例えば「この様なプロジェクトは二度とないだろう」というくらいの挑戦というのもあると思うのです。

仕事などではよくチャレンジをすることが大事ということがありますが、「挑戦」となると戦いに挑むということになるのです。

その経験というのはまたあったりするかもしれませんが、一世一代の挑戦というのもあるのです。

前代未聞に近いような形になりますが、例えば「新しいゲーム機を新たに作る」というのはその時にしか味わえない挑戦といっても良いでしょう。

長く時間をかけて新しいものを作り、それ以上のものは作らないということもあるのではないでしょうか?よくマラソンなどでも12.195kmを初めて走るという人は一世一代の挑戦になるのではないでしょうか?それ以上の経験というのは今後もあるかもしれませんが、その時にこれ以上のことは無いと感じ、老後まで無いという状態であれば、それは一世一代の挑戦になったと言えるでしょう。

一世一代の冒険

一世一代の冒険という言葉をご存知でしょうか?この様な表現の仕方もあります。

一世一代の大冒険というキャッチコピーなどもありますよね。

一世一代の冒険というのは、これ以上にない冒険をするということです。

例えば初めてヒマラヤ山脈に登ったりするというのは一世一代の大冒険と言ってよいでしょう。

過酷なものが立ちはだかる中、1人で登りきるというのはとても誇らしいものです。

そしてその冒険というのはその時にしか味わえない過酷さや感動、辛さというものがあると思います。

自然というのは特に、同じような環境になるということが滅多にありません。

時には暴風になったり、時には雨や雷など、その時期によって大きく猛威を振るうことになるでしょう。

ですが、それを乗り越えたからこそ一世一代の冒険と言えるのではないでしょうか?自分自身にとってそれ以上のものが無いということであれば、それが一世一代の冒険になるのです。

一世一代の大恋愛

一世一代の大恋愛という表現をすることもあります。

今まで以上にない大恋愛をしているということになりますが、これはもうこれ以上の幸せなことが無いという表現で使うこともあれば、その逆の意味で使われることもあります。

誇らしげに思うというのは他の人には味わえないような経験をしてきたということなので、恋愛でも同じようなことが言えるのです。

仮に幸せの場合は結婚をして、今でも幸せになっているというようなことで一世一代の大恋愛という表現を使う人もいれば「二度とあんな思いしたくない」という逆の意味で一世一代の大恋愛をするという使い方をする人もいます。

真相を聞くまではどちらの意味かが解らないというのがこの表現の特徴でもあるので、仮にその様な経験をしているという人を見かけたら必ず真相を聞くようにしてから、どちらの意味かを捉えるようにしてくださいね。

️一生一代は間違い

一世一代という言葉がありますが、その似たような語源で「一生一代」という言葉があります。

これは一世一代という意味とは大きく異なり、似たような意味では無いので注意をするようにしましょう。

これは結婚の時に使われる言葉が多い単語になります。

よく一世一代と一生一代という言葉を間違って覚える人も多いのでよく確認をするようにしましょう。

ではこの一生一代という単語について詳しく見てみたいと思います。

一生一代という言葉はない

一生一代という言葉は辞書などを調べても実は無いのです。

この言葉は存在しないということになりますが、この言葉を聞いたことがあるという人もいるのではないでしょうか?この言葉は結婚式の時に使われる言葉であり、一世一代という単語は存在しないものの、聞いたことがあると言う人が多いです。

また単純に間違って覚えている人も多いと思います。

似たような漢字なので、そのように覚えてしまうという人も中にはいるでしょう。

ではこの一生一代という言葉について詳しく見てみたいと思います。

結婚の際に使われることがある

結婚の際に使われる言葉がこの一生一代という言葉です。

結婚というのはこれからの人生を2人で一緒に生きていくということでもあるので、それにかけた言葉でもあるということなのです。

結婚以外ではこの様な言葉を使うことがなく、この結婚の時に限定される言葉なのではないかと思います。

基本的に他で使われていたりするということがあるのであれば、それは間違っているということになるので、よく意味を理解してこの言葉を使うようにしましょう。

一生をかけて付き合っていく

この言葉とは一生をかけて付き合っていくという意味があります。

結婚をするということはその一生をその人と過ごすということであり、結婚というのは何があっても愛し続けるという意味もあるからです。

この言葉を一世一代の意味と勘違いしている人が多いようですが、これは結婚で使われる言葉ということを覚えておきましょう。

また他の意味で見かけるという人がいるのであれば、それは間違った使い方ということを覚えておくと良いでしょう。

単に間違って覚えている人も多い

単に間違って覚えている人も多いのがこの「一生一代」という言葉です、かりに「一世一代」という意味で「一生一代」という言葉を使っているという人がいるのであれば注意をするようにしましょう。

全く違う意味になり、別の意味で捉えられてしまうことが多いです。

そして何故間違って覚えるのかと言うと漢字の違いが「生」なのか「世」なのかという差でもあるからです。

直ぐに見るとどちらか解らないという人もいるのではないでしょうか。

単純に意味は一世一代の意味として使っているのに、いざ書いていると一生一代と書いてしまう、なんていう人もいるのではないかと思います。

意味を間違っていないのに漢字だけを間違えてしまうというのは少し恥ずかしいですよね。

よく漢字などを書くときは、ちゃんとあっている使い方をしているのか確かめて使うようにしましょう。

️一世一代の勝負のポイント

一世一代のことが起こると必ずあるのが勝負のポイントです。

勝負のポイントというのは例えばその人生の中で1度しかないことなので、本気で取り組んだりすることが多いのではないでしょうか?また、緊張感もいつも以上にあると思います。

特に試合などの緊張感というのは今まで以上に違いますよね?ですがこの一世一代を楽しむという人もいるのです。

例えばワクワクしたりするという人もいるでしょうし、この気持ちを堪能しているという人もいるのではないかと思います。

ですが一世一代の挑戦や、出来事というのは必ず良い方向に持っていきたいですよね。

言うのであれば必ず成功をさせたいという気持ちでいっぱいになるはずです。

一世一代のポイントというのはこの様なポイントがいくつもあるので、大きな勝負になると言っても過言ではありません。

人によりその時の状況で違う風に思ったりする人もいるのではないかと思いますが、必ずその勝負ポイントというものがあるので、それをいかにして成功に導いたり、良い方向に持って行くのかというのが重要になります。

人生で一番の本気で

人生で一番の本気で取り組むというのが勝負ポイントの1つです。

生涯というのはその1回でしかなく時間というのも巻き戻しができない状態だと思います。

その生涯の一度というのが何よりもポイントであり、それをいかにして本気で取り組むのかというのも重要になると思います。

仕事やスポーツの試合などもそうですが、いかに本気かというのは見ているこちら側にも伝わってくるくらいの気迫や意気込みがあると思います。

それを今まで以上に引き出すというのは自分自身の全力と言っても過言ではありません。

また、その奮い立たせる熱意や思いから今まで以上の力を出すこともあると思います。

限界を超えるという言い方が正しいでしょう。

限界を超えるというのはそれほど人生にかけているということであり、一世一代の時は今まで以上の力を出したいと誰もが思うはずなのです。

人生で一番の本気というのはこの様な機会でしか出せないということを忘れないようにして、その時がきたのであれば、全力を出しましょう。

そうすればよい結果になり、本気というものを出せるようになると思います!

一発勝負の緊張感を持って

人生で一度っきりというのはそれ以上のことはないということになります。

それ以上のことを求めるのであれば、それは人生で一度とはいえませんよね。

その一度を味わうときにどの様にして感じるかが重要なのです。

緊張感を持つというのは普段通りにしている緊張感などではなく、それ以上に緊張をしていることになるでしょう。

例えば手が震えたりするかもしれません。

また手汗などが多くでたりして、いつも以上に身体に現れるといったことがあるのかもしれません。

一発勝負というのはそれっきり後が無いということになるので、とても緊張をすると思います。

ですがそれを成功させたときはとても身震いして喜ぶのではないでしょうか?その時の感覚というのを持つというのも大事です。

いかに緊張感を持って取り組むのかというのが大事になるのです。

人生で一番ワクワクを感じて

人生で一番ワクワクする出来事ということを忘れないようにしましょう。

一世一代は二度とないようなことをするということなのです。

もちろんその時は焦ったりすることもあるでしょうが、ワクワクすることだってあると思います。

例えば自分のできた作品が世界に公開されるというのは一世一代の出来事になると思います。

その作品が世界中の人達に知られるというのはとてもワクワクしますよね?その時にしか味わえない感覚になると思います。

ワクワクを感じるというのはとても良いことであり、この経験は二度とないものだと感じるととても嬉しく思いませんか?世界で選ばれるというのはそれほど重要なことであり、とても偉大なことです。

それを楽しまないとなると損をしてしまう一方にもなります。

この様な経験をするという時にはとにかく楽しんでみてはいかがでしょうか?

貴重な時間を存分に堪能して

貴重な時間を存分に堪能をすることも大事です。

その時の経験というのはその時間でしか味わえないということになります。

例えばロケットの発射の瞬間というのはその時にしか味わえないものですよね?その映像を見るというだけでももしかしたら一世一代の出来事になるのかもしれません。

ロケット発射の瞬間を近くで見るというのはとても楽しいことであり、同時にその時間はあっという間に過ぎてしまうと思います。

ですがその瞬間という短い時間の間でも存分に堪能をすることが必要です。

一世一代というのは人により違い、そして時間というものが必ずあると思います。

時間が直ぐに終わるものもあれば、長いというものもあるでしょう。

貴重な時間を存分に堪能をするというのはとても大事なことなのです。

絶対に成功させる気持ちで

一度のチャンスと言っても良いでしょう。

絶対に成功させる気持ちで取り組まなければ、今後に響くというようなことがあると思います。

そして失敗をしないというのが何よりも一世一代で大事なことです。

二度と経験が無いというのは失敗をしてしまうともう一度やり直すというようなことができないという意味でもあります。

基本的に時間の巻き戻しというものはありません。

ましてや一回きりということであれば、その先にどんなことがあっても試すチャンスというものを失ったということになるのです。

この様なことになってしまうととても辛い思いをするし、悔しい思いをしますよね。

せっかく一度きりのものであれば必ず成功をさせたいという気持ちでいっぱいいっぱいになると思います。

絶対に成功をさせる気持ちで物事を取り組むことができれば、一世一代の時にも成功に導けるのではないかと思います。

必ず成功をさせるように頑張りましょう!

️一世一代の経験、したことありますか?

一世一代の経験というのは実は誰もがしていることなのです。

それは生まれてくるというのは一世一代の経験になるのではないでしょうか。

ですが覚えていないだけであり、小さい頃のことは全て忘れるようになっています。

ですが記憶があるうちにも必ず一世一代の経験というものをするのではないかと思います。

それがどんなに困難なことであっても、見せ場などであっても、挑戦をするということがあっても、絶対に成功をさせるという気持ちで取り組んだり、ワクワクしてその感覚を堪能したりと悔いの無いように行動をすることが一番大事です。

時には辛い一世一代というものがあると思いますが、自分自身にとっては素晴らしい一世一代というのは必ずきます。

その時のチャンス、出来事、行事、仕事は忘れないようにしましょうね。