「虎視眈々」という四字熟語は、たまに聞くことはありますが、字からして難しくて書けない人も多いのではないでしょうか?

いざ使う場面があっても、なかなかパッと出て来ない言葉ですよね?
普段から使い慣れている言葉ではないし、意味も分かりにくくて、どんな時に使えばいいのか、難しくて使えなかったり…

「虎視耽々」とは、どんな時にどのように使う言葉なのでしょうか?

その難しい四字熟語の「虎視眈々」の使い方を、分かり易く説明して、実用できるように書いていこうと思います。

虎視眈々の使い方をマスターしよう

さて、それでは、「虎視眈々」の意味や語源について説明しながら、「虎視眈々」を狙うタイプの人の特徴を上げますので、これを読んで「虎視眈々」という言葉の使い方をマスターしましょう!

1.虎視眈々とは?


まず、「虎視眈々」とは、どんな意味なのでしょうか?

それは、強い者が機会を狙って形勢をうかがっているさまを、「虎視眈々」と言います。

もっと分かり易く言うと、「虎=トラ」ということで、虎が獲物を狙って、鋭い目じっと見下ろす意からで、「虎視」は虎が獲物を狙い見ること、「耽々」は虎が見下ろすさま、狙い見るさまです。

例えば、王座をじっと狙っている有力者の様子を、「虎視眈々と王座を狙っている」などと言うように使います。

2.語源は?

「虎視眈々」の語源は、「虎視眈々」の意味でも書いた通り、虎が獲物を鋭い目で狙って見下ろすさまを表した言葉です。

強い者が弱い者をじっと見て、機会を狙って弱い者から立場を奪おうとするさまを、虎が獲物を鋭い目で狙っているように「虎視眈々」という言葉で例えているのです。

3.虎視眈々と狙うタイプの人の特徴

では、「虎視眈々」と狙うタイプの人は、どんな人なのでしょう?

例えば、「虎視耽々」と狙うタイプで一番多いのは、人のものを奪い取るタイプなどでしょうか。

ここからは、「虎視眈々」と狙うタイプの人の特徴を上げて、さらに「虎視眈々」の意味を理解していただけるように書きたいと思います。

1.略奪癖がある

「略奪癖」がある人は、例えば、略奪したい相手に奥さんがいたとして、奥さんが出産のために実家に帰っている隙に、ご主人を奪おうとしたり、隙を狙って妻の座を奪おうとする人です。

「略奪癖」がある人は、不倫などの恋愛関係だけではなく、嫉妬深い人でもあるため、友人関係でも割り込んで来る人なので、要注意人物ですよ。

2.人間観察をよくする

「人間観察」をよくする人は、人の欠点などをじっと観察して、隙あらばその人の立場を奪おうとしている人がいます。

例えば、クラスの人気者をじっくり観察して、「あの人は、こんなことをして悪い人だ。」なんて、他人の弱みや欠点などを探しては悪い噂を流して、隙あらば自分が人気者になろうとうかがっているような人です。

ご近所にも、こんなタイプの人がよくいませんか?

3.人をすぐ羨ましがる


「羨ましい」というだけで済めば、まだまだ可愛いものです。

「人をすぐ羨ましがる人」は、つまり嫉妬深い人であることでもあり、こういう人に何か嫉妬されるような原因を作ってしまうと、非常にややこしい問題が怒り得るのです。

なるべく、こんな人とは近づかないようにしなければ、悪魔のように情け容赦なく、残酷なことをする人が多いので、気を付けましょう。

4.所有願望が強い

「あの人が持っているものが欲しい。」と思うことは、誰でもある願望かも知れませんが、何でも欲しがってしまうような、「所有願望が強い人」も、あなたの持っているものを、いつか横取りしてやろうと、耽々と目論んでいたりする人です。

例えば、「所有願望が強い人」に彼がいなかったとして、あなたに彼がいたとすると、機会を狙ってあなたの彼を奪い取ってしまおうと考えたりすることもある人です。

5.人の手柄を横取りする

「人の手柄を横取りする人」って、実際に身近にもよくいませんか?

例えば、自分が一生懸命仕事をした甲斐があって、業績が上がって社員みんなから感謝されたのに、何もしてなかった上司が横から出て来て、「俺の指導が良かったお陰だからな。」なんて真面目に言ったりする人は、人の手柄を自分の手柄に横取りする人です。

こういう人に妬まれたりして狙われてしまうと、何でも手柄を横取りしたがる人なので、非常に厄介な人です。

6.わがまま

「わがまま」な人は、自分本位な人や自己主張が強い人が多いので、何でも自分の思い通りにならなければ気が済まない人ですよね。

そういう人は、自分の思い通りにするために、人を指示する立場になりたがる人なので、今はじっと黙って見ていても、いつか突然強気で上から目線でものを言って来ることがあるので、注意して下さい。

7.人の真似をする

すぐに「人の真似ばかりする人」っていませんか?

自分で考えたことじゃないのに、まるで自分が先に考えたことのように、偶然を装って、「これ私が発明したのよ。」なんていう著作権を侵害するような人です。

こういう人にも、手柄を横取りされる可能性があるので、バレないように隠れてやるようにしましょう。

8.罪悪感が薄い

普通の人が悪いと思うことでも、「罪悪感が薄い人」は、悪いと思わないので、卑怯なことでも平然とできるのです。

罪の意識があまりない人なので、人のものでも当然のように奪い取ってしまうことができるのです。

こういう人と付き合う時は、非常に面倒なトラブルをいっぱい起こしてしまうので、巻き添えを食わないように気を付けましょう。

9.人の幸せが嫌い

「人の不幸は蜜の味」とは言いますが、この手の人は、徐に人の幸せを嫌います。

人の幸せが妬ましく思えて、酷くなると相手を不幸にするために、犯罪的な行為をしてしまうこともあるので、かなり危険な人物ですから、できるだけ関わらないようにしましょう。

10.目的がハッキリしている

「目的がハッキリしている人」は、良い意味では意志が強くて、目標をしっかり定めている人だと思います。

けれど、一歩間違えると、その目的を獲得するためなら、人の意見も聞かずに強引に突っ走ってしまうところがあるので、目的がハッキリしていても、人の意見を聞ける人なのかというところを、注意して接した方が良いです。

11.こだわりが強い

「こだわりが強い人」は、技術的な仕事をしているような職人気質な人には、こだわりがあった方が良いこともありますよね。

ここで言う「こだわりが強い人」は、こだわりと言うよりも、「しつこい」あるいは、「執念深い」というような意味での、「こだわりが強い人」で、いつまでも執念深く相手を蹴落とそうと機会を狙っているような人は、関わるとろくなことがありません。

12.人の隙を見抜く

いつでもじっと人の様子をうかがって、「人の隙を見抜く人」は、隙あらば攻撃をしようと狙っている人です。

こういう人に隙を狙われたら、大切なものを奪われかねないので、隙を与えないようにしましょう。

13.ずる賢い

「ずる賢い人」は、いつも人の弱点をじっと探って、弱みに漬け込んで上手く人を騙そうとする人です。

優しくて良い人そうにしながら、お金を騙し取ろうとするような詐欺師に多いタイプですね。

14.いつもキョロキョロ周りを見ている

「いつもキョロキョロ周りを見ている人」は、何か獲物を探している虎のような人です。

この手のタイプの人も、「虎視眈々」としているタイプの人です。

15.人間関係を打算で考える

「人間関係を打算で考える人」も、要するに人間関係を利害や損得で計算高く考えて接する人ということですから、人によって接し方や態度を変えたりもしますし、得をする人に目を付けて、上手く接して自分への利益も得ようとする人です。

つまり、人の立場を利用しながら、いつか隙あらば立場を逆転させて、自分が上へ行くのを狙っているので、「虎視眈々」のタイプということです。

4.鵜の目鷹の目と同じ?

「虎視眈々」と「鵜の目鷹の目」は似ているようで、少々意味が違うようです。

「鵜の目鷹の目」の詳しい意味を書きますと、鵜や鷹が獲物を探す時の鋭い目つきのことをいうのです。

一方、「虎視眈々」とは、前にも書きましたが、虎が獲物を狙って鋭い目つきでじっと見下ろすように、機会を狙って油断なく形勢をうかがっているさまをいうので、目つきのことではありません。

と言うことで、「虎視眈々」と「鵜の目鷹の目」は、類語ではないということです。

虎視眈々を使った例文

次に、「虎視眈々」の使い方を分かり易くするために、実際に使った例文を書こうと思います。

1.スーパーの半額惣菜を虎視眈々と狙う

夕方頃にスーパーへ行くと、お惣菜コーナーでは売れ残りがないように、商品を半額にしていますよね。

そういうところには、半額の値札シールを付けるまで「虎視眈々」と狙っているオバサンが必ず待ってますね。

中には、値札を他の物から取って貼り替えたりする人もいますし、早くカゴに入れなければ、他の人に買われてしまいますからと、カゴに入れようとしている時に、奪い取るようにする人もいますよね。

2.政権交代を虎視眈々と狙う政治家

政治家ほど、野心家はいないと思います。

政治家たちの間では、「虎視眈々」と政権交代を狙っている人が大勢いることでしょうね。

この四字熟語「虎視眈々」という言葉が、一番似合う人たちなのではないでしょうか?

3.他の動物の獲物を虎視眈々と狙うハイエナ

ハイエナという動物は、他の動物が捕まえた獲物を狙います。

人のものを横取りする人のことを、「ハイエナのような人」とよく言いますよね。

そんなハイエナには、「虎視眈々」という言葉お似合いですよね。

虎視眈々なタイプの人と接する時の注意

では、先程の「虎視耽々と狙うタイプの人の特徴」と一部重複しているところがあるかと思いますが、「虎視耽々なタイプの人と接する時の注意」を、最後にまとめて書いておきますね。

1.悪だくみには乗らない

例えば、何か悪だくみをしている人が、上手い話を持ち掛けて来たとしても、絶対にそれに乗らないようにしましょう。

この手のタイプの人は、悪だくみに乗せるように見せかけて、実は罠にはめようとしているかも知れません。

2.情報を探られても教えない

「虎視耽々」と狙ってるタイプの人ですから、下手に情報を与えてはいけません。

例えば、あなたの様子をじっと探って、根も葉もない噂を広めて、あなたを嫌われるようにしようとする人なのです。

しつこく探って来るかも知れませんが、何を聞かれても一切情報を与えず、適当に交わすようにしましょう。

あなたの弱みをじっと探して、蹴落とす隙を狙う人です。

3.物をあげない

この手のタイプの人に、一度でも物をあげてしまうと、もっと要求してくるので、物をあげないようにしましょう。

人によっては、あげてもいないのに、まるで自分の物のようにしてしまう厚かましい人もいます。

「この人は、しつこくお願いすれば、また何かくれる人だ。」と思われて、金づるのようにたかられてしまうことになり兼ねませんからね。

4.自分の幸せな話をしない

前にも書いた通り、「虎視眈々」と狙う人は、人の幸せを嫌うタイプの人なので、とにかく、幸せな人が憎くて恨みがましくて仕方ない人なのです。

例えば、「最近、彼が出来て、毎日ラブラブで幸せです♪」なんて、話してしまったら、もう嫉妬心が煽られてしまって、藁人形を作られる勢いで、何とかして機会を狙って不幸に突き落とそうとすることでしょう。

ですから、そんな人に幸せな話してしまったら、悪魔のような卑怯な手段を使ってでも、あなたの幸せを奪おうとするので、危険な情報を与えないように、幸せな話は一切しないようにしましょう。

5.妬まれるような話を一切しない

幸せな話と同じように、「虎視眈々」と狙うタイプの人は、非常に嫉妬深い人なのです。

嫉妬深い人は、隙あらば人を蹴落としてでも不幸にしようとするので、一番手ごわくて危険なタイプだと思います。

例えば、「今日は、私のお誕生日だから、主人が高価な指輪をプレゼントしてくれたのよ。」なんて話そうものなら、嫉妬心にメラメラ燃えて、嫌がらせをされることもあります。

とにかく、この手のタイプの人には、決して羨ましがられるようなことを話さないようにして下さい。

人の幸せな話や自慢話などを聞かせてしまったら、妬みの対象になってしまって、何をされるか分からないので、狙われないためにも、妬まれるような話は一切しないことです。