自分がびっくりしたり、すごいと思ったりして周囲の人に話したとき、その内容に対して、「それって普通じゃない?」なんて言われたこと、ありませんか?
内容によっては、カルチャーショックを受ける時もあったりして…意外と何が普通なのかわからなくなる時ってありますよね。

人によって「普通」の基準はさまざまなようです。

普通とはいったいどんなことを言うのでしょうか。

️普通普通って言うけれど…

普通という言葉は非常に便利で使い勝手の良い言葉です。

しかし、自分の「普通」と相手の「普通」が違うことってよくありますよね。

例えば目玉焼きにはソースか…マヨネーズか…醤油か…。

あなたならどれでしょうか?
どれを選択した人も、それが自分の中の普通であることに間違いはありません。

もしかしたら塩こしょうの人もいるかもしれませんね。

自分にとって、「げ~、こんなのかけたら食べられないでしょ!」と思うものでも、相手にとってみたらそれが当たり前だってことはよくあります。

普通とは、小学生でも簡単に使える言葉ですが、非常に意味合いの難しい言葉でもあるのです。

普通っていったいなに?


「普通」の意味を聞かれても「普通であること」くらいしか誰も思いつきませんよね。

普通とは、誰もが気軽にたくさん使う言葉でありながら、意味を正確に理解している人は少ないのかもしれません。

また、普通という感覚がどういうものかも人によって違うでしょう。

そんな「普通」の意味について考えてみたいと思います。

「普通はこうだよ」って言われてもわかんない!

会話の中のどの部分が普通で、どの部分が普通じゃないのか。

これは誰にもわかりません。

特に仕事上で使用される場合、普通という言葉は非常に危険です。

なぜなら、「普通にやってもらえばいいですから。」なんてお願いの仕方をしてしまったとき、返ってきた結果が自分の想像とかけ離れていた場合でも、頼んだ相手を責めることは出来ないでしょう。

それは、説得や議論、物事をお願いするような場での会話に「普通」という言葉を入れてはいけないからです。

「普通」は人によって違います。

ですから、「普通にやってほしい」ではなく、もっと詳しく、どのように取り組んでほしいかを伝えないと、相手と自分の方向性はズレていくことでしょう。

普通は人によって違う?

人によって、「普通」だと感じる場面には違いがあります。

例えば、携帯の充電は何%から充電する対象に入るでしょうか。

50%を切ったら充電する人、20%を切ったら充電する人、100%でない限りは必ず充電する人…さまざまいると思います。

でも、どの人にとっても自分の携帯を充電する基準が普通であり、他の人の基準は普通ではないのです。

「あ~、あなたはそのくらいで充電するのね~」と一応理解は示せても、決してそれが普通なんだとは思わないでしょう。

きっと「私のほうが多数派だと思うけどね。」なんて思うのではないでしょうか。

「大多数の人がこれを普通であると認識している」と自分で思っていることを人は普通であると言います。

️普通とはどういうことか


「普通においしい」とはどういうふうにおいしいのでしょうか。

「普通におもしろい」とはどの程度のおもしろさなのか…。

いざ言葉にしてみると難しいものですね。

普通とは、一般的なこと、特別ではないことなどの意味がありますから、この場合「きっと大多数の人がこれはおいしいというだろう」と自分で思ったメニューに対して「これは普通においしい」という発言になるように思います。

「おもしろい」も同じで、大多数が自分と同じように面白いと感じるだろうと思っているから「普通に面白いよ」という発言になるのですね。

「すげーすげーとみんなに広めて歩くくらいおもしろいわけではなかったが、つまらなくもなかったし、まぁそこそこおもしろかった気がする」なんて、わけのわからない感想になってしまいましたが、つまりこういった感想を短く言うと「普通におもしろい」になるわけです。

️まずは普通の意味から知っておこう

「普通」とはどんな意味なのでしょうか。

あまり考えたことのある人もいなさそうなくらい普通の意味しかなさそうに感じますが…普通の意味について一応調べてみました。

普通の意味とは

「普通」とは「当たり前」のことです。

特に何も変わっていない、その状態であって当然のことを言います。

やっぱり普通の意味でしたね。

通常は一般的であり、誰にでも通じるもののことを言いますが、時には周りの人に非常識だと思われるようなことでも、自分にとっての普通だったということもあるでしょう。

普通の意味は当たり前のことですが、それは「自分にとって」の普通と「世間一般から見て」の普通と2種類あるのかもしれませんね。

いつどこにでもあるようなもの

世間一般の人から見て、その大多数が「そうだ!」と言えるもののことを普通と言います。

いつでもどこにでもある。

まったく珍しくもなく、他と比べても何ら変わりがない。

特別な部分は全くない当たり前のこと。

それが普通です。

「どこにでもいる普通の子ども」などというように、一般市民の大多数が「そうだね」と言えることです。

ありふれているもの

世の中にありふれてあるもののことです。

「あの草はどこにでも普通に生えている」などというように使います。

他と特に異なるものがない様子

周りと一緒と言うことです。

「ごく普通の家庭」などという感じで使います。

広く通用する状態

その内容が世間一般にある多くの事例に当てはまるという意味です。

「日本では、入学式は普通4月に行われる」などという使い方をします。

当たり前であること

多くの人から見て、感覚的に「そういうもんだよね。」と言えるような内容であることを言います。

「早起きとは普通6時に起きることを言う」などです。

一般的であること

どこに行っても変わりがないことです。

例えば「普通科」「普通高校」のようにどこへ通っても同じ教育内容になるような場合を言います。

️普通という感覚の線引きの例

その人の性格や過去の生い立ち、育てられ方、現在の環境など、さまざまな要因によって、「普通」の概念は決まってきます。

だいたいはみんな同じように見えても、細かい部分ではかなりの異なりを見せるでしょう。

「普通」という感覚は幼い頃にだいたい決まってきます。

それは、小さい頃、親から受けた教育が感覚として身についてしまっているからです。

ですから、親に「◯◯は××である」と教えられれば、それがそのまま自分の価値観として身につきます。

たとえ周囲が違うと言っていても後からではなかなか変えられるものではありません。

こうやって自分の中の価値観というものは形作られていくのです。

ランチにかかるお金の普通

ランチにかけるお金は日々の積み重ねで大きな出費となるため、その人の価値観や性格、金銭面によって大きく左右されます。

ワンコインランチが普通の人

仕事などで、毎日ランチを買う人にとっては、毎月のランチ代はとても大きい金額になりますね。

そういう人は、ランチ代をワンコインで抑えたくなるものです。

つまり、節約志向の強い人がワンコインランチを好む傾向にあり、ワンコインで食べることの出来るランチが普通だと思っている可能性があります。

また、節約志向はそこまで強くなくても、おつりが増えるのが嫌だったり、キリの良い数字で買いものをしたかったりするような、こだわりのある人もワンコインを好みます。

ワンコインランチは、幼い頃から節約して生活するのが当たり前の人や、数字にこだわりのある人にとっての「普通」であると言えます。

1000円前後が普通の人

普段外食をせず、休日だけ外でランチをするなんて人に多いのが「1000円が普通である」という感覚です。

外食のメニューにも1000円前後の金額のランチが多く、ランチ=1000円前後ならお金を払っても良いという感覚が日本人の感覚の多数を占めているのだということがわかります。

毎日ランチをする人にとっては、1000円を支払うのは多いような気もしますが、単身者であったりすれば、この感覚は普通かもしれません。

また、普段節約している人でも、「頑張って節約して500円のランチを食べている」ということは、その人の普通は500円よりも高額であることがわかります。

節約するために、普通よりもランクを下げて食事しているということですからね。

そのため、ワンコインでランチをする人の中にもランチの金額は1000円前後が普通だと思っている人はいるかのかもしれません。

2000円くらいが普通の人

ランチで2000円が普通という人も単身者が多いかもしれません。

自分の自由に出来るお金が多めの人はたとえ毎日ランチしていたとしても、2000円支払えるでしょう。

また、そこまで自由なお金は多くなくても、食事に気を遣っている人や、食事を毎日とても楽しみにしている人、食事を大切にしている人などは、他にかける金額を削ってまでもランチにお金を使うかもしれません。

そういう人はランチ2000円くらいが普通だと感じるのでしょう。

それ以上が普通の人

ランチが2000円以上が普通の人は、お金持ちである人が多いでしょう。

単にお金持ちと言っても、お金持ち全員がランチに2000円以上かけているわけではありません。

先ほども書いたように、食事に気を遣っていたり、他にかけるお金を削ってまでもランチを大切にする人でなおかつお金がある人がこのように高額のランチを普通と感じていると考えられます。

他にも、お金持ちが自分自身のステータスとして、高額なランチを食べるようにしているなどの場合にも、高額なランチを好んで食べていると言えます。

恋人と会う頻度の普通

「普通」という感覚は、人によって違うのはもちろんですが、一人の人の中でも「普通」の概念はよく変化します。

だからこそ、より「普通」という言葉は複雑で難しいのです。

毎日が普通の人

恋愛が始まったばかりで二人がとても盛り上がっている場合、恋人と会う頻度は毎日であることが多いでしょう。

ここでポイントなのは、元から毎日会うのが普通の人もいれば、今だけ毎日会うのが普通な人もいるということです。

元から毎日会うのが普通な人は、たとえ年月がたって恋人との仲が落ち着いてきても、毎日会うべきと思っています。

ですが、盛り上がっている間だけ毎日会うのが普通と思っている人の中には、普段は一週間に1回会えばいいくらいだと思っているけれど、今は付き合いたてで毎日会っても足りないくらい!だから毎日会って当たり前、という人もいるでしょう。

「普通」という感覚は一人の人の中でも感情や状況によって変化していきます。

毎日会うのが普通だからと言って、一生そういう感覚であるとは限らないのです。

3日に1回が普通の人

お互いに仕事をしていたり、少し遠距離ぎみだったりすると、3日に1回会うのが普通なのかもしれません。

ですが、これも前に書いたことと同じように、本当の自分にとっての「普通」と今の現状が異なっている場合があります。

本当は毎日でも会いたいなら、その人にとっての「普通」は「毎日会う」ということになるでしょう。

必ずしも、現状がその人の普通であるとは言えません。

週1が普通の人

より遠距離になったり、仕事が忙しい人は週1で会うのが普通だと感じるかもしれません。

また住んでいる場所は近くても、お互いにプライベートを大切にする人や、優先順位や恋愛よりも仕事のほうが上であったりする場合、恋人と会う頻度は若干減る傾向にあります。

️”普通”はその人にとっての常識

たとえ誰が何と言おうとも、自分が普通だと思っていれば、それは普通のことなのです。

周囲の人が「それはおかしい」と言うとわかっていたとしても、自分にとっての「普通」はなかなか直したり概念を改めようなどとは思えないものです。

また、明らかに周囲と感覚がズレていることがあったとしても、自分自身では全く気づいていない「普通」の感覚もたくさんあることでしょう。

「普通」とは、本当によく使われる言葉ではありますが、全ての「普通」という感覚が全く同じ人は一人としていません。

どの人も必ずどこかで「普通」の感覚は違っているものです。

ですから、自分の普通という概念は、実は周りと大きく違うのかも知れないということを理解しておくことで、人間関係がスムーズに形成できたり、相手をより理解したりするきっかけになっていくことでしょう。