CoCoSiA(ココシア)

リスクをおかしてでも挑戦すべき9個の理由


あなたは今までの経験してきた事の中で選択を狭まれたことはありますか?
例えば、選ぶ時間もなく、二つの事を狭ま差れた経験です。

なかなかないかもしれませんが、人生を生きていると選択を狭まれるような事はいずれ出てきます。

例えば、プライベートな事であったり、社会人として仕事としてしなければいけない時などです。

簡単な選択であれば恐らく悩む必要もないですし、気軽な気持ちで行う事ができるかもしれませんね。

しかし、選択にはリスクはつきものです。

リスクがつきまとえば、当然人間は恐れます。

なぜなら、リスクを冒した時の失敗を想定して、その未来を考えてしまうからです。

リスクが軽い物であればまだ良いですが、リスクが重たい物であればあるほど、なかなか決断はできなくなってしまいますよね。

リスクを感じてどうすればよいのかわからなくなってしまった経験は誰でもあると思います。

しかし、時にはリスクを感じる事は自分自身の成長においてとても大事な局面である場合があります。

逃げるのは簡単ですが、時にはリスクを背負ってしなければ得られない事があるのも事実です。

なので、今回はリスクをテーマにして、リスクを冒してでも挑戦すべき事についてご紹介します。

この記事の目次

️リスクを犯すのは怖いこと?

あなたの今現在の正直な気持ちはリスクをおかすのは怖いことだと思っていますか?
おそらくはい、と答える形の方が限りなく多いと思います。

そもそも日本人という人種自体が安定を選んでいる傾向があります。

日本と外国を比べたときに外国人の方がチャレンジするという気持ちが大きい場合が考えられます。

例えば、外国人芸人の厚切りジェイソンさんはIT企業の会社役員という立場であるにもかかわらず、日本で芸人としてチャレンジしている姿勢などは、もともと安定という物を得る事に魅力を感じていないのだそうです。

厚切りジェイソンさん曰く、やりたいことができるかどうかが大事というコメントを過去にしており、やりたいことをやれる方が人生が面白いに決まっていると言っています。

もともと日本人は極端に安定を求める傾向があり、だからこそ公務員なども今人気の職種となっています。

過去の時代でフリーターがかっこよいという風潮などがあり、公務員がバカにされてきた時代なども今考えれば不思議な時代だったと感じざるを得ないかもしれません。

それは今の時代が不景気になっているからという事もひとつの原因でもあるかもしれません。

確かに先のことを全く考えないと言う事は考え方として危なっかしい考え方と思わざるを得ないかもしれませんが、あまりにも安定ばかりを意識してチャレンジしない人生を送ることもつまらない人生だと感じる人もいるかもしれません。

難しい事かもしれませんが、仕事という話だけの概念にとらわれずに、様々な選択肢という面を見た時には、やはりリスクを怖がって選択できないという事はひとつの可能性をつぶしてしまっているという意見はあり得るかもしれませんね。

挑戦にはリスクがつきもの


ある程度人生を経験してきた形であればわかると思いますが、何事も挑戦をするということはリスクを背負うということがつきものです。

何事に関しても得るものと失うものが同じように存在する場合が多いです。

例えば一つの例としてあなたが弁護士になりたいと思い司法試験を受けることを決意したとします。

司法試験といえば誰もが知っている資格の難易度が一番高い資格試験です。

頭がいい人が何年もかけて取得するような資格であり、勉強自体がかなり難しいので、勉強をすれば絶対に取得できるようなものではないかもしれません。

しかし、そこに向かってチャレンジしていくのは、リスクを覚悟した人だけです。

リスクを背負って、覚悟を決めてチャレンジしたからこそ、司法試験合格というとても大きな資格を手にすることが初めて出来ます。

しかし、チャレンジしなければ一生手に入る事はありません。

しかし、勉強をするという事は、それだけ人生において大切な時間を消費する行動です。

結果として時間だけなくしてしまったという場合、おそらく最悪のシナリオになってしまう事になるでしょう。

そう考えて二の足を踏んで行動出来ない人がいるのも確かです。

挑戦をするという事はリスクを身にまとって行動するという事です。

大きな挑戦をすればするほどリスクも大きくなる傾向があります。

しかし、考え方によっては試験に受からなかったとしても、その勉強したという経験が何かしらの役に立つ場合などもあります。

例えばそこから方向転換して、難易度が低い別の資格を取得する、例えば司法書士の試験に転向してみるなど、生かせる事が出てくるかもしれません。

なので、挑戦する事がとても大事な事であるという事も同時に知るべきなのです。

安全をとるか戦いに挑むか

結局のところ最終的な結論としては安全策をとるのかそれともチャレンジして戦いに挑んでいくのかということです。

どちらが正しいのかということは安易に決められないかもしれませんが、少なくともチャレンジをすることで最低でも何かしら得られるものは存在します。

それが本来の目的に沿ったものなのか本来の目的以外のことで役に立つのかという違いだけでありチャレンジをすることで得られることはたくさんあるということを踏まえるとやはりなんでも積極的にチャレンジをしていく方が良い人生の厚みを増しますしより良い人生を送ることもできます。

時には非常に難しい選択で泣く泣く安全をとってしまうということがあるかもしれませんが、それでもそれ以外の部分では出来る限りチャレンジを行う事で、成長に繋がると思いますので、チャレンジ精神は常に持ち合わせるように意識していただきたい事です。

この理由を見てから選択して!


守るべきものが多いほどリスクを背負うことが怖くなるのは当たり前のことです。