CoCoSiA(ココシア)

不意打ちとはどういう意味?よくあるシチュエーションやむしろ不意打ちシチュエーションなどを紹介!


「不意打ち」という言葉は、よく使われる言葉だと思いますが、この言葉はどんな時に使われる言葉なのかと言いますと、何かをやっている時に、突然、違う行動を取って相手に面を食らわせるなどした時に、「不意打ちを食らわす」と使います。

ただ、一般的に使われているような、「敵の不意打ちにあう」と言う時に使用するだけではなく、色んな場面で使われる言葉なのです。

では、実際にはどのような時に使うのかということを、これから書こうと思いますので、ご参考になさってみて下さい。

️ドキッとしてしまう不意打ち

大好きな彼に「不意打ち」に後ろから抱きしめられたり、「不意打ち」にキスされたり、ドキッとしてしまう「不意打ち」は嬉しいですね。

別の意味でドキッとしてしまうのは、いきなり「不意打ちテスト」をすることなども、ドキッとしてしまう「不意打ち」ですが、同じドキッとする「不意打ち」でも、嬉しい「不意打ち」は大いにやってくれて良いけれど、「不意打ち」のテストは勘弁して欲しいですね。

️不意打ちってどんな状況?

では、「不意打ち」とは、どんな状況を言うのでしょうか?
ここからは、色んな状況での「不意打ち」を考えながら、「不意打ち」の意味について、詳しく書いていきますね。

不意打ちの意味

「不意打ち」の意味は、不意に討ってかかること、転じて何かを急に行うことですが、もっと詳しく意味を知るために、具体的な行動の「不意打ち」について説明を書いてみます。

出し抜けに相手に攻撃を仕掛けること

敵の予想と違い、予測できない攻撃を不意に仕掛けることを、出し抜けに「不意打ち」を食らわせると言います。

例えば、後ろから攻撃されないかと、背後ばかり気にして注意していたら、前から突然現れて攻撃をされてしまったりなどや、誰かと戦っている時に、いきなり横から現れた別の相手に攻撃されてしまった時も、「不意打ち」ということです。

予告なしに物事を行うこと


全く予告なしに、急に物事を行うことも、「不意打ち」と言います。

相手が知らないところで計画されていたことで、驚かせようとすることも、相手にとっては「不意打ち」を食らったことになります。

不意に相手に襲いかかること

何の意味もなく、突然相手に襲いかかることも、「不意打ち」と言います。

予期せぬ相手にいきなり襲いかかられたら、とても怖いですよね。

そんな「不意打ち」はして欲しくないけれど、世の中には、そういう事件も起こりうるのです。

でも、大好きな彼に襲いかかられたら、それは嬉しい「不意打ち」かも知れませんね。

相手の予期していないことを行うこと

相手が予期していないことを、急に行うことも「不意打ち」を食らわせると言います。

相手が予期できることを、「不意打ち」にやっても、全く意味がないのです。

予想外のことだから、「不意打ち」をする意味があるのです。

これも、嬉しい「不意打ち」と嫌な「不意打ち」がありますよね。

️不意打ちのシチュエーション色々

では、ここからは、「不意打ち」のシチュエーションを考えながら、具体的に「不意打ち」とはどんな状況なのか考えながら、深く「不意打ち」の意味を探っていきたいと思います。

そのシチュエーションの中で、恋人を喜ばせるための「不意打ち」などは、ぜひ、試してみて下さいね。

振り向いたら思ったより顔が近かった


後ろに彼がいることは分かっていたけど、パッと振り向いたら思っていたより顔が近くて、ドキッとしたり、そんな「不意打ち」は嬉しいですよね。

これは、もしかすると「不意打ち」を狙った彼もドキッとしてしまうかも知れませんが、まだ付き合い始めたばかりの恋人同士だったら、よくあるシチュエーションかも知れません。

何も言わず突然キスをされた

「キスしてもいい?」と聞かれてからキスするよりも、笑い話をしている時に、何も言わずにいきなりキスをされたら、恥ずかしいけれどキュンキュンしちゃいますよね。

不意打ちキスをされた後で、「笑っている君が、とっても可愛かったから、思わずキスしちゃった。」なんて言われたら、惚れ直しちゃいますよね。

死角からワッと脅かしてきた

道を歩いていたら、いきなり電柱の陰から友だちが飛び出して来て、「ワッ!」と「不意打ち」に驚かされた。

こんなドッキリは、あまりやって欲しくないものですね。

よく子供の頃に、友だちに呼ばれて振り向くと、ほっぺに指でフニッとつっつかれて、からかわれたりしたことがありませんか?

これもよくあるシチュエーションですよね。

虫がいきなり目の前に飛んできた

学生の頃に、仲が良かった男子に放課後に話があるからと言われて、みんないなくなって二人切りになりました。

彼が恥ずかしそうにしながら、「お前って好きな人いるの?」って聞いた瞬間、一匹のハエが「不意打ち」に目の前に飛んできて、避けるつもりがハエを捕まえてしまって、キャーキャー叫びながら彼にハエを捕まえた手を擦り付けてしまって、「お前には大事な話ができないな。」と言われて、彼は立ち去ってしまいました。

こんな「不意打ち」の告白の「不意打ち」の虫のシチュエーションは、ない方がいいですね。

授業でいきなりテストが行われた

いつも教科書を机の中に置いたまま帰っていたけれど、ある日、先生が突然抜き打ちテストだと言って、「不意打ち」を食らわされた。

こんなシチュエーションは、学生の頃に誰でも経験があったと思います。

常日頃から勉強をしていれば、「不意打ち」にテストを行われても、ちゃんとできるのにと思いながらも、その先生が苦手でした。