世の中を生きているとたくさんの経験をすると思いますが様々な経験をしていく中で何事も全てが入り混じって意味がわからなくなってしまうようなこともありませんか?

なかなか例えば難しい言葉になるかもしれませんが、例えばそれはビジネスの場面においてもプライベートの場合によっても起こりうることであると思います。

たくさんのことがありすぎて次第に考えるのが疲れてしまったり、すべてのことを把握することがとても面倒に感じてしまったり、たくさんのことが入り混じって複雑になりすぎて解釈するのがとても難しいようなことはあると思います。

なかなか簡単に経験できるようなものではありませんが自分の長い人生思い浮かんで見ればおそらく大体の方は一度くらいはこのような状況経験したことがあるはずです。

そのような状況になってしまったらそこから抜け出すためにはどのようにすればいいのか全く想像ができない方もたくさんいると思います。

今回はそのような状況、つまり言ってみれば混沌という状況をテーマにして、具体的に混沌はどういう状況なのか、混沌から抜け出すためにはどうすれば良いのかということをご紹介していきたいと思います。

️混沌ってなに?

そもそも人によっては混沌という言葉がどういうことを意味しているのか全くわからないという方もいるかもしれませんね。

確かに日常生活で基本的に使うような言葉ではありませんので、意味がわからないのもしごく当然の話です。

しかしながら最近は若い世代がこのような言葉を使っている状況が多く存在しています。

なぜこのような難しい言葉をある程度経験豊富な年齢を重ねた世代ではなく、若い世代が使っているのかという事なども理解しがたいと思います。

しかしそれには理由が存在しており、それは混沌という言葉を意味した若者言葉が流行しているからです。

若者言葉なのである程度年齢を重ねた人間はあまり使うことがありませんし、若者たちは様々な状況で的確な便利な若者言葉を使っていますので様々な日常の場面にてそのような言葉を上手に使うことができているからです。

では具体的にどのような若者言葉が混沌という言葉を意味しているのか、そして混沌という言葉がそもそもどのような基本的な意味を持っている言葉なのかということからご紹介していきたいと思います。

混沌の意味

物事が入り混じっている状態


まずはじめにご紹介する混沌という言葉の意味は「物事が入り混じっている状態」を意味している言葉です。

これは比較的混沌の意味の中でも一番有名な意味になると思いますが、先ほど口頭でもご紹介したように日常生活を過ごしているとたくさんの物事が入り混じって訳が分からなくなってしまうようなことがあったりすると思います。

例えばビジネスの場面においてもそうですが、自分が抱えているタスクだけが仕事ではなく、基本的には問題は予期せぬ段階で起こってしまったりするものです。

なので自分の抱えているタスク以外にも様々なハプニングなどの対処を強いられてしまうことがあると思います。

そのハプニングが運が悪いことに複数重なってしまうようなことも存在しており、気づいてみれば四方八方問題だらけになってしまって何から対処すればいいのかわからなくなってしまったり、何が原因でこのような状況が起きているのかという原因解明などが難しいような状況があったりすると思います。

まさにこのようにたくさんの物事が入り混じってる状態を混沌と表現することができ、そのような状況に立たされてしまった場合は「まさに混沌状態だな」と表現したりすることが出来ます。

基本的に混沌という言葉の意味を深く知らない方でも比較的思いつきやすい意味合いとしてはこの意味に直結していると思います。

区別がつかない状態

次にご紹介する混沌という言葉の意味は「区別がつかない状態」を意味しています。

これはどういうことかと言いますと先ほどご紹介した「物事が入り混じっている状態」という言葉とかなり似ている状況、意味合いであると判断することが出来ます。

なぜならば区別がつかない状態というのはたくさんの物事が介入してしまって本質が見失われてしまっているという状態に他なりません。

逆に考えてみれば物事が単体だけで区別がしっかりとつくような状況であればしっかりと本質を見失わずに対処することができますので、それは区別がついている状況になるからです。

なので物事が入り混じっている状態と区別がつかない状態というのはかなり紙一重的な意味としてとらえることが出来ます。

考えてみればプライベートなどの日常生活や、それ以外のビジネスの場面においても区別がつかない状態で困ってしまった状況になってしまった方はたくさんいると思います。

このような時でも混沌という言葉を使って表現することができますので先ほどご紹介した物事が入り混じっている状態という意味とセットで覚えていただけると分かりやすいと思います。

はっきりしない


次にご紹介する混沌という言葉の意味は「はっきりしない」という言葉の意味を表しています。

この意味合いに関してもそこまで難しい意味ではありません。

先ほどご紹介したように物事が入り混じっている状態や物事の区別がつかない状態ということは一言で言えば「はっきりしない」状態であるという事に他ならないからです。

何事に関してもシンプルな状態であればよりそのことについて聞くに把握することが可能になるのですが、たくさんのことが入り混じってシンプルな状態ではなくなってしまうことによって物事の原因であったり本質などが全く見えなくなってしまいやすくなります。

それははっきりしないという言葉の一言で言い表すことが出来ますので、混沌という言葉の意味の代表的なひとつの意味として捉えることができます。

思い返してみれば様々な日常体験の中ではっきりしないような状況というのはたくさんあると思います。

はっきりしないような状況がたくさんあるということはそのような状況を混沌という言葉を使って表せるという事にも繋がりますので、ある程度日常生活において使用できる言葉であると考えることができます。

秩序がない

次にご紹介する混沌という言葉の意味は「秩序がない」という言葉の意味を表しています。

人によっては秩序という言葉が難しくてわからないという方もいるかもしれませんね。

秩序という言葉は少し難しい言葉になるかもしれませんが意味合いとしては「①物事を行う場合の正しい順序、筋道②その社会・集団などが望ましい状態を保つための順序や決まり」を意味している言葉です。

なので秩序がないという言葉は「①物事を行う場合の正しい順序、筋道がない②その社会・集団などが望ましい状態を保つための順序や決まりがない」という意味として解釈することが出来ます。

例えばあなたがある会社に就職が決まったとしてその会社に出社したとします。

一般的な会社であれば始業時刻になれば当然その会社の社員が一丸となって朝礼を行ったり、一つの目的に向かってそれぞれが業務を開始したりすると思いますが、もしもその会社は始業時刻になっても誰一人として会社に出社していなかったり、出社している人間は昼寝していたり、ゲームをしていたりすればまさにその状況は秩序がないという言葉で言い表すことが出来、それはまさに「混沌」という言葉で言い表すことが出来るのです。

これは現実的には絶対にありえないようなかなり極端な例になったかもしれませんが、平たく言えばこのような状況が混沌という言葉を使って表すことができるといえます。

まとまりがない

次にご紹介する混沌という言葉の意味は「まとまりがない」という言葉の意味を表しています。

世の中における様々な事柄を考えてみた時にまとまりがないなと思ってしまうことはたくさんあると思います。

そのような状況の時に混沌という言葉を使って表現することができるのですが、例えばまさに先ほどご紹介した秩序のない会社の例に関してもそうですが、結局突き詰めてみると会社全体の人間のまとまりがないからこそあのような状況が起こっていると捉えることができます。

つまりまとまりがもし存在していれば秩序がないような事などは起きえないのです。

なので秩序がないという言葉とまとまりがないという言葉がかなり似ている言葉であるとかが得る事もできるのです。

セットで覚えていただければわかりやすい言葉になるかもしれませんね。

現実の世界においても極端な例を除いてまとまりがないから起こりうる問題などはたくさんあると思います。

そのようなまとまりがない状態を「混沌」という言葉一言で言い表すことができますので、かなり使用できるシーンはたくさんあるということがお分かりいただけるはずです。

混沌を言い換えると

ここまでは混沌という言葉の意味合いについて簡単にご紹介していきました。

ある程度混沌という言葉の意味合いを理解いただいたところで少し考えていただきたいのが、混沌という言葉意外にも似たような表現があるということです。

混沌という言葉の意味を正しく理解した上で考えていただきたいのが先ほどご紹介した状況というのは基本的にかなり日常生活において起こりうることであるのに、それでもあまり混沌という言葉を聞いたりしないという現実です。

これがなぜなのかと考えた時に混沌という言葉以外にも使いやすい日本語が存在しているかということに他なりません。

では混沌ということの言い換えて他の表現にするとすればどのような表現があるのかという事を後からいくつかご紹介していきたいと思います。

これまでの人生でまさに混沌に該当するような状況に立った経験があるならば、その時に表現された言葉や自分が感じて言葉にしようと思った時にどういう表現をして表していたのかという事を考えてみるとよる理解が進むと思いますよ。

カオス

まずはじめにご紹介する混沌を言い換えた時に表現される言葉はカオスという言葉です。

先ほど触れましたが混沌という言葉はあまり年齢を重ねた人間は使わずに、同じような意味合いである言葉を若者がよく使っているという話をしたと思います。

これはまさにこの言葉を意味しており、若者がカオスという言葉を使って表現したりすることが最近では多々存在しています。

特に中高生の女性男性などの若い方がSNSなどでこの表現を使って表していることが多いです。

元々混沌という言葉は言い換えればカオスという言葉に変換することができ、若者は混沌という言葉ではなくカオスという言葉で頻繁にこのような状況に言い表しているのです。

では具体的にカオスという言葉を使って様々な日常生活の状況を表すとすればどういう例文が存在するのかと考えた時に、例えば誰しもが経験があると思いますが仕事が忙しくて気づいたら部屋の中がたくさんの物が散らかっていたということがあると思います。

このような状況カオスという言葉を使って表すとすれば「部屋の中がカオス」という言葉を使って表現したりすることが出来ます。

なのであまり混沌という言葉を難しく捉えずに単純にたくさんのものが入り混じっているという状況を表すだけで気軽に使うことができるのです。

こうした考えてみるとかなり混沌という言葉もハードルが下がって様々な状況で使いやすい言葉であると認識することができるはずです。

なので若者の方が年齢を重ねたかたよりも混沌という言葉を実質使っている比率が高いと捉えることができます。

無秩序

次にご紹介する混沌を言い換えた時に表現される言葉は無秩序という言葉です。

先ほど混沌という言葉の意味をご紹介した中で、「秩序がない」という言葉の意味が含まれているとお伝えしました。

では「秩序がない」という言葉をどのように変換できるのかと考えた時に、秩序がない=無秩序という解釈が出来るのです。

なので先ほどご紹介した秩序がない会社などの状況においては、「無秩序な状況である」と表現することが出来るのです。

本来守らなければいけないものを守ろうとせずに、誰もがルールを破って自分の好き勝手に行動しているようだ時に表現したりすることができますので、まさにまとまりがない時にその状況を例えて使うことができる最適の言葉であると考えることができます。

乱雑

次にご紹介する混沌を言い換えた時に表現される言葉は乱雑という言葉です。

この言葉については日常生活においても使ったりすることがある言葉だと思いますが、この言葉についても様々な場面で使うことができる言葉です。

例えば使われる場面で多いのは自分の与えられたスペースであったり、周りの人間と一緒になって使う共同スペースなどにおいて自分が使ったものであったり自分が使うべきものなどが乱雑に置かれてしまっていることがあると思います。

いわゆる整理整頓ができていない状況になるのですが、このようなことができていない場合ビジネスの場面においては会社の上司から注意をされるようなことがあると思います。

またプライベートにおいても自分の部屋の物を乱雑に散らしまくって部屋を汚してしまっていると自分の親があなたに対して注意をしたりするような場面があると思います。

このように物を乱雑に置いているような状況でも使うことが出来ますし、物事においても乱雑に行わずに綺麗に丁寧に行うという事でも表現される場合があります。

なので乱雑という言葉は様々な場面において使うことができる利用頻度の高い言葉であると捉えることができます。

そして根本的な意味を考えてみた時に乱雑という言葉はカオスという言葉を言い換えた言葉として使うことも可能になりますのでこの機会に覚えておいてください。

ごちゃ混ぜ

次にご紹介する混沌を言い換えた時に表現される言葉はごちゃ混ぜという言葉です。

混沌という言葉の意味を考えた時にこのように表現できるというのはあるけど誰もが想像できることだと思います。

なぜならば混沌という言葉の基本的な意味として「物事が入り混じっている状態」が挙げられますので、その状態は言い換えてみればごちゃ混ぜな状態であると全く同じような意味として解釈することができるからです。

なので日常生活においてごちゃまぜになっているような状況は全て「混沌」という言葉で表現する事が可能です。

混乱

次にご紹介する混沌を言い換えた時に表現される言葉は混乱という言葉です。

この言葉に関しては漢字で見た時にかなり似ている言葉であり、そして似ている表現であると捉えることができます。

混沌という言葉も混乱という言葉も混じっているという意味である「混」という感じがついていますので、漢字から推測しても似ている言葉である事は明らかです。

そして念のために「混乱」という言葉が本来どういう意味をなしているのかと考えた時に混乱という言葉は「物事が入り乱れて秩序をなくすこと、いろんなものが入り混じって整理がつかなくなること」という意味を持っています。

なので混沌という言葉と混乱という言葉はかなり似ている言葉であると解釈することが可能になります。

例えば混乱という言葉に関しては「経済に混乱をきたす」という言葉が存在しています。

これは意味を考えてみればたくさんの物事が関連して成り立っている経済が、たくさんの物事が入り混じることによって経済が混乱してしまうということを意味している言葉です。

まさにこのような状況においては「経済が混沌と化している」という風に表現する事もできますので、ほぼ同じような意味として使うことが可能になるということです。

つまり混沌とは…

混沌という言葉の意味と混沌という言葉を言い換えることができる言葉についてあるけど把握いただければ混沌という言葉の本来持っている意味などがかなり理解いただけたと思います。

今まで混沌という言葉は知らなかったかたはなんとなく難しい言葉という印象を持っていた方もいるかもしれませんが、基本的な意味を知ってみるとそこまで難しい言葉であると感じにくくなったと思います。

単純にごちゃごちゃしている混んでるような状況に対して使用できる便利な言葉であるということが理解いただけるはずです。

もしもこれまでの日常体験で混沌という言葉はあまり使っていなかったのであれば、便利な表現方法ですので混沌という言葉を積極的に使っていただけるとその状況を的確に笑わせるようになると思いますよ。

️混沌から抜け出すには

混沌という言葉の基本的な意味について把握いただいたところでここからは日常生活において混沌とした場面から抜け出すための方法についてご紹介していきたいと思います。

混沌という言葉の意味を理解いただければ日常生活において様々な混沌とした場面を想定することが可能になると思います。

ビジネスの場面においてはプライベートの場面においてあなたがこれまで体験してきた混沌とした状況から抜け出すためにはどうすればよかったのか、もしくはどのようにして抜け出してきたのかということを踏まえて自分の過去の体験を思い出しながら、これからご紹介する混沌から抜け出す方法を改めて考えてみてください。

冷静になる

まずはじめにご紹介する混沌から抜け出す方法としては冷静になるということです。

なぜ冷静になることで混沌から抜け出せるようになるのかと考えた時に、そもそも混沌というのがどういう状況なのかということを考えておかなければいけません。

混沌という状況は先ほどご紹介したようにたくさんのものが入り混じってしまっている状況になっています。

なのでなぜ難しい状況になっているのかと考えた時にたくさんの物事が複雑に絡み合っているからであり、その状況をひとつひとつ衛生にひも解いていけばよく考えてみればシンプルなないように解釈することが可能になるのです。

だからこそパニックの状態になってしまうと一つ一つの物事を冷静に見ることができなくなってその状況を改善することができなくなってしまうので、まずは自分自身が冷静になって今どういった物事が入り混じってどういう状況になってしまっているのかということを冷静に分析する必要性があるということです。

なので冷静になるということは混沌から抜け出すための大切な感情の切り替えであるということがお分かりいただけると思います。

客観的に見る

次にご紹介する混沌から抜け出す方法としては客観的に物事を観察するということです。

これはどういうことかと言いますとパニックになってしまった時はどうしても主観的な目線でしか物事を解釈できなくなってしまいやすいです。

冷静になれば冷静になるほどその物事を客観視することが可能になります。

物事を解決するためには自分からの目線だけではなくて様々な目線、つまり客観的に物事を捉える必要性があるのです。

客観的に物事を見ることができればなぜこの問題が起きているのかという根本的な問題の解決の糸口を見つけることが可能になります。

しかし解決の糸口を見つけることができなければ延々とその状況が続いてしまうのでいつまでたっても物事を解決できずに本当の状態が続いてしまうことによってしまうのです。

なので冷静に物事を客観的に見ることができれば、どれだけ複雑なことだっても意外と簡単にその状況を改善することが可能になったりします。

なのでパニックになってしまった時ほど客観的に物事を観察できるような心構えを持っておくようにしてください。

【客観的については、こちらの記事もチェック!】

一歩引く

次にご紹介する混沌から抜け出す方法としては問題に関して一歩引くということです。

これはどういうことかと言いますと混沌の状況に陥ってしまった場合は自分が今いる立場から一歩引いた目線で物事を観察する必要性があるということです。

これは先ほどご紹介した客観的に見るということに通じる意味合いになりますが、どうしてもパニックな状況や深刻な状況になってしまえばなってしまうほど自分がその物事に対して観察する視野は狭くなってしまいやすいです。

しかしながら物事を解決するためには狭い視野で観察するよりも、広い視野でその物事に関して観察をする必要性があります。

冷静になって広い視野でその物事を観察していればその物事の根本的な問題に関して抜ける時間まで早く到達するようになります。

その時間が早くなればなるほど問題を解決するスピードも早くなりますので、問題を解決するためには必ず一歩引いた目線でその物事に対して観察をするということを癖付けておくようにしてください。

向き合う

次にご紹介する混沌から抜け出す方法としては問題に関してしっかりと向き合う必要性があるということです。

これは考えてみれば至極当然のことかもしれませんが問題が大きくなれば大きくなるほどあまりその物事に対して向き合いたくないという逃げたいという感情が生まれてしまいやすいのです。

しかしながら逃げたところで問題の解決にはなりませんし、逃げるのは簡単なことですが立ち向かうのはとても勇気がいることです。

しかしながら問題に関して正々堂々と向き合うことによって初めて気がつくような点もありますし、自分自身が成長する上では必ず問題に向き合う必要性が生まれます。

そして逃げたいという気持ちを持ったまま問題を改善するように取り組むよりは、その問題にしっかりと向き合って絶対に解決してやるという気持ちを持って取り組むのとでは大きな差が生まれます。

人間は自分の持っている感情でかなり行動の質なども変わってきますのでしっかりと物事に対して絶対に解決するという気持ちを持った上で逃げずに向き合うことが求められます。

少しでも逃げたいと思う気持ちを持ってやるよりもあらかじめ腹をくくって問題に対応した方が取り組むまでの時間も圧倒的な人の違いが生まれますので、逃げずに立ち向かうことは必ず心得ておいてください。

とにかく進む

次にご紹介する混沌から抜け出す方法としてはとにかく問題に関して突き進んでいくということです。

なぜ混沌から抜け出す方法として問題に突き進んでいくことが良い言葉とかと考えた時に、先ほども紹介したように逃げ腰で物事に関して取り組むよりも、とにかく突き進んでいくというようにあらかじめ覚悟を決めて取り組んだ方が圧倒的なスピードの違いも生まれますし、気持ちの部分で前向きに考えた方が良い結果を得やすいのです。

何事に関してもそうですが失敗すると思って何かを行動しても失敗しやすくなりますし、絶対に成功すると思って行えば成功する確率は上がる場合があります。

それだけ人間の持っている気持ちというのはとても大切なもので、とにかく進んでいくことによってそこから何かしらの問題を解決するヒントも得やすいというような状況も生まれます。

あと少しのヒントがわかれば物事を解決するまでに大きな時間を要差ない場合などもありますので、少しでも問題解決のヒントを得たいと思っているのであればとりあえず取り組んで早くそのヒントを得るために試行錯誤をする事が求めらえるので、とにかく進むという事はとても大切な検証の意味も含まれているのです。

整理整頓する

次にご紹介する混沌から抜け出す方法としては整理整頓をする必要性があるということです。

そもそも混沌という言葉の意味合いをよく考えてみると、たくさんの物事が入り混じってごちゃごちゃになっているという意味と等しいので、たくさんの物事が複雑に絡み合っているからこそ解釈が難しくなっているんです。

なので一つ一つの物事を整理して考えてみるとそこまで難しい問題ではなかったということはよくあることです。

なので混沌から抜け出すために整理整頓してみるということは自分の考え方を整理するという意味においても大切なことなのです。

例えば複雑な物事が複数絡み合っているからわかりずらいのであって、ひとつひとつ紐解いてみるとこれまで過去に起こったハプニングがただ組み合わさっているだけだったというような事実も存在するのです。

そして考えてみれば過去の経験を生かしてその物事を複数解決していけば一気に混沌は解決するようになりますので、実際は恐れるに足らない出来事であったということが分かるのです。

️混沌から抜け出すには状況をよく見ること

今回は混沌をテーマにして金とはどういう意味を持っているのか、混沌という言葉言い換えたときにどのような言葉が存在するのか、そして混沌から抜け出すための方法についていくつかご紹介していきました。

日常生活においてまさに混沌という言葉を使って表現できるような状況はいくつもあると思いますが、難しい問題ほどシンプルに考えることでその問題を解決する上で大切なヒントに繋がるような事はたくさんあります。

複雑で面倒なものほど目の前にした時に萎縮してしまいがちですが、その全体像だけにとらわれずに一つ一つを噛み砕いて物事を解釈することの大切さを活かして様々な難しい局面で解決できるような考え方を身に着けて頂きたいと思います。