私たちが普段使っている日本語はとても難しい言葉だと感じる瞬間があります。

生まれた時から私たちは日本語を使っていますのである程度の日本語については理解をしているのですが、普段日常的になかなか使うことがない日本語に関しては意味を理解するのが難しかったりする場合があります。

例えば日本語の中でもとても難しい漢字を用いているものもありますし、複雑な意味を持っている単語も存在しています。

なので何らかの形でその言葉を聞いた時に簡単に理解することができない場合が良く存在しているのです。

またそれ以外にも難しいと感じる瞬間は言葉の使い方にも存在しています。

例えば一般的にある程度意味を推測できそうな言葉であったとしても私たちが使っている日本語には様々な種類が存在しており、例えば敬語、謙譲語、尊敬語など幅広い種類が存在しているのも事実です。

このようにして様々な言葉も様々な形に変換していかなければより正しい言葉遣いをすることができません。

このようにして考えるといかに日本語が難しいのかということがお分かりいただけると思います。

外国人が日本語は難しいとぼやいている姿を見かけたりすることもあると思いますが、その大部分の理由としてはやはり先ほどご紹介した敬語などの種類の様々な使い分けが難しく感じているのが明らかです。

日本人でさえ難しいと感じてしまうのに外国人の方だったらさらに難しいと感じてしまうのは当然のことですよね。

ではそのような言葉の中の1つとして「気兼ねなく」という言葉が存在しています。

あなたはこの言葉について正しく意味や使い方などを理解していますか?
難しい言葉なので理解していない方もいると思いますのでもしもわからない場合はこの機会に気兼ねなくという言葉を正しく理解してみましょう。

️気兼ねなくってどういうこと?

日常生活の中で気兼ねなくという言葉については時々聞いたりする場面もあると思います。

一般的にはかしこまった場なのでよく聞いたりすることがあると思いますが、なかなか社会経験が少ない形であったり年齢的にも幼い方についてはこの言葉を聞く機会は少ないと思います。

その逆にある程度年齢を重ねておりかしこまった場にも何度も遭遇しており、ビジネスの場面などにおいて活躍しているビジネスパーソンの方は聞いたことがよくあると思います。

ではこの言葉の意味について正しくあなたは説明することができますか?
たとえ聞いたことがある方でもよくわかっていない方が多いですし、なんとなく理解していても言葉にするのが難しかったりするのがこの言葉です。

正しく意味を理解するということは様々なコミュニケーションが可能になり、言葉の引き出しが増えてボキャブラリーも増えますので、人との会話が上手になります。

会話が上手になれば様々な場面で役に立ちますので有利な立場に身を置く事も可能になったりします。

なのでこの機会に気兼ねなくという言葉の意味をよく理解して引き出しを多くしてみてください。

気兼ねとは?

相手を気遣って遠慮すること


気兼ねなくという言葉について理解するためにはまず「気兼ね」という言葉を正しく理解しておかなければいけません。

気兼ねという言葉の意味としては「相手を気遣って遠慮すること」という意味合いを持っています。

私たち日本人は様々な場面で他人に対して気を使ったり気を配ったりしていることでも知られています。

それは外国と比べてかなり意識を高く持っていると捉えることのできます。

よく外国人が日本人はなぜ必要以上に謝ったり、すみませんという言葉を使ったりするのか理解できないという方が多いです。

私たち日本人にとっては本当に相手に悪いと思っていなくてもすみませんという言葉を使っていますし、いわゆるひとつの挨拶として使ったりしている部分もあるのですが外国人にとってはそれが理解できないのかもしれませんね。

もちろん本当の意味で相手に対して謝ったりする場合でも使われていますので、確かに必要以上に相手に対して謝ったりしているというのは一概に間違っていないとも思います。

またこれに関しても一つの日本人の文化として捉えることもできますので、私たちは常に様々な場面で相手に気を使って遠慮したり、気を配っているといえるのです。

だからこそそのような日本人の文化が生み出した言葉として「気兼ねなく」という言葉は気兼ねを無くすという意味なので、「相手を気遣って遠慮したりするようなことはしないでください」という意味で使用されているのです。

こうして考えてみると日本人の文化に沿った日本ならではの言葉なんだな、と考える事もできます。

他人の思惑に気を遣うこと

また気兼ねという言葉に関してはそれ以外にも別の意味を持っており、「他人の思惑に気を使うこと」という意味を持っています。

これに関しては先ほどご紹介した言葉とかなり似ている言葉であると捉えることができます。

若干ながらニュアンスが違う言葉ではありますが根本的な意味としては結局は相手に気を使わないで欲しい時に向けられる言葉になりますのでそこまで深く意味の違いを考える必要性はあまりありません。

使用される場面としては例えばあなたが会社員として自分の会社の営業を担当していたとします。

営業マンであれば当然ながら取引している会社であったり、まだ取引したことがない会社と商談をしたりすることもあると思います。

そのような時に取引をしている会社であれば相手の会社の担当の方から気兼ねなくという言葉を発せられるような場面もたくさんあると思いますし、初対面の会社の方からもお気兼ねなくという言葉を発せられる場合もあると思います。

ビジネスの場面においてはこのように様々な場面で使われる日常的に出てくる頻度の高い言葉であると考えることが出来ます。

もちろんお気兼ねなくと言われても人によっては相手に対してそのまま気遣った行動をするの方が多いと思いますが、一言枕詞にこのような言葉を添えてくれる方が相手とのコミュニケーションも取りやすくなりますし、相手に対して好感が持てるようにもなりますよね。

ちょっとした言葉遣いで相手に対して与える印象という物は変わってきますし、その後の対応に関してもまったく結果が変わってくるので、かならず覚えて頂きたい言葉のひとつになります。

気兼ねなくは「気兼ね+なく」

先ほどもご紹介する中で触れましたが、気兼ねなくという言葉に関しては「気兼ね+なく」という言葉によって形成されています。

つまり、(気兼ね)+なく(無く)という意味になるのです。

つまり気兼ねをしないでくださいね、という意味になります。

気兼ねが「相手を気遣って遠慮すること」という意味で、これを無くすので「相手を気遣って遠慮したりするようなことはしないでください」という意味になります。

こうして考えてみると難しい言葉の印象を持っていた方でもかなり簡単な言葉なんだな、と理解することが出来ると思います。

漢字が難しかったり、意味がわからなかったりするとどうしてもその言葉に関して苦手意識を持ってしまいがちになってしまうのですが、基本的の意味を理解しておけばそこまで難しく感じるようなことはあまりありません。

どのような言葉に関しても基本的な意味に様々な形がついて今回のように「なく」がついて反対の言葉の意味に変換されるというくらいしか変化はありませんので、基本的な意味を正しく理解して様々な言葉を理解しておけばきっと言葉の選択が豊富になり表現豊かな人間になる事ができるはずです。

これ以外にも様々なわからない言葉があると思いますが、色々知っておけば博識になれますよ。

気兼ねなくの意味


気兼ねなくという言葉が気兼ねという言葉になくという言葉がついて形成されているという事をご紹介しました。

ある程度基本的な意味を理解したところででも気兼ねなくという言葉の意味はどのような言葉に変換して考えたりすることが出来るのだろうか、と考えた時に様々な言葉が想像することができませ。

例えば気兼ねなくと言われた時には、私たちが一般的に使っているどのような言葉と共通した意味合いを持っているのかという風に、様々な言葉と結びつけて連動して考えることによって記憶により定着するようになりますし、意味を正しく理解して上手に言葉の選択を行うことができるようになります。

気づいてみれば日常的に気兼ねなくという言葉を使っていないからでも、間接的な意味として捉えればほぼ同じような言葉を使っていたということに気づけるはずです。

ではどのような意味を持っているのかということを改めて考えてみましょう。

気軽に

気兼ねなくという言葉の意味の1つとして「気軽に」という言葉の意味を持っています。

例えば先ほどご紹介したようにもしもあなたが営業マンで取引先の会社の方とあったりする場面があった時に気兼ねなくと言われた場合は、それは「気軽にしてくださいね」という意味を持っていると解釈することが出来るのです。

気兼ねなくの本来の意味は「相手を気遣って遠慮したりするようなことはしないでください」という意味です。

それと「気軽」を比べてみるとそこまで違和感なく受け取めることができるはずです。

なので私たちは普段気兼ねなくという言葉を使っていなかったとしても、相手に対して気軽にしてくださいね、という言葉を使っているのであればそれは気兼ねなくという言葉を使ってるのとほぼ等しいと考えて間違いありません。

難しい言葉なので使用しなかったりするだけで私達は普段同じような言葉をよく頻繁に使っているということがお分かりいただけたと思います。

気楽に

気兼ねなくという言葉の意味の1つとして「気楽に」という言葉の意味を持っています。

これに関してもそこまで難しく考える必要はなく、先ほどご紹介した「気軽に」という言葉と「気楽」という言葉はかなり似ている言葉なので、この時点でほぼ同じ意味を持っていると理解することができると思います。

緊張をしている場面などで気楽にしてくださいね、とよく言われたりするようなことがあると思いますが、気兼ねなくと言われている事と等しいと考えて間違いありません。

逆にもしも様々な場面であなたに対して緊張した面持ちで話をしたりしている姿を見かけた時には気楽にしてくださいねと一言相手に伝えることによって相手と良い関係を築くことが可能になると思います。

日常的に積極的に使用していただきたい相手に対しての気遣いの言葉であると捉えてください。

遠慮することなく

気兼ねなくという言葉の意味の1つとして「遠慮することなく」という言葉の意味を持っています。

これに関しては先ほどご紹介した「気兼ねなく」の言葉の代表的な意味を推察していただけるとすぐにお分かりいただけると思います。

様々な場面で私たちは相手に対して遠慮したりすると思いますが、そのような空気を察した場合には一言相手に対して声をかけてあげたりするひとつの礼儀のような言葉としても知られていると思います。

時と場合によっては遠慮することによってせっかくの時間が楽しくなくなってしまうこともあると思いますので、そのような時には遠慮せずに楽しんで欲しいという気持ちを真摯に伝えたい時に役立てる言葉でもあります。

気を張らずに

気兼ねなくという言葉の意味の1つとして「気を張らずに」という言葉の意味を持っています。

気を張るという言葉はなかなか使ったりする事がないかもしれませんが、一般的な意味合いとしては「気持ちを引き締める、心を奮い立たせる」という意味を持っています。

なので、緊張するような場面などでは自然と気を張ってしまいがちになってしまうのです。

このような時には一言気兼ねなくという言葉を使用すれば相手に対して「気持ちを引き締めなくてもいいですよ、心を奮い立たせなくてもいいですよ」というニュアンスとして伝えることが出来ます。

大抵の場合は緊張するという言葉と同じような状況だと考えた方がわかりやすいと思いますので、気を張らず=緊張しないで、という意味として解釈してみてください。

相手に配慮をする言葉

気兼ねなくという言葉の基本的な意味合いやそれに似た表現についてある程度理解いただいたところでこの言葉が相手に対して配慮している言葉であるということに気づいた方が多いはずです。

相手に対して配慮している言葉でありながら、その意味は相手に対して気を使わないでくださいという自分と相手で相反するような内容になっていますが、これは優しさでもあります。

多くの方がビジネスの場面でこのような言葉をかけられたことがあると思いますが、このような言葉をかけてくださる方は基本的に相手に対して優しい性格をしている人間であると捉えることができます。

もちろん形式張ったように言う方もいるかもしれませんが、基本的には相手のことを考えていなければこのような言葉は自然と出てくるわけがありませんので、これからもこの人とは良い関係を築いていきたいと思わせてくれるような言葉であると捉えることができます。

あなたは普段相手に対して何かしらの配慮を行っていますか?

相手に対して気を配るということはいちいち考えなければいけない面倒な事ととらえられがちかもしれませんが、相手に対して気を配っておけばそれはいつか自分に必ず帰ってきまし、このような行動をとることは自分にとって最終的に得になると考えることができます。

例えば相手に対して失礼な態度をとっていれば相手も当然気を悪くしますし、人によってはあなたと関わりたくないと思われて関係を断ち切られてしまう場合もあれば、この人とは表面上だけ仲良くしておこうと心の中でに限られてしまうようなこともあるかもしれません。

しかし相手にとって友好的な態度を取っていればこの人とは仲良くしたいと思ってくれる事もあれば、以前この人には優しくされたから自分も友好的に接してみようと思ってくれるかもしれません。

なので相手に対する配慮は自分に対する投資でもあるという事を忘れないでください。

思いやりのあらわれ

気兼ねなくという言葉はこちらの相手に対する思いやりの表れでもあるのです。

思いやりのある人間はそれだけで自然と人が寄ってきますし、人から好かれるようにもなります。

その反対に人に対して思いやりがない人間は人が離れていきますし、人から嫌われるようになってしまいます。

人から好かれるということはさまざまな面においてとても大切な能力の一つです。

言ってみれば一つの自分の特技と言っても過言ではないかもしれません。

社会人として活躍しており、ある程度の年齢を過ぎている方であれば十分分かっていると思いますが、人と人との関係というものはとても大切にしなければいけないことです。

思わぬところで人と人との関係が自分を大きく助けてくれたという経験をしたことがある方もいると思います。

それはその人との間に良い関係を築けているからであり、その人に対して思いやりを持って接しているからこそ助けてあげたい、力になってあげたいと思わせることができるのです。

このようにして人と人とのコネクションをたくさん築いていくという事はいつか自分が困った時に助けてもらえるような大切な関係性になります。

このような関係性を一つでも多く築いていきたいと思うのであれば身近で精子ている人間に対して必ず思いやりをもって接していかなければいけません。

思いやりはさまざまな面で相手に伝わるようになります。

それはこの気兼ねなくという言葉の一言で生まれるのかもしれません。

だからこそ私たちは常に言葉遣いであったり相手に対しての反応などをもっと気を付けていかなくてはいけないのです。

遠慮はいらないよという気持ち

ビジネスの面においてはあまり該当しないかもしれませんが、プライベートの人間関係においては遠慮するという事は時には仲良くなる距離を空けてしまう場合があります。

ビジネスの場面においては遠慮しなくていいですよと言われても、言葉だけ受け取りある程度立場などははっきりしておかなければいけませんので、完全に遠慮しないでいると逆に相手に対して失礼になってしまうこともあると思います。

なぜならば人によっては遠慮を嫌い人間が存在するからです。

そしてプライベートに関して相手と良い人間関係を築く際には遠慮ばかりしていては相手と仲良くなれないような場合もあるかもしれません。

気兼ねなくと言われた時には素直に気兼ねなく相手に接することによって相手との関係性や距離がグッと縮まることがあるかもしれません。

なので様々な場合や状況においてその言葉の本質を捉えて、自分はどのように行動すれば相手ともっと信頼関係を築くことができるのかということを全面に考えながら行動していく必要性があります。

しかしながら形式的な言葉として使われている可能性もありますので、相手と親密な関係になりたいと思った時にまだ相手と距離を詰めれていないのであれば徐々に距離を狭めていき最終的に気兼ねなく話せるような関係性になれるのがベストです。

捉え方が難しい言葉でもありますが、難しく考えずに相手に失礼な事だけはしないように気を付けておけば問題はないはずです。

主に目下の人に使う

気兼ねなくという言葉に関しては基本的な意味合いを理解しておけば分かりいただけると思いますが、必ず使う立場の人間と使われる立場の人間が存在しています。

これはどういうことかと言いますと、気兼ねなくという言葉を使う場合は基本的に目上の人間が目下の人間に対して使う言葉になります。

だからこそ先ほどご紹介したようにあなたが営業マンだったとして、これから営業に向かう会社の人間と対峙した時に、相手がこれから話を聞いてくださるお客様になりますので、営業マンに対して気兼ねなく、という言葉を使用しているのです。

もしもこれが逆になったと考えるとどうでしょうか。

もしも話を聞いてくださるお客様に対して営業マンが気兼ねなく、という言葉を使った場合は立場が逆転しており違和感を感じるとともに、お客様は営業マンに対して基本的な礼儀や気遣いも知らないのか、とあきれてしまいますよね。

そんな人間から商品を購入したくないと思われるのも無理はありませんので、かならず使う際には自分は使う立場の人間なのか、それとも使われる立場の人間なのかという事をきちんと考え上で使用する必要性があります。

それがわかっていないうちは絶対に使用してはいけない言葉なんだと注意してください。

️気兼ねなくの使い方

気兼ねもなくという言葉についてある程度理解いただいたところでここからは気兼ねなく使い方について詳しくご紹介していきたいと思います。

意味を理解しても言葉に関しては正しい使い方を身につけておかなければ意味がありません。

先ほどご紹介したように様々な立場が存在しているだけでに自分が使って本当に良い言葉だのかどうかということを理解した上で、正しい文章に組み合わせう必要性があります。

気兼ねなくという言葉のように立場がはっきりした状態で使用する言葉に関しては使い方を正しく理解しておかなければ危険な状況へ発展してしまう事もあります。

なので自分なりにどのように使えば良いのかということを踏まえながらこれからご紹介する気兼ねなくという言葉を使った例文を参考にしてみてください。

お気兼ねなく◯◯してください

まずはじめにご紹介する気兼ねなくの使い方としては「お気兼ねなく◯◯してください」という形の例文です。

お気兼ねなくは「気兼ねなく」という言葉を丁寧に言い換えたものなので、同じ意味として受け止めてください。

その上で◯◯してください、という組み合わせになっているという点に着目してみてください。

ではこの形式ではどのような例文が存在するのか、そしてどういう時に使われるべき言葉なのかという事を考えていきましょう。

手紙やメールなどでよく用いられる

この形式の例文に関しては基本的には口頭で相手に伝える場合もあれば、様々な形式的に使われる場合もあります。

例えば手紙やメールなどにおいてよく使用されたりすることが多い言葉にもなります。

手紙やメールなどで文章を書いたり入力したりしているときに、このような形式の例文を使ったりもしくは見たことがあったりする方はかなり多いはずです。

例えば状況の1つとしてはあなたが知り合いから何らかのプレゼントをもらったとします。

それがなかなか忙しかったので郵送で送られたと仮定して、そのプレゼントと一緒に手紙が入っていたという状況を考えてみてください。

そして手紙を見てみると手紙の最後の辺りに、「心ばかりの品をお送りいたします、どうぞお気兼ねなくお受け取り下さい」というような文章があったとします。

このようにして文章中に組み込んだりする場合があります。

意味としては遠慮なく受け取ってください、という意味として解釈すれば問題はないはずです。

お気兼ねなくご相談ください

次にご紹介する「お気兼ねなく◯◯してください」の形の例文は「お気兼ねなくご相談ください」です。

この文章の意味としては遠慮することなく相談してくださいという意味として捉えることができる言葉です。

一般的には何らかのお店なのに関してお客様が足を運んでくださった時に添えたりするような言葉としても知られています。

例えばあなたが服を買おうと思ってある洋服店に足を運んだと考えてみてください。

大抵の場合はその時に店員さんが声をかけてくれて、「何かお探しの服はありますか」という風に接客をしてくれると思います。

そのような時などに最後に一言「お気兼ねなくご相談ください」というような一言を添えてくれたりすることもあると思います。

もちろん洋服店だけでなくても様々なお店などで使われている言葉ですし、何か分からないことがあった時に電話で問い合わせたりする時のコールセンターの担当者の方もこのような言葉を使用して対応してくれたりする場合もあります。

なのでかなり幅広い面で使用することができる言葉と考えることができます。

お気兼ねなくお声がけください

次にご紹介する「お気兼ねなく◯◯してください」の形の例文は「お気兼ねなくお声がけください」です。

この文章の意味としては遠慮することなく声をかけてくださいという意味として捉えることができます。

この言葉に関しても様々なお店などで声をかけてくれる場合があると思います。

先ほどご紹介した洋服店に関してもこの世に言葉をかけてくれる方もいると思いますし、どうように様々なお店でこの言葉を使用してくれたりすることもあります。

比較的使用する場面が多い言葉でもありますので、身に着けておいて損はない言葉です。

お気兼ねなく話してください

次にご紹介する「お気兼ねなく◯◯してください」の形の例文は「お気兼ねなく話してください」です。

この文章の意味としては遠慮することなく話してくださいという意味として解釈できます。

この言葉を使用する状況としては相手の立場の差がある状況の中で自分に対して気を使うことなく話をしてください、という意味としてとらえられますので、何かしらの話を行う場合に用いられる言葉です。

例えば営業マンが話をする際に緊張している場合に、枕詞で一言相手に添えてあげたりするような場面で用いられる言葉です。

一言声をかけてあげるだけで相手に主導権を渡して話に集中させてあげる事が可能になります。

まさに相手の事を気遣った代表的な言葉の使い方だと考えることが出来ます。

気兼ねなく会える関係

次にご紹介する気兼ねなくという言葉を使った例文は「気兼ねなく会える関係」です。

この言葉の意味は「遠慮せずに会えるような関係」と考えることができます。

大抵の場合ひとりくらいは大切な友達が存在していると思いますが、そのような友達に対してばおそらくあまり必要以上に気を使ったり緊張したりすることはないと思います。

そのような友達に対して使える言葉として「気兼ねなく会える関係」が存在しています。

親友と会うのにいちいち心臓がドキドキするほど緊張したり、何を話せばいいのか…としどろもどろになったりするような関係性の親友はいませんよね。

親友とはその名前のとおり友達の中でもより親しい間柄の友達という意味を持っていますので、当然相手に対して気兼ねなく会うことができるはずです。

もちろん友達だけでなくても様々な立場の人間であったとしても気兼ねなく会えるならば使用できる言葉ですので、正しく使い方を理解しておいてください。

️気兼ねなくを正しく使おう

今回は気兼ねなくという言葉をテーマにして、気兼ねなくという言葉の意味や使い方をご紹介していきました。

気兼ねなくという言葉を知らなかった方はより詳しく言葉の意味が理解いただけたと思います。

日常生活においてもこの言葉を使用することができる場面はかなり多いことを実感していただけたと思いますので、相手に対する配慮をもっと身近なものだと考えた上で様々な場面で使用してみてください。

丁寧な言葉なのできっと相手からは好感を持ってもらえるはずですし、丁寧で気遣いのできる言葉遣いを身につけておけばきっと良い関係を築いていくことができるはずです。

相手から思いやってもらいたいと考えている方は、待つのではなく自分から進んで思いやりを分け与えてあげることでそれが自分に返ってくるということを知って、積極的に思いやりの言葉を使ってみてください。