CoCoSiA(ココシア)

気兼ねなくとはどういう意味?普段からできそうな使い方を紹介します!


私たちが普段使っている日本語はとても難しい言葉だと感じる瞬間があります。

生まれた時から私たちは日本語を使っていますのである程度の日本語については理解をしているのですが、普段日常的になかなか使うことがない日本語に関しては意味を理解するのが難しかったりする場合があります。

例えば日本語の中でもとても難しい漢字を用いているものもありますし、複雑な意味を持っている単語も存在しています。

なので何らかの形でその言葉を聞いた時に簡単に理解することができない場合が良く存在しているのです。

またそれ以外にも難しいと感じる瞬間は言葉の使い方にも存在しています。

例えば一般的にある程度意味を推測できそうな言葉であったとしても私たちが使っている日本語には様々な種類が存在しており、例えば敬語、謙譲語、尊敬語など幅広い種類が存在しているのも事実です。

このようにして様々な言葉も様々な形に変換していかなければより正しい言葉遣いをすることができません。

このようにして考えるといかに日本語が難しいのかということがお分かりいただけると思います。

外国人が日本語は難しいとぼやいている姿を見かけたりすることもあると思いますが、その大部分の理由としてはやはり先ほどご紹介した敬語などの種類の様々な使い分けが難しく感じているのが明らかです。

日本人でさえ難しいと感じてしまうのに外国人の方だったらさらに難しいと感じてしまうのは当然のことですよね。

ではそのような言葉の中の1つとして「気兼ねなく」という言葉が存在しています。

あなたはこの言葉について正しく意味や使い方などを理解していますか?
難しい言葉なので理解していない方もいると思いますのでもしもわからない場合はこの機会に気兼ねなくという言葉を正しく理解してみましょう。

この記事の目次

️気兼ねなくってどういうこと?

日常生活の中で気兼ねなくという言葉については時々聞いたりする場面もあると思います。

一般的にはかしこまった場なのでよく聞いたりすることがあると思いますが、なかなか社会経験が少ない形であったり年齢的にも幼い方についてはこの言葉を聞く機会は少ないと思います。

その逆にある程度年齢を重ねておりかしこまった場にも何度も遭遇しており、ビジネスの場面などにおいて活躍しているビジネスパーソンの方は聞いたことがよくあると思います。

ではこの言葉の意味について正しくあなたは説明することができますか?
たとえ聞いたことがある方でもよくわかっていない方が多いですし、なんとなく理解していても言葉にするのが難しかったりするのがこの言葉です。

正しく意味を理解するということは様々なコミュニケーションが可能になり、言葉の引き出しが増えてボキャブラリーも増えますので、人との会話が上手になります。

会話が上手になれば様々な場面で役に立ちますので有利な立場に身を置く事も可能になったりします。

なのでこの機会に気兼ねなくという言葉の意味をよく理解して引き出しを多くしてみてください。

気兼ねとは?

相手を気遣って遠慮すること


気兼ねなくという言葉について理解するためにはまず「気兼ね」という言葉を正しく理解しておかなければいけません。

気兼ねという言葉の意味としては「相手を気遣って遠慮すること」という意味合いを持っています。

私たち日本人は様々な場面で他人に対して気を使ったり気を配ったりしていることでも知られています。

それは外国と比べてかなり意識を高く持っていると捉えることのできます。

よく外国人が日本人はなぜ必要以上に謝ったり、すみませんという言葉を使ったりするのか理解できないという方が多いです。

私たち日本人にとっては本当に相手に悪いと思っていなくてもすみませんという言葉を使っていますし、いわゆるひとつの挨拶として使ったりしている部分もあるのですが外国人にとってはそれが理解できないのかもしれませんね。

もちろん本当の意味で相手に対して謝ったりする場合でも使われていますので、確かに必要以上に相手に対して謝ったりしているというのは一概に間違っていないとも思います。

またこれに関しても一つの日本人の文化として捉えることもできますので、私たちは常に様々な場面で相手に気を使って遠慮したり、気を配っているといえるのです。

だからこそそのような日本人の文化が生み出した言葉として「気兼ねなく」という言葉は気兼ねを無くすという意味なので、「相手を気遣って遠慮したりするようなことはしないでください」という意味で使用されているのです。

こうして考えてみると日本人の文化に沿った日本ならではの言葉なんだな、と考える事もできます。

他人の思惑に気を遣うこと

また気兼ねという言葉に関してはそれ以外にも別の意味を持っており、「他人の思惑に気を使うこと」という意味を持っています。

これに関しては先ほどご紹介した言葉とかなり似ている言葉であると捉えることができます。

若干ながらニュアンスが違う言葉ではありますが根本的な意味としては結局は相手に気を使わないで欲しい時に向けられる言葉になりますのでそこまで深く意味の違いを考える必要性はあまりありません。

使用される場面としては例えばあなたが会社員として自分の会社の営業を担当していたとします。

営業マンであれば当然ながら取引している会社であったり、まだ取引したことがない会社と商談をしたりすることもあると思います。

そのような時に取引をしている会社であれば相手の会社の担当の方から気兼ねなくという言葉を発せられるような場面もたくさんあると思いますし、初対面の会社の方からもお気兼ねなくという言葉を発せられる場合もあると思います。

ビジネスの場面においてはこのように様々な場面で使われる日常的に出てくる頻度の高い言葉であると考えることが出来ます。

もちろんお気兼ねなくと言われても人によっては相手に対してそのまま気遣った行動をするの方が多いと思いますが、一言枕詞にこのような言葉を添えてくれる方が相手とのコミュニケーションも取りやすくなりますし、相手に対して好感が持てるようにもなりますよね。

ちょっとした言葉遣いで相手に対して与える印象という物は変わってきますし、その後の対応に関してもまったく結果が変わってくるので、かならず覚えて頂きたい言葉のひとつになります。

気兼ねなくは「気兼ね+なく」

先ほどもご紹介する中で触れましたが、気兼ねなくという言葉に関しては「気兼ね+なく」という言葉によって形成されています。

つまり、(気兼ね)+なく(無く)という意味になるのです。

つまり気兼ねをしないでくださいね、という意味になります。

気兼ねが「相手を気遣って遠慮すること」という意味で、これを無くすので「相手を気遣って遠慮したりするようなことはしないでください」という意味になります。