CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

全部欲しがる人は全部を手に入らない!目標は絞るべき理由とは?


友人の中には、何でも欲しがる人がいます。

生まれながらなのか生きていく過程で、性格が変わってしまったのかは分かりません。

悪気がある訳でもないのですが、何かと目立ってしまうのです。

兄弟が多い家庭では、クリスマスのプレゼントを親からもらっても、それぞれの子供に分けて用意したのに、それもこれも欲しいと欲しがる子供もいるのです。

親がどれだけ言い含めても駄々をこねて聞く耳を持たないのです。

長男や長女が見るに見かねて仲を取り持つのです。

ある意味、何でも欲しがる性格というのは、分別がつかない子ども感覚と同じようです。

全部欲しがる性格の人は、夕食のバイキングの時の様子を観察してもよく分かります。

子供の分も合わせて、あらゆる種類の料理を集めてきます。

食べ切れる量の料理を皿に入れるというよりは、全ての料理を集めて食べてみたいという気持ちなのでしょう。

案の定、食べ切れずに料理が残ったままなのです。

その他の人の食べ方を観察しても、食べれる分量の料理をいろいろとできるだけたくさん皿に盛りつけている人も多いのです。

やはり、全部の料理を食べてみたいという気持ちの表れです。

全部欲しがる気持ちそのままなのです。

これは、人間の欲望そのもので、決して卑しい心ではないのです。

生きていくために必要な欲望でもあるからです。

しかし、欲が強い人というのは、自分さえ良ければよいという気持ちが強く、すぐに行動できる性格であることが特徴でもあります。

また、他人とすぐに比べたくなる性格で、負けることが嫌いな完璧主義者でもあるのです。

我慢することが苦手で、みんなとペースを合わせるのも得意ではないのです。

では、全部欲しがる人とはどんな人かを考えてみました。

全部欲しがる人ってどんな人?

全部欲しがる人って、独占欲が強い人なのですか?

独占欲が強いと言うことは、自分の欲求のままに動く自分勝手な人なのです。

他人のことは考えないのです。

他人の迷惑は理解できないのです。

あれが欲しいと思いだすと、それを自分の意志で抑えることができないのです。

そして迷惑なことは、他人のモノでも興味が湧いて欲しいと強く思うと、強引に奪ってしまうこともあるのです。

モノであればすぐに返すこともできますが、他人の彼女を強引に奪ってしまうことがあれば犯罪にもなりかねません。

このように、全部欲しがる人の特徴をまとめてみました。

欲深い人。

全部欲しがることは、簡単に言うと欲深い人です。

欲張りとも呼びます。

しかし、モノだけでなく自分に足らない知識や能力を欲しがる人は、上昇志向が強い前向きな人でもあるのです。

知識や能力を手に入れると、仕事や信頼も手に入れて、お金や地位、素敵な女性さえも手に入れることも可能なのです。

このように、自分の不足しているスキルを貪欲に追い求める欲深さは良いのですが、単に目の前のモノを欲しいというだけで手に入れるのは困ったものです。

あれもこれも欲してしまう。

何か一つを横取りすると、それ以外のあれもこれもと次々に欲張ってしまうのです。

例えば、あなたの職場にお得意様から旬の果物が箱で届くと、みんなで平等に分けるのが常識ですが、欲張りな人は先に良いものを選別して、美味しそうなモノだけを集めて自分の分だと取るのです。

残りをみんなで分けるのですが、果物が嫌いな人の分や傷がついたものは除いておいて、何とか理由をつけて自分のモノにしてしまうのです。

周りの人も、その人の性格をよく知っているので、あえて意見を言って角が立たないように配慮して譲るのです。

しかし、このようなことを繰り返していると、その人は単なる欲張りであって、自分たちの味方や助けにはならないと周りの人が判断すると、あまり信頼もされず評価も悪くなります。

でも、欲張りな人はそれが判らないようです。

全部を欲しがっても手には入らない。

何事も、全部を欲しがっても全てが手に入ることはないのです。

その理由は、欲しいものが同じようなところにまとまっているのであれば良いのですが、現実的には欲しいものはあちこちに分散しているはずです。

それらを精力的に動き回って集めることは至難の技なのです。

ただし、時間をかけてゆっくりと集めることができるようなモノでは、全てを手にれることもできます。

若い時に欲しかったモノを、年をとるごとに手に入れていき、やがて老いぼれてしまう時に、最後の欲しかったものを手に入れて満足することもあります。

でも、自分のモノにすることができたという達成感だけで、老いてしまっていれば利用することも叶わないケースが多いようです。

ページトップ