よく耳にする言葉ではあるものの正確な意味を知らなかったり使い方がわからなかったりする言葉ってありますよね。

「補足」もそのひとつではないでしょうか?なんとなく意味は分かるけれど…どんな時にどう使うのが的確なのか?

また「捕捉」とはどう違うのか?など、補足について掘り下げてみたいと思います。

補足とは?

そもそも「補足」という漢字は「補う(おぎなう)」と「足す(たす)」という漢字が結びついていることから「足りないところを補うこと」という意味があります。

似ている言葉としては「付加」「追加」「補充」があり、もともと存在する物事に何かをプラスするという意味合いで使われる言葉です。

補足の意味とは?

「補足」の意味は大きく分けて2つあります。

微妙なニュアンスの違いがあるので両方とも覚えておくと正しい使い方ができます。

つけたして補うこと

足りない部分を埋めることで、何かを改善することができるという意味があります。

「足」という文字には「十分にある」「足りる」という意味があるので、あるものに何かをつけたして補うことでより優れたものにするという意味あいを含んでいます。

例えば「補足資料」という言葉がありますが、これは元々あった資料に足りない点があったので、そこを補うために作られた資料ということです。

不十分な部分をつけたすこと


今のままでは不十分なものに何かを補うことで完全なものにすることです。

例えば「言葉が足りなかったので補足します」という言葉があります。

自分の気持ちを伝えたい時や何かについて説明をする場面では、一回で完璧に終えることができないシチュエーションがありますが、それでは終われない時に使える便利な言葉です。

またネットの知恵袋など質問サイトで答えを書き込む際にも、一度書き込んだ答えに対して「前の方の補足になりますが…」というフレーズがよく見られます。

補足と捕捉の違い

間違えやすいのが読み方が同じである「補足」と「捕捉」です。

「補足」の「補」はしめすへんで、何かを補ったりつけ足したりするという意味があります。

「捕捉」の「捕」はてへんで、何かを捕まえたりとらえたりするという意味があります。

捕捉はとらえること

「捕」という漢字は「逮捕」という言葉にも使われているように「とらえる」「追いかけてつかまえる」という意味を持っています。

「捉」という漢字も同じように「とらえる」「つかまえる」という意味があります。

このように同じ意味を持つ漢字を重ねることで意味が強調されるので、「捕捉」はよりしっかりと捕まえること、捉えて放さないという意味合いがあります。

使い方としては「犯人はすぐに捕捉された」「レーダーが戦闘機を捕捉した」などの緊迫した場面が多いので、あまり私達の日常生活には密着していない言葉かもしれませんね。

大人がよく使う言葉

「補足」は一般的によく使われる言葉ですが、なかなかうまく使いこなす自信がないという方は例文と一緒に意味を理解してサラッと使えるようにしましょう。

1.言葉足らずなところを補足する


様々な場面で使えるフレーズです。

例えば質問をされて自分なりに完璧な答えを出したにもかかわらず相手がイマイチ理解していないと感じた時に「言葉足らずだったので補足させてください」と言って納得いくまで説明することができます。

またパートナーや友達とケンカをした時なども使えるフレーズです。

ケンカをするとなかなか素直になれなくて本当に思っていることを伝えることができないものですが、クールダウンするとそれを後悔することもありますよね。

そんな時は「言葉が足りなかったかもしれないから補足させて」と言ってから素直な気持ちを伝えると大人っぽい対応になります。

2.足りない分を別の場所から補足する

空いている部分や足りていない部分を埋めることです。

不足分を補うことですが、わかりやすいのはSUICAの「チャージ」や「詰め替え用のシャンプー」ですね。

また「不足している栄養をサプリメントで補足する」など「補充」や「補給」「補填(ほてん)」と同じ意味で使われることが多いです。

もう少し難しい言葉では「充填(じゅうてん)する」という表現も同じ意味になるので、大人のたしなみとして覚えておきましょう。

3.説明を補足する

説明が不十分だった場合にその箇所について追加で説明することです。

「補足説明」という熟語としてもよく使われています。

例えばフリマアプリやオークションに商品を出品した時に、最初の投稿で書き忘れたことがあれば、詳細に説明を補足したり画像を追加することで補足をすることがあります。

大人っぽい表現をするなら「それによって相手がよりわかりやすくなるような状況を整えるための行動」となります。

4.質問に補足する

ネットを利用して疑問を解決しようと専用サイトに質問をすることがありますが、書き忘れたことがあった場合に後から文章を追加する時に使います。

また回答に対して新しい疑問が生まれた時にさらに別の質問をすることは「補足質問」になり、少々ニュアンスが違います。

5.書類の補足情報

既に作成された書類に足りない部分を見つけた場合につけ加えるのが「補足情報」です。

そもそも「補足」という言葉は「補う」「足す」という言葉を堅苦しくした言い方なので「補足情報」は説明書や会議、契約時などオフィシャルな書面や場面で使われる言葉です。

本題ではなく難しい用語の説明や、プライバシーポリシーなどが補足情報として記載されている場合が多いです。

6.補足給付

国が行っている生活保護の中に「補足給付」があります。

施設に入居している障害者や介護施設に入居している低所得者の生計を助けるために、生活費を軽減することを目的として支給されるのが「補足給付」です。

収入に応じてそれぞれ金額は違いますが、毎月生活費として使えるお金が手元に残るように金額が設定されています。

身近に該当する人がいる場合は耳にする機会もありますが、普段は見慣れないのでなかなか使いこなすことが難しいでしょう。

しかし日本の医療保障制度の不十分さや貧困などの社会問題は社会人としての常識となるので、覚えておいて損はない言葉でしょう。

7.補足文書

本題の内容に関する追加の情報を提供するのが「補足文書」です。

ネット上で契約をする際によく使われる補足文書には、著名が必要な文書に添付されている「利用規約」「開示条件」「同意を求める文書」などがあります。

しかし補足と言ってもただ付け足される文書ではなく、それがなければ契約するためには不十分といえる文書でもあります。

8.補足事項

マニュアルや説明書などに最後に記載されていることが多い「補足事項」は、本文内の※印が付いているワードの説明文が記されています。

また取扱説明書内に変更があった場合や直接製品とは関係ないサポートについて記載している場合が多いです。

9.補足オプション

ネット検索をした時に検索ワードに関連した広告サイトが上部に表示されますが、広告の下には様々なオプションが表示されています。

yahoo!で表示されている広告オプションは、電話番号が表示されている「電話番号オプション」、青い文字で表示されていてクリックするだけでそのサイトに飛ぶことができる「クイックリンクオプション」、そして20文字前後でサイトのアピールが表示されているのが「テキスト補足オプション」です。

広告だけでは十分なアピールができなかった場合に言葉を付け足すことができるので、よりクリック率が上がるという効果が期待できます。

10.言語補足

翻訳ソフトなどでシステム化されている言語以外を使用する場合には他の言語で置き換えられますが、その時に使われるのが「言語補足機能」です。

例えば英語と日本語にしか対応していないソフトで翻訳する時に、テキスト内にそれ以外の言語が含まれていた場合は「言語補足機能」を使うことで対象言語が英語か日本語に変換することができます。

11.補足コンテンツ

「コンテンツ」というのは日本語で言うと「内容」「中身」という意味です。

中身と言っても冷蔵庫やカバンの中身を「コンテンツ」と言うことはなく、サイト内やDVDなどに含まれている情報の内容のことです。

よく耳にするのは「コンテンツが充実している」というフレーズですが、これはサイト内で提供されている情報の内容が充実しているという意味です。

「補足コンテンツ」はすでに提供されているコンテンツの内容に付け足すコンテンツの意味です。

スマホなどをアップデートする際に追加されるコンテンツも「補足コンテンツ」になります。

12.追記補足

「追記」と「補足」は同じ意味のようで微妙にニュアンスが違います。

「追記」は本文中に書き漏らしたことを本文を書き終わった最後に書き足すことです。

それに対して「補足」は足りないところを補うということです。

ブログやサイト上の文章をアップしてから、後日その内容に付け足しをしたい場合に「追記補足」とします。

手紙を書く時の「追伸」とよく似た意味ですね。

13.補足ですが~

前に説明した事柄に対して付け加えたいことがある場合に使うことができる言葉です。

例えば「補足ですが、先ほどの説明は現時点での決定事項になります」など、直接内容には関係ないことを付け加える場合が多いです。

「補足ですが~」と同じ意味として使える接続詞には「ちなみに」「「ついでながら」などがあります。

14.何かの補足に~

「何かの足しになれば」という言葉がありますが、これは不足分を補うという意味があります。

しかし「足しになる」物が食べ物やお金の場合に使われるフレーズなので、なんとなく上から目線のイメージが強く不愉快な気分になる可能性もあるので、あまりビジネスシーンではおすすめできません。

文書や説明に物足りなさを感じて補足した方が良い部分を指摘する時は「何かの補足になれば良いけれど」という言葉を付け足すことで、上からではなく親切なアドバイスをするというニュアンスで伝えることができます。

15.もう少し補足~

説明文書や投稿によく使われる文章ですが、まだ伝えたいことがある場合に「もう少し補足させていただくと~」という始まり文句を使うとスムーズです。

また説明を聞いた側が納得することができなかった場合に「わからない!」ではなく「もう少し補足が欲しい」と要求すると大人らしい対応になります。

16.補足していただく

自分の説明や主張に対して何か足りないことがあれば補足してもらいたいという意見を丁寧に言うと「補足していただく」になります。

未熟な部分は自己解決ではなく経験が豊富な上司や先輩などに意見を聞くのが一番効率が良い方法です。

「足りない所があれば補足していただきたいのですが」と下から聞いてみる方が気分良く教えてくれる確率が上がりそうですね。

17.自分を補足

自分自身に足りないところがあるけれど何かがプラスされればよりニーズがある人物になれるという場合に、その「何か」を今の自分に補足することです。

向上心があるのは素晴らしい事ですが「◯◯ができれば俺はもっと出世するに違いない!」と豪語するよりも「◯◯が足りない自分を補足する必要がある」と表現した方が謙虚で好感度が高くなるでしょう。

18.もっと補足

補足では足りない場合、つまり補足の補足ということです。

時と場合によっては内容そのものではなく補足の方が重要になるケースもあります。

例えばマニュアルに書かれている単語の意味が専門的過ぎてわからない時は補足を参考にしますが、その補足事項にも記載されていない場合は「もっと補足で◯◯の情報をください」ということになります。

19.補足的努力

「努力は必ず報われる」と言いますが、現実にはどんなに努力をしても報われない努力もあります。

しかし正しいやり方で必要な時間をかけて十分に努力をすれば不可能が可能になる場合もあります。

ひと口に努力と言ってもストレートな努力と違う角度から行う努力など様々なやり方がありますが、メインの努力を補うための努力を「補足的努力」と言います。

簡単なようで難しく、しかも重要なキーポイントになる場合もあるので、必ずしも「補足」には留まらないこともあるでしょう。

まとめ

「補足」という言葉にはこれだけの使い方があります。

知っているようで知らない「補足」という言葉について大人らしく使いこなせるように、是非参考にしてみてくださいね。