CoCoSiA(ココシア)

イートインとは何?食べれる食事やおすすめイートインがあるスポットを紹介!


あなたは生きている中で何をしている瞬間が一番楽しいですか?

この答えにはたくさんの答えが存在していると思います。

例えば好きな人と一緒に過ごしている時間が好きだと答える方もいると思いますし、仕事が休みの日にゆっくりと二度寝をしている時が一番幸せだと感じてる方がいるかもしれません。

そして忘れてはならないのは三大欲求の一つでもある食欲を満たしている時、つまり美味しいものを食べている時などを答える方もいると思います。

私たちは日々生きるためにたくさんの食べ物を食べていると思いますが、美味しいものを食べている時ってとても幸せな気分になりますよね。

自宅で出てくるような家庭料理が大好きだと答える方もいると思いますし、外食をして美味しいものを食べるのが好きだという方も多いと思います。

なので食べ歩きが趣味という方もたくさん存在していると思いますが、あなたには自分なりにおすすめのお店は存在していますか?

食事をすることができるお店と言っても様々な種類の料理が存在しており、お店も様々な形式やスタイルが存在しています。

そんな中でイートインという言葉を聞いたことがある方はたくさんいると思います。

今回はイートインをテーマにしてイートインで食べることができる食事やおすすめのイートインがあるスポットについてご紹介していきたいと思います。

イートインって何?和製英語?

あなたはイートインで食事をしたことがありますか?

おそらく年齢関係なく大部分の方がイートインで食事をした経験があると思いますが、人によってはイートインという言葉がどういう意味を持っているのかよくわかっていない方がいるかもしれませんね。

そもそもイートインという言葉は英語なのかそれとも和製英語なのか悩んでしまう方がいると思います。

英語でありそうに感じるようでないような言葉なので迷ってしまう方がいるのも無理はありません。

実はイートインという言葉は和製英語として知られており、英語圏で使用したとしても意味は伝わらない言葉になります。

実はこのような和製英語はかなり存在しており、一般的に知られている言葉の一つにデッドヒートという言葉が存在しています。

デッドヒートという言葉は一般的には激しい競り合いを見せた試合の様子を表している言葉として使われているのですが、本来のデッドヒートという言葉の英語の意味に関しては「同着、単独の勝者のいないこと」という意味を持っています。

なので日本で使われている言葉の意味では通じない場合もあるということです。

なので外国人に話す時にはイートインという言葉は使わないようにしなければいけません。

イートインの基礎基本


イートインという言葉は和製英語であるという事で、外国人に使わないようにしなければいけないという事をご紹介しましたが、そもそもイートインという言葉の意味が分からなければ使いようもありませんよね。

しかしイートインは私たちの身近に存在しているものになります。

なので早ければ比較的幼い年齢の時から誰しもが経験していてもおかしくない存在になっています。

例えば私たちが毎日人によっては利用しているコンビニエンスストア、そして行きつけのファーストフード店、そして百貨店の食品売り場などでもあるデパ地下などに存在しているものになります。

こうして考えてみるとイートインという言葉がどういう意味を持っているのかあるけど推測することができるようになってきたと思います。

では具体的にどういう意味を持っているのか詳しくを紹介していきます。

意味

イートインという言葉が持っている意味としては「飲食店で買った食料品をその店内で食べること」を指し示している言葉となります。

なので私たちが一般的に購入している食料品などをそのままその場所ですぐに食べることができる場所のことを指し示しているのです。

例えば一般的にファーストフード店といえばハンバーガー屋さんなどが想像されやすいと思います。

私たちはハンバーガー屋さんに行けばそこで食べたいハンバーガーを注文して店内で食事をする場合、ハンバーガーができたらそれを持って任意の席に座って食事を行いますよね。

これがまさにイートインという言葉が指し示している状況になるのです。

同様にデパ地下なのでも魅力的なお弁当や総菜などがたくさん販売されていると思います。

これらを購入してすぐに席がある場所に移動してそのまま買ったお弁当屋お惣菜などを食べたりしているお客さんを見たりすることが多いと思います。

そしてコンビニエンスストアに関してですが、本来コンビニエンスストアに関しては店内で食事をするスペースなどはなかったのですが、最近は一部のコンビニエンスストアにそのまま商品を購入してカフェのように使ってもらえるような構造になっているお店が増えてきました。

コンビニエンスストアの主力の商品であるコーヒーなどが販売されていることもあり、ちょっとした休憩にコンビニエンスストアを利用したりするお客さんがたくさん存在していますので、このような使い方も現代においては広く浸透している利用方法と認識されています。

使い方

イートインという言葉の意味を理解いただいたところで、さらに知っていただきたいのはイートインという言葉の使い方です。

この使い方がもしも間違ってしまっていると、恥ずかしい状況になってしまいますのでなるべく正しい使い方に関しても理解していただくようにしてもらえればイートインという言葉をマスターしていただけると思います。

イートインという言葉を実際に日常会話で話す内容で例文にしてご紹介していきたいと思います。

例えば「お腹減ったからどこかでご飯食べない?」→「じゃあそこのデパ地下のイートインでご飯しない?」などが一般的に使用されるような例となります。

それ以外にも
「そこの店ってイートインスペースあったっけ?」→「あるよ、そこでご飯食べる?」

「現代においては飲食に全く関係のないお店でもイートインできる場所を設置しており、まるでファーストフード店のように気軽に足を運ぶことができるようになっている」などの例文が考えられます。

イートインという言葉の意味を正しく理解しておけばそこまで使い方などは難しくありません。

日常生活なのでも気軽に使っていただける言葉の表現方法になりますので、改めて理解いただいた方は日常生活で積極的に使ってみてください。

対義語

イートインという言葉の意味を考えた時に、人によってはこの言葉から反対の言葉を連想することができる方がいるかもしれません。