あなたは生きている中で何をしている瞬間が一番楽しいですか?

この答えにはたくさんの答えが存在していると思います。

例えば好きな人と一緒に過ごしている時間が好きだと答える方もいると思いますし、仕事が休みの日にゆっくりと二度寝をしている時が一番幸せだと感じてる方がいるかもしれません。

そして忘れてはならないのは三大欲求の一つでもある食欲を満たしている時、つまり美味しいものを食べている時などを答える方もいると思います。

私たちは日々生きるためにたくさんの食べ物を食べていると思いますが、美味しいものを食べている時ってとても幸せな気分になりますよね。

自宅で出てくるような家庭料理が大好きだと答える方もいると思いますし、外食をして美味しいものを食べるのが好きだという方も多いと思います。

なので食べ歩きが趣味という方もたくさん存在していると思いますが、あなたには自分なりにおすすめのお店は存在していますか?

食事をすることができるお店と言っても様々な種類の料理が存在しており、お店も様々な形式やスタイルが存在しています。

そんな中でイートインという言葉を聞いたことがある方はたくさんいると思います。

今回はイートインをテーマにしてイートインで食べることができる食事やおすすめのイートインがあるスポットについてご紹介していきたいと思います。

イートインって何?和製英語?

あなたはイートインで食事をしたことがありますか?

おそらく年齢関係なく大部分の方がイートインで食事をした経験があると思いますが、人によってはイートインという言葉がどういう意味を持っているのかよくわかっていない方がいるかもしれませんね。

そもそもイートインという言葉は英語なのかそれとも和製英語なのか悩んでしまう方がいると思います。

英語でありそうに感じるようでないような言葉なので迷ってしまう方がいるのも無理はありません。

実はイートインという言葉は和製英語として知られており、英語圏で使用したとしても意味は伝わらない言葉になります。

実はこのような和製英語はかなり存在しており、一般的に知られている言葉の一つにデッドヒートという言葉が存在しています。

デッドヒートという言葉は一般的には激しい競り合いを見せた試合の様子を表している言葉として使われているのですが、本来のデッドヒートという言葉の英語の意味に関しては「同着、単独の勝者のいないこと」という意味を持っています。

なので日本で使われている言葉の意味では通じない場合もあるということです。

なので外国人に話す時にはイートインという言葉は使わないようにしなければいけません。

イートインの基礎基本


イートインという言葉は和製英語であるという事で、外国人に使わないようにしなければいけないという事をご紹介しましたが、そもそもイートインという言葉の意味が分からなければ使いようもありませんよね。

しかしイートインは私たちの身近に存在しているものになります。

なので早ければ比較的幼い年齢の時から誰しもが経験していてもおかしくない存在になっています。

例えば私たちが毎日人によっては利用しているコンビニエンスストア、そして行きつけのファーストフード店、そして百貨店の食品売り場などでもあるデパ地下などに存在しているものになります。

こうして考えてみるとイートインという言葉がどういう意味を持っているのかあるけど推測することができるようになってきたと思います。

では具体的にどういう意味を持っているのか詳しくを紹介していきます。

意味

イートインという言葉が持っている意味としては「飲食店で買った食料品をその店内で食べること」を指し示している言葉となります。

なので私たちが一般的に購入している食料品などをそのままその場所ですぐに食べることができる場所のことを指し示しているのです。

例えば一般的にファーストフード店といえばハンバーガー屋さんなどが想像されやすいと思います。

私たちはハンバーガー屋さんに行けばそこで食べたいハンバーガーを注文して店内で食事をする場合、ハンバーガーができたらそれを持って任意の席に座って食事を行いますよね。

これがまさにイートインという言葉が指し示している状況になるのです。

同様にデパ地下なのでも魅力的なお弁当や総菜などがたくさん販売されていると思います。

これらを購入してすぐに席がある場所に移動してそのまま買ったお弁当屋お惣菜などを食べたりしているお客さんを見たりすることが多いと思います。

そしてコンビニエンスストアに関してですが、本来コンビニエンスストアに関しては店内で食事をするスペースなどはなかったのですが、最近は一部のコンビニエンスストアにそのまま商品を購入してカフェのように使ってもらえるような構造になっているお店が増えてきました。

コンビニエンスストアの主力の商品であるコーヒーなどが販売されていることもあり、ちょっとした休憩にコンビニエンスストアを利用したりするお客さんがたくさん存在していますので、このような使い方も現代においては広く浸透している利用方法と認識されています。

使い方

イートインという言葉の意味を理解いただいたところで、さらに知っていただきたいのはイートインという言葉の使い方です。

この使い方がもしも間違ってしまっていると、恥ずかしい状況になってしまいますのでなるべく正しい使い方に関しても理解していただくようにしてもらえればイートインという言葉をマスターしていただけると思います。

イートインという言葉を実際に日常会話で話す内容で例文にしてご紹介していきたいと思います。

例えば「お腹減ったからどこかでご飯食べない?」→「じゃあそこのデパ地下のイートインでご飯しない?」などが一般的に使用されるような例となります。

それ以外にも
「そこの店ってイートインスペースあったっけ?」→「あるよ、そこでご飯食べる?」

「現代においては飲食に全く関係のないお店でもイートインできる場所を設置しており、まるでファーストフード店のように気軽に足を運ぶことができるようになっている」などの例文が考えられます。

イートインという言葉の意味を正しく理解しておけばそこまで使い方などは難しくありません。

日常生活なのでも気軽に使っていただける言葉の表現方法になりますので、改めて理解いただいた方は日常生活で積極的に使ってみてください。

対義語

イートインという言葉の意味を考えた時に、人によってはこの言葉から反対の言葉を連想することができる方がいるかもしれません。

これまでにイートインを利用したことがある方ならば一度は必ず発したことがあるような言葉になります。

どのような言葉なのかあなたはピンときましたか?
イートインという言葉をより知って頂くために一緒に考えていきましょう。

テイクアウト


イートインという言葉の持っている意味は「飲食店で買った食料品をその店内で食べること」という意味です。

ではこの反対の言葉の意味を考えた時に、考えられるのは「飲食店で買った食料品を店内以外で食べる事」という意味になりますね。

このようにして考えてみるとある単語が思い浮かぶと思います。

例えばハンバーガー屋さんなどでハンバーガーを注文する際に必ず店員さんが店内でお召し上がりですか、それともお持ち帰りですか?と聞いてくれると思います。

店内で食べることがイートインだとすれば、商品を持ち帰って食べるという事は「テイクアウト」という言葉で表現することが出来ますね。

誰しもが一度くらいは仕事で疲れて家に帰って料理を作るのがめんどくさいという場合などに食料品などをテイクアウトした経験があると思います。

まさにこれがイートインという言葉の対義語に値すると考えることができます。

イートインができる代表的なお店

ここまではイートインという言葉の基本的な知識についてご紹介していきました。

ある程度イートインという言葉を理解いただいたところで、ここからはイートインすることができる代表的なお店についてご紹介していきたいと思います。

これまでたくさんの方がイートインできるお店で商品を購入したことがあると思います。

これからご紹介するお店の中には実際に利用したことがあるようなお店もあると思いますし、まだ行ったことがないようなお店も見つかるはずです。

しかし、たくさんのお店が存在している中で、各店それぞれの主力商品であったり、一押しの商品、そしてお店の魅力などは全く違っています。

なのでまだ足を運んだ事がないようなお店があった場合はそのお店に足を運ぶきっかけにしていただけると幸いです。

たくさんのお店に足を運んで、自分に合ったおいしい商品を見付けていただくと、今よりももっと毎日の食事が楽しいものに変化すると思います。

いつも同じものを食べているという方は新しい気づきを得るチャンスを逃してしまっているので、新しいおいしさを感じるきっかけとして有効活用してください。

ファーストフード店

まずはじめにご紹介するイートインすることができる代表的なお店はファーストフード店です。

ファーストフード店は私たちの身近に存在しているイートインすることができる代表的なお店であり現実たくさんの方が利用していることでも知られています。

ファーストフード店の特徴といえばやはり早い、安い、うまいの三拍子になると思います。

どうしても社会人として日々活動している方の大多数が時間に追われている事が多いです。

時間に追われている立場の人間からすればファーストフード店はすぐに商品を提供してくれて食べることもできるので重宝している方もたくさん存在しているのです。

それでいてファーストフード店の提供してくれる商品はとても美味しいものがたくさんありますので、利用している方の中には毎日ほぼ利用しているという方もしばしば存在しています。

なので今や社会人として活躍している方の絶大なる支持を得ているお店と言っても過言ではありません。

ではファーストフード店にはどのようなお店が存在しているのか具体的にご紹介していきます。

マクドナルド

イートインすることができる代表的なファーストフード店としてマクドナルドが存在しています。

マクドナルドはアメリカ合衆国イリノイ州に本部が存在している世界的なファーストフードチェーンストアはとして知られています。

ファーストフードといえばマクドナルドというくらい日本においても知名度が限りなく高いお店としても知られています。

日常生活の中でマクドナルドを利用した経験がないという方はほぼいないと思います。

マクドナルドは食べたことがある方ならわかると思いますが、一度マクドナルドを食べたいと思ってしまうとどうしても食べたくなってしまうような中毒性が存在しています。

それだけマクドナルドには魅力的な商品がたくさん存在しています。

特にマクドナルドの中でもたくさんの方から人気が存在しており、絶対に外さない商品として「てりやきマックバーガー」があります。

てりやきマックバーガーは日本人なら誰もが大好きなハンバーガーの種類です。

そもそも、てりやき自体が日本で発祥した味付けであるという事も人気の由来となっています。

日本人だからこそてりやきの味がより魅力的に感じるようになっているのも人気の理由のひとつです。

そしてそれ以外にもマクドナルドの魅力はコストパフォーマンスの高さです。

ハンバーガー自体がかなり低価格で販売されており、一番安いものに関しては100円支払うことでハンバーガーが一つ購入することができます。

特に朝の時間帯に販売されているソーセージマフィンなどは価格の割にかなり美味しいという事でも知られており絶大な人気を誇っています。

まさにファーストフード店を語るならばマクドナルドは絶対に外すことができない存在であると断言することができます。

すき家

次にご紹介するイートインすることができる代表的なファーストフード店はすき家です。

すき家はゼンショーホールディングスの傘下であるすき家本部が運営する牛丼チェーン店です。

すき家に関してもマクドナルドと同じくらい高い知名度が存在しており、たくさんの方が利用しているファストフード店として知られています。

牛丼チェーン店に関しては複数存在していますがその中でもすき家は一番店舗数が多い牛丼チェーン店として知られており、日本国内店舗に関しては現在1956店舗の展開を行っています。

なので学校や会社の帰り道や周辺などにすき家があるという方はたくさん該当するはずです。

お腹が減ってしまった時には低価格の料金でボリュームのある牛丼を味わうことができるので、ついつい足を運んでしまいがちになると思います。

すき家の魅力の一つとしてはまず商品のラインナップの多さです。

沢山の牛丼チェーン店がある中でその豊富なメニューに関してはナンバーワンと言っても過言ではありません。

一般的な牛丼はもちろんのこと、季節に沿った限定のメニューなども展開しており、現在であれば和牛すき焼き丼、カレー南蛮牛丼、さんま蒲焼丼、さんま牛などが存在しています。

それ以外にも豚丼、ネギキムチ牛丼、ねぎ玉牛丼、とろーり三種のチーズ牛丼、おろしポン酢牛丼、高菜明太マヨ牛丼、わさび山かけ牛丼、鰹節オクラ牛丼などのラインナップの多さを見ていただければ毎回どれにしようか迷ってしまう楽しみもあります。

どうしても牛丼となると同じような味になってしまいがちですが、これほどラインナップがあれば毎回違う味を楽しむことができますので、毎日足を運んでも違った料理を楽しんでいるような感覚で食事を楽しむことが出来ます。

またもう一つの魅力としてはやはりコストパフォーマンスの高さが魅力であり、大盛りを頼んでも600円程度で楽しむことが出来ますので、一日のご飯だいなどもそれほど負担がかかりません。

一般的な定食屋にいくと700.800円程度はすぐにかかってしまいますが、すき家なら節約しながらボリュームたっぷりな牛丼を味わえますよ。