新作の音楽や映画が発表されると、これはどのジャンルに相当するとか分類されているようです。

そして、ジャンルと聞いても、単に分類されていることは分かりますが、どのようなジャンルがあるのか、そしてこのジャンルの作品の特徴が何なのかは、およそのことしか分かりません。

音楽に詳しくないわたしとしては、ポピュラー音楽通の友人に尋ねてみました。

すると、半分わたしをバカにしたような目で見下して、ため息交じりに教えてくれたのです。

古くはワルツから始まり、アメリカで黒人が酒場で弾くピアノ音楽のラグタイム、テンポのいいボサノバ、激しく踊りながら歌うロックンロール、その他ファンク、レゲエ、テクノ、R&Bなど、この程度は常識だよ!と突き放されました。

なるほどと思いながら、これが人気音楽のジャンルかと納得したのでした。

では、クラシック音楽もジャンルごとに分かれているのではと思い、これは自分で調べてみました。

すると、まずは演奏形態で4つのジャンルに分かれています。

①管弦楽曲、②室内楽曲、③器楽曲、④声楽曲、です。

さらにこれらのジャンルは分かれているのです。

①の管弦楽曲とは、管弦楽団(オーケストラ)が演奏する曲で、交響曲と協奏曲、その他に分かれています。

同様に、②~④のジャンルもいろいろと分かれていますが、長くなるので割愛させていただきます。

このように、ジャンルという言葉はよく耳にするのですが、最近は増えてしまって全体像は多くて複雑なのです。

ジャンルとは?

ジャンルの語源はフランス語で、芸術作品を形式や内容で分類した時の呼称です。

例えば、絵画であれば、人物画、風景画、静物画、風俗画などのジャンルに分かれます。

文芸であれば、叙事詩、抒情詩、戯曲、小説などのジャンルがあります。

部門

部門とは、全体を何かの目的別に分割しただけのものです。

例えば企業の組織では、製造部門、営業部門、経理部門などに分割しています。

企業においては目的を達成するために、組織的に効率よく活動ができるように、部門に分けているのです。

そして、部門の中でも、それぞれの役割分担を明確にした部署や係ができています。

国際的な映画の名誉であるアカデミー賞でいうと、部門別に主なものでは①作品賞、②監督賞、③主演男優賞、④主演女優賞、⑤脚本賞、その他の賞に分かれているのです。

種類

ジャンルとは、ある意味では種類と理解してもよいでしょう。

種類の意味は、ある基準で見た時に、性質や形態、目的が似通っているものを抜き出して、それらを集めたものが同じ種類と呼ぶのです。

例えば、夏に収穫される旬の野菜(夏野菜)を基準に考えると、キュウリ、ナス、トマト、オクラ、ピーマン、ゴーヤ、ニラ・・・などです。

これらは夏野菜の種類なのです。

それらの中でも、食べる部位の種類に分けると、①葉菜類、②果菜類、③根菜類、などに分けられるのです。

このように、季節によって収穫される種類があって、さらに食べる部位によって種類分けされて、さらには栄養や色彩など、いろんな基準で種類は分けられるのです。

芸術作品を様式や内容によって区分する


基本的な考え方は、たくさんの芸術作品を何らかの基準で区別する必要に迫られて、ジャンルという表現を考えたのです。

しかし、現実的には芸術表現は極めて多様化しており、複数のジャンルにまたがっていたり、テーマとしてはジャンルが決まっていないような新規な作品も多くなりました。

芸術作品を様式や内容によって明確に区分するのが困難になってきたようです。

具体的な使い方

では、ジャンルを具体的に使う時は、どのような時でしょう。

ジャンルをしめる

新人の人気作家の小説は、戦時中に特攻隊として飛行機で戦場に散った、おじいさんのことを中心に描いた家族の生きざまの小説です。

この中では、おじいさんの戦争に対する怒りと自分の考えだけではどうにもならない運命、残した子供のこと、家族のことを死ぬまで思い続けていたのです。

そして、わずかの青春と熱愛、国への忠誠、戦友との友情、最後の覚悟など、生々しく描かれています。

こんな小説は単なる戦時中の時代小説というだけでなく、実話に基づく歴史小説、恋愛小説でもあり、友情や教育(生き方)の小説でもあるのです。

いろんなジャンルをしめた小説といえます。

ジャンルを意味する

この女流小説家は、国籍や地域、民族やイデオロギーに捕らわれない斬新な小説を書いている。

この小説の内容から判断すると、彼女の小説はこれまでにないジャンルを意味している。

ジャンルに於ける

音楽といっても無限といってもいいくらい、いろんな音楽があります。

世界を見渡すと、楽器というものだけでも数えきれません。

まあ音がでれば楽器ですかね?

そんなことよりも、ポピュラー音楽の作曲家を目指す友人が、新曲を披露してくれた。

これはフォークか?それともソウルか?それともジャズか?

どんなジャンルの曲なんだと聞いたところ、ジャンルに於ける区別はできない曲で、自分でもまだ決めていないとのことでした。

まあ、自分だけで楽しんでいればいいのかなあと思ったのでした。

テーマとは?

テーマというと頭によぎるのは、卒業論文のテーマです。

卒業するためには、必ず卒業論文を提出しなければなりません。

アルバイトに精を出し過ぎて、じっくりと勉強していなかった学生は、先生に貼りついて論文テーマのアドバイスを受けたことでしょう。

中には、これをテーマに論文を書きたいと決めていて、資料や情報をコツコツ集めていた学生もいます。

学生のつわものは、同級生の彼女にテーマを決めてもらっただけでなく、ちゃっかりと書くのも手伝ってもらっていたそうです。

途中で論文を書くのが難しくなり、テーマを変更したり、他人の論文を検索して真似て書いてみたりと、テーマについては苦しめられたのではないでしょうか?

社会人になっても、アルバイト先でも、「顧客満足度を上げる対策」とか「利益を上げる方法」とかというテーマをもらって、もんなで議論したことはありませんか?

「なんでバイトごときで、利益を上げることを考える必要があるんだ!」「それより時給を上げるテーマに変えてくれ!」と心で思ったのです。

テーマとよく間違えられるのは「タイトル」です。

タイトルとは、表題や題名のことで、映画や音楽、本のタイトルとして表示されます。

テーマは具体的な行動や考え方を表現したもので、作者の意図や考え方が表示されているものです。

行動や創作などの基調となる考え

テーマとは、行動や創作などの基調となる考えのことです。

上で説明したタイトルとの違いでも分かる通り、具体的な行動や創作という思考の方法論を指し示すものなのです。

例えば、「婚活」というタイトルでみんなで意見交換する時に、婚活だけでは何から話ししたらよいのか分かりません。

そんな時に、「婚活ーお見合いの注意点」と意見交換のテーマを添えておくと、参加者もすぐに話しができるのです。

もっとテーマを考えると、「婚活ー初めてのデートの場所」とか、「婚活ー気に入られる化粧の仕方」など、いろいろと出てきます。

ここでいう「お見合いの注意点」「初めてのデートの場所」「気に入られる化粧の仕方」がテーマになるのです。

行動や創作などの基調となる考えを意味します。

小説、映画、音楽の主題

小説や映画、音楽に絵画など、芸術全般で言えることは、何ごとも始める前にテーマを決めておくのです。

特に小説や映画などストーリーが表現できるものでは、テーマを決めることが重要です。

作品の方向性を決めるテーマの設定は、非常に重要なのです。

創作途中で作品の方向がぶれていないかを確認するためにも、テーマは大切な要素だからです。

近い将来に目を向けて、その時にこの小説や映画がどのように評価をしてもらえるか、そのためにどんな工夫をしておけば良いのかを明確にするのもテーマなのです。

小説や映画、音楽の主題と言えるものです。

論文の題目


テーマとしてすぐに思い浮かぶのは、卒業論文のテーマです。

大学を卒業した人なら、避けては通れない道です。

卒業が近づくと、卒業論文の提出期限も近づいて、まだテーマも決まっていない時には焦ってしまいます。

卒業論文の一番の問題は、書くこと自体よりもテーマ(題目)を決めることです。

悩んだあげくにテーマを決めると、あとは以外にスラスラと書くことができるのです。

まあ、書くしかないのですが。

テーマで多いのは、自分が講義を受けているゼミのテーマの延長であったり、そのゼミでもっと知りたいとか疑問に思ったことをテーマに上げると、決めやすいのではないでしょうか?

そのものの内容

テーマそのものの内容を表現した施設が人気です。

いうまでもなく、人気のテーマパークです。

最近では、全国各地にできています。

代表格は関東のディズニーランドと関西のUSJですね。

施設の中には、いろいろなアトラクションが満載で、それらもみんなテーマに沿った趣向なのです。

テーマの具体的な使い方

テーマは、作者の行動や創作などの基調となる考え方が現れているのですが、そのテーマを頭に置いて小説も映画も作品を見ることが必要です。

映画鑑賞が終わってしばらくしてから、ふとしたことからその映画のテーマを思いだして、何気なく見ていたあのシーンはそういう意味があったのかと、あとで感心することもあります。

テーマとは、作者の考え方を示した大事な命なのです。

テーマを追加する

作品を創作していると、このテーマでは自分の考え方をうまく表現できないと感じることもあります。

もっと踏み込んだ作品に仕上げたいと考えると、やはりテーマを追加する必要に迫られます。

こんな時には、テーマを追加するのです。

この作品のテーマは素晴らしい

展示している絵画の作品に興味が湧いて、ジッと作品ばかりを眺めて感動していました。

色使いや濃淡、絵の構図などに関心を持ったのですが、作品の下に書いてあるテーマを見た時に、作者の意図するところを知りました。

それを知ってから絵画を鑑賞すると、先ほどまでの感覚とは異なる感動を受けたのです。

この作品のテーマは素晴らしいと感じたのです。

カテゴリとは?

カテゴリの語源はギリシャ語で、物事を性質で分類する時の区分を意味します。

部類

部類とは、種類によって区別した時のひとつです。

例えば、「自分が通っている大学のサッカー部の実力は、関東地区のベスト10の部類に位置する」などと使います。

単に、強豪チームを実力別に部類に分けただけです。

分類

分類とは、何かをその種類や性質、系統別に同類のものをまとめたものです。

部類も分類も広義ではカテゴリと同じ意味になります。

事柄の性質を区分すること

カテゴリとは、事柄の性質を区分することです。

日本語で言うと難しい漢字ですが「範疇(はんちゅう)」と訳されます。

具体的な使い方

例えば、イチゴやリンゴは、どちらも果物なので、「果物」というカテゴリーに属するのです。

新規カテゴリを作成する

今までにない斬新な作品作りにチャレンジし、自分にとって新規カテゴリを作成する。

既存のカテゴリに固執しない作品作りに期待されます。

カテゴリ別に区別する

自分が進むべき道を、カテゴリ別に区分して、新たな目標を設定して努力していくべきです。

タイトルとは?

タイトルとは、二つの大きな意味があります。

一つは、本や映画、音楽などの題名のことです。

もう一つは、スポーツやその他の競技で、チャンピオンに与えられる栄冠や資格のことです。

チャンピオンになるとタイトルを獲得とか表現します。

本、映画、絵画、音楽の題名

本を選んだり映画を見に行くときには、そのタイトルを見て興味のあるものを選びます。

絵画や音楽もそうです。

それらが、どのような内容なのかをタイトルで判断するのです。

スポーツなどのタイトル

よく目にするのは、ボクシングのタイトル戦です。

チャンピオンベルトを狙って、試合をするのです。

チャンピオンが勝てば、タイトル防衛となるのです。

タイトルとは、チャンピオンである資格や権利のことなのです。

具体的な使い方

タイトルを使う具体的な事例を書きます。

タイトルマッチが行われる

新人で無敗の若手の有望選手が、ベテランのチャンピオンに挑戦します。

本日は、タイトルマッチが行われるのです。

タイトルの名前順に並べる

今年のアカデミー賞にノミネートされている作品を、名前順に並べて見れば、今年の映画の傾向が見えてきます。

まとめ

ジャンルという言葉は、本や音楽、映画などを様式や内容別に区分したものです。

それぞれの区分の中でもさらに細かく分かれて分類されています。

ジャンルが様式や内容によって分けられるのに対して、性質で区分するのがカテゴリです。

例えば、小説で言えばSF小説や恋愛小説、ミステリー小説、推理小説などのジャンルがあります。

それらの小説の中から、短編、中編、長編小説のカテゴリ別に区分もできます。

タイトルとは、それらの本の題名でおよそどのような内容かが判断できます。

テーマとは、それらの小説はどのような視点から描いたものかを示したものです。

ジャンル、カテゴリ、タイトル、テーマと似通った使い方をしますが、その違いは以上のようです。

本や音楽、映画のジャンルといっても、非常にたくさん存在します。

調べてみると、音楽の世界のジャンルは新しいジャンルが続々増え続けており、音楽関係者も手を焼いています。

あるネットの集計では1387にも及んでいるとか。

それは例えばロックのジャンルでも、その中では細かく区分されて行くからだそうです。

簡単には、ジャンルは説明できない時代になったようです。