CoCoSiA(ココシア)

ヘタレな人の18個の特徴


私たちは生きていると様々な人間と出会っていきます。

そして様々な人間と出会うことによってその人間ごとに様々な人間関係を形成していきます。

例えば一般的に考えて身近な人間関係といえば家族を想像することができます。

そしてさらに近い関係性の人間を考えた時に、親友、友達、恋人などが思い浮べることが出来ると思います。

そして同級生、職場の同僚、先輩、後輩、上司、知り合い…などの人間関係が存在すると思います。

そのようなたくさんの人間と出会いたくさんの人間関係を結んでいく事によって相手の性格であったり考え方、人間性などが垣間見えてくるようになると思います。

たくさんの人間と出会えば出会うほどそれが分かるようになってくると思いますが、見かける人間に時々この人ヘタレだなぁと思うような人が存在する可能性があります。

ヘタレとは一般的に情けない人のことを指し示している言葉になりますが、あなたの身近にヘタレだと思うような人はいませんか?

一般的に考えて危害を加えられる危険性などはない存在になりますが、性格が良くてヘタレな人もいますが、性格が悪い上にヘタレな人間も存在しています。

なるべくであれば自分の周りにそのような人はいて欲しくないですよね。

特に女性の方に関しては付き合う男性がヘタレだったりすると、どうしても相手のことを嫌いになってしまったり、頼りにできなくて別れたいと思うようになってしまう可能性があります。

そこで今回はヘタレな人をテーマにして、ヘタレな人の特徴をご紹介していきたいと思います。

ヘタレな人に要注意!しっかり見極めよう

世の中にはたくさんの人間が存在していますので、意外とよく相手の事を観察してみるとヘタレな人間は結構身近に存在している可能性が高いです。

女性の方でよく確認しておかなければいけないのは付き合う男性がヘタレではないのかどうかしっかり見極める必要性があるということです。

ヘタレの人間が必ずしも人間性が悪いとは言えませんが、どうしてもヘタレな人間は頼りにできないですし、いざという時に自分を助けてくれない可能性もあります。

本来であれば男性は女性のことを守ってあげなければいけない立場に存在しています。

力も弱くか弱い存在である女性を守るために男性は力を身につけているのですが、ヘタレの男性は女性を守るということをせずに自分の身を守るということを優先してしまいがちになります。

なかなか自分の考え方であったり行動力というものは変えることは難しいので、ヘタレの人はそのまま変わらずに生きていてしまう可能性がとても高いのです。

なので必ず付き合ってる相手を選ぶ際にはヘタレの男性ではなくて、しっかりとした頼りがいのある男性を選ばなければ自分が後悔してしまう可能性や、傷つく可能性もあります。

人生は長いとはいえ有限です。

なるべくであれば良い人と巡り合って結婚したいと思うのが当たり前ですよね。

なので事前に付き合う前に相手の特徴や行動などからへたれな人間であるかどうかということを予め判断しておけばそのような人間と付き合う可能性は低くなります。

ヘタレな人間と付き合うと必ずしも幸せになれないというわけではありませんが、あらかじめ定めておくことに損をするような事はありません。

ヘタレな人に共通する特徴18個


これまでの人生でヘタレな人間と付き合ってしまった可能性がある方は要注意しなければいけません。

なぜならばその時にどうしてヘタレな人と付き合ってしまったのか自己分析して気を付けるようにしていない場合は同じ恋愛を繰り返してしまう可能性があるからです。

二度ある事は三度あるように、ヘタレな人と毎回付き合っていると感じている人はヘタレな人を選んでしまいやすくなっている可能性があります。

なのでこれまでの恋愛でヘタレな人とばかり付き合ってきたという方は自分がなぜヘタレな人と付き合ってしまったのかということをよく考えて、どうすればヘタレな人間と付き合わずに済むのかということをよく学ばなければいけません。

そこで何かしらのヒントを得ることが出来れば今後恋愛をする時にヘタレな人間を選ぶ可能性というのはぐっと下がるようになります。

それと同様に今後付き合う男性でヘタレな人間と付き合いたくないと思っている方は、これからご紹介するへたれな人に共通する特徴を学んでおけば、なるべくヘタレな人間と付き合う可能性を下げることができます。

特に恋愛に対してこれまで失敗したことがないという方でもある程度記憶に留めていただければ一つの判断基準になると思いますので、この機会に学んでください。

武勇伝を語りだす

まずはじめにご紹介するヘタレな人に共通する特徴としては武勇伝を語りだすということです。

これはどういうことかと言いますと、これまでの人生で居酒屋などでお酒を飲んでいる時に一緒に飲んでいる男性が自分の過去の武勇伝を語りだしたりした経験を持っている方はいませんか?

この経験をしたことがある方は十分お分かりいただけると思いますが、そのような話をされたところで全く面白くありませんし、空気が悪くなってしまいますよね。

大抵の場合が昔血の気が盛んで喧嘩をたくさんしただの、こんな悪いことを俺はしてやったんだぜというような話がメインになります。

特に面白くない話を延々とされても全くそのまま盛り上がりませんし、大抵の場合が単純に自慢したいだけで話にオチがあるわけでもないので、面倒な人間だと判断されてしまいがちになります。

このように自分のことをアピールしてくる人間に限って、周りからもてはやされたりすごいと言われたいだけの寂しがり屋な人間なので、実際はヘタレな場合が多いです。

ある程度の年齢になれば過去の行いなどに関してむしろ恥ずかしいと思うのが一般的ですが、このような話をして恰好を付けている人はまだ思考が子どものような場合が多かったりするので、このような方と付き合っても自分の事を中心に考えて相手の事を気遣ったりしない場合が多いので注意してください。

声が張れない


次にご紹介するヘタレな人に共通する特徴としては声が張れない場合です。

過去に付き合ってきた男性の中で声が張れない男性と付き合ったことはありませんか?

人によってはどういう意味なのかわからないと感じる方もいるかもしれませんが、例えば一般的に考えられる場面として、お店に行った時に店員さんを呼んだりする時に声を発したりすることがありますよね。

大抵の場合が飲食店などに行った時に店員さんに注文する時に店員を呼んだりする場面だと思いますが、この時に声が張れない男性はこのような事が出来ない可能性があるという事です。

意味がわからないと感じる方がいるかもしれませんが、実際に現実に存在しています。

このような男性は基本的に恥ずかしがりであり、自分に自信がなかったりする場合が多いです。

しかし、たったこれだけの事に恥ずかしさを感じるような男性と一緒にいると一般的な生活をしている場面で困ってしまうと思いませんか?

必ず後々、付き合っている事を後悔してしまう可能性がありますので、これが出来ない男性との恋愛はちょっと考えた方が良いかもしれません。