CoCoSiA(ココシア)

ヘタレな人の18個の特徴(続き2)

優しいフリして自分の意見がない

次にご紹介するヘタレな人に共通する特徴としては優しいフリして自分の意見がないということです。

これはかなり多く該当する可能性があると思いますが、例えば一緒にデートする時に何をするのかということだったり、飲食店に入ろうとした時にどんな飲食店が良いのかということを話したりする場面などで、どこでも好きなところでいいよと自分の意見を譲ってくれるような素振りを見せながら、実は考えることが面倒くさかったり、自分自身で何かしらの意見を持っていない人が該当します。

一度くらいは誰しも経験したことがあると思いますが、一見すると優しそうに見えますが何でもかんでもこちらが考えなければいけないので一緒にいると疲れてしまいます。

最初のうちは良いかもしれませんが、ある程度継続してこれが行われると自分で決めてほしいと思うようになっていきます。

なので毎回決断する時にストレスに感じるようになってしまい恋愛が楽しくなくなってしまう可能性があります。

一般的に考えて女性は男性に引っ張ってほしいと思っています。

なのに決断してくれなかったり、自分の意見をもっていないという事は女性からしてみればがっかりですよね。

きちんと前もって付き合う段階で相手は自分の意見やこだわりを持っている人間なのかどうか判断するようにしてください。

責任を負わない

次にご紹介するヘタレな人に共通する特徴としては責任は負わないということです。

これはどういうことかと言いますと付き合っている親密な関係性であるにも関わらず、自分自身の悩みであったり、将来的なことについて話し合おうとしてもそれについて自分は関与していないと自分の責任を一切負わないような姿勢を見せたりするような場合です。

いくら自分自身に関係がないことだとしても自分の親密な関係性である人間にまつわることを知らんぷりするというのはあまりにも冷たすぎる考え方ですし、相手の気持ちを全くをもっていない行為になります。

このような言動や行動をとるような人間はいざ自分に危険な状況が迫ってくると一目散に逃げ出してしまう可能性があります。

常日頃から何に関しても自分自身の事と思って相談に乗ってくれたり、困った事があった時に助けてくれたりするような人間は本当の意味で相手の事を思って行動してくれている人間なはずです。

なので責任を負うという事を嫌ったり、面倒くさい事をしないようにする姿勢を見せる人間は距離を空けた方が良いかもしれません。

影でしか物が言えない

次にご紹介するヘタレな人に共通する特徴としては陰でしか物が言えないということです。

日本人は結構このタイプが多いと思いますが、本人の目の前では言えないくせに影では偉そうに文句を言ったりするような人間が良く存在しています。

このタイプは男性の中でも一番カッコ悪いタイプになります。

文句があるのであれば正面から相手に伝えれば改善するはずなのに、それを恐れて影でしか物が言えないような人間は完全にヘタレな人間です。

そういう人間に限って相手によって態度を変えたり、相手が言いやすいタイプの人間だった場合はお構いなしに暴言罵倒などを行ったりする可能性があります。

どちらにしてもそれを知っている人間からしてみれば臆病な人間でしかありませんので、人を見て判断するような人間と一緒にいるとこちらまでストレスが溜まってしまったり、情けなくなってしまいますので、注意しましょう。

ネット上でしか威張らない

次にご紹介するヘタレな人に共通する特徴としてはネット上で威張らないということです。

これはなかなか公言していないと分からない事でもありますが、人間の中にはインターネット上の匿名の掲示板などでしか威張ったりすることができないような人間が存在しています。

インターネット上では匿名で好きな発言をすることが可能になりますので、ある程度に貼った発言であったり相手を罵ったりするような発言をしても違法性に問われなかったり、個人を特定することができないので好き放題してしまうような人間がいます。

本来の性格は大人しく、現実では絶対に言えないくせにインターネット上に関しては威張り散らして自分を主張しようとするのはまさに情けない行為です。

本人は日頃の鬱憤をインターネットで晴らしているつもりになっているかもしれませんが、
あからさまに他人から見てみれば可哀想な行為でしかありません。

このようなことを日常的に行っている人間は少し正確的にも問題がある可能性もありますので注意しなければいけません。

なんでも楽しようとする

次にご紹介するヘタレな人に共通する特徴としてはなんでも楽をしようとするということです。

人生を生きてるとたくさんの経験を誰もがすると思います。

そしてたくさんの経験の中には楽しいことや幸せなこと、それ以外にも辛いことや苦しいことがたくさん待ち受けています。

本来であれば私たち人間は楽しいことは幸せなことだけを経験したいと思いますが、そんなことは不可能な話です。

しかし見方を変えることによって、辛いことや苦しいことをたくさん経験した方が自分の経験値が増えて、様々な広い視野を持つことが可能になりますし、失敗をして学ぶことができればスキルアップにもつながります。

なので私たちが生きていく上で辛いことや苦しいことはこんなに必要なことでもあるのです。

しかしそのようなことを楽をしようとして切り抜けたり、すぐに人に頼ったりするような人間がいますが、このようなことをしていても自分のスキルを伸ばすこともできませんし、自分の問題解決能力を養うこともできません。

何に関しても楽をしようとするような人間は努力をすることを嫌って何も行動できないような人間である可能性が高いです。

このような人間と親密な関係性を築いたところで、必ず自分が後悔をしてしまうことになりますので、なんでも楽をしようとする人間性を垣間見た場合は注意してください。

口だけ・嘘つき

次にご紹介するヘタレな人に共通する特徴としては口だけ・嘘つきな人です。

あなたの周りにもなんでもかんでも口だけだったり、話してる内容が全て嘘だったりするような人はいませんか?

このような人がかなり多く存在しています。

特に口だけの人間というのは探してみれば必ず自分の身近にひとりくらいはいるはずです。

特に自己顕示欲が高かったり、自分の力を誇示したい人ほど口だけだったりする場合が多いです。

そこにもしも実力や行動が伴っているのであればある程度その人に関する考え方は違うのかもしれませんが、口だけの人の場合はその名前の通り口だけの人間なので行動や実力が伴っていないのです。

このような人間に関しては信頼性は皆無になりますし、そもそもあまり関わりたいと思われないような存在になります。

こんな人間と付き合ったところで必ず行動しない部分にストレスを感じて良い関係性を築くことはできなくなります。