皆さんは、ベビーフェイスと言うとどのようなお顔をイメージするでしょうか?

プロレスが好きな人であれば、善玉役のプロレスラーを想像するのかもしれませんね。

ですが、多くの場合は容姿が童顔であったり幼い顔である人を指すことが多いです。

皆さんは、ベイビーフェイスでしょうか?著者は、童顔だと言われることがよくありますが、本来のベビーフェイスの定義の中には入りきらず、そこまで童顔では無いのかもしれません。

確かに、童顔と言うと若く見られることが多くて女性にしては嬉しいことが多いです。

ただ、ベビーフェイスの人は必ずしもメリットばかりを享受しているわけではなさそうです。

では、そんなベビーフェイスの特徴などを色々と見ていきましょう。

ベビーフェイスって意外とモテるんです!

男女問わず、どちらかと言うと若い良い方がモテる傾向にあります。

ですので、ベビーフェイスの方は若く見られることが多く、やはり今の日本においては若い人のほうが圧倒的に人気ですので、モテる人が多いです。

ですので、そのような人がモテやすいっていうのは納得がいきますね。

著者も先ほど童顔だと言う事はいましたが、最近は家に引きこもっていることと、外に出ても子供と一緒に歩いていることが多く、持てると言う事には程遠くなりました。

著者の場合はそのような残念な童顔の人ですが、比較的童顔の人のほうがかわいいと言われることが多いようです。

ですので、童顔な人、つまりベビーフェイスの人がモテるのは非常に自然なことかもしれませんね。

特に、女性であれば男性は若く見える人を好む傾向にあるので、非常に有利です。

ベビーフェイスってどんな顔?


では、先ほども何度も触れているベビーフェイスですが、どんな顔のことを指すのでしょうか?
では、そのベビーフェイスの特徴色々と見ていきましょう。

赤ちゃんのようで可愛い♡

基本的に赤ちゃんのようで可愛い顔の人ベビーフェイスでいます。

ただこのベビーフェイスと言うのもどういう定義かがわかりにくいところがありますね。

ではどのような定義があるのかと言うと、基本的におでこが広く、目が顔の下にある状態だと可愛く見えるようです。

著者も、とある美術の授業の時に聞いたのですが、もし、かわいい動物や赤ちゃんの絵を描こうと思ったらおでこを広く、目が顔の下側に来るようにすると可愛く見えるのでそうすると良いと言われました。

それは人間が本能的にそのように目が下のほうにある状態のものをかわいいと思うように本能が組み込まれていると言うのです。

ですので、基本的におでこが広く顔のパーツが下になるように目がある状態の人のことをベイビーフェイスいます。

とにかく愛される!

もちろん中には子供が嫌いと言う人もいますが、基本的に子供や赤ちゃんて言うと愛されるべき存在、守るべき存在です。

ですので基本的に人間の本能にはそのような赤ちゃんのような容姿の人をかわいいと思う傾向にあるのです。

ですので、そのようなベビーフェイスの人はとにかく愛される傾向にあります。

やはり人間の本能に根ざしているところがあるので、余程子供嫌いとか赤ちゃん嫌いって言うことでない限りはたいていは愛される存在になります。

容姿という先天的なものだけで愛される存在になるというのはうらやましい限りですね。

もちろんPTOをがあるので必ずしもできるとは限りませんが、もしかしたら女性であれば化粧次第ではこのベビーフェイスに近づけるかもしれませんよ。

冠婚葬祭の時に派手なメイクをすると良くないという事もありますので難しい時もありますが、普段の仕事やデートの時にはそのようなメイクをしてみるのもありです。

ベビーフェイスな人の特徴


このように、いろいろな特徴があるベビーフェイスですが、もう少し掘り下げてベビーフェイスの人の特徴を見ていきましょう。

確かに先ほど目の位置について触れましたが、このことについてももちろんあるのですがそれ以外にもベビーフェイスな人には特徴があります。

では、そのベビーフェイスの人の特徴についてもう少し掘り下げて見ていきましょう。

丸顔

ベビーフェイスの人はどちらかと言うと、シャープな顔と言うよりかは丸顔であることが多いです。

著者は2人子供を育てていて、赤ちゃん時代から幼い女の子を見ていますが、やはり小さい子は多くの子が丸顔の子が多いです。

小さい子ながらシャープな顔と言う子はなかなかいません。

ですので、そのような顔がかわいいと思わせるようなところがあるのです。

そして、今上の子が小学校5年生ですが、やはり年少の頃に比べると年長になる頃には顔がシャープになっていき、小学校の中学年位でさらに顔がシャープになってきます。

そして、今小学校5年生ですが、もうほとんど大人顔負けと言うような感じになってきていて、だんだんと大人の女性に近づいています。

このような過程を経て、だんだんと孫の顔からシャープになっていくのですが、ベビーフェイスの方は成長してもずっと丸顔である傾向にあるようです。

目がパッチリ大きい

基本的にベビーフェイスの種は目がパッチリとしていて大きい傾向にあります。

中には目が気になる切れ長と言うタイプの人もいますが、そのような人は大体大人びて見えますので、ベビーフェイスのような幼い感じに見える人は目がパチリとしていて大きい傾向にあります。

ただ目に関して言うと、アイメイクで大分カバーができるところがありますので、もし目をパッチリ大きく見せたいって言うことであれば、そのようなメイク方法でその見せることができます。

ですので、もともとの顔の形が円形と言うことであればもしかしたらbabyフェイスな容姿にいっぽ近づきるかもしれません。

白く、きれいな肌

やはりベビーフェイスの方となると肌質のことは外せません。

確かに顔のパーツが童顔に見える人はいますが、肌がきれいな状態でなければベビーフェイス独特のかわいい雰囲気がうまく出ないことがあります。

きれいな肌に関しては課題が大きいところがありますが、スキンケアはもちろんですが、どうしてもしつこい吹き出物などは皮膚科にかかるという手もあります。

ベビーフェイスを目指している人はさっそく取り入れてみましょう。

ショートやボブも似合う!

基本的にショートやボブとなると、きれいな卵形の人であれば似合う傾向にあります。

円形の人もショートヘアも似合いますね。

ですので、そのような髪型を積極的に取り入れるようなことが出来るのもベビーフェイスの人の特徴です。

とは言っても、髪質の問題があるので髪が非常に固いと言うことであれば爆発してしまうことがあるのでなかなかチャレンジできないかもしれませんが、髪質特に心配がないと言うことであれば積極的にショートやボブにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

もしかしたら新しい自分が発見できるかもしれませんよ。

前髪パッツンスタイルも

著者も髪質からそうしているのですが前髪ぱっつんスタイルも問題なくできます。

このような髪型にすると、少々若く見えるというか幼く見えるところがありますが、ベビーフェイスの方だとそれが特に不自然になることもなく実現することができるのが魅力の1つです。

このように見ていると、ベビーフェイスの人はいろいろな髪型が似合う傾向にありますね。

ただ著者の場合もそうですが、あまりに童顔に見えて悩んでしまうと言うことであれば、この前髪ぱっつんスタイルは案外向かないところがあります。

若く見られるところがありますので、もしそれで悩んでいると言うことであればむしろ前髪ぱっつんではないヘアスタイルを取り入れた方がいいかもしれませんね。

おでこが広く、顎が小さい

先ほども目のパーツが下にある方が可愛く見えるって言う話をしましたが、要するにおでこが広いとそう見えます。

さらに赤ちゃんを見ていて思うのですが、顎が小さいところもあり、そのようなところがより可愛く見える傾向にあるのです。

やはり赤ちゃんを見ているとほとんどの子がそのような感じです。

上の子は、小学5年生になってきたのでおでこの広さはそこまで広くなくなってきましたが7歳の下の子はまだまだおでこの方が広く、目が顔全体で言うと下の位置にあります。

そして顎が小さいところもあり、幼い感じがして可愛く見えるのはやはり下の子です。

(ただ上の子もだいぶお姉さんらしくなってきているので、下の子が可愛く上の子が可愛くないと言うわけではないんですよ。^^;)

顔のパーツが全体的に下

先ほども触れたように、目が下の位置にあると言うの話をしましたが、顔の全体的に下にある方がよりベビーフェイスに見えるところがあります。

確かにおじいちゃんおばあちゃんでも非常に性格が可愛いと言うことで、介護施設で働く方がおじいちゃんおばあちゃんがすごくかわいいって言う方がいますが、やはり歳をとるごとに、だんだんと顔のパーツは上のほうに行く傾向にあるようです。

ですので、顔のパーツが全体的に下の状態だと守ってあげたいって言う人間の本能を刺激するところがありますが、だんだんとパーツが上に行くことにその本能を刺激するパーツがなくなってくるのです。

こういうところに自然の摂理を感じますね。

黒目が大きい

基本的に可愛く見える人は黒目が大きい傾向にあります。

著者は心理学の話が好きで、黒目の事について色々と本で読んだことがあります。

黒目が大きい女性と黒目が小さい女性が並んで書かれており、黒子以外には全く同じ女性だったのですが、皆黒目が大きい女性の方が可愛いと言うことを言っていました。

ですので、人間はそのような黒目が大きい人の方が可愛く見える傾向にあるのです。

ですのでベビーフェイスの方はそのような黒目が大きい傾向にあります。

また、近視などで目が悪い人も黒目が大きい傾向にあるようですね。

そのような目で見られ、勘違いしてしまうと言うのも、その心理学の本にしっかりと書かれていました。

医学的な処置が必要ですが、最近は黒目が大きく見えるようなカラーコンタクトもあるようですね。

ただ直接目に入れるものですので、しっかりと眼科にかかり診察を受けたうえで取り入れることが大切です。

鼻が小さくて丸い

こちらも赤ちゃんを見ていると思うのですが、やはり鼻が小さくて丸い子が多いです。

ですので、そのような子がベビーフェイスに見えるっていうのは納得がいきます。

ただ鼻の大きさと言うとなかなか変えがたいものがあると思いますよね。

ですが、こちらもメイクで何とかカバーができることがあります。

ですので、もしそのような鼻の大きさについて悩みがあるのであれば、メイクで解決するという方法があるのです。

そして、詳しい方法はネット上で調べて確認していただきたいのですが、鼻を小さくする用のエクササイズがあると言うのです。

ですので、詳しい方法はネット上で実際に画像や動画などを見て確認していただきたいのですが、そのような方法もあるということを頭に入れておきましょう。

ふっくらとプリプリした唇

こちらも赤ちゃんを見ていて思うのは、基本的に赤ちゃんみんなふっくらとしていてプリプリした唇をしています。

やはり、生まれた赤ちゃんは、このように天性の可愛さや美しさがあるなと2人の子供を育てて感心していました。

ただこちらのぷりぷりとした唇に関してはメイクでどうとでもなります。

ですので、もしベビーフェイスを目指すとしたら、この唇は比較的簡単に攻略できます。

こちらもいろいろなメイク方法のが載っているサイトがありますのでぜひとも確認してみます

ベビーフェイスのメリット・デメリット

著者はどちらかと言うと童顔ですが、やはりベビーフェイスについてはメリットとデメリットがあります。

若く見えると言うと、女性にとっては嬉しいと思ってしまいますよね。

ですが、やはり思いがけない不便なところもありますでは、ベビーフェイスのメリットデメリットなどについてもいろいろと見ていきましょう。

メリット

諸外国の中には、年齢を重ねた女性の方が魅力的だと言うような風習があるような国もあるようですが、日本はまだまだ若い人の方がモテる傾向にある世の中です。

やはり、若い方が子孫を残す能力が高いということが本能的にわかるところがあり、ある程度仕方がないところがあるのかもしれません。

ですので、皆若く見えるように努力をしていると言うのが今の日本の現状です。

そこで、まずは、ベビーフェイスの方のメリットについていろいろと見ていきましょう。

第一印象が良い

確かに、童顔で幼く見えると言う事はあるのかもしれませんが、若くフレッシュな感じを与えることから第一印象を消して悪くありません。

具体例を挙げると、嵐の櫻井翔くんは童顔ですよね。

彼は、著者(30代後半)より、4歳ぐらい年下で30代半ばですが、彼の容姿は童顔で若々しいです。

そして、彼は賢いと言う事は知られているというのもあるのかもしれませんが、彼を見るとなんだかフレッシュで若々しい印象を抱きますよね。

このように、ベビーフェイスの人は基本的に良い印象を持たれやすいところがあります。

確かに、「人間は見た目だけではないよ。」と言われますが、第一印象に関しては見た目が全てです。

どうしても内面の事はまたわからないので、見た目から入る点ではベビーフェイスの人は非常に有利です。

ギャップが印象深い

やはり童顔と言うこともあって幼い印象抱かれることから、中身に関しても幼いのではないかと言うような疑問をもたれることがあります。

確かに、人間苦労すると深みが出ると言われますが、ベビーフェイスの質はそのような深みが表面上現れにくいところがあります。

ですので、話してみると幼い印象だけど話してみたら大人な会話ができたと言うような感じであれば、そのギャップが非常に印象深くなります。

そこで、そのようなキャップから印象しっかりと覚えてもらいやすくなります。

仕事内容にもよりますが、営業など人に自分のことを知ってもらう必要のある仕事であれば、このベビーフェイスな容姿と中身もしっかりしているこのキャップは非常に強みになります。

誰からも可愛がられる

先ほども触れたように、このような可愛らしい容姿と言うことになると基本的に人間の中でそのような幼い人を可愛がってあげたいとか守ってあげたいと言う気持ちを本能的に刺激される形になります。

ですので、誰からも可愛がられると言うような状態になるのです。

著者も、今でこそ普通の中年女性になりましたが、やはり、いろいろな場面で可愛がってもらったなとは思います。

しかも、最初に新卒で入ったところに関しては、社長にかなり良い印象持ってもらえたらしく、入社してからもかなり良くして頂きました。

このように、童顔であるという事はある意味得なところがあります。

ですので、現在進行形で若く見られる人はそのようなかわいがられるようなところがあるのかもしれませんね。

外見のギャップも

そして、外見のキャップと中身のギャップが人に印象深い感じを与えますので、そのようなキャップというのが非常に強みになります。

もちろんそれは仕事ばかりではありません。

恋愛においても、ギャップ萌えって言う言葉があるように、ギャップがあることから一気に恋愛関係に進む事は決して珍しいことでは無いのです。

ですので、もしベビーフェイスで幼く見えるということが悩みであれば、この際、内面を磨外見とギャップを意識してみましょう。

特に男性であれば若く見えることに関して悩んでいると言う人は少なくありません。

先ほども例に出した櫻井翔くんがいい例ですね。

彼は非常にベビーフェイスで可愛らしい印象与えますが、非常に素敵でしっかり者です。

確かに部屋の掃除が苦手等少々苦手なこともあるようですが、それでも彼の幼い容姿に対してそのクレバーさが非常に際立つ形になっています。

若く見られる

先ほども触れたように、日本はまだまだ男女ともに若く見られることに趣を置かれる時代になっています。

著者は、普段家にいてテレビなどを見ていますが、よく通販の番組を見るといかに若い美を保つかと言うような商品がよりよくより多く紹介されています。

それは、肌に艶が出るような化粧品とか、コラーゲンとか、美容商品など多岐にわたりますよね。

本当にほぼ毎日と言ってもオーバーではないくらいにそのような商品が紹介されています。

それはやはり、人間は特に女性に関しては皆若く見られたいのではないかと言うことが多いので、そのような通信販売の商品が非常によく売れるのでしょう。

だからこそ、このような若く見えるって言う事は今の日本においては非常に大きなメリットです。

ですので、童顔な人はそこを最大限に生かしていきましょう。

著者は、さすがにそこまででは無いのですが、どんなに日に当たってもシミそばかすができず、何歳になってもあまり好が変わらないと言うようなうらやましい人もいるようですね。

デメリット

こんなふうに、今の日本においてはメリットしかないようにして見えてしまうベビーフェイスな人ですが、実はいろいろなデメリットもあります。

著者も今でこそ普通の中年女性になりましたが、昔はかなり童顔でして、それなりのデメリットも体験しました。

では、童顔な人はどのようになってメリットを感じているのでしょうか?
一つ一つ見ていきましょう。

年下になめられる

こちらは、特に男性が多く感じているデメリットでは無いのでしょうか?

女性の場合だと多くの人を若く見られるために化粧がんばっているところがあり、そのような女性は憧れの目を持って見られることもあります。

ただ、やはり仕事の面においては年下であっても頼りなさそうに見えると言う点からあまり仕事の言うことを聞いてくれないなどの支障が出てくる可能性は女性でもあります。

そして、歳下に舐められると言うような事は、男性に関してはよくそのような悩みを聞きます。

著者も一度美容院で、その若く見られる男性に髪を切ってもらったことがあります。

そのような男性が言っていたのですが、若く見られる事は自分が凄く嫌だと言うことを言っていました。

そこの支店長と同い年で友人であったことから対等に話していたのですが、偶然それを目撃した仕事仲間の女性が「年上の店長に生意気だ!」と言うような行為をしていたと言うなことを聞いて、自分のその幼く見える容姿を呪ったのだそうです。

そして、やはりあまり威厳がないということも悩んでいました。

ですので、このような意見のなさについて悩む童顔の男性は非常に多いようです。

確かに、男性ともなると、そのような後輩や部下を取りまとめるような役割をするようなこともありますのでだんだんとそのような幼く見える容姿についてはデメリットを感じていく傾向にあるのではないのでしょうか?

頼りなく見える

そして先程のことにも重なっていくのですが、やはり頼りなく見えてしまうことから、年下の人がなかなか言うことを聞いてくれずまとまりが取れないと言うようなことがあるようです。

そして、その童顔な人はフレッシュな印象で良く評価される傾向にはあるものの、上の立場に立ってからその取りまとめをするということになると少々意見を感じられないところがあるようです。

確かに、性格面で威厳を感じられるようにしたら良いのではないかと言う意見もあるのかもしれません。

ただ、こちらも非常に難しいところがあります。

著者は心理学が好きで色々と見ているのですが、皆「美人はいいな。」と思いますよね。

美人は好かれることが多いと言われています。

では、美人は必ず好かれるかって言うと意外とそうでもないのです。

美人な人が非常にきつい性格であった場合、その悪印象は、美人でない人に比べて非常に強く記憶に残るようです。

そして、そのような傾向が見受けられることから、美人は少しでも性格がきついとよりネガティブなイメージがもたれるところがあります。

それは童顔な人にも当てはまるのではないでしょうか。

幼くて優しそうに見えると言うその好印象とは裏腹に非常に威厳があり性格がきついと言うことになると、「あの人嫌な人だったよね」と言うような印象より強く抱かれやすいところがあります。

ですので、そのような好印象抱かれやすいが故に印象と違うと他の人に比べてより嫌われやすいという両刃の剣といったところがあります。

年齢確認される

これは男女ともに少々めんどくさいなと思っていることがあるのではないのでしょうか。

それは年齢確認をされることです。

例えばお酒を買うとかタバコを買うと言う事はもちろんですが、居酒屋に入るとか、ゲームセンターの夜の時間の出入り等に関しても、年齢確認はある程度あります。

著者も童顔ではあったものの、普通に大人に見えるようで年齢確認をされずその点においては非常に助かっています。

ただ非常にベビーフェイスで可愛らしい感じの人だと、そのような年齢確認があるようです。

さらには、著者は基本的に日本在住ですので経験はありませんが、欧米などではアジア人は基本的に現地の人から見ると非常に若く見られる傾向にあるようですね。

ですので、外国においては日本だとそこまで年齢確認をされたことがない人でも年齢確認をされてしまうことがあるようです。

例えばですが、また嵐の話になって恐縮ですが大野くんに関しては、外国でも年齢確認をされたといいます。

もう30なのにと言うような話をしていましたが、確かに大野くんも海外の人から見たらおそらく見えてしまうのかもしれませんね。

このように童顔に見ると、年齢確認の必要性も出てきますので、その点が少々めんどくさいところがあります。

ベビーフェイスの人の性格

このようにメリットとデメリットが色々とあるベビーフェイスの人ですが、そのような人にはどのような特徴があるのでしょうか?

もちろん人それぞれですので何とも言えませんが、基本的に下記の傾向があると言われています。

では、ベビーフェイスの人の性格の傾向についていろいろと見ていきましょう。

「可愛い」と言われるのを嫌がる

かわいいってほめ言葉と私たちは思いますが、このようなベビーフェイスの育ちにとっては意外と褒め言葉ではありません。

女性はまだかわいいと言われる事はそこまで嫌ではないと言う人もいます。

確かに女性はかわいいと言われるがためにお化粧がんばっているところもあります。

ただ、そのベビーフェイスの女性が美人系を目指しているとなると話は別です。

かわいいと言われると、その美人系に近づけないことで落ち込んでしまうことがあります。

そして男性にとってみればその可愛いと言うのは決して褒め言葉では無いようです。

どちらかと言うとかっこいいと言ってほめられた方が彼らにとっては嬉しいようです。

そして男性は、若く見られることにとってネガティブなイメージを持っていることがあります。

先ほども触れたように、男性は色々と役職がつくことに下の人を取りまとめるようなところがあり、そのような威厳のなさについていろいろと悩んでいる人がいます。

ですので、特に男性にとってはそのようなかわいいと言う言葉を非常に嫌な言葉であることがあるようです。

見かけによらずしっかりもの

幼少期から可愛いと言われ続け、特にかわいいと言われることに反発を持っている人だとしたら、このようなかわいい見た目とは裏腹にしっかりものであることが多いです。

もちろん、いろいろな人がいるので一概には言えません。

中には幼少期から可愛いと言われ続け、何でもかんでもやってもらったって言う人だとそのような反骨精神が身についていないことがあります。

ですが、かわいいと言われるのが嫌だと言うような人であれば、自分でしっかりしなくてはと思うことで可愛らしい見た目とは裏腹にしっかりとしていることが多いです。

こちらも個人差ありますが、もしかしたらベビーフェイスの男性ほどそのようなしっかりとしたところがあるのかもしれませんね。

皆さんの周りのベビーフェイスの人たちはどうでしょうか?

ベビーフェイスは超かわいい!メリット・デメリットも知っておこう(まとめ)

中には、このようなベビーフェイスを目指して化粧頑張るような女の人もいるかもしれません。

確かに、幼い容姿と言うと非常に可愛く感じますよね。

ですのでそのようなところを目指したい人もいるかもしれません。

ただ、このような容姿を目指すと言うのは必ずしもメリットばかりではありません。

かわいいって言うと、威厳がないということにもつながってきますので上の立場についたりする段階になると少々不利になることがあります。

また、日本だとまだ大丈夫ですが海外に行くとなると、幼く見えることから犯罪に巻き込まれるリスクが増えるかもしれません。

例えばアメリカだと子供を1人で留守番させてはいけないって言うのが法律で決まっていますよね。

それほどに幼い子は危険にさらされると言うところがあるからということが言えます。

ですので、海外においては幼く見えることが大きな欠点になれるのかもしれません。

ですので、確かに可愛らしい若い感じは日本においては素晴らしい長所になりえますが、海外においては危険につながることもあるかもしれませんのでそこは念頭に入れておきましょう。

このような特徴を知りつつも、ベビーフェイスの可愛らしさを取り入れるっていうのは、いろいろな場面においても非常に有利に働くことがあります。

ですので、もしベビーフェイスの可愛らしさを目指しそのような化粧すると言うことであればそのようなことを念頭に入れておきましょう。