CoCoSiA(ココシア)

欧米人顔の14個の特徴。日本人とはここが違う!


あなたは外国人に対して憧れはありますか?

最近は外国人風のメイクやヘアカラーが流行っていたりと、外国人に対する人々の潜在的な憧れが節々から感じ取れますよね。

外国人の顔というのはやはり目鼻立ちがはっきりしていることが多く、日本人とはまた違う魅力がたくさんあるもの。

街でたまに見かける外国人もみんなモデルのように見えてしまいますよね。

そこで今回は、外国人の14個の顔の特徴についてご紹介していきます。

外国人と日本人では当たり前ですが顔立ちが違うもの。

外国人の顔の特徴を知り、自分がどうして外国人に憧れを持つのか分析していきましょう。

欧米人顔の14個の特徴

日本人と欧米人の顔には、どのような違いがあるのかをもっと知りたいですよね!「目の大きさ」「彫りの深さ」など誰もが知っている特徴でも、その特定のパーツのどこが具体的に違うのかを知りたいのではないでしょうか。

ここでは、欧米人顔の特徴をお伝えします。

これを見れば、欧米人のような顔立ちになりたいときにドコを改善すればいいのかがわかります。

1.彫りが深い

外国人と日本人の違いで、一番に思い浮かぶのが彫りの深さなのではないでしょうか。

彫りとは、鼻と両目の目頭の部分がくぼんでおり、目を大きく見せさらにもともと高い鼻をさらに高く見せさせるためパーツでもあります。

欧米人のほとんどが彫りが深い顔立ちをしていますね。

目立つのは目元の窪み

彫りが深い顔を見て特に特徴的に見えるのは、目元のくぼみです。

目元がくぼんでいるほど、欧米人風のような顔立ちになります。

2.おでこが広い

欧米人はおでこが広い方が多いです。

とはいっても、前髪でおでこが隠れてしまっている人も多いので、おでこが広いことを確認する機会は少ないでしょう。

また、おでこが広いとオープンな性格であり、周りから見ると親しみやすい印象を持たれやすい傾向があります。

そのためなのか、欧米人の方のほとんどが明るくていつも悩みを持っていないような楽天的な性格をしているように感じませんか。

3.パーツが大きい

欧米人といえば、それぞれのパーツが大きい傾向があります。

目はもちろんのこと、鼻の高さ、唇の幅や厚さも日本人に比べるとパーツが大きいんです。

逆に日本人は、目や鼻、口などのパーツが小さいので、素朴でおとなしいイメージを持たれやすいです。

しかし、欧米人はパーツが大きいために、話さなくても「明るくてよく話しそうだな」という印象を持たれやすいです。

4.目と眉が近い

欧米人は目が大きく見えてしまうものです。

しかし、実際に目の前にいる欧米人の顔を観察してみると、さほど日本人の目の大きさと違うともいえません。

では、どうして目が大きく感じるのかというと、目と眉毛の間の距離が影響しているようです。

その幅が小さければ小さいほどに目が大きく見えます。

そのため、昨今の日本では眉を太くすることによって瞳を大きく見せるメイクが流行しています。

5.頬骨が低い

欧米人は頬骨が低いのが特徴的です。

そのため、横顔も美しく見えます。