CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

顔がブサイクな女性はどうすればいい?ブス顔の特徴や美人に近づく4つのステップ


みなさんは美人とブサイクの違いは何だと思いますか?

どんな女性にもそれぞれ違った魅力や持ち味がありますが、それらを磨くことで 自分の魅力を今より更に引き出すことが可能 です。

そこで今回は、可愛くない顔の特徴と美人に近づくためのポイントについてご紹介していきます。

現在「顔がブサイクでどうすればいいか分からない」と悩んでいる方も、思いつめる必要はありません。

どんな女性も、 自分の外見・内面を客観的に見て改善していくこと で魅力を高めていくことは可能です。

自分だからこその魅力を引き出し更に美しくなるために、ぜひ最後までチェックしてくださいね。

ブス顔の6個の特徴


ブス顔には実はある一定の特徴があります。

ブス顔といってもパターンがあり、そのパターンに当てはまる顔を、人はブス顔と感じるのです。

ここでは特に多く当てはまる特徴を7個紹介します。

多く当てはまるほどブス顔と呼ばれる顔といえます。

しかし、もしあなたの顔がブス顔の特徴を持っていても、悲観する必要はありません。 工夫と努力で改善はできます し、ブス顔と呼ばれる顔をしていても、人気のある芸能人もたくさんいます。

まずは悲観することなく、冷静にブス顔の特徴を知り、その改善策を実行すればよいのです。

それではブス顔の特徴を具体的に述べていきます。

1.眉毛と目が離れている

ブス顔の特徴のひとつに、眉毛と目が離れている、という特徴があります。

眉毛と目が平均よりも離れていると、少々間が抜けた印象になる場合があります。

平安時代の美人像は、現代人と比べて眉毛と目が離れたメイクをしているものがあります。

当時は眉毛と目が離れている方が美人であると思われていたのかも知れません。

現代では小顔で顔の中心に、 顔のパーツがまとまっている方が美人 であるとされています。

時代により美人の定義も変わるのでしょう。

老けて見られやすい

眉毛と目が離れていると、老けて見られやすいというデメリットがあります。

人間の顔は年を重ねると、 段々と重力の力で下にたるんでいきます 

また、老眼で目を大きく見開くさまに、眉毛と目が離れている状態が似ているため、老けて見られるのです。

ただし、これらはメイクにより改善できますし、必ずしも老けて見られるわけではないので、悲観的になり過ぎず、自分に合うメイクをすればよいのです。

2.顎がない

シャープな顎は、知的な印象や健康的な印象を与えます。

また、逆三角形の顔の輪郭になるので、 小顔の基本要素のひとつ でもあります。

ここでいう顎がないとは、太っているために顎が埋もれてしまい、見えない状態のことを指します。

そうすると、どうしても大きな顔の印象になりますし、不健康な印象も与えてしまいます。

顎のラインを綺麗に見せることができれば、それだけでも美人顔に近づくことができます。

輪郭がすっきりして見えない

シャープな輪郭は、美しいシルエットを描くので美人に見えます。

反対に膨らんだ印象のある顎は、輪郭がすっきりしていないので、美しくない印象を与えてしまいます。

芸人さんの中には、そのような顔を売りにしている人もいますが、一般的にはシャープな顎の方が美しく見られます。

シャープな顎を得るには、 顎周りの脂肪を落とすことに加えて、顎の筋肉を鍛える 必要があります。

現在では様々な顎を鍛える美容グッズも販売されているので、それらを使用しても良いでしょう。

美しいEラインがない

美しい顎の持ち主は、美しいEラインをもっている人が多くいます。

Eラインとはあまり聞き慣れない言葉ですが、どのような状態を表しているのでしょうか?Eラインとは、横顔で鼻先と唇、顎の先を結んだ線のことです。

このラインが一直線に結べられる顔が、美しいEラインの持ち主といえます。(一説では唇が鼻先と顎のラインよりやや下にある顔が美しいともいわれています)

ページトップ