CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

ブス顔の6個の特徴。美人に近づくための4つのステップもご紹介!


みなさんは美人とブサイクの違いは何だと思いますか?

どんな女性にもそれぞれ違った魅力や持ち味がありますが、それらを磨くことで 自分の魅力を今より更に引き出すことが可能 です。

そこで今回は、可愛くない顔の特徴と美人に近づくためのポイントについてご紹介していきます。

現在「顔がブサイクでどうすればいいか分からない」と悩んでいる方も、思いつめる必要はありません。

どんな女性も、 自分の外見・内面を客観的に見て改善していくこと で魅力を高めていくことは可能です。

自分だからこその魅力を引き出し更に美しくなるために、ぜひ最後までチェックしてくださいね。

この記事の目次

ブス顔の6個の特徴

ブス顔には実はある一定の特徴があります。

ブス顔といってもパターンがあり、そのパターンに当てはまる顔を、人はブス顔と感じるのです。

ここでは特に多く当てはまる特徴を7個紹介します。

多く当てはまるほどブス顔と呼ばれる顔といえます。

しかし、もしあなたの顔がブス顔の特徴を持っていても、悲観する必要はありません。 工夫と努力で改善はできます し、ブス顔と呼ばれる顔をしていても、人気のある芸能人もたくさんいます。

まずは悲観することなく、冷静にブス顔の特徴を知り、その改善策を実行すればよいのです。

それではブス顔の特徴を具体的に述べていきます。

1.眉毛と目が離れている

ブス顔の特徴のひとつに、眉毛と目が離れている、という特徴があります。

眉毛と目が平均よりも離れていると、少々間が抜けた印象になる場合があります。

平安時代の美人像は、現代人と比べて眉毛と目が離れたメイクをしているものがあります。

当時は眉毛と目が離れている方が美人であると思われていたのかも知れません。

現代では小顔で顔の中心に、 顔のパーツがまとまっている方が美人 であるとされています。

時代により美人の定義も変わるのでしょう。

老けて見られやすい

眉毛と目が離れていると、老けて見られやすいというデメリットがあります。

人間の顔は年を重ねると、 段々と重力の力で下にたるんでいきます 

また、老眼で目を大きく見開くさまに、眉毛と目が離れている状態が似ているため、老けて見られるのです。

ただし、これらはメイクにより改善できますし、必ずしも老けて見られるわけではないので、悲観的になり過ぎず、自分に合うメイクをすればよいのです。

2.顎がない

シャープな顎は、知的な印象や健康的な印象を与えます。

また、逆三角形の顔の輪郭になるので、 小顔の基本要素のひとつ でもあります。

ここでいう顎がないとは、太っているために顎が埋もれてしまい、見えない状態のことを指します。

そうすると、どうしても大きな顔の印象になりますし、不健康な印象も与えてしまいます。

顎のラインを綺麗に見せることができれば、それだけでも美人顔に近づくことができます。

輪郭がすっきりして見えない

シャープな輪郭は、美しいシルエットを描くので美人に見えます。

反対に膨らんだ印象のある顎は、輪郭がすっきりしていないので、美しくない印象を与えてしまいます。

芸人さんの中には、そのような顔を売りにしている人もいますが、一般的にはシャープな顎の方が美しく見られます。

シャープな顎を得るには、 顎周りの脂肪を落とすことに加えて、顎の筋肉を鍛える 必要があります。

現在では様々な顎を鍛える美容グッズも販売されているので、それらを使用しても良いでしょう。

美しいEラインがない

美しい顎の持ち主は、美しいEラインをもっている人が多くいます。

Eラインとはあまり聞き慣れない言葉ですが、どのような状態を表しているのでしょうか?Eラインとは、横顔で鼻先と唇、顎の先を結んだ線のことです。

このラインが一直線に結べられる顔が、美しいEラインの持ち主といえます。(一説では唇が鼻先と顎のラインよりやや下にある顔が美しいともいわれています)

このEラインが一直線ではなく、唇が出ていたりするとブス顔として認識される場合があります。

ただし、このラインも顎のトレーニングや唇のトレーニングで改善することも可能です。

3.エラが張っている


エラとは顎の咬筋と呼ばれる筋肉がある辺りを指します。

このあたりの骨や筋肉が通常よりも発達していると、正面から見ると顔が角ばって見えます。

この状態がエラが張っている状態と呼ばれるものです。

エラが張っていると、顔が横に広がって見えるため、ブス顔の特徴のひとつとされています。

しかし、元々小顔でエラが張っている人は、顔のサイズ自体が小さいのであまり気にならない人もいます。

どうしても気になる人は、骨を削る整形手術や、咬筋を萎縮させる手術、小顔にするエクササイズなどで改善する道もあります。

ただし、自分では欠点だと思っていても、他人から見ると魅力的である場合もあります。

客観的な意見も大切に、自分の魅力を見極めましょう。

顔が大きく見える

エラが張っていると、顔の輪郭が四角くなるので、どうしても顔が大きく見らえがちです。

また、強情そうな印象を人に与える場合もあります。

そのため損をすることが多くなる可能性がありますが、中には自分の個性と割り切り、エラが張っている顔を浮かしたメイクをする人もいます。

シャープなイメージにならない

エラが張っていると顔の輪郭が四角いため、シャープなイメージにはなりません。

小顔の特徴のひとつには、顔が頭から顎に向けて細くなるシャープなラインがありますが、エラが張っているとこのラインがありません。

そのためシャープさや繊細さに欠ける顔になるのです。

4.鼻が低い

鼻が低いこともブス顔の特徴の一つです。

鼻が低いと、顔が地味な印象になりがちです。

特に横顔では美しいEラインが描けないので、印象が悪くなります。

西洋人に比べて私たちアジア人は鼻が低い傾向にあります。

もちろん普通の高さのある鼻があれば、十分魅力的な鼻の持ち主といえますが、極端に低い鼻の場合、魅力が低くなる可能性があります。

西洋人の場合は、鼻が高すぎることがコンプレックスに繋がりやすいといわれていますが、アジア人は反対の傾向にあります。

鼻の低さは整形手術で改善が可能です。

シリコンなどの人工的な軟骨を埋め込み、鼻を高くするのです。

実際に手術を考えている人は、信頼できるクリニックや整形外科医院で行いましょう。

団子鼻

全体的に丸くて低い印象のある鼻を、団子鼻といいます。

団子鼻はあまりクリエイティブな印象を与えません。

漫画などで描かれる団子鼻のキャラクターも、大抵は三枚目や脇役のキャラが多くいます。

二枚目や美人キャラ、美しい容姿のキャラは大体高い鼻を持つキャラとして描かれています。

もちろん現実には、団子鼻の持ち主でもクリエイティブな人や社会的に成功している人はたくさんいます。

どうしても高い鼻にしたい人は、整形手術を検討しても良いでしょう。

しかし、そのままの鼻でも幸せになれる人もいるのです。

ぶた鼻

鼻が上を向いている印象のある鼻が、ぶた鼻と呼ばれる鼻です。

動物の豚のような印象があることから、ブス顔の特徴のひとつとされています。

ぶた鼻も整形手術で改善が可能です。

しかし、多少上を向いているくらいの鼻でしたら、むしろ可愛らしいこともあります。

他のブス顔の特徴と同じく、本人の感覚以外に周りの人の意見も大切にして判断しましょう。

ただし、親身になってくれる人の意見以外は信用しないことです。

中には悪意をもって誇張する人もいるからです。

5.肌が荒れている


肌荒れはブス顔の特徴であると同時に、男女を問わず魅力を損ねる原因です。

肌荒れの原因には様々なものがあります。

ケガや日焼けの跡、ウィルス性のものやアレルギー反応など、人により色々です。

どの原因でも改善策をとらないと、見た目の印象が悪くなってしまいます。

もちろん肌荒れのある人が、人格的にとても魅力がある場合は、周りの人がその魅力に引き付けられるでしょう。

しかし、改善できるのであれば、改善した方がより魅力的になれることも事実です。

それぞれの原因ごとに改善策を実行し、肌荒れを治して魅力を増しましょう。

デコボコ肌は年齢が高めに見える

ニキビ跡などによるデコボコ肌は、年齢が高めに見えてしまう大きな原因です。

人間は加齢と共に肌年齢も年を取ります。

しかし、デコボコ肌だと実年齢以上に年を取って見えてしまいがちです。

ブス顔の特徴がデコボコ肌の場合は、肌を美しくすれば魅力的になれます。

芸能人でもメイクにより肌荒れを隠している人もいるように、元のルックスが良ければ、肌の状態さえ改善されれば魅力的になれるのです。

6.歯に清潔感がない

歯も魅力的な顔を形作る要素のひとつです。

歯に清潔感がないと、それだけで魅力が半減します。

とても綺麗な顔をしていても、歯に清潔感がないだけで一気に魅力が減ってしまうのです。

そのため、歯のケアは美しい顔を守るために必要なことです。

まずは虫歯にならないよう、日々の歯磨きはしっかりとするようにしましょう。

不潔な口内は虫歯の原因となるだけではなく、口臭の原因にもなります。

どちらも美しい顔の大敵ですので、日ごろのケアで歯を守りましょう。

歯が汚い

汚い歯は不潔な印象を与えます。

虫歯の黒い歯や、タバコのヤニなどで黄色く染まった歯は、良い印象を与えにくいものです。

まずは食後の歯磨きの徹底をし、可能であれば美容歯科で白い歯を作りましょう。

白い歯を人工的に作るには、歯を漂白するホワイトニングや、歯の表面に白い人口のエナメル質を貼り付けるものがあります。

また、虫歯の治療でする詰め物も、銀色のものではなく白いものにすれば、治療後も白い歯を維持できます。

美しい顔にするために、歯の美容も大切です。

歯並びが悪い

歯並びも顔の印象に大きな影響があります。

歯並びが悪いと笑顔の魅力が半減します。

歯並びは歯の矯正で治療が可能です。

期間はそれなりにかかりますが、治療後は美しい歯並びを維持できます。

美しい歯並びで綺麗な笑顔を演出しましょう。

ブス顔が美人に近づくための4つのステップ

あなたがもし、今ブス顔と呼ばれる顔の特徴を持っていても、美人に近づく工夫をすれば大丈夫です。

実際に多くの美人と呼ばれる女性が、生まれつきの美人ではなく何らかの工夫や努力をしているというデータがあります。

あなたも工夫をして、あなたの魅力を引き出しましょう。

1.体型を整える

顔を美人にすると共に、エクササイズなどで体型を整えることも効果的です。

女性らしい体型は、男性を魅了して、あなたの魅力をアップします。

同時に顔も引き締まるので、小顔効果も得られるでしょう。

ダイエットをして雰囲気を変える

無理のないダイエットはあなたの魅力を高めます。

痩せるだけで美人になった女性はたくさんいます。

ただし、男性は細すぎるよりある程度グラマーな女性を好む傾向にあるので、自然な体型を目指してダイエットをしましょう。

2.美肌になる

美しさの基本である美肌作りをしましょう。

美肌は多少のブス顔の特徴を隠すだけの魅力をもちます。

美肌を作り、あなたの魅力を向上させましょう。

生活習慣の見直し

美肌作りは日々の生活習慣に見直しから始まります。

食物繊維を多く摂り、紫外線対策をしっかりするなど、肌に良い生活を習慣化して美肌を育てていきましょう。

3.メイク、ファッションを学ぶ

女性はメイクやファッションで大きく変身できます。

メイクやファッションで得られる美しさも、その女性にしかだせない美しさです。

センスを磨いて自分の魅力を引き出しましょう。

自分の魅力を活かす

例えば、自分の顔が東洋風の印象があれば、その魅力を引き出す東洋風のメイクやファッションを研究しましょう。

無理に個性を壊さずに、活かす方向で行うことがコツです。

4.清潔感アップ

清潔感は大きな魅力の要素です。

どんなに綺麗な女性でも、汚らしい格好をしていては魅力は半減します。

できれば常に清潔感を意識して、魅力を維持しましょう。

ヘアサロンでケア(まめに美容院に行き、常に綺麗にしておく)

髪のケアも清潔感の維持に効果的です。

常に綺麗な髪は、同性も異性も虜にする魅力を放ちます。

女性の印象は髪型で大きく変わります。

自分に合う美しい髪型を維持しましょう。

外見だけでなく内面も磨こう(まとめ)

いかがでしたでしょうか?女性の魅力は工夫次第で大きく向上します。

また、外見だけではなく、内面も磨くことでその魅力は大きく変わります。

よく男子の会話で「性格が良いとかわいく見える」というものがありますが、これはまさに、内面が魅力として反映されているからといえます。

どのような女性でも魅力的になれる可能性があります。

あなたも自分の魅力を引き出し、美しい女性として生きましょう。

ページトップ