CoCoSiA(ココシア)

自分の顔レベルを診断する8個の方法。顔面偏差値が高い人の特徴とは?


あなたは自分の顔をどれくらい評価していますか?

街中でふと鏡を見た時や自分が写った写真を見た時、自分で認識している自分の顔とは随分異なり驚くことってありますよね。

近年では 「顔面偏差値」 という言葉を耳にする機会も増えていることからも、多くの人が自分の顔のレベルを気にしていると窺えます。

そこでこの記事では、自分の顔のレベルを診断するための方法を8個ご紹介します。

鏡や写真を見た時、あなたは自分自身の顔をどう評価しますか?

自分の顔レベルを上げる方法も一緒にまとめているので、 「自分の顔が可愛いかわからない!」 とモヤモヤしている女性の方も最後までご覧くださいね。

この記事の目次

自分の顔レベルを知る方法8選


自分の顔レベルを知る事は、自分自身が客観的に見てどう捉えられているのかを知るという事です。

これは単純に見えてとても難しい事ですね。

例えば、あなたは不細工な人に「あなた不細工ですね」と言えますか?

そんな失礼な事は言えませんよね。

人間はコミュニティーの中で生きている為、周りとの協調性を大切にします。

その為にある程度のお世辞は簡単に口から出てしまうものです。

他人の意見を参考にして顔レベルを知るよりも、自分自身やコンピューターの判断によって知る方が的確かもしれません。

ここでは顔レベルを知る8個の方法をご紹介していきます。

1.顔面偏差値をつけてみる

顔面偏差値という言葉をご存知ですか?

ネットスラングとして生まれた顔レベルを評価する言葉なんですが、これは個人の好みによってつけている数字に過ぎません。

けれども多くの人の意見を見ていると何となく「これ位が一般的に顔面偏差値50になるのかな?」と思えてくる部分は大いにあるでしょう。

まずは自分の身近な人の顔面偏差値を付けてみると良いと思います。

その中で自分がどの立ち位置に入るのかで、自分の顔レベルを自己評価する事ができますよ。

ちなみに身近な人の顔面偏差値を出す際は複数人で討論しながらするのがおすすめです。

自分一人だと大きく好みが偏ってしまいます。

そして、自分がどこに入るのかは、自分一人でこっそりと行うのがおすすめですね。

2.顔診断アプリを使用する

コンピューターは嘘もお世辞も言いません。

入力されたデータを元にプログラムに基づいて結果を算出してくれるので、ある意味一番正直な回答を貰えるとも言えるでしょう。

特にスマホ等で簡単に扱える顔診断アプリは実際に自分の顔を写真に撮って、平均的な顔と比べる事で診断してくれるので信憑性が高いです。

Deeplooksのアプリが大人気!

顔診断アプリと言えば、DeepLooksが話題です。

アプリをダウンロードしなくてもネット回線での診断も可能ですよ。

ディープラーニングテクノロジーに基づいて人の顔を5段階評価で判定してくれます。

顔の黄金比に基づいて計算する為、日本人が上2つの評価を得るのは中々難しいですが身近の人と数人でやってみると自分の顔レベルが見えてくるかもしれませんね。

写真を撮る角度等で若干採点は変わってきますが、大きく変わる事はありません。

あくまで顔のパーツや配置を黄金比に当てはめて診断しているので信憑性の高い顔診断が期待できます。

Deeplooksの使い方

DeepLooksはWEBサービスです。

サイトにアクセスして顔写真を撮影し、それをアップロードします。

指定される点線に目の位置を合わせるだけで自動的に採点が始まるので、とても簡単に顔診断を行う事ができますよ。

※2021年6月現在使えなくなってしまったようです。

3.芸能人と比べない

芸能人と比べて顔レベルを算出するのはあまり意味がありません。

どんなに不細工に見えても、芸能人は輝くものを持っているからこそテレビや映画などの第一線で活躍しているのです。

芸能界で綺麗な人やイケメンのランキングを作ったとして、その最下位の人でも一般人レベルにしたらトップかもしれません。