皆さんは街を歩いている時にこんな事を思ったときはありませんか?

「あの人ってもしかして整形してる?」

最近は整形をする女性が増えてきて、顔やバストなど色々と整いすぎている人が増えましたよね?

パッと見は本当に綺麗に見える彼女たちですが、よく見てみると「やっぱり整形だな~」とわかってしまう特徴もあるのです。

整形でどんなに綺麗な顔を手に入れたとしても、見る人が見てしまえば一発で整形ってわかる顔とはどのような事を言うのでしょう。

そこで今回のテーマになりますが、「整形顔の特徴」についてお話ししていきたいと思います。

もしかしてあの人整形?

大学や職場といった場で初めて会う人でもなんとなく整形してる?と思う女性がいるかもしれません。

自信はないけどまぶたの部分が不自然に感じたりと理由は色々と出てきますよね。

真顔でいられたら整形とはわかりませんが、笑ったりすれば整形顔ということがわかってしまう特徴があるのです。

この特徴を知っていることで整形している人を見抜くことも出来ます。

自分が整形で顔を変えた場合に人から思われることもわかってきます。

あなたがもし整形ということを考えているのであれば、他人の目にはこんな風に映るということを覚悟しなければいけませんよね。

特徴をきちんと理解していけば、今後するべき行動というものも見えてくると思いますので参考にしてみて下さい。

整形顔と言われる人の8個の特徴。これはあるある!


今はプチ整形という言葉が流行っているように、たくさんの女性が自分の顔を綺麗にするようになりましたね。

どこを歩いていてもそんな整形顔の女性は一人は見かける時代になりました。

自分では気づいていないかもしれませんが、ちょっとした表情に整形をしたことが現われてしまっています。

ではどんな特徴があるのでしょうか。

1.目

目を整形するという人が増えてきましたよね。

一重からパッチリ二重に変えてみたりと色々な整形の手術がありますが、どれもちょっとしたことでわかってしまいます。

人と話をするときは目の周りなどを見ていることが多いですよね?

会話の中で整形をしている人が目を瞑った瞬間や、笑ったときはどうしても整形の跡を残してしまうことになるのです。

一体どのようなことが不自然なのかをお話していきます。

不自然なほどくっきりしたまぶた


一重だった女性が二重にする整形を行った場合は、まぶたがとてもクッキリとしています。

これは整形によって新たに二重まぶたを作っていくために仕方のないことになります。

相手が目を瞑った瞬間などには、まぶたの中にうっすらと線が入っていたりするので簡単に見分けがつきますよね。

あまりにもまぶたが不自然である場合には、整形を知らないような人でも顔に対しての違和感を感じるはずです。

目の周りは人が最も見る部分でもあるので、ちょっと話しているだけでも整形とわかってしまうかもしれません。

またこういった手術をすると顔の表情が上手にコントロールできません。

本人は笑っているのにどうしてもその表情に見えない人が出てきます。

目の筋肉は微妙な力加減で動きます。

整形をするとそのコントロールが出来なくなってしまう場合があり、自然な表情を作れなくなってしまうこともあるのです。

目が笑っていないなどという言葉がありますが、整形をした人にも当てはまるような言葉かもしれません。

完全に自然に見えるということになっていくのはまだまだ先になりそうです。

整形を考えている人はわかってしまうということを自覚しなければいけません。

目をつぶったら2カ所へこんでいる

まぶたを二重にする埋没法ですが、年齢と共に二重の位置も変わってくることがあります。

これは顔の筋肉が衰えてきたり太ったことによって脂肪がついたりと色々な理由があります。

ですが、手術をした時よりも幅が広くなっていくということも考えられます。

その時にハッキリと整形だとわかるのが2カ所のへこんだ部分です。

これは誰でも見ればすぐにわかってしまうほどです。

まぶたの位置もその時で変わってしまうことが多く安定しません。

整形技術がまだそれほど高くなかった時代に、埋没法を行った方にへこみが出てくることが多くなっています。

これは、整形を見分ける大きな特徴の一つになってきます。

蒙古ひだが被ってる

一重の人の特徴に蒙古ひだが被るということが挙げられます。

蒙古ひだとは目頭にあるピンクの色の肉部分になるのですが、一重の人はほとんどピンクの部分が見えません。

ですが、顔を見るとクッキリとした二重になっていればそれは整形顔といえます。

目の整形を見分けるには、まぶた部分と目頭部分をみるとよくわかります。

二重の線がやけに食い込んでいたりと不自然な点が多くなってくるので、見分けるには便利とも言えます。

ですが、整形の失敗や年齢などによる不具合なども考えていかなければいけません。

どうしても整形の場合は一カ所で固定するような二重の作り方が多くなってくるので、顔の筋肉の状態によって色々と問題も起こりやすい場所でもあります。

最初は嬉しくて仕方ないという状況も、だんだんと人に会うことすら嫌になってしまうようなことに発展するかもしれません。

整形を行う場合はこうしたデメリット部分も考えていくようにして下さい。

2.鼻

鼻は顔の中心にあるパーツですので、見てみるとかなりわかりやすいとも言えます。

この部分はコンプレックスとなる団子鼻などもありますので、本人にとっては重要な意味をもっています。

長年の悩みから解放され気分も良いと思いますが、整形によって得られた鼻というものはこういったことで見分けられてしまうことになります。

眉間辺りから鼻が始まっている

その人の鼻を横から直視したときに、鼻の骨と思われる部分が眉間にまで続いているようであれば整形した鼻の可能性があります。

また鼻の骨がまっすぐになっている人も整形かもしれません。

私たちの鼻の骨ですが、途中で少し膨らんでいる部分があり一直線ではない人が多いです。

この部分があまりにも直線になっている場合は、鼻の整形をしている可能性が高いです。

今の整形は色々なタイプがあるようですので、改善したいポイントによって方法が違ってきます。

いずれにしても、横から見た時に鼻の骨が真っ直ぐであれば整形なのかもしれません。

笑ってもほとんど鼻の形が変わらない

誰かと会話をしていれば笑うという時もありますよね。

その時ですがほとんど鼻の形がかわらない人は整形しているかもしれません。

また、笑うと鼻にシワが出ると思うのですが、整形の鼻にはほとんど入らないことから見分けることはとても簡単でしょう。

目を瞑ったときも鼻にシワが入るのですが、こういったときも鼻を整形していればシワができない人が多いです。

鼻の先が異様にとんがっている

鼻を見た時に異様にとんがっているような場合は、プロテーゼのサイズが間違っていると思われます。

自分の皮膚が少し薄い場合などもかなり目立ってしまいます。

団子鼻のような人は、こういった整形をすることが多いのです。

ですが、あまりにも元の鼻との高さが違っていて、鼻がとんがってしまったりすることが多くなっています。

逆に鼻が目立ちすぎてしまって整形だということがすぐにバレてしまいます。

鼻を整形するときは注意しなければいけません。

鼻もかなりの割合で見分けることができます。

3.豊胸

女性のコンプレックスは顔だけではありません。

もう一つ大きな場所がありますよね。

胸が小さいという方の場合、おそらく一度は豊胸手術を考えたことがあるのではないでしょうか?

グラビアなどで胸の大きな女性が増えていますが、豊胸の場合は何か不自然さがありますよね。

見ただけで柔らかさが違うような気もしますし、やけに形が良いのは豊胸です。

胸が大きいと自然に垂れるような感じになるはずです。

いくら形を整えるようなブラをしてても、多少は胸が垂れるような感じにはなると思います。

豊胸をしている女性は本当に形が良く理想的でもありますが、これでは逆にわかってしまいますよね。

本来であれば胸が柔らかいものであって、垂れてしまうのも自然なことです。

豊胸のようにシリコンなどを入れた場合は、硬そうにしか見えませんし、形も崩れません。

谷間のところにくっきりとした線ができる

女性の水着など写真などを見ると谷間が出来ているのが分かりますが、この谷間部分にも豊胸の特徴が隠されています。

自然な胸であれば谷間の線もそれほどくっきりとはできません。

しかし、豊胸の場合はこの線がとてもくっきりと出てきます。

シリコンバッグなどを入れるとどうしてもその線が出てしまう為に、谷間もくっきりとしてしまうようです。

やはり見た感じが硬そうに見えてしまいますよね。

これは男性が見ても女性が見ても同じ意見だと思います。

胸は柔らかいというイメージが強いですから、くっきりしている線などを見ると固形物が入っているような感じがしてしまいます。

すぐに豊胸であるとわかってしまうようです。

4.フェイスライン

最近の韓国ではフェイスラインの整形が流行っています。

そうした影響もあってか、日本の女性もフェイスラインの整形を行う女性がとても増えてきました。

言われてみると韓国の女性の人たちはとても顔の線が綺麗に見えますよね?

韓国特集などもあり整形に対する意識は日本よりも進んでいるようです。

そして距離的にも旅行にいくにも韓国は近くて便利です。

日本よりも手軽に手術が受けられるために、韓国で整形をするといった人が増えているのも事実となります。

ですが、韓国の整形した女性はほとんどが同じような顔になっています。

フェイスラインにしてもどの女性を見ても見分けがつかないほどに似ています。

日本の女性が手術を受けた場合でも同じような結果になってしまい、かなりの特徴が残ってしまうと言えます。

顎が不自然に細くとがっている

まず最初に注目する場所は顎になります。

日本の女性でもアジアの女性でもそれほど顎はとがっていませんよね?

中国の綺麗な女性を見ても顎がとがっているようには感じませんが、整形をした場合には顎がかなり目立ちます。

本来であればもう少し丸みを帯びていてもいい場所なので、顔を見ればすぐに整形ということが分かってしまいます。

そして顎を削るということは後遺症の心配もしなければいけません。

この方法ですが、顎の骨を直接削るというものではなく、顎の骨を切り顎の先端部分を移動するという方法がとられています。

ですから顎はとがってしまい、整形した事がすぐにわかってしまうのです。

さらにこの手術の場合で怖いのが後遺症です。

手術をしたあとのたるみなどが起こってしまうこともあるようです。

一番怖いのは、神経を傷つけてしまった場合におこる麻痺です。

確かにフェイスラインが綺麗になれば見た目の自信にもなります。

しかし、手術は完璧にできるものではないという認識が必要かもしれません。

後遺症も出る場合があると考えていた方がよさそうですね。

フェイスラインが滑らか

整形をした場合には全体の仕上がりがとても滑らかになってきます。

普通の場合ですとエラであったりゴツゴツとした部分も確認できます。

しかし整形の場合は、全体のフェイスラインがとても綺麗なのですぐにわかってしまいます。

エラ部分がかなり滑らかである場合は、整形している可能性が高いでしょう。

プロテーゼが浮き上がる

フェイスラインを人工的に作り出すもので、アゴプロテーゼというものがあります。

これは人口軟骨を使って本来よりも少しだけ顎を前へ出し、整えていくというもので綺麗なEラインをつくることができます。

ですがこれもまた問題があります。

後遺症としてプロテーゼが浮き上がって見えるという可能性もあるのです。

また口を開くことが困難になる場合もあり、かなりのリスクがあると言われています。

フェイスラインがやけに腫れてる

女性が顔で気になる部分にエラがありますが、この部分にも整形を見分ける特徴があります。

エラのボトックス注射の場合は、エラが膨らんだり腫れたりする場合があるのです。

ボトックスの量が均一でなかったり不足していた場合は、膨らみがあったりと見分けやすいでしょう。

いずれの場合も良い点もありますが、後遺症を考えなければいけません。

安易な気持ちで整形してしまうと後悔してしまうかもしれませんね。

よく考えたうえでリスクも受け入れるということであれば、こういった技術を利用していくのも生活が変わって良いのかもしれません。

それでは次に、整形している人の共通する特徴を見ていきましょう。

5.やけに目鼻がくっきりしている

整形した人は、顔のパーツに色々と不自然な点が見受けられるようになってきます。

目のまぶた部分であれば常に二重の状態を保とうとするために、目がくっきりとしてきます。

鼻を高くしたりすれば、鼻が目立ってきてしまいます。

本来であれば筋肉なども自然に引っ張られたり緩んだりとするのです。

ですが、どうしても強制的に皮膚を押し上げたりするようなことになると、その部分がくっきりとすることは仕方のない事です。

整形をした本人も顔に違和感を覚えますし、以前との違いも感じるでしょう。

ですが、本当にコンプレックスといったものがあれば、本人の為にも整形というものは必要になります。

いつまでも悩みを抱えていても自分のためには良くありません。

精神的な面から考えても、整形することは必要な場合が多くなってきます。

ただ、こうして見てわかるということは大きなリスクも抱えることになります。

整形をするのであれば、そういったこともしっかりと理解した上で決断しなければいけません。

自分の顔が整形したあとに変形したなどとよく聞きますが、手術は全て成功するわけではありません。

難易度の高いものであれば失敗する確率も高くなります。

当然そういった手術の場合は、大きな後遺症というものも抱えて生きていかなければなりません。

6.笑い方が不自然

整形をしてしまうと異物が顔に入った状態になる為に、笑うときも表情をつくるのに限界があるのです。

目もそうですが鼻の整形では、笑った時にかなり不自然に感じるでしょう。

この辺りについても整形した本人はわかっているので、なるべく表情を崩さないようなわざとらしい笑い顔になっているはずです。

整形していることを知られたくなければ、余計に変な笑い方をするようになってしまうのも大きな特徴であると言えます。

7.顔が整いすぎて不自然

整形になれてしまうと次々を違った場所も変えていく女性がいますが、顔が整いすぎている人が多いのも特徴の一つでしょう。

本来であれば鼻だけで済むことを次の手術をする「依存症」になってしまう人が多いのです。

美しい顔に憧れてしまうと綺麗になった顔でも満足できなくなってしまい、最終的には顔全体を整形してしまうのです。

そうなってしまうと顔も異物だらけになってしまい、自分では表情も上手に作れません。

見た目では確かに整っているような感じを受けます。

しかし、強制的につくられた顔では違和感もあります。

怖いといったイメージを持つ人もいるかもしれません。

そして一番のネックとなるのが劣化です。

整形によって皮膚に負担がかかりシワが増えてしまったり、異物を入れることによって顔にも異常が出てきます。

体型や皮膚のたるみも年齢と共に変化していくので当然に顔にも変化が現われます。

顎が急に伸びてしまったり、頬のたるみがかなり目立つようになってしまうなど、色々なことが起きる可能性が高くなります。

整形で顔全体を整えるということは劣化というリスクも考えていなければいけません。

定期的にメンテナンスをしなければ維持出来ません。

自分が思っていた以上に顔が劣化して別人のようになってしまうという人もいます。

手術をするような場合には本当によく考えることが大事ですよね。

一時的な美しさを求めるのであれば、高すぎる代償を払わなければいけなくなるおそれがありますのでご注意下さい。

8.年齢と肌質が合わない

整形がクセのようになると、ヒアルロン酸注射などでシワとりが普通になり、年齢と肌質が全く合わないという人もいるでしょう。

女性であれば顔のシワは少なければ少ない程うれしいと感じますよね。

そしてそうした事がヒアルロン酸の注入で実現できるとすれば、やってしまう人が多くなるのもわかる気がします。

ですが、その肌を維持するには多額の費用も必要です。

クリニックによって費用は様々となりますが、1㏄のわずかな量のヒアルロン酸でも5万円程するでしょう。

気になるシワが多ければそれだけ打つ量も増えていくことになるので、1回の注入で30万や50万かかってしまう人もいるようです。

しかもこれは持続する期間が3か月程度しかありません。

したがって、1回30万と考えていっても、年間にすれば120万程度必要になる計算ですよね。

もちろん人によって使用する量は違いますので、これよりも安い人もいれば120万円よりもかかってしまうケースもあるでしょう。

これはかなりお金に余裕がなければ出来ませんよね。

整形手術の種類も知っておこう!

整形を知るには手術の種類もわかっていなければいけませんよね。

そこで代表的なものをご説明したいと思います。

顔を整形する際には参考にしてみて下さい。

二重埋没法

二重埋没法は気軽に行える手術として人気があり、整形を希望する人がかなり増えています。

若い女性であれば二重の方が可愛く見えるので、今では整形という意識もあまりないように感じますよね。

やり方も簡単で麻酔を使用するために痛みも少なく、10分ほどで終了することも人気の秘訣なのかもしれません。

施術法ですが医療用の糸で瞼の筋肉と皮膚を留めて二重をつくります。

まぶたを切りませんので、当日からのシャワーなども可能となります。

隆鼻術

これは主に鼻が低くて悩んでいる人が行う手術になり、鼻にプロテーゼを入れて高くする方法です。

この手術によって鼻も高くなり顔のバランスが取れるという人も多いです。

また鼻の穴の中を切っていくので、傷跡も見えることなく術後の見た目も安心して行うことができます。

鼻の形は顔の整い具合を決める要素もあり、鼻筋がないという悩みを抱えているのであればこういった整形も必要になってくるかもしれません。

骨削り

骨削りとは余分な骨を削ってやることで理想の顔のラインを作っていきます。

これには顎削り・エラ削り・頬削りの3種類がありフェイスラインを整えることを考えている方の整形になります。

フェイスリフト

フェイスリフトはメスを使って顔の目立たない箇所を切り、肌のたるみなどを改善する方法です。

筋肉組織を直接引っ張ることで、しわやたるみの悩みが解消していきます。

この手術の良い点は、術後にしわが戻るということがないことです。

一度してしまえばしわやたるみのない肌をつくることができる手術となっています。

整形顔はすぐに見抜ける!

今回は整形について色々とお話してきました。

どんなに上手に整形を行ってみても、その痕跡というものは何かしらでわかってしまうものです。

まぶたからわかってしまうものもあれば、笑っている表情から整形がわかってしまうというものもあります。

どんなに整形の技術が発達しても顔に異物を入れたり、強制的に皮膚を引っ張ればどこかに支障は出てきます。

そして、整形というものは成功だけではありません。

整形に失敗してしまった人もたくさんいます。

かなりのリスクというものも考えていく必要がでてくるのです。

若い女子などはプチ整形などと楽しんでいるようですが、段々と技術力のいる手術を行った場合には、整形に失敗するという確率も増えてしまいます。

安易に整形をするという考えは少し危険にもなってきます。

世の中には本当に整形が必要な人もいますが生活する事に対して今の状態で支障がないのであれば、無理な整形はおすすめしません。

余計なリスクを自ら背負うこともないですよね。

あくまでも整形は自分が本当に困っているときに補助してくれるものと考えていき、簡単に顔を変えるという選択をしないようにしていただきたいと思います。