CoCoSiA(ココシア)

可愛い顔の15個の特徴や基準。可愛くない子との違いはここ!


どんな人でも、可愛くないと言われるよりは可愛いと言われたいですよね。

実際に、周りから羨ましがられる可愛い顔の条件とはどんなものがあるのでしょうか。

可愛い顔になりたい人のためにも、この記事では可愛い人の顔の条件を15個のポイントで紹介していきます。

顔以外にも「性格」「仕草」の可愛さもあります。それらについてはこちらの記事にまとめたので合わせて参考に。

この記事の目次

️顔が可愛い人の条件15個のポイント

1.目がぱっちりしている


可愛い人の特徴として、一番多く挙げられるのが目のぱっちりさです。

目がぱっちりして大きいほど可愛い人と認識される傾向があります。

動物や赤ちゃんなど、多くの人が『可愛い』と感じる物には、共通点があります。

その共通点が目です。

動物や赤ちゃんの場合、多くは黒目が大きくくりくりとした印象を与える目をしています。

その為、その特徴を垣間見る事が出来る目の大きい人はおのずと可愛い人として認識されているのでしょう。

ですが、目の大きさだけでなくバランスが大事となります。

その為、例え目だけを整形で大きくしたからと言って可愛い顔になる事が出来るかどうかと聞かれればそれもまた難しい話です。

顔にはその顔に合った目の大きさがあります。

確かに目が大きい方が可愛らしい顔に見える可能性は高くなります。

ですが、それもあくまで一般的な話であり、万人に共通するかと言えば難しい部分もあります。

一重でも二重でも大きめの目ならOK

目が大きい方が可愛いという話をすると、かならずと言っていいほど二重の方が良いというイメージを強く持っている方がいます。

確かに、二重の方が目がぱっちり見える事があります。

そのせいで例え同じ目の大きさだったとしても、印象としてより目が大きく見える場合もあります。

ですが、だからと言って一重の人がすべて可愛くないかと聞かれればそんな事はありません。

一重でも十分魅力的な目をしている人はいます。

その為、無理やりに二重を作る必要はありません。

不自然な二重は、可愛い顔とは言えない場合もあるでしょう。

一重でも可愛い人について詳細はこちら >

2.パーツのバランスが良い


可愛らしい顔とは、顔全体の印象で決まります。

その為、例え、とても素敵な目・鼻・口を持っていたとしても総合的なバランスが整っていない状態では可愛い顔とは言えないでしょう。

もし可愛い顔を望んでいるのであれば、パーツばかりに目を向けるのではなく全体の印象を見る事が大事なポイントです。

お化粧などをする際、ついパーツ毎に見てしまう事もあるでしょう。

ですが、その方法でお化粧をしてしまうと、パーツとして見れば整っているお顔でも全体のバランスが崩れてしまうかもしれません。

自分の顔のパーツをよく理解し、メイクをする際には顔全体を見て、バランスをとることが大切です。

顔のバランスを整える方法について詳細はこちら >

3.鼻筋が通っている

日本人は基本的鼻はあまり高くない人が多いでしょう。

海外の方々に比べれば確実に低く、あまり彫りが深くないことでも知られています。

だからこそ、鼻の高い人を見ると憧れを抱くのかもしれません。

鼻筋が通っている事によって、顔の印象をシャープに見せることが出来ます。

4.頬骨が出ていない

頬骨が出ていると、どうしても顔全体の印象がごつごつした雰囲気になってしまいます。

その為、男っぽい印象を与えてしまう事もあるかもしれません。

女性の場合、なだらかなフェイスラインをしている方が、より魅力的な顔に見えると言われています。

細さがある事によって、シャープに見える事には問題はありませんが、ごつごつとした印象はあまり可愛い顔とは言えません。